FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


関西の食文化はある意味、粉もの文化とすら言えそうですので、例えば白いご飯+たこ焼きとか
白いご飯+焼きそばという組合せもほぼ問題ないのかなと思ったりもします。
関東以北ですと、さすがにたこ焼きをおかずに白いご飯を食べる事には少しばかり抵抗がある人も多いのかも
しれないですけど、私的には白のご飯+たこ焼き、白のご飯+焼きそばというのは全然問題ないですし抵抗はないです。
大学の学食で吹奏楽団のメンバーと昼食を食べた際に、関西出身のメンバーが白いご飯にたこ焼きと紅ショウガを乗せて
食べている光景を関東や東北出身のメンバーは「ありえない・・」と当時絶句していましたけど、
今現在の私だったら「それもありなのかも・・」と感じると思いますし、これは軽い東西のカルチャーショックの範疇だと思います。

ラーメンライスというのかラーメン定食というメニューは既に定番メニューの一つだと思いますし、
ラーメンの麺をすすりながら、感覚としては定食物の味噌汁を味合うようなイメージでラーメンのスープをすすりつつ、
時にたくわんや漬物をポリポリとかじりながら白いご飯をかきこみ、そしてまた麺をすするというのは
とっても美味しいと思いますし、麺とご飯のダブル炭水物はちょっとね・・という方も多いかとは思うのですけど、
私的には大いにありだと思います。

そしてそれ以上に白いご飯とよく合いそうなのがその焼きそばなのかもしれないです。
焼きそばは一つの粉ものの食べ物ですけど、私自身白いご飯のおかずみたいな感覚で焼きそばと白いご飯を一緒に
食べる事には全く抵抗はありませんし、両者を同時に食べるととっても美味しいものがあると思います。
これは、関西の粉もの文化はたこ焼き+ご飯というダブル炭水化物も全然OKというのに近い感覚があるのかもしれないです。
焼きそば自体が十分に白いご飯のおかずになり得ると私的には感じていますし、
焼きそばのソースのしょっぱさがご飯に合うとも感じられますし、実際幕の内弁当等にも焼きそばがおかずの一品として
入っているお弁当も見受けられますので、
同じダブル炭水化物であってもラーメン+白いご飯の組合せよりも、ソース焼きそば+白いご飯の組合せの方が
相性の方がいいのかもしれないと感じたものでした。
白いご飯と一緒にソース焼きそばを口の中に入れても全く違和感はないですし、
これはたこ焼きをおかずに白いご飯を頬張るというのと感覚的にはほぼ同じなのかもしれないです。





上記にて、白いご飯+焼きそば、白いご飯+たこ焼きという関西ではお馴染みの粉もの組合せは全然ありという事を
記させて頂きましたけど、それでは白いご飯+焼きそば+たこ焼きという三つのオール粉ものの組合せは
昼ごはんとしてありなのか・・?という事を検証するために、
マルちゃんの黒い豚カレー焼きそばとレトルトのご飯パックと冷凍食品のたこ焼きという三点で計300円前後の
組合せで実食をさせて頂く事にしました。

たこ焼きなのですけど、街のたこ焼き専門店や縁日・お祭り等の屋台では6個入り一パックが350~400円ぐらいするのに、
スーパーの総菜コーナーや冷凍食品においては、6個入りの一パックが100~150円前後で購入できるというのは
ちょっとヘンかな・・?と感じることもありますし、「その分味が全然違うのかな・・?」とも感じるのですけど、
冷凍食品のたこ焼きもふわふわの食感は十分キープされていますし、味も専門店や屋台の味ともあまり違いがないように
感じるのは、それだけ日本の冷凍食品の進化という事なのかもしれないです。


002_convert_20190808175231.jpg

004_convert_20190808175246.jpg


結論から先に書くと、白いご飯+焼きそば+たこ焼きという三つのオール粉ものの組合せはとってもおいしい組合せですし、
炭水化物の粉ものメニューが3品揃っても、味に飽きが全くこないですし、
特段くどさやしつこさも感じませんし、白いご飯のおかずとしてたこ焼きと焼きそばを同時に食べることは
これは焼きそば弁当またはたこ焼き弁当として販売されていたとしても私的には全く違和感を感じさせない組合せだと
感じたものでした。
今回の焼きそばは少し辛めのカレー焼きそばであったという事も味の変化という意味でよかったのかもしれないです。

ごはんのおかずとしてたこ焼きを頬張ると、中のタコと紅ショウガの風味と味覚が立派にご飯のおかずになっていると
思いますし、
スーパー等の安い幕の内弁当のおかずの一品として焼きそばが入っている事から考えても、ご飯と焼きそばには
元々一体感がありますので、白いご飯+焼きそば+たこ焼きという三つのオール粉ものの組合せは、
「粉もの弁当」として食しても全く違和感はないですし、口の中で違った三者三様の粉ものメニューを楽しむことが
できると思います。
思いっきりお腹が空いている時には申し分ない組合せと言えそうですけど、カロリーが気になる方にはあまりお勧めできない
組合せなのかもしれないです。

焼きそばも広義の意味ではラーメンの一種または亜種と考えると、焼きそばと白いご飯は見事に調和するものだと思いますし、
ここから考えてみると、広義の意味でのラーメンと白いご飯の組合せ・食べ方も一層進化する可能性がありそうな気もしますね。
そうした意味では、焼きそば+白ご飯+たこ焼きのトリプル炭水化物の組合せも一つのラーメン類の食べ方と
言えなくもないと思ったりもします。
小泉さんが悠に対して「つけ麺はラーメンではないと・・?」と壁ドンして迫ったのも、悠に対して
ラーメンの奥深さ・多様性を小泉さんなりに表現したものと言えるのかもしれないですね~!
そうそう、これは予告と言うか宣伝ですけど、当ブログにおいては上記で記した小泉さんの壁ドンとか
「つけ麺はラーメンではないと・・?」というワードがよく出てくるのですけど、これに関しては、9/7の当ブログのつけ麺記事で
改めてじっくりと語らさせて頂きたいと思います。


99effab0-s_convert_20180517163537.jpg


「ラーメン大好き 小泉さん」の世界での上記で取り上げた炭水化物系というか粉ものの扱いはどんな感じなのでしょうか?

小泉さんは、とにかく原作漫画版もアニメ版もひたすらラーメンを食べまくっているという感じで、
小泉さんがラーメン以外のモノを食べているシーンが珍しく感じたりもしたものでした。
具体的にはソフトクリームやラーメンとセットする形での回転寿司でのお寿司とか天下一品での鳥のから揚げや
悠や美沙たちと行った時の事前の予約メニューのジャンボ餃子ぐらいしか小泉さんがラーメン以外のモノを
口にしたシーンは思い浮かばないですね。

そのくらい、小泉さんと言うと「ラーメン」なのだと思います!

そうした中で小泉さんがたこ焼きという粉ものを食べていた珍しいシーンもありました。

第11話での大阪遠征編において、あれだけラーメンを絢音お姉ちゃんと一緒に食べまくっていたのに、小泉さんは
「これだけは別腹・・」みたいな感じで食べていたたこ焼きはとても印象的でしたし、
大阪編に相応しい一品でしたし、やはり「あの小泉さんがラーメン以外のモノを食べている~!」という感じで
大変珍しいシーンだったようにも思えます。

絢音 : あーお腹いっぱい。まさか昼だけで四杯いくとは

小泉さん : 大丈夫ですか?

絢音 : イエス!ウチの家族ばーちゃん譲りで胃袋大きいねん。つーか小泉ちゃん、更にたこ焼きて…

小泉さん : せっかくの大阪ですし・・

小泉さんの頭は、潤の言葉ではないですけど「ラーメン脳」と言えるのかもしれないですね~

小泉さんたちはこのシーンの時点で既にラーメンを4杯完食しているのですけど、小泉さんはたこ焼き程度なら
余裕で食べられちゃうのですね~!
美沙や潤や悠たちは小泉さんが実は大食漢である事は既に見破っていたのですけど、小泉さん自身に
「自分は実は大食いである」という自覚が皆無であるのも凄い話なのかもしれないです。

それにしても絢音お姉ちゃんもよく食べますね・・

絢音お姉ちゃんは大澤悠の年上の従妹なのですけど、悠も東京で小泉さんと共にラーメン食べまくっていて
一日だけでラーメン4~5杯程度食べているのも珍しくないのですが、こうやって見てみると、小泉さんだけでなくて、
大澤家には実は小泉さん同様の「大食いの血筋」が元々流れているのかもしれないですね。

絢音お姉ちゃんと小泉さんは、原作漫画第5巻の移転前の築地市場編にて、絢音お姉ちゃんの通勤と小泉さんの通学前の
早朝の時間帯に二人で市場内のラーメン店でラーメン2杯も完食しているシーンもありましたけど、
実は小泉さんは絢音お姉ちゃんとの待ち合わせ前にもう一杯ラーメンを食べていたことが判明し、結果的に
小泉さんは通学前に既にラーメンを3杯も余裕で平らげているという恐ろしい事実も判明していましたけど、
小泉さんの脳はラーメン脳だけど、胃袋は大食いファイター並の胃袋を持っているのかもしれないですね~♪

そして言えることは、ラーメンも焼きそばもたこ焼きもお好み焼きも立派な粉ものメニューですけど、その組み合わせもいずれも
美味しい~♪という事なのだと思いますね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは♪

関西は白ご飯に粉ものOKな文化ですが
私は量が多くてとてもじゃないけど
白ご飯は食べられないです(*`艸´)ウシシシ
粉もの自体は大好きです♪

粉モノ文化

ふたごパンダ 様


最初に学食で関西出身の方がたこ焼き+紅ショウガ+白ご飯のみの組合せで一食済ませているのを見た際は
東西文化のカルチャーショックを感じたものですけど、
今ではそうした食べ方は全然ありだと思いますし、私自身そういう食べ方は恒常的にしていますので
それも一つの変化なのかもしれないです。

たこ焼き・お好み焼き・焼きそばは夏にむしろうってつけだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |