FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


縺ャ縺・_convert_20160617140857


幻想郷には妖精・妖怪・幽霊・吸血鬼・鬼・天狗・魔法使い・妖獣など多種な人間以外の種族が棲み付いているのですけど、
ほとんどの妖怪等の皆様は、例えばこいしちゃん・フランちゃん・アリス・妖夢などなど美少女らしいかわいらしさに
溢れていて見れば見るほど「かわいいね~♪」という事だと思いますし、
「本当にこの人たちは妖怪なの~??」とついつい感じてしまいます。
本記事のメインで登場する「妖獣ぬえ」は妖怪の中でも正統派の妖怪らしい妖怪と言えると思いますし、
霊夢をして「伝説の妖怪」と言わしめる妖怪だと思いますし、実際とあるシーンの霊夢の回想シーンの中でも
霊夢自身が「幻想郷で最も妖怪らしい妖怪」として挙げていたのが、ゆかりん=八雲紫様・ゆゆ様、そしてこの封獣ぬえという
事で、無双巫女としての霊夢すらもぬえに関してはある程度の妖怪としての強さと不気味さを認識しているという事
なのだと思われます。

東方キャラというと何となくですけど、ゆかりん・ゆゆ様・白蓮さんなどのように夏でも厚着をされているような印象もありますし、
霊夢にしたって真夏でも巫女さん衣装をずっと纏っていますし、
薄着をされているという印象の方はそれほど多くは無いように感じられます。
東方キャラはゆかりんのような真夏でも派手なドレスを身に纏われている方もいますけど、基本的には
和装または和のイメージを守ったキャラが比較的多いという印象もあったりします。

そうした意味においては、封獣ぬえの外見というか着用している衣装は相当独特なものがあると感じられます。
ぬえの背中からは赤い鎌のような三枚の右翼と、青いグネグネとした矢印状の左翼が三枚生えていて、
この奇抜なデザインの羽は、東方絵師泣かせのキャラとして鍵山雛・お空などと並んで恐れられていたりもします。
そしてぬえをぬえたらしめている要素として特に強調しておきたい事は、ぬえの黒ミニスカと黒ニーソの絶妙なコラボから
醸し出される素晴らしき絶対領域の美しさなのだと思います。
こんなにも薄そうな布地の黒ワンピースを一枚だけ纏っているような雰囲気がありますし、
この黒ワンピースのすぐ下は地肌みたいな感じも漂っていますし、
それがぬえ独特のあの曲線美というのか、衣装と体のラインがジャストフィットしていて、あの独特の少しエロっぽい感じ
というのか絶妙なお色気をもたらしているようにも感じられます。

上記フィギュアはグリフォンから発売されている封獣ぬえです!
ぬえの背中の羽の不気味さや黒ミニスカと黒ニーソがもたらす絶対領域の美しさも完璧に再現されていると思います。
本記事におきましては、このグリフォンフィギュアレビューをメインに展開しつつ、ぬえのバックボーンについて
少しばかり触れさせて頂き、
最後に「東方星蓮船」にて初めての自機抜擢と言う事で例によって(?)調子こいてぬえとの記念写真をやたらと
撮りたがっていた早苗さんについて触れさせて頂き、
エンディングとして「dream fantasy 」のアミグリさんが
描かれたぬえと早苗さんのイラストを転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

グリフォンフィギュアのぬえの完成度がとにかく異常の領域をとっくに超越するほど凄まじい完成度の高さを誇っていますが、
実際のぬえのキャラは、実はエロっぽいとかお色気担当とか決してそういうものではなくて、
ゲームにおける東方星蓮船とか東方神霊廟とか、はたまた公式漫画の「東方鈴奈庵」におけるぬえは、
冒頭のグリフォンフィギュアのような
「服を通しておしりのラインも見えそう・」とか
「服のしわとぴっちりした部分が為す身体のラインがたまらない」とか
「黒ニーソ自体が太ももにやや食い込む感じが素晴らしい」とか
絶対領域の完璧さや妖艶だけをイメージさせる御方ではない事だけははじめにお伝えをさせて頂きたいと思います。

ぬえの元ネタというか正体は、地底に封じられていた「鵺」という妖怪です。
この鵺なのですけど、人前に姿を現さず、人間が自分の事を怯えて姿を想像する様子を楽しみにしているという
悪戯好きのある意味愉快犯みたいな妖怪だったのですけど、
ある時本来の姿がばれてしまい、地底に封じられてしまい、長らく地底での暮らしを余儀なくされていたという
いわば前科者妖怪みたいな御方です。
ぬえの能力は「正体を判らなくする程度の能力」と言う事で、他の物体の正体を無くす能力という厄介な能力を有しています。
正体を無くすとはどういう事なのかと言うと、簡単に一例をあげると、
「東方星蓮船」にて、ぬえが幻想郷の人たちに「空飛ぶ鳥」をあたかもUFOと言う未確認飛行物体が空を飛んでいると
勝手に思い込ませるという、言わば人間たちの未知なる事への不安感を利用し
一つの現象を全く違う現象に思い込ませてしまうといういわば錯覚を誘発させてしまうという事なのだと思います。
ぬえの能力の厄介な所は、見る人の心の持ちようとか感じ方によって見方すらも変えてしまうという事なのだと思います。
見た人の心の中で、勝手に姿形を補完して自分の中だけで納得の行く形に落ち着くというという感じですので、
ある人が「あれは鳥だろう」と感じても
別のある人が「いやいや、あれは鳥じゃないよ・・あれはUFOじゃん・・」と違う見解を述べてしまうと
否定された方に元々「本当にそうなのか・・」みたいな疑念があれば、最初は鳥じゃないかと思っていた人ですら
UFOに見えてしまうという感じですので、人の不安感につけこむ事が大変巧みな大妖怪と言えるのだと思います。

この厄介な能力と外見のあの素晴らしい絶対領域が全く結びつかないところは、まさに「幻想郷は常識に囚われてはいけない」
という事そのものなのだと思います。


縺ャ縺・_convert_20160617140952


すらっとした足も美脚で素晴らしいと思います。
黒ニーソ自体が太ももにやや食い込む感じになっていますし、ニーソ上部やひざ曲りの皺も見事に表現されていると思います!
黒のワンピースミニスカートと黒ニーソに対しての赤い靴と胸元の赤リボンの赤と黒の色彩感の対比も
鮮やかに伝えていると思います。

非常に艶めかしいとも言えますし少女らしい清楚な雰囲気とも言えますし、バランス感覚がとにかく絶妙だと思います。

ぬえの公式ゲームの立ち絵・公式書籍の挿絵・公式漫画を見た限りでは、その髪型の印象としては、
黒髪のショートボブで右の後ろ髪だけが外に跳ねた左右非対称の髪型をしているのですけど、グリフォンフィギュアはぬえは
右側の髪をかなりロングにしていますので、見方によっては(本来はショート系なのに)黒髪ロングの美少女という
雰囲気すら発しているようにも感じられます。


縺ャ縺・1_convert_20160616173526

縺ャ縺医・_convert_20160617141120


それにしてもぬえの背中の羽は異彩を放っていると思います。

こんなに厄介な羽が背中にあると、ぬえは一体黒ワンピースをどうやって着ているのでしょうか・・??
(それはスカーレット姉妹・文ちゃん等の羽キャラ全体の謎とも言えそうですね~)

上記で触れたとおり、封獣ぬえは元々は地上の悪戯妖怪だったのですけど、
その悪行が祟って元の少女の姿が発覚してしまうと、妖怪退治をされた挙句、さとり様・こいしちゃん達が暮らす
地底の旧地獄に叩き落されてしまい長期間ここでの暮らしを余儀なくされてしまいます。
その前後に、聖白蓮さんが「お前は実は妖怪の味方なのか?」と疑いを掛けられ、魔界に封印され、
白蓮さんを慕って行動を共にしていたムラサ・雲居一輪・雲山は、ぬえ同様に地底の旧地獄に叩き落されてしまいます。
ぬえとムラサ・一輪たちはある意味同じ釜の飯を食った同士と言えるのだと思いますし、
共に不遇の時代を過ごした仲間なのだと思います。
そうした中、地霊殿異変が起き、間欠泉騒動が発生しそのドサクサまぎれに、ムラサ・一輪・雲山・そしてぬえは
地底を脱出する事に成功します。
そしてムラサ・一輪が即座に取った行動は言うまでもなく白蓮さん救出のための行動で、そこに寅丸星・ナズーリンも
白蓮解放の行動に合流したのですけど、そうした中、一人浮いてしまうのは、白蓮さんとは元々何の接点も無いし
面識も何も無いぬえであったりします。
間欠泉騒動で外に脱出して以降は、ムラサ達は自分達の師でもある白蓮救出にばかり目がいってしまい、
自分の事は誰も気にかけてくれないと言う事がぬえは寂しかったのかもしれないですし、
地底にいる頃は共に励まし合ってきた仲間だというのに面白くないという感情に起因する
「それだったらムラサ達の行動を邪魔してやれ!」と始めた行動が、結果的に「星蓮船異変」となってしまい、
霊夢たちによって異変は解決され、無事に白蓮さんも復活を果たし、
白蓮さんの考えは「自分達妖怪サイドに基づいている」という事をぬえ自身が認識し、白蓮さんに帰依し仏門への入門を
果たしたという事にはなっています。
だけど、元々が悪戯好きの妖怪で、お寺での修行は自由奔放のぬえの性格には元々向いておらず、
命蓮寺のムラサ・一輪等のコアメンバーとはどうしても温度差が生じてしまう結果になってしまいます。
結果的に、ぬえは命蓮寺内にては、一人周囲から浮いてしまい、寂しそうにポツンと一人特にやる事も無く一日を無為に
過ごしていたという感じになっていってしまい、結果的にぬえは、仏門信徒でありながら、ほとんど命蓮寺内には不在で
幻想郷内をフラフラしていて、この事から「ぬえ=ぼっち」という雰囲気も当時はあったように思われます。
ぬえの性格を語る上で外せないキーワードがあったりもします。
それが実は「かなり義理堅い性格」という事で、
ぬえとしても、せっかく自分を仏門にまで導いてくれ、自分という大変罪深い存在の大罪を全て水に流してくれた白蓮さんへの
恩義はぬえとしても相当感じているのは間違いないと思います。
だけど、その具体的な恩義への返し方というのか、自分ができる事とか自分にとっての貢献とは果たして何なのかと言う事を
ぬえ自身もよく分からないまま、ただ漫然と時間だけが経過してしまっていたという感じなのだと思います。

その機会と言うのは意外と早く訪れます。

それが神子・布都たち道教勢力が登場してきた東方神霊廟異変です。

白蓮さんが、霊廟の真上に命蓮寺を建立する事で意図的に押さえ付けていた豊聡耳神子(聖徳太子)なのですけど、
結果的に白蓮さんの力及ばず復活を果たしてしまいます。
その際にぬえは「このままだと白蓮は危ない! こんな聖人が復活してしまうと、妖怪なんて全部退治してしまえと言うはず・・
そうなると妖怪擁護の立場を取る白蓮が真っ先に神子たちに狙われる事になる。これはまずい・・」と考え、
「妖怪退治をする聖人に対抗するためには、もっともっと強い妖怪を呼ばないといけない。
自分には、旧友でもあるマミゾウが現在は外界の佐渡で暮らしている。
マミゾウは自分よりもはるかに強大な力を持っているし人望も厚い奴だし、多分白蓮のために共に何かをしてくれるだろう!」と
思い立ち、白蓮のために役立ちたいというその義理堅い心から、マミゾウを外界から呼び寄せ、
異変解決に当たろうとします。
ぬえは大変義理堅く、自分が受けた恩義は絶対にいつかは返すという大変強い信念を持ってはいるのですけど、
往々にしてこうした一方的な思い込み型の義理堅さは空回りになってしまう事も多々あったりもします。
結果的に、マミゾウが幻想郷に到着した頃には異変は収束していて、結局マミゾウには大した出番はありませんでした。
(一応は、マミゾウは「東方神霊廟」のEXステージボス、ぬえは中ボスを務めてはいます)
最終的には、命蓮寺内に二つ岩マミゾウという新しい居候が増えて、白蓮さんの頭痛のタネがまた一つ増えたという事に
なってしまったというオチが待っていたものでした。
ぬえがマミゾウを外界から招聘してきた事は、換言すると命蓮寺内にてぬえの良き話し相手が出来たという事でもありますし、
ぬえにとっては心の支えが出来た事はとてもよい事であったのと思いますし、
マミゾウという同士が出来た事によってぬえのぼっち状態が解消され、ぬえも元気を取り戻し、
「東方鈴奈庵」において、当時の幻想郷内の都市伝説異変を巧みに利用してのぬえとしてのひと騒動も起していたりもします。


縺ャ縺・-00_convert_20160617233250

縺ャ縺・-03_convert_20160617233348


改めて、ぬえの後姿ですけど、服を通しておしりのラインも見えそうというところが何とも言えず色っぽいです・・・(汗)

東方フィギュアで、後姿だけでこんなにも艶を感じさせるキャラも珍しいですし、大変貴重だと思います。


ぬえ


こちらをしっかりと見据える瞳と少しだけ上がった口元が何か挑戦的な感じも醸し出しているのですけど
全体的には黒髪がよく似合う素敵な美少女という雰囲気も感じられます。
色っぽさと美しさが絶妙に融合していると思います。

上記にて、ぬえの視点から見た東方星蓮船と東方神霊廟の異変について触れさせて頂きましたけど、
この二つの異変に連続して自機として初抜擢をされた御方がいます。
それは言うまでも無く早苗さんなのですけど、この二つの異変における早苗さんの奮闘ぶりと名言(迷言)製造振りや
早苗さんのはっちゃけぶりはとにかく凄いものがありました~♪

そして東方神霊廟のEXステージ戦において、早苗さんVS封獣ぬえとのバトルが始まります。

早苗:で、貴方は誰?
ぬえ:私は鵺(ぬえ)、正体不明がウリの妖怪よ。正体不明は人間を怖がらせる事が出来る。
早苗:ぬえ……って、何かどっかで聞いた事あるような。
    あ、もしかして、ゲームとかでも良く出てくる化け物だ。確か……頭が虎、手足が蛇……だっけ?
ぬえ:蛇に手足は無いでしょ。
早苗:鵺の正体みたりエイリアン。って事でいいかしら。
ぬえ:ふむ、エイリアンの方が通りが良いのならそれでいいわ。
早苗:やった!エイリアンに会ったって自慢が出来る。
ぬえ:怖がらないの?
早苗:さあ、天狗を連れてきますので、一緒に記念撮影しましょ?
ぬえ:そう、どのみち怖がってくれないのね。でも、怖がってくれないと私の心は餓える。
早苗:さあさあ、おめかしして。

ちなみにですけど、上記の早苗さんとぬえの会話はバトル前のものです。
ここでなぜか唐突に「一緒に記念撮影しましょ?」と言いだす早苗さんもやっぱり幻想郷にほぼ馴染みつつあるという
事だったのかもしれないです。
写真を撮られる御方が「天狗」という事で・・つまり文ちゃんだと思うのですけど、
文ちゃんに二人の記念写真を撮影を頼んだら、文ちゃんは喜んでしまって
翌日の「文々。新聞」の一面トップは「妖怪の山の神様! 正体不明の妖怪を撃破する!」という記事を掲載したのかも
しれないですね~!
実際、バトル終了後にぬえをやっつけた早苗さんは、どうやら本当に文ちゃんを呼んで、
ぬえと一緒に記念撮影をしたようでもあります。





ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!

上記の作品は当ブログでも実は初めて転載&ご紹介をさせて頂く作品でありまして、
アミグリさんが2012年1月に描かれた封獣ぬえです。

ぬえと言うと上記のグリフォンフィギュアで散々述べている通り、東方では極めて珍しい絶対領域を有しているキャラという事で、
どちらかというと色っぽいとかエロ過ぎるキャラとか言われがちでもあるのですけど、
本人はどちらかというと悪戯好き妖怪だけど、その本質は意外と真面目で義理人情に厚い「義」の人と言える事が
できるのかもしれないです。
そして同時に人を惑わせる能力にも長けていて、見た目はエロそうだけど中身は悪戯好きだけど義理堅く、
能力的にもかなり手ごわいものを有しているという事で、なんだか色々な要素がミックスされた謎要素満載のキャラにも
感じられますし、ミステリアスな雰囲気が本質的に備わっているのかもしれないです。

アミグリさんが2012年に描かれたぬえは、そうした意味では外見的特徴よりもぬえの内省の方をより強くイメージさせて
いると感じられますし、
この不思議な表情はミステリアスさも感じられますし、どことなく少し心、ここに在らず・・みたいな雰囲気が感じ取れるのは、
地霊殿異変まではさとり様が普段住まわれている地底深くの旧地獄内で暮らしていて、
もしかしたら・・? 旧地獄の実質的管理者であられるさとり様から何かを感じ取っていたからこそのこの少し不思議な
表情と言えるのかもしれないです。

アミグリさんが描かれたぬえの髪はショートですけど、東方鈴奈庵や東方求聞口授のぬえの挿絵はやはりショートの髪型
ですので、グリフォンフィギュアのあの黒髪ロングは少しばかりイレギュラーと言えそうです。





続きましてアミグリさんが2018年10月に描かれた早苗さんです。

背景を描かない事と最近の作風の大きな特徴でもあるキラキラ感を少し抑えている事で、
素の早苗さんのかわいらしい魅力を120%以上発揮しているようにも感じられます。
いつもの風祝衣裳なのですけど、わき見せチラリも健在ですし、おへそのチラ見せもとてもかわいいですし、
肩出しと肩のあたりのなんとなく水着の日焼け痕が感じられる点も早苗さんの可愛らしさ・美しさを見事に
表現されていると思います。
これまでの異変解決への貢献度の高さから自信に溢れている感じも窺えそうな気もしますけど、初期の頃の
「わたし、わたし!」ではなくて
他者との共感度・コミュニケーションの深さも感じさせるような大人としての自信を感じさせる早苗さんのようにも
感じられそうです。

なんとなくですけど外界で言うとJKさんではなくてJDさんっぽい早苗さんのようにも感じられそうですね~!

上記のアミグリさんが描かれたぬえと早苗さんは、その権利は全てぬえと早苗さんの絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいい早苗さんを描く人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

今回のピックアップはぬえ。
グリフォンのぬえは大きなアレンジを加えず、ぬえの特徴的な部分を強調した造形のように感じます。コスチュームこそシンプルですが、背面側の情報量がやばい。さりげない色気もフィギュアとしての魅力がありますね(^^♪

アミグリ様の描くぬえはバストアップ構図で、少しミステリアスな雰囲気を感じます。2枚目の早苗さんはシンプルにまとめられていますが早苗さんらしさが前面に強調されているように思います。いつもながら素晴らしイラストです(^^♪

羽系妖怪

ごにぎり 様


ぬえや天狗娘やレミリア様等の吸血鬼たちは、背中の羽根は畏敬の象徴でもあると思いますが、羽根つきで
衣装を纏ったりお風呂に入る際はあの羽を一体どうするのだろう・・?という疑問は誰でも感じるのかもしれないですけど、
それは聞かないのがお約束なのかもしれないです。

ぬえの背中部分の複雑な造型はデザイナー泣かせですけど、今は亡き・グリフォンも当時は相当頑張ったと思いますし、
合わせてぬえの絶対領域部分のお色気は素晴らしいと思います。

アミグリさんの描かれたぬえと早苗さんをお褒め頂きありがとうございます。

原作ゲームでもこの二人のツーショット写真に関する話が出てきますけど、それに近いような雰囲気のすてきな仕上がりだと
思います。

こんばんは♪

私は黒髪がすごい好きなので
黒髪ロングに惹かれます(*´ω`)
自分は黒髪ショートカットですが(笑)。

黒髪

ふたごパンダ 様


今回レビューした封獣ぬえはフィギュアだと黒髪ロングとしてデザインされていますけど、
原作作品の公式立ち絵では黒髪ショートとしてデザインされていて、
こうした違いを楽しむのもいいものですね。

ぬえに関しては黒髪ロングの方がイメージに合っているようにも感じられたりもします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |