FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


繧ィ繧ソ繝九ユ繧」繝ゥ繝ォ繝神convert_20181119233659


2017年公開の「東方天空璋」は、ZUN神主様が明言されているように、「東方深秘録~東方紺珠伝~東方憑依華とあまりにも
ヘビーな作品が続きすぎたので、この作品はかなり軽めの作品にした」と言われている通り、
深刻な感じとか重厚感・悲愴さはほとんど感じさせず、純粋にこれまでの東方作品の異変解決のように
幻想郷内の妖怪たちが起こした異変を霊夢たちが解決するという大変シンブルで分かり易い構成になっているようにも
感じられます。
この「東方天空璋」の自機は4名でして、霊夢と魔理沙は言うまでもなく、他の2名としては
「妖精大戦争」以来のチルノと「ダブルボイスラー」以来の文ちゃんが抜擢されています。
この「東方天空璋」は幻想郷内の天候異変というのか「四季異変」が一つのキーワードにもなっているのですけど、
その関連もあり、この作品で登場するチルノは、幻想郷内に発生した異常な酷暑をベースにした「日焼けしたチルノ」というのも
とっても斬新で面白いものがあると思います!
「東方天空璋」は全般的にはちょっと平和でのんびりとしたいつもの幻想郷が背景になっているのかも
しれないですけど、登場キャラの1~6面ボスの皆様たちは初登場のキャラ達ばかりで、
一気に東方の新キャラが増えたという印象もあったりします。

一面ボスはエタニティラルバというアゲハチョウの妖精です!

一面ボスで妖精というと今までのイメージで言うと「超弱い・・」という感じなのかもしれないですし、実際
エタニティラルバ自体も知能も戦闘能力もそれほど強くも無く、この四季異変の影響を受けて暴走したけど、
霊夢たちに簡単に退治されるといういつもの東方作品のような様相も見せています。
エタニティラルバは、ただの妖精としては不可解な言動もあり、
チルノの肌が黒くなったのは日焼けではなく暴走の影響であることを見抜き異変の元凶の存在を予感していたり、
クラウンピースが持つ「凝視すると狂う松明」の本質を見抜き、その特性を利用して冬の気候を真夏に変えるなど
明らかに一妖精の範疇を越えた異常な能力を持っているのは特筆に値するものがあると思います。
摩多羅隠岐奈からは「もしかしたら妖精ではなく神かもしれない」と言われている程でもあったりもします。

チルノとは同じ妖精という事で以前から旧知の仲でもあったようですけど、この異変を通してもしかして
この二人の仲も深まるものがあったのかもしれないですね。
但し・・霊夢からは「この四季異変で得しているのは、あんた達妖精=バカだけなのかもしれないわね」と言われているのは、
霊夢自身が妖精=チルノ=バカという認識を強く持っているせいなのかもしれないですね~

そしてこの作品においてチルノが自機を務めている場合、STAGE 1 朝露の先の真夏日において、早くも妖精同士の
チルノVSエタニティラルバの対戦が見られます。

チルノ:わーい! 夏はサイコーだぜー!
ラルバ:わーい、サイコーだー! お、日焼けしたねぇ。夏をエンジョイしているかい?
チルノ:あたぼーよ! 氷の妖精様は夏に本領発揮されるのさ!
ラルバ:アゲハ蝶の妖精だって負けてないよ! 力が無限に湧いてくるわ! 夏はどっちの物か、勝負だよ!

チルノ:勝った! 夏はもらったぜ!
ラルバ:負けたー。あんた、なかなかやるね!
チルノ:こんなに力が出てくるのは初めてだぜー。 このまま幻想郷を支配してやんよ!
ラルバ:私の分も頑張ってきてね! 期待してるわ!
チルノ:任せとけ! 妖精の未来はあたいが創る!

二匹の妖精同士の会話を眺めていても、「なんと能天気な妖精たちの会話!」みたいな印象が強いですけど、
妖精とはそんなものなのかもしれないです。
但し、後述しますけど、チルノVS摩多羅隠岐奈という自機とラスボスの対決において、チルノもエタニティラルバも
決して只の能天気なおバカ妖精ではない事が示唆されているようにも感じられます。


_convert_20190916203248.jpg


「東方天空璋」とは四季異変という事でもあるのですけど、この異変を起こした張本人は6面とEx面ボスの
摩多羅隠岐奈でもあったりします。
異変の黒幕であり最終ボスが二度にわたって二つのステージに連続出演を果たされているのは東方作品としても極めて
珍しく異例とも言えるとの思います。
(摩多羅隠岐奈は「東方茨歌仙」にも登場されていて、実は華扇とも旧知の仲であったという事も判明しています)

この摩多羅隠岐奈なのですけど、実はとてつもない御方でもありまして、実はゆかりん=八雲紫様と共に現在の幻想郷を創った
賢者の一人でもありまして、摩多羅隠岐奈の視点から見てしまうと
「最近のこの幻想郷のあのやばい異変の数々は一体何なのよ~! あのスキマ妖怪たる八雲紫は一体何しているの!?」
みたいな感覚もあったと思いますし、
「最近の八雲紫はちょっとたるんでいるんじゃないの・・!?」みたいな感覚ももしかしたら持たれていたのかもしれないです。
そこで摩多羅隠岐奈はこの「東方天空璋」という四季異変を起こす事で、再度ゆかりんに対して奮起を促し喝を入れ、
同時に「あんなにもとてつもない異変を受けて私と紫が創った幻想郷は大丈夫なの? 本当に正常に機能しているの・・?」と
いう事を確認するがための異変といってもいいのだと思います。
(摩多羅隠岐奈の発言からもそうした意図は節々から感じられます・・摩多羅隠岐奈は意外にも貧乏紫苑お姉ちゃんを強く
警戒しているようにも感じられます)

ゆかりんにとっては「うるさいね・・」という感じなのかもしれないですね~

摩多羅隠岐奈の表の顔は、地母神、能楽の神、星の神、養蚕の神、障碍の神、被差別民の神など多岐に渡りますけど、
本当の正体は誰も知らないし、その正体を見てはいけないし聞いてはいけないし語ってはいけないという究極の秘神と
言えそうですし、「とてつもなく強いけどなんだか胡散臭そう・・」という意味ではゆかりんと共通するところ大なのだと思います。
秘神とはいえ隠れているわけではなく、時として大々的に表に現れて存在を誇示しています。
その辺りは、月、地球、異界それぞれの地獄を司る神様で、三つの世界に身体を一つずつ同時に持っていて、
自由に行き来ができるというヘカーティア様にどこか雰囲気が似ているようにも感じられます。

幻想郷で賢くやたらと強くて胡散臭そうなすてきな三大お姉さまというと、最近では、ゆかりん・ヘカーティア様・摩多羅隠岐奈と
言えるのかもしれないです。

東方天空璋の異変は、従者である里乃と舞の後継者を探すためと摩多羅隠岐奈は言っていますけど、
後継者に本気で困っているわけではなく、見つからなければそのまま2人にやらせればよいなどかなり自由な雰囲気も
持たれていて、要は・・なんとなくですけど、ゆかりんに対して「摩多羅隠岐奈という賢者がいる事も忘れるなよ~!」という事を
誇示したいがためにこの異変をわざと起こしたと言えるのかもしれないです。
(どちらにしても異変解決屋の霊夢にとっては迷惑この上ない話なのかもしれないですけど、最近の異変においては
完全決着や完全収束を図れなかった霊夢にとっては久しぶりにスッキリ解決の達成感はあったのかもしれないです。
同時にチルノにとっても「久しぶりにあたいの存在感を示すことができた~!」という感じなのかもしれないです)
摩多羅隠岐奈にとって本当の目的は目立つことで、幻想郷の人間、妖怪、そして賢者たちの記憶に刻み込む事とも
言えますし、後継者探しは上手くいかなかったようですけど、幻想郷の妖怪やゆかりんに対して
自分の存在感を誇示する事が出来たという観点では成功したと言えるのかもしれないです。

摩多羅隠岐奈は今の幻想郷を作った賢者の1人でもありますし、ゆかりんに続いて公式に賢者を名乗っているキャラですけど、
二人の違いは、ゆかりんはあくまで黒幕に徹しているのに対して、摩多羅隠岐奈は実はかなりの目立ちたがり屋という
事なのかもしれないですし、ゆかりんの正体は不明ですけど(私は龍神説を採用しています・・)、摩多羅隠岐奈の正体は
神様であったりもします。

そしてこの異変では、摩多羅隠岐奈は、チルノ自機のステージにおいて、6面とEx面においてチルノと対戦を果たしています。

チルノ:何だお前は! 何か強そうだな! あたいと戦えー! 最強の称号を賭けて!
隠岐奈:お前、気が付いていないのか? それ以上暴走したら、妖精とはいえ持たないかもしれんぞ。
     証拠に肌が黒くなってきているじゃないか。
チルノ:ああん? これは日焼けだぜ! 夏の勲章だ!
隠岐奈:それは違うな。暴走の影響が見た目に現れているだけだ。完全に自我を失う前にここから去るがよい。
     お前に与えられた背中の力は解いてやるように言っておくぞ。無事に弱くなるし、肌も元通りに戻るだろう。
チルノ:背中の力って何だよう。
隠岐奈:お前の後ろについて来ている季節武器(それ)の事だよ。
     その影響力無しではお前の力など見る影も無いぞ。
チルノ:ああん? これはあたいの力だ!最強が怖くてしょうがないんだろ? いっちょ揉んでやるぜ!
隠岐奈:お前の力を制御している私とお前が勝負するなんて愚の骨頂だ。
     だが……良いだろう。妖精の力も気になっていたからな。
     たまには部下に妖精を選ぶのも面白いのかもしれん。
     それもお前の力が見るに足る物だったらの話だがな。
     思う存分力を発揮せよ。そして私に見せてみよ! 妖精が跳ね踊る暗黒能楽を!

隠岐奈:ふっ、演技には見えないな。本当にお前はただの妖精(バカ)だ。
     お前が季節の隙間を使ってやってきたのはただの偶然か、それとも……?
チルノ:だから季節の隙間って何だよ。
隠岐奈:それぞれの季節と季節の間には、春夏秋冬のどの季節にも属さない瞬間というのがある。
     その瞬間は自然の力が衰え、精神が生命を凌駕するのだ。
     何故かお前は、妖精の苦手な瞬間を選んで私に挑んできたのだ。
     偶然か必然か、それが原因で、その力を奪って強制退出出来なくなった。
     その事に私は驚いたんだよ。そして気に入った。
チルノ:選んでって……あたいは何もしていないけど。
隠岐奈:ちなみに、どの扉から入ってきたの?
チルノ:ラルバんところの背中の扉からだ。アゲハチョウの妖精だよ。
隠岐奈:アゲハチョウの妖精。なるほど……
     そこは本来なら夏の扉の筈だが、そいつはアゲハチョウの妖精では無く常夜神なのかもしれんな。
     私に敵対する神の一つだ。こうなると偶然とは思えないな。
     まあいい、とにかく面白い妖精を見つけた事には変わらん。
     どうだ? 私の元で働いてみないか?
チルノ:働く? なんで?
隠岐奈:私は二童子の後継者を探していたんだよ。
     踊って馬鹿騒ぎするだけの仕事だよ。前例は無いが妖精だって出来るかもしれん。
チルノ:仕事かぁ。余り興味が無いなぁ。
     妖精の仕事って、奴隷の様にこき使わされてるのしか見た事無いしねぇ。
隠岐奈:まあ、考えて置いてくれ。時間は無限にある。

「東方花映塚」において、チルノは四季映姫様より「貴方は妖精なのに強い力を持っています。自然の力では元に戻れない」と
警告をされていましたけど、チルノと隠岐奈の会話を聞く限りでは、隠岐奈自身はチルノをかなり高く評価していて、
「自分の部下として使ってもいいのかもしれない」とこれまでの東方作品では誰もが言いそうもないし、予想もしない事を
言われていたのは大変印象的でもありました。

もしかしたら、チルノは既に妖精の粋を超越しているのかもしれないですし、多くの東方ファンの皆様が共通している認識、
すなわち、チルノ=⑨=バカという自体をとっくに飛び越えているのかもしれないです。





ここから下記は既に恒例となっておりますが、dream fantasy  のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです。
本記事のイラストは言うまでもなくチルノです!

上記のチルノは、アミグリさんが今年・・2019年の⑨月⑨月のチルノの日を記念して描かれたチルノです!

このチルノはアミグリさんに言わせると「インパクト重視のバストアップ構図のチルノ」との事です。

全身チルノではなくて胸元から上をメインに構成されたチルノを元気溌剌に描かれていて、元気一杯のチルノと言えそうで、
かわいい妖精というイメージを絵としても大変立派に表現されていると思います。

目の大きさやかわいらしいピースサインも楽しいですけど、
いつも描かれるチルノの髪のリボンとは少しばかり異なるような配色も「少し大人になったチルノ・・?」とも感じられそうですし、
大人っぽいという観点から言うと、指先の爪のマニキュアが施されているのはチルノ自身が少しだけ成長したとも言えそうです。
そうした雰囲気は、隠岐奈からも「一人のパートナー」として認められつつある少しだけ大人の兆しが感じられるチルノとも
言えそうですし、今までのチルノの「イタズラ妖精」・「バカ」というイメージから脱却しつつあるチルノを表現されたと
言えるのかもしれないです。
アミグリさんが描かれたチルノで印象的なチルノというと色々あるのですけど、
その中でも2017年4月のえっへんチルノも素晴らしかったですし、
2013年⑨月⑨日のチルノの日のチルノも大人っぽい雰囲気も大変印象に残っています。
そう言えば2013年のチルノにも指先の爪にはマニキュアが塗られていましたので、マニキュアというのは
妖精にも人間と同様に少しばかり大人っぽさみたいなものを印象付ける効果もあるのかもしれないですね。


9gatu9nichiatai!!_convert_20130909140908.png


続きまして、上記のチルノはアミグリさんが2013年9月に描かれたチルノです。

上記にてチルノのマニキュアについて少し触れさせて頂きましたが、このチルノの爪にもマニキュアが塗られていて
それだけで少し大人になったチルノ・・という雰囲気も生じさせている様な感じもあったりします。

上記のとても幻想的で美しいチルノは、アミグリさんが2013年の⑨月⑨日はチルノの日にちなんで描かれたチルノで、
掲載当時のアミグリさんのお言葉は「ち る の あ い し て る ! ! ! !」ですけど、
そのお気持ちはとてもよく分かりますし、アミグリさんの「チルノ愛」がここからもすてきに伝わっていると思います。

このチルノは、「美少女チルノ」にとても相応しい一枚だと言えるのだと思います。

「おてんば少女の恋する瞳」みたいなタイトルを勝手につけさせて頂きたくなってしまうような雰囲気のチルノが
ここにはいるとのだと思います。
チルノというと「チルノのパーフェクトさんすう教室」でおバカさんみたいなイメージが定着したようにも感じられるのですけど、
アミグリさんが描かれるこのチルノからは、そうしたポンコツとかおバカさんみたいな雰囲気ではなくて、
一人のかわいい美少女がそこに佇んでいる・・という事になるのだと思います。

隠岐奈との絡みではないですけど、チルノも少しずつですけど大人に成長しているのかもしれない事を示唆している
アミグリさんの描かれた2枚のチルノと言えそうです。

上記のアミグリさんが描かれたチルノは、その権利は全てチルノの絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいチルノを描く人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

かわいいですね~

東方キャノンボールにもたしかチルノも出ていましたね!
妖精キャラはとてもかわいいです、
アミグリさんの描かれたバストアップ構図のチルノも水色チルノという感じで氷の妖精さんという雰囲気がよく伝わってきていると
思います。

チルノ

ひより~ 様


東方キャノンボールのCMに先日アリスやパチュリーさんも出ていましたけど、とてもかわいかったです。

チルノもゲームに登場しているのですね。

アミグリさんの描かれたチルノをかわいいとお褒め頂きありがとうございます!

バストアップ構図と言う事で、チルノのかわいらしさが全面に溢れ出ていてとても素晴らしいと思います~♪

東方の妖精キャラも多彩なのですねぇ。アゲハチョウの妖精って他と比べてもいかにもファンタジーで妖精らしい感じがしますけど、チルノと競い合う仲というとやっぱり似た者同士的なところがあるのでしょうか。過去にもいろいろ仲良し風な絡みがあったのかと思うとなんだか微笑ましいですね。
しかし強くはないけど抜けてて可愛いみたいなのが妖精かと思ってたのに意外とスゴいのかもしれないのですねチルノ。面白キャラなイメージしかないのに…。

アミグリさんが新しく描かれたチルノも元気なイメージが綺麗に表現されているように感じますね。キャラ的にもピースサインが似合ってますしこれもチルノらしい自信たっぷりの証みたいにも見えて可愛いですw

チルノ

schwert 様


チルノは無鉄砲なおバカ妖精というのがこれまでの定説ではあったのですけど、この東方ゲームをざっくり見た限りでは
必ずしもそうとばかり言い切れない面が多々あり、それが東方四季異変の影響なのか、はたまたチルノ自体の進化なのかは
現時点ではよくわかりませんけど、
あの摩多羅隠岐奈が「一緒に仕事をしてもいいかもしれない興味深い妖精」と評価している辺りは、
チルノの意外な能力の高さと可能性を示唆しているのかもしれないですね。

アミグリさんの描かれた最新チルノは、バストアップ構図といってチルノの表情をズームアップした作品との事で、
チルノの多彩な表情が伝わり、とても新鮮でかわいいと思います~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/5079-b651abb6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |