FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


A・リードの「組曲シリーズ」としては計7曲残されています。

吹奏楽のための第1組曲 (1974)
吹奏楽のための第2組曲「ラティーノ・メキシカーナ」 (1979)
吹奏楽のための第3組曲「バレエの情景」 (1981)
吹奏楽のための第4組曲「シティ・オブ・ミュージック」 (1992)
吹奏楽のための第5組曲「インターナショナル・ダンス」 (1995)
吹奏楽のための第6組曲 (1998)
吹奏楽のための第7組曲「センチュリー・オブ・フライト」 (2003)

上記7曲がリードの組曲シリーズなのですけど、この七つの組曲の中では私がいっちば~ん!大好きな曲は
誰がなんといっても吹奏楽のための第2組曲「ラティーノ・メキシカーナ」に尽きると思います!
そしてこの第二組曲は私自身がリードの組曲シリーズの中で唯一演奏した事がある曲ですし、
私自身、高校2年の時にこのリードの第二組曲を吹いて、吹奏楽の面白さや合奏をする事の楽しさ、音楽の躍動感に
覚醒したという想いもあり、私個人としても大変思い入れが強い吹奏楽オリジナル作品の一つです。

リードの組曲シリーズなのですけど、これはあくまで私の個人的感想ではありますが、内容的に優れていると
感じられるのは第四組曲までで、第五組曲以降は
「ちょっと外見的効果に頼りがちなのかも・・」という印象があり、第二組曲・第三組曲のような感銘性までには
至っていないのかな・・?と感じたりもしています・・(汗)
そうしたリードの組曲シリーズに含めてもいいんじゃないのかな・・?と感じられる作品として
吹奏楽のための組曲「ハムレットへの音楽」とか交響的ポートレイト「オセロ」もあるのですけど、これらの作品は
組曲シリーズとしての分類ではなくてリードのシェークスピアシリーズとしての分類の方が宜しいようにも
感じられます。
そして厳密に言うと組曲シリーズには含まれていないのですけど、「小組曲」という作品も組曲シリーズとして分類されても
いいのかな・・?と思ったりもします。
この「小組曲」はリードにしては珍しく地味な作品かもしれないですけど、とっても可憐でチャーミングで
全ての楽章が宝石箱みたいなすてきなメロディーラインが一杯詰められているとても魅力的な作品だと思います。

A.リードの吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」 はラテンのノリが極限にまで昇華され、聴いている方も
そうですけど演奏している方も徐々にエキサイトしていき血が騒ぐ曲そのものだと感じられます。
似たような雰囲気の曲として、管弦楽曲としてはモートン・グールドの「ラテン・アメリカシ・ンフォニエッタ」という曲が挙げられ、
吹奏楽オリジナル作品としては同じくリードの「エル・カミーノ・レアル」が挙げられるのではないかと思います。
モートン・グールドの「ラテン・アメリカシ・ンフォニエッタ」は、ルンバ・タンゴ・グラーチャ・コンガの四曲から構成され、
熱狂あり、スローなだるさあり、ダンスあり、リズム感の切れ抜群であり、曲の構成もリードの第二組曲に結構近いものが
ありそうです。
管弦楽曲なのに、サックスが5本も入り(アルト2 テナー2 バリトン1)とギターも入る点は吹奏楽っぽい雰囲気もあります。
リードの「エル・カミーノ・レアル」は、感覚的には吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」の姉妹作みたいな
ラテン系ノリノリの、まさに「ラテンの血が騒ぐ!」みたいな曲だと思います。
特に冒頭のガツンというインパクトある出だしは、それだけでノックアウトされそうですね~!

そして「エル・カミーノ・レアル」以上にノリノリなラテンの血が騒ぐ曲が同じくA.リードの
吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」だと思います。
吹奏楽のための第三組曲「バレエの情景」が大変上品で洗練された音楽で、第三組曲に相応しいアルコールは
フランスのワインなのかもしれないですけど、第二組曲に相応しいアルコールはテキーラなのかもしれないです。

吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」は下記の四曲から構成されています。

Ⅰ.ソン・モントゥーノ

Ⅱ.タンゴ

Ⅲ.グワラチャ

Ⅳ.パソ・ドブレ!

上記で既に記した通、構成がグールドの「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」と大体似ているようにも感じられます。
Ⅰがリズム感抜群 Ⅱがだるくて Ⅲがスケルツォ風 Ⅳが豪快に決めるという感じは両曲ともよく似ていますね~♪

吹奏楽のための第二組曲は、キューバやブラジル、アルゼンチン、メキシコなどのラテンアメリカ諸国のそれぞれに根付く、
独自の歌やダンスなどを題材にした一風変わった作品とも言えます。
計4つの楽章から構成されている組曲は、楽章ごとにモチーフとなった音楽が異なるため
同じラテンミュージックの雰囲気ではありながら、それぞれで全く違った曲想を味わうことが出来ます。
一つの組曲で四つ美味しいものが味わえるとも言える事が出来ると思います。
Ⅰ.ソン・モントゥーノ は、冒頭のガッツーン!というパンチの効いた雰囲気が瞬時にラテンの世界へ引き込んでしまうようにも
感じられます。
リズムのノリの良さも素晴らしいですね!
中間部あたりの少しけだるい雰囲気もスローなダンスミュージックみたいですし、
その部分のミュートを付けたトランペットのリズムの支えがエキゾティックであり、ここにマラカス・クラヴェス・ティンバレスと
いったラテン・パーカッションのリズミカルなノリも加わり、曲全体が最高潮に達した所で曲が一気に閉じられます。
Ⅱ.タンゴ は、サスペンダーシンバルの響きをバックに優雅なクラリネットソロから開始され、
ファンタジーな雰囲気を終始キープしたままスローな音楽がけだるけに展開されていき、
ラテン・アメリカのロマンティックな夜の情景が見事に描かれていると思います。
感覚としてはサバンナの熱帯夜という雰囲気もありそうですけど、抒情性がより強く感じ取れるというのがサバンナとの
違いなのかもしれないです。
Ⅲ.グワラチャ は、序盤からクラリネットセクションの細かい動きが大変面白いのですけど、クラリネットにとっては
背後のラテンリズムのパーカッション(特にマラカス)の細かい動きに時に惑わされつつも、一定のテンポをキープするには
かなり厄介なものがありそうです。
Ⅳ.パソ・ドブレ! はとにかく高揚感溢れる音楽です!
高らかなファンファーレによって開始されそれに続くトランペットのソロによってあっという間に闘牛場での牛同士の決闘を
間近で見ているような錯覚に陥りそうです。
中間部の3拍子はおおらかさを感じますし、ラスト近くは5/4拍子と3/4拍子のリズミカルさが交錯する中で、
スケールの大きな音楽となってクライマックスまで一気に突撃していきます!

私自身、この第二組曲は高校2年の定期演奏会で吹いたのですけど、とにかくこの曲ほど
「楽しいなぁ~」とか「吹くのが楽しいし気持ちがいい!!」と感じさせる曲は無いと思います。
技術的には、決して簡単な曲ではないし、特にⅢのクラリネットの細かい動きは結構大変だし、
Ⅳの四分の3+2拍子という日本人には中々そのノリが表現しづらいやっかいさというのもありましたけど、
とにかく「音楽ってこんなに楽しいんだーーー!!」という事を心の底から実感出来た曲ですし
気持ちの良い高揚感溢れる音楽だったと思います。
特にⅣのパソ・ドブレの中間部の木管セクションによる流れるようなメロディーラインの展開とラスト近くの
終結部まで一気になだれこむあのノリのよさは指揮者にとっても演奏者にとっても聴衆にとっても一つの快楽と
いえるのかもしれないです。
私自身、Ⅳのパソ・ドブレ!は、中間部の三拍子ののびやかな雰囲気と終結部の高揚感は、
演奏会の本番中でも「音楽ってこんなにいいもんなんだ!!」と半分涙ぐみながら(?)のびのび楽しく吹いていたのが
私自身とっても印象的でした。
Ⅳのパソ・ドブレで使用されるタンバリンとカスタネットの響きは、ラテンのノリでもありましたし、スペインのノリとも
言えそうでした。
リードの第二組曲の前に演奏した曲がミッチェルの「海のうた」でしたけど、この曲の前半の歌い廻しが
クラリネット奏者にとっては感情が自然とこみあげてくるもの以外の何物でもありませんでしたけど、
海のうたとリードの第二組曲は、練習中も演奏会の本番でもとにかくこみあげてくる感情に吹いている本人がじーんとくる
曲でもあったと思います。

リードの第二組曲はソロ部分がかなりあり、各ソロ担当は腕の見せ所と言えそうです。

Ⅱのオーボエ・クラリネット
Ⅲのクラリネット
Ⅳのクラリネット・オーボエ・フルート・トランペット
特にⅣのトランペットソロは本当に恰好がいいです~♪
あの部分はいかにも闘牛士の入場!みたいな雰囲気に溢れていると思います。
この曲は最低でも7人の打楽器奏者は必要とするのですけど、男子高校の慢性的部員不足の中では、打楽器パートだけに
そんな人員は充当できる余裕はなかったもので、そうなると必然的に第二組曲だけは、
他パートから部員をレンタルせざるを得なくなってしまいます。
その場合誰が打楽器パートに左遷(栄転?)させられたかと言うと、チューバパートとユーフォニアムパートの1年生であり、
「えーーー、なんで俺が!!」と終始文句たらたら言っていたせいもあり、本人も結局最後まで第二組曲だけ
打楽器に振り分けられるのが納得いかなかったようでして、練習もテキトーにやっていたら見事に天誅が下ってしまい、
本番中のⅢにおいて担当楽器のマラカスが廻りとリズムが狂いまくってこの楽章はぼ崩壊状態になってしまい、
演奏会時のアンケートにおいて、かなりの皆様から
「第二組曲のマラカス奏者、打楽器やる気あるのかよ~」みたいな事を書かれていたり
「マラカス奏者のリズム音痴振りは言語道断」とかなり酷評されていましたけど、当の本人たちは
「自分は打楽器じゃなくてチューバ(ユーフォ)なんだけどなぁ・・」と思いっきり凹んでいましたが、
それはむしろ自業自得なのかもしれないです・・

最後に、この年の定期演奏会の選曲時のエピソードについて触れたいと思います。

私たちの高校は音楽を指導できる教師が当時誰もいなかったこともあり、毎年生徒の中から指揮者を選び、
吹奏楽コンクールも定期演奏会等も生徒が自主的に運営すると言う事もあり、定期演奏会の選曲も全て部員たちによって
自主的に絵ラバれていました。

ファーストステージは吹奏楽オリジナル曲から構成し、 セカンドステージがポップスのみで、
サードステージがクラシックアレンジという構成で、サードステージの曲目は簡単に決まったものの
ファーストステージは難産を極めました。
当初の話し合いでは、部員全員の投票で上位三曲で決定という流れでした。
一応経緯を簡単に書くと、事前に全部員が自分がやりたい曲を2曲まで候補曲として提出し、
そうした曲をパートリーダー会議で全部の候補曲を聴きスコアの審査を行った上で
ファーストステージ候補曲として10曲まで絞り込み、その曲の参考演奏を実際に全員で聴き、スコアを簡単に見た上で、
部員全員による投票を行うというものでした。

そして投票が始まりました。

その結果なのですけど、

第一位 海のうた
第二位 吹奏楽のための第二組曲(リード)
第三位 吹奏楽のための第三組曲(ジエィガー)
というものでした。

実はこの結果は、私自身が投票した曲とピタリと一致するもので、我ながら「あー、すごーい」と
自分自身でも驚いたものですが、その後、部員の中には色々と面倒くさい人がいたり超理屈っぽい人もいたりと
結構大変なのですけど、
「同一ステージで組曲を二つ演奏するとはおかしくないか・・」という意見が相次ぎ
色々と話し合いの結果、第三位のジェイガー/第三組曲と第四位から第八位までの曲を再度投票して
決めようという事となりました。
その結果出てきたのが、部員誰もが予想外の曲/兼田敏「シンフォニックバンドのためのパッサカリア」でした。
だけど、上位一位のパッサカリアと第二位のリード/ジュビラント序曲の差がわずか一票差であり
再度喧々諤々の討論の末、パッサカリアとジュビラントを決選投票にかけ、多い方を文句なく
選出するという事で落ち着き、その結果、ジュビラント序曲が選ばれたものでした。

話し合い開始から決着がつくまで5時間程度かかったと思います。
難産の末の決定でしたが、
全員「こりゃ、しゃーないな」という雰囲気だったのが本当に印象的でした。

こういう事は、指揮者の先生が一方的にコンクールやコンサートの曲を決めることが多いのが一般的な中、
顧問の先生がいなくて生徒のみの運営という
いかにも自分達の高校らしい曲の決め方ではあったと思いますけど、こういう経緯があったりすると、
練習中においても。多少難しい個所があったとしも、練習時に中々アンサンブルの整理が出来ていなくても
「みんなで決めたのだから・・」みたいな部員全員の「想い」は大変強かったと思いますし、
結果的に、「一つの音楽」としてまとまったのだと思いました。

私自身、A.リード / 吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」を吹奏楽コンクールで初めて聴いたのは、
1981年の東北大会の日大山形高校でしたけど、
あの年の現代音楽など難しい選曲が多い中、日大山形の第二組曲~Ⅳ.パソ・ドブレののびやかな演奏は
大変印象的でもありました。
この曲は現時点で3回全国大会で演奏されていますけど、正直どの演奏も決定打になっていませんので、この曲を
令和の時代として新しい感覚で素晴らしい名演が今後出てくる事を大いに期待させて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラテンのノリですね!

リードの第二組曲はなつかしいです!
一時期。エル・カミーノ・レアルと共によく演奏されていましたけど、最近はあまり耳にしないものの、後世まで演奏され続けてほしい名曲の一つだと思います。

あのラテンの血が騒ぐノリもいいし、特にパソ・ドブレの華麗さと楽しさは聴いているだけでもハッピーな気持ちになれそうです。

第二組曲

たがふ 様


リードの第二組曲は大変な名曲なのに、全国大会ではあまりよい演奏に恵まれていないのも少しもったいない気がします。

令和の時代に新しい感覚としてのこの曲の名演が待ち望まれます。

パソ・ドブレ!は冒頭のトランペットの闘牛士の登場を連想させるあのファンファーレはいつ聴いても胸が高まりそうですね!

リード!

第二組曲は何度でも演奏したい、名曲ですよね。
実は先日私の所属団体でも、次回の演奏会の選曲で候補に挙がりました。
結果、組曲対決でイーストコーストに惜敗しました。
私はどちらでも良かったので後悔はないながらも、少し残念な気持でもあります。

選曲の際、「エルカミ」でもいいんじゃないか説が飛び出てきましたが、
個人的には曲調が似ていますが「曲としては全然違うじゃん!」とつい
少々不機嫌になってしまいました(笑)
どちらも名曲だし、ラテンだし、なんですけどね。
少々思い入れが強すぎるようです。

あと、リードの組曲シリーズは小組曲・ハムレット・オセロと1~3組曲まで
演奏しました。4以降は・・・別にいいかなって感じです。

第二組曲

まつたく 様


リードの第二組曲は聴く方も演奏している方もとてつもなくハッピーになれる曲だと思います。
私自身、現役時代の10年間で吹いていて最も楽しい気持ちで生き生きと演奏できた曲だと思っています。
特にⅣ.パソ・ドブレ!の中間部の三拍子ののびやかな雰囲気とラスト近くの高揚感は吹いていてもとにかく
幸せな気持ちで一杯でした。
意外とてこずったのがⅢ.グワラチャ でして、クラリネット奏者にとってはかなり動きの速い展開で
マラカス・拍子木・マリンバとテンポ感を統一させるのは結構大変でしたし、記事で書いた通り
本番ではマラカスが暴走してリズムを崩壊させてくれましたので、本番は冷や汗じわり・・でした・・

こういう楽しくて内容の深い曲は後世までずっと演奏され続けてほしいです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/5058-0551c31a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |