FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


_convert_20190710181220.jpg


今年は、4月~5月初旬の頃は連日25~30℃に達する日も多々あり、
「今からこれだと昨年のあの酷暑の再現なのか・・」と危惧したものの、梅雨入り以降は長梅雨&冷夏の日々が
続いていて、特に関東ではむしろ逆に1993年のあの異様な冷夏の可能性すらあるのではないかとすらふと思ったりもします。
そろそろ梅雨も明けて夏らしい季節になってほしいものですね。

そうした暑い夏の季節には、冷たいざるそば・ざるうどん・そうめんもとても美味しいと思うのですけど、
冷たいラーメンもとっても涼しくてさっぱりしていて美味しいと思います。
そうした冷たいラーメンというと一般的には冷やし中華というイメージも強いとは思うのですけど、
「ラーメン大好き 小泉さん」の無愛想でミステリアスなヒロインの小泉さんにとっては、
「夏の季節に相応しい冷たいラーメンは別に冷やし中華が全てでは無い」と間違いなく認識されていると思いますし、
「つけ麺はラーメンでは無い」という認識を有していた大澤悠に対して「それは違う!」とはかりに壁ドンをやらかしていた
小泉さんは、「つけ麺もラーメンだし、焼きラーメンだって広義的にはラーメン」と思うのと同様に
氷たっぷりの冷やしラーメンも冷たいだし汁のつけ麺も冷麺も冷たいラーメンサラダもはたまた野菜たっぷりのパスタサラダ
すらも広義的には冷たいラーメンという認識をされているのかもしれないです。

上記にて「ラーメンサラダ」という聞き慣れないワードが出てきましたけど、ラーメンサラダとはなにかと言うと
北海道発祥の冷製サラダであり、野菜サラダとラーメンの麺が組み合わさった冷たい麺類と言えると思います。
冷やし中華より具材の野菜の量が多いためラーメンというよりサラダとして食べられているという感じでもありますし、
北海道の居酒屋の定番メニューでもある冷たい麺類であると同時に、一般家庭でも作られる事も多々あるようですし、
小中学校の学校給食の定番メニューの一つとなっているそうです。
ラーメンサラダの発祥として、通説では、札幌グランドホテル内のビアホール「ビッグジョッキ」が1985年にオープンした際に、
ビアホールの当時の料理長が「サラダ感覚で味わえるラーメン」として考案したものが元祖とされているそうです。
見た目的には野菜たっぷり冷やし中華という感じだと思いますし、
冷やし中華・パスタサラダ・冷麺・冷やしラーメン・冷たいだし汁のつけ麺の広義の意味では仲間と言えそうです。

ラーメンサラダは原作コミックの「ラーメン大好き 小泉さん」第5巻でも登場していましたけど、
それに近いような商品も既にたくさん登場していましたし、最近ではセブンイレブンから最近新発売で登場していた
「沖縄出店記念!冷し野菜タンメン」もそれに近い商品といえそうですし、
ラーメンではなくてあくまで冷製パスタではアリの巣が、同じくセブンイレブンから発売されていてかなりのロングセラー商品とも
言えそうなグリルチキンのパスタサラダもそうした商品と言えるのかもしれないです。
あくまで狭義に厳密な意味で考えると「パスタサラダも冷やし野菜タンメンはラーメンサラダとは違う」と言えるのかも
しれないですけど、ラーメンをかなり多様的に幅広く柔軟に考えている小泉さんにとっては
「それはそれで一つのラーメンサラダ」と考えていると言えるのかもしれないです。

上記画像はセブンイレブンが初めて沖縄に出店した今年にそれを記念して発売された沖縄出店記念!冷し野菜タンメンです。

先日それを初めて実食させて頂きましたけど、感覚的にはとにかく野菜がたっぷりという印象が強いです。

沖縄の塩シママースを使った冷たいタンメンで、もやし、キャベツ、白菜、にんじん、水菜、豚肉、きくらげが
具材として盛り付けられています。
鶏ガラ、豚ガラ、沖縄の塩シママースを使ったまろやかなスープが大変美味しいのですけど、このシママースは
沖縄で作られている再生加工塩を用いていて、マースは塩を意味していて、シママースは沖縄の塩という意味があるそうです。
鶏ガラベースに沖縄の塩がよく効いたキリッとした半透明なスープが麺によく絡んでいますし、スープ自体に
生姜、にんにくもほんのりと香ばしい香りを立てているのもすてきだと思います。
具材も野菜がたっぷりという印象で、キャベツや豚肉もかなり大きいと感じられます。
野菜たっぷりと言う事で野菜不足の人にも最適ですし、キャベツ自体も大きいのですけど
煮込まれ過ぎてないので食感がとてもシャキッ!とした歯ごたえが伝わってきています。

こうやって食べてみると、「これも一つのラーメンサラダの進化系」と感じてしまいそうです。





こらちは同じくセブンイレブンのグリルチキンのパスタサラダですけど、この商品はかなり以前から発売されていて
一つの定番ロングセラー商品といえそうですし、夏の冷たい麺シリーズとしては認知度も高いと思いますし、
私もとっても大好きな冷たい麺です。
メインのチキンとサラダのほかに、卵やトマトがトッピングされており、彩りが鮮やかですし、マヨネーズの風味も確かに
強いのですけど和風ドレッシングの爽やかさがしつこさをあまり感じさせず、
野菜やトマトやチキンと麺と複合的に味が融合し、とっても美味しいと思います。
この商品は夏限定と言う訳ではなくて秋も冬も店頭に置れている事が多いと思われますが、どの季節で食べても美味しいと
思います。

具材はグリルチキン、ゆで卵、プチトマト、レタス、大根、ニンジンの6種類が乗っかっていて、
グリルチキンの量は想像以上にたっぷりです。
パスタの上に直接具材がのせられているので、ふたを開けてすぐに食べられるのはポイントが高いと思います、
玉ねぎと醤油をベースにした和風ドレッシングが夏にとてもよく合っていると感じられます。
全体的にバランスがよく味わい豊かに仕上がっていますし、麺とチキンとドレッシングをまぜまぜするとわかるのですけど、
マヨネーズが絡んだキャベツが野菜のイメージを強く感じさせてくれていると思います。

名前は一応パスタではありますけど、感覚としては「ラーメンサラダと似たようなものがあるのかもしれない」と感じてしまいます。


002_convert_20190710181144.jpg

003_convert_20190710181203.jpg


まぜまぜする前は見た目的に「彩がとてもきれい」と思いますし、ドレッシングを掛けて麺と具材をまぜまぜすると
この麺とチキンと野菜とドレッシングのすてきな一体感を強く感じさせてくれていると思います。

そしてこのパスタサラダは、さすがにラーメンサラダほどの野菜たっぷりという感じではないのですけど、
野菜と麺とチキンのバランスの素晴らしさというものを強く感じさせてくれていると思います。

冷やして食べると夏の暑さは瞬間的に吹っ飛んでしまいそうです~♪


015_convert_20190707171827.jpg


当ブログの小泉さんカテゴリでは結構頻繁に小泉さんの悠に対する壁ドンの話が出てくるのですけど、
あの壁ドンの話では2018年冬に放映されたアニメでは取り上げられていなかったのは少し惜しまれるものが
ありそうです。
壁ドンの話で小泉さんが伝えたかった事としては「ラーメンの素晴らしき多様性」という事なのだと思いますし、
小泉さん的にはラーメンとつけ麺も広義には同じ麺類という事なのだと思われますし、悠のように特段ラーメンとつけ麺を
区別化して考える必要もないし、
広義で考えるとつけ麺も焼きラーメンもはたまた焼きそばだってラーメンの亜種であるという事なのだと思いますし、
そこにあるのは素晴らしきラーメンの幅広さという事なのだと思います。

そうしたラーメンの多様性を「つけ麺」をテキストにして小泉さんとして探求していた話が「ラーメン大好き 小泉さん」原作漫画
第5巻に何話かに渡って展開されていますし、その第5巻の中に
やはりラーメンの多様性を示唆したと思われる「ラーメンサラダ」という事になると思います。

小泉さんのラーメン観というのは、アニメ版もそうですし原作漫画においてもその柔軟性は素晴らしいと感じますし、
ラーメンの無限の多様性と可能性を常に意識されているのが小泉さんのすてきなラーメン観と言えるのかも
しれないです。
私自身も小泉さんを知るまでは、
「ラーメンって醤油・みそ・とんこつ・塩が主流なんでしょ・・?」ぐらいの初期の頃の大澤悠程度の貧困なイメージしか
持っていなかったと感じるのですけど(汗・・)
「ラーメン大好き 小泉さん」を深く知れば知るほど「ラーメンの世界」の奥深さと多様性と無限の可能性を改めて
再認識させられたものがあったと思います。

ネタバレになってしまうため、ここではあまり書けないのですけど、原作漫画第5巻のつけ麺を巡る話の中で、
実は小泉さん自身も「どこまでがラーメンなのか私にもよく分からないし、そもそも厳密にそれを定義づける必要も
ないのかもしれない・・
つけ麺をラーメンでは無いという事も可能なのかもしれないし、焼きラーメンや混ぜそばをラーメンの亜種と言う事も
十分可能なのだと思う」と言われている事から分かる通り、
ラーメンの奥深さとその多様性は本当に素晴らしいものであり、今後も未来永劫私たち日本人はラーメンの多様性と
無限の可能性を追い求めていくものだと思われますし、そのゴールは実は存在しないと言えるのかも
しれないです。


016_convert_20190707171849.jpg


「ラーメン大好き 小泉さん」は原作漫画版もアニメ版もその登場人物は実は極めて少なく、
メインヒロインの小泉さんと大澤悠を軸に、中村美沙と高橋潤がここに加わり、準レギュラー要員として
悠のお兄ちゃんと悠の従妹の絢音お姉ちゃんや中村美沙の弟が加わり、
たまにモブキャラ的なゲストキャラがほんのわずか登場する程度というのも大きな特徴と言えるのかもしれないです。

原作漫画版にセリフ付で少なくとも3回以上登場されたキャラでアニメ版に未登場というキャラとして唯一挙げられるのが
小川乃愛(おがわ のあ)だと思われます。
小泉さんは元々登場人物が少ない作品でもありますので、昨年1~3月に放映されていたアニメ版小泉さんに
この乃愛ちゃんが登場しなかったのはちょっともったいないかも・・と感じさせるものがあるのかもしれないです。
そうそう、ちなみにこの乃愛ちゃんは、小泉さんと同様に転校生キャラでもあったりします。
(小泉さんはB組ですけど、乃愛ちゃんはC組です)

乃愛ちゃんは転校してきて間もないと言う事でお友達や話し相手がなかなかできなくてちょっと寂しい日々を過ごしていて
お昼ごはんも一人さびしくお弁当を食べていました。
乃愛ちゃんは北海道育ちの両親がいると言う事でお弁当にラーメンサラダが入っていて、それを食べている時に
いきなり乃愛ちゃんの横に「ラーメンサラダ・・」とモノ欲しそうな目でひょいと出没していたのが小泉さんでもありました!
小泉さんも基本的には友達とかお昼に一緒にランチする仲間というものはいないのですけど、
乃愛ちゃんはそうした状況がさみしいと感じているのに対して、小泉さんは「友達やランチ仲間がいなくても全然平気だし、
私にはラーメンさえあればそれで十分」と考えてるのがこの二人の大きな違いと言えそうですね。


017_convert_20190707171908.jpg

018_convert_20190707171929.jpg


乃愛ちゃんが食べていたラーメンサラダをモノ欲しそうに見つめていて、乃愛ちゃんから「一口いかがですか?」と勧められ
それにあがなうことができなかった小泉さんですけど、
そのお礼と言わんばかりに、ここから小泉さんのラーメンサラダに関する薀蓄が延々と展開されていきます。

小泉さん的にはラーメンサラダの最大の特徴は「野菜の量が麺を上回っている」という事を指摘されておりました。

もしもですけど乃愛ちゃんがまるで大澤悠の如く「ラーメンサラダはラーメンではないんだね~」とうっかり口走って
しまったとしたら悠のように小泉さんから「ラーメンサラダはラーメンではないと・・!?」と壁ドンを
食らってしまうのかもしれないですね~(汗・・)


019_convert_20190707171950.jpg


こうした場面を通して結果的に乃愛ちゃんはクラスメイトと仲良くなるきっかけが出来ましたし、
大澤悠や小泉さんとも知り合いになる事が出来ました!

乃愛ちゃんは第7巻にて水泳部に入部した事判明していて、乃愛ちゃんの幼児体型のスクール水着が
お披露目されていてとてもかわいかったです。
乃愛ちゃん絡みの話として大変興味深かったのは、小泉さんは実は水泳部に無断で水泳部内のロッカーを
借用していて、このロッカーの中に各種ラーメングッズや学校からお目当てのラーメン店に行く際の着替えが
たくさん用意されていたのが判明していました。
小泉さんは基本には制服姿のままラーメン店に行くことが多いのですけど、制服姿では入りにくいようなお店に
行く時は事前に(大澤悠にばれないように)こっそりと水泳部のロッカー室で着替えた上で、行くと言う貴重な情報が
わかっただけでも大変ありがたいものがあった第7巻だと思います。
そして小泉さんは乃愛ちゃんに対して、無断借用の口止め料代わりに、乃愛ちゃんを行きつけのラーメン懐石店に招待し、
この懐石店は普段着・制服では入れないと言う事で、ロッカーに用意してあったドレスを纏って二人でその懐石店に
行ったりもしていました。
(ドレスアップの小泉さんもとても美しくて素晴らしかったです~!)

原作漫画でももっと乃愛ちゃんや絢音お姉ちゃんの出番も増えてほしいですし、もしも小泉さんのアニメ第二期が
実現された場合は是非乃愛ちゃんにも登場して欲しいものです。

ラーメンサラダも含めてラーメンの多様性と無限の可能性はすてきなものがあると改めて感じたものでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

手軽でおいしそう

ラーメンサラダというジャンルもあるのですね。
そしてそれが北海道発祥というのも初めて知りました。
一般家庭でも手軽に作れそうですし、野菜嫌いの人にはうってつけの一品と言えそうですね。

栄養たっぷり!

ふにゃん 様


ラーメンサラダは誰でも気軽に手軽にあっという間に作れて、なおかつ栄養バランスも優れているという
大変優れたメニューといえると思います。

夏場だと冷やし中華的に食べると涼しさも味合えそうですね。

夏は、冷麺よりも海の家や祭り屋台の焼きそばが最高に美味しい季節だと思います。
ところでラーメン大好き小泉さんにとって「焼きそば」はラーメンの部類に入るのでしょうか?

焼きそば

sado jo 様


日本の食文化上のラーメンの大雑把な定義というと、小泉さんの解釈としては、ラーメン=かん水を使用した中華麺の麺料理
と言えるのですけど、
そうした意味においては、つけ麺も油そばもはたまた焼きそばだってかん水入りの中華麺という事で、これらの麺類も
ラーメンであると広義的には言えると思います。
(厳密にいうと焼きそばの麺はラーメンの生麺ではなくて蒸し麺を使用はしています・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |