FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計





東方Projectで絵師泣かせと呼ばれる描く事自体が大変難しいなどと言われるキャラの代表格として、
お空・封獣ぬえ・鍵山雛・永江衣玖・八坂神奈子などが挙げられると思いますが、これらのキャラはグリフォン等において
既にフィギュアとして立体商品化が実現されているのですけど、
そうした中、東方屈指の絵師泣かせキャラとして名高く同時に2019年8月時点で未だにフィギュア化が実現されていない
キャラが秦こころなのだと思います。

秦こころは、本来は物静かな妖怪というのか一種の付喪神でもあります。
こころは、元々は66種類の仮面を自由自在に操り、喜怒哀楽を含めた多種多様な感情を描いた仮面を
自分の周囲に浮かべ、実際にこころが被った仮面によって性格が多様に変化するといった付喪神なのですけど、
今風に言うと多重人格という事になるのかもしれないです。
こころ自身は、色々なお面を被ったとしても、その被ったお面に支配されているという感じではなくて、
「表情豊かなポーカーフェイス」といった何やら矛盾するような二つ名が示唆する通り、
色々なお面を被って表情は変化するのだけど、感情自体は一定の冷静さ・静けさをキープしているみたいな
印象が強いようにも感じます。

秦こころが東方の世界に初登場したのが「東方心綺楼」の異変なのですけど、
普段はただの静かな付喪神だった秦こころが面の1つである「希望の面」がなくしてしまい能力が暴走し、
その結果幻想郷の人々から希望の感情が失われ、「ええじゃないか、ええじゃないか!」と刹那的な快楽を求めるように
なった事で騒動が発生したというのが東方心綺楼なのです。
そして秦こころがなくした希望の面を見つけて回収してしまったのがこいしちゃんという事で、ここにこいしちゃんが東方の世界で
大ブレイクするきっかけがこの異変でもあったという訳なのです。
こいしちゃんはサードアイを自らの意思で閉じてしまって以降は、
誰にも気づかれる事も無く何の感情も有する事の無い放浪妖怪だったのですけど、こころの希望の面を有する事によって、
こいしちゃんのいわば絶対的な無の心に希望という灯が点灯するようになり、
その結果として、こいしちゃんは、道教勢力・仏教勢力・魔理沙・霊夢等々とのバトルの中で勝ち進む事で、
「他人から注目される事の快感」や「他人から自分と言う存在を認識される事への喜び」という
思いがけない副産物も得ることになっていったのです。

秦こころは元々は穏やかで物静かな傾向がある付喪神なのですけど、希望の面一つ失くした事で
普段のポーカーフェイスもどこへやらと言わんばかりに、あれほどまで暴走をしてしまうキャラでもあるし、
対してこいしちゃの方は、サードアイを自ら閉じることで元々が感情を有していないキャラですし、
そうした二人の不安定性の共通点を論ずる事自体矛盾があるような気さえします。
こいしちゃんは元々笑顔が可愛いし、見た目もとってもキュートでとっても可愛いのですけど、
本人は何も感じてはいないし感じる事さえできない無の存在なのです。
一方こころは感情を司る感情豊かな付喪神なのですが、お面に表情を頼っており表情を作ることができない欠点があります。
こころは希望の面を失って、一部の感情が欠けてしまい、
こいしちゃんは希望の面を拾って、少しだけ感情を感じることができるようになってしまいました。
お互いに何かが欠けている状態になっていると言えるのかもしれないです。

そうした秦こころとこいしちゃんなのですけど、こいしちゃんは今や世界のこいしちゃんでもありますし、
東方の世界では霊夢・魔理沙・妖夢に次ぐ大人気キャラでもありますし、そのおかげもあり既にたくさんのメーカー正規品の
フィギュアが制作発売されています。
一方秦こころの方は、感情を司る感情豊かな付喪神という設定故に、その外見的な容姿も感情と言うのか仮面に
基づくようなスタイルという事で、具体的には
服装は青のチェック柄の上着に長いバルーンスカートを着用し、
上着には胸元に桃色のリボン、前面に赤の星、黄の丸、緑の三角、紫のバツのボタンが付いていて、
スカートを囲む顔のような模様は穴になっており、その穴は仮面のようなデザインとなっていて、そのスカートに
まとわりつくように多種多様な表情の仮面が付けられているという事で
デザイン的には大変厄介であり、これが東方絵師泣かせと呼ばれる由縁でもありそうですし、
秦こころは東方人気投票でも大変人気が高く、こいしちゃんのような立体フィギュア化の実現が待たれていたキャラでも
あったのですけど、あまりにも造型が大変という事で、東方心綺楼・東方深秘録・東方憑依華でも出演を果たされていた
というのに長い間ずっとフィギュア化が見送られていたキャラとしても知られていました。

しかし、そうした秦こころにもようやくフィギュア化という「春」が到来しました!

2018年頃あたりより、キューズQが世界初の秦こころの立体化に取り組まれ、原型は既に完成したという話は
耳にしていたのですけど、最近ですけどキューズQのサイトにおいて
「秦こころは東方フィギュアの中でも初の立体化ということで現在鋭意開発進行中!
そして最近、デコマスまで進行!」というニュースを耳にし、そのデコマス作品を拝見させて頂いたのですけど、
とにかくあの造型が厄介極まりないスカートを含めて大変素晴らしい完成度だと思いますし、これは最終的な完成と
実際の発売がとっても楽しみになってきたと思います。

ちなみにデコマスとは、デコレーションマスターの略で、工場彩色見本という意味です。
その見本を工場へ持っていき、「この通りに塗装して下さい」という時に使うようです。


_convert_20190813111331.jpg


こちらは2018年頃までに仕上がっていた秦こころの原型です。

原型だけを見ていてもその厄介極まりないというのか複雑で精緻な造りがよく分かりますね~!

こうした原型を見事に制作できてしまうところにも日本のモノづくりの素晴らしさが表れていると思います。


20t1h8k7w9ksf-6-440x598_convert_20181231102813.jpg


最後に少しばかり余談を・・

上記はこいしちゃんの喧嘩相手ともいえる秦こころのフィギュア関連でしたけど、こいしちゃんのお姉さまのさとり様も
そのキューズQから今年の4月に久しぶりにメーカー正規品としての精緻なフィギュアが発売されていました!

キューズQのさとり様フィギュアは従来までの怖さ・儚さ・暗さというものはほぼ皆無で、
ここにいるのは一人の明るい少女と言えるのかもしれないです。
大きく広がったスカートはとても華やかでさとり様の魅力を最大限引き立たせていますけど、表情はこいしちゃんみたいな
満開の明るさではなくて、確かに明るいけどどことなくひそやかさ・儚さも感じられるというのは、
それこそがさとり様の個性という事なのだと思います。

さとり様の商品概要は下記の通りです。

商品名……怨霊も恐れ怯む少女 古明地さとり ABS&PVC製塗装済み完成品
•1/8スケール
•全高:約18センチ
•原型:しま(ice9)
•彩色:五日市 歩
•発売元:キューズQ
•価格:13,800円(税抜)
•2019年4月発売予定

サードアイからカチューシャや袖などに伸びた複雑怪奇なコードも忠実に立体化されています。

サードアイから出ているコードは全身を纏うようになっていますけど、このコードはグリフォン版では意外ともろいというのか
少し強く障るとパキッとなってしまいそうなので、コードの取り扱いは注意が必要なのかもしれないです。

さとり様のスカートにはこいしちゃんやグリフォンフィギュアと同様にバラの線画がプリントされています。
このバラのデザインは精緻でとても細かいいい仕事を していると思います。

グリフォン版に比べるとスカートの大きくたなびいた雰囲気や袖がふわっと広がっている様子は大きな違いといえそうですし、
何よりもこの明るい表情が素晴らしいと思います~♪


_convert_20190813111517.jpg


そして上記のさとり様フィギュアに関しては、
2019年7月28日に開催された「ワンダーフェスティバル2019[Summer]」会場販売品の限定商品としての
イベント限定カラーで登場していたりもします!
落ち着いたブラウン基調の配色に、サードアイのイエローが大変強く引き立っていると思います。

そしてこの限定カラーのさとり様も今月・・2019年8月に通販限定として通販商品として限定個数販売もされるようです。

通常カラーもすてきですけど、こうした限定カラーのブラウンカラーのさとり様も秋の気配が漂っていて
とても素晴らしいと感じますね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

個人的に固定フィギュアはエフェクトが凝ったものが好きなのですが、この秦こころフィギュアは非常に凝った作りで素晴らしいですね。
キューズQは艦これ関係でお世話になっているのですが、安定したクオリティで好感が持てるメーカです(^^♪

実際の発売が楽しみ・・

ごにぎり 様


東方には結構幾つか造型師泣かせのキャラがいたりもしますけど、この秦こころはその典型的キャラであり、
だからこそ比較的人気が高いのに今日まで立体化がなされていませんでした。

そうした時にキューズQからの制作は嬉しいニュースでした。

制作開始のリリースが既に2年前でしたので、この間相当のご苦労があったと思われますので、それだからこその
ここまでの見事な造型となったと思います。

実際の発売はまだ先だと思いますが、これは商品化がとても楽しみですね~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |