FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この「アルプス交響曲」は大変スケールの大きな曲です。
大変な演奏効果がある曲だと感じますし、生の演奏会でこの曲を聴くと分かりますが
色々な演出が施されていることが分かります。
例えば、「遠くから何か音が響いている」のを聴衆に想像させるために、
一時的に何人かのホルン奏者を舞台裏に退場させ、舞台裏から吹かせることで、そうした遠くからの響きを
感じさせたりします、
この交響曲は、特殊な打楽器もかなり使用します。
その一例がウインドマシーンだと思います。
この楽器は普段中々お目にかかることはないのですが、要は人間の手でレバーを回転させ、
「ウィーン」とか「フーーン」といった比較的強い風の音を演出します。
実際、このウィンドマシーンをオケの曲として用いた例として、他にも
同じ作曲家の交響詩「ドン=キホーテ」とかグローフェの「グランドキャニオン」でも
使用されています。
又他にも、名称は不明ですが、アルミホイールを吊り下げておいて、両手でアルミを叩き付けると
これが不思議にも「嵐」みたいな表現になるから不思議です。

この曲は、だれがどう聴いても「交響曲」というジャンルではなくて
「交響詩」というジャンルに属するものと思われますが、
作曲者のR・シュトラウスが「これは交響曲だ」と言っている以上、この曲は交響曲なのでしょう・・

この曲は、途中何か所かで、「ウルトラセブン」みたいなメロディーが出てきます。
最初にこの曲を聴いた時、
「え、ウルトラセブンの原曲はアルプス交響曲なの?」と考えたほどです・・・
この曲を最初に聴いたのは、実は吹奏楽コンクールでした。
1983年の宮城県大会にて、仙台第一高校がこの曲を自由曲として選曲し
確か、日の出~登山~嵐~頂上~下山という部分をピックアップして演奏していた記憶があります。
仙台第一高校は、前年度に「グランドキャニオン」で全国大会初出場を成し遂げ、
翌年も同じような路線の曲で二匹目のドジョウを狙ったのかもしれませんが、
残念ながら東北大会銀賞にとどまっていました・・
自分は、仙台一高の演奏を県大会で聴いたのですが、
やはり第一印象は「ウルトラセブン」でした。

この曲を初めて生で聴く機会に恵まれたのは、
1995年の外山雄三指揮/読売日本でしたけど、この時は比較的コンパクトな感じにまとめられ
それ程印象に残らなかったのですが、
翌年の「創立40周年」を記念した東京交響楽団の記念定期演奏会で、秋山和慶氏は、後半のプログラムに
この交響曲を取り上げ、大変コントラストが明瞭でスケールの大きな演奏を聴かせてくれ、
大変印象に残っています。
この記念公演の前半で、エヴァニー=グレイニーという耳が聞こえない女性打楽器奏者による
「来たれ!創造主」というこれまたスケールの大きな現代曲を聴かせてくれ、
これまた素晴らしい名演を残してくれていました。

でも原曲で聴いても「ウルトラセブン」のメロディーはしっかりと聴こえてくるのだから
何か面白かったですけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/503-bd2fd267
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |