FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


fc6d8045-s_convert_20180724130112.jpg


チューバは管弦楽の世界でもそうですけど、吹奏楽の世界でも本当に地味で「縁の下の力持ち」というイメージが強いです!

チューバは、ひたすら、ボンボンボンボンボンボンボンと低音のリズムをテンポよく刻み続けているという
イメージがあったりもします。
合奏の中では、全体の土台と言うのか全体の支えと言うのかリズムセクションの要という
地味ながら大変重要な役割を担っていると思います。
大抵の場合、指揮者から「全体の基礎を支えるチューバがしっかりしていないから全体が不安定になるんだ!!」と
しったようなことを言われて、
為す術も無く虚ろな表情で指揮者を見つめているチューバ奏者みたいな勝手なイメージもあったりします。

スクールバンドのA編成(55人以内)ではチューバの2名というのは絶対的に必要な人数ですけど、
30名前後の小編成部門でも、チューバが1名と2名では低音の支えというか土台そのものが全然違ってくるようにも
感じられます。
私が中学の時、最初に出場した吹奏楽コンクールは当時のA部門という事で45名編成でしたけど
なぜかチューバは1名でした。
というのも、他にチューバ奏者は2人程度いたと思うのですけど、当時の3年生の先輩の音量がとてつもなくバカでかくて、
当時の吹奏楽部の全体合奏室は校舎とは別棟の理科実験室の2階でもあり、その別棟の建物は木造で
窓枠も木の枠にうすい曇りガラスをはめ込んだ程度だったのですけど、その3年生のチューバ奏者がチューバを吹くと
とにかくビンビンに木の枠が振動しガラスがガタガタと音を立てるくらいのとてつもない音量を叩き出していましたので、
当時の顧問も「チューバは1名でいいか~」と考えたのかもしれないです。
(代りにコントラバス奏者をなぜか3人もコンクールメンバーとして配置していました)
余談ですけど、1981年の東海支部の蒲郡中学校は、自由曲のドビュッシーの「三つの夜想曲」~Ⅱ.祭りの効果を意図したか
どうかは不明ですけど、50人編成に対してチューバ奏者1名・コントラバス奏者6名という変則編成で構成していたのが
大変印象的です。
そしてその3年生が卒業した年に、そのチューバ奏者の弟が吹奏楽部に入部し、楽器振り分けも当然のようにチューバに
配置されていました。
でもさすが兄弟は血が繋がっていますよね~!
音楽室内の窓枠をチューバの音だけでビシビシ振動させたその先輩は、五分刈りのほぼ坊主頭にまんまるお顔に黒縁眼鏡が
外見的特徴でもあったのですけど、私が2年生の時に入部してきたその弟の方も兄とその時点で身長・体重がほぼ同じ体型
でしたし、髪型も坊主頭でしたし、まんまるお顔に黒縁眼鏡というのも同じでしたし、なによりもまるで双子のように
ほぼ同じような顔と体型をしていましたし、声もとてもよく似ていましたし、私にとっては・・というか当時の2~3年生たちは
「卒業していったあの先輩がまるで中学校に逆戻りして戻ってきた・・」みたいな既視感も感じていたものでした・・
当時から「あの兄弟は確かに学年で3つ違いはあるけど本当は双子じゃないのか??」とか
「いやいや、実はあの二人は同一人物でしょ・・!?」みたいなガセネタも盛んに飛び交っていたものでした・・(汗)
私自身もその新しく入ってきたチューバの1年生の事は正直まったく後輩とか新入生みたいな感覚は皆無であり、
その1年生と話す時はこちらがなぜか思わず敬語を使ってしまうほどでもありました。
その兄と弟の外見的違いは、兄が五分刈りの坊主頭だったけど弟の方は三分刈りに近い本物のお坊さんのような坊主頭
ぐらいしかなかったようにも思えます。
今現在のゲーム用語でいうと「2Pカラー」に近い二人のキャラとも言えそうでした・・
(2Pカラーといってもマリオとルイージ、はたまた東方の霊夢と早苗さんみたいな明確な違いがほぼ無かったですね~)
実際、吹奏楽部の顧問の先生もその1年生については、かなりの頻度で「おい、たかし!」と卒業して既に部内にはいない
兄の方の名前で呼んで、その弟の方を「俺は兄貴とは違うのに・・」といじけさせておりました・・
ちなみにその弟の方も兄とほぼ同じように豪快に音を鳴らしていて、やはり兄と同じように窓枠をビンビンと振動させて
いたものでした・・

私が現役奏者の頃は、既に吹奏楽部は男子部員があまり入部してこない女の子の園という雰囲気もありましたし、
全部員の中で女の子が占める割合は7~8割近くだったと思います、
そうした中でも数少ない「男だけの世界」というものが吹奏楽部にも存在し、それがチューバパートだったと思います。
私が、中・高校生の頃は女の子のチューバ奏者は珍しかったようにも思えます。
(今現在はJCさん・JKさんのチューバ奏者はごく当たり前の光景ですし、「響け! ユーフォニアム」においても小柄で華奢で
幼児体型のJKの加藤ちゃんがチューバに楽器振り分けされていたのも普通の事なのかもしれないです)
私が実際に目撃したとある吹奏楽コンクールにおいて、とある女子高が35名編成で、チューバ奏者0人、コントラバス3人という
ある意味変則編成という事例もありましたけど、
私が現役奏者の頃はホルン・トランペット・トロンボーン・ユーフォの女の子の奏者は別に珍しくも何ともなかったけど
女の子のチューバ吹きはまだ「すごい・・・!!」という時代でもありました。
最近の吹奏楽コンクールを聴きに行けば一目瞭然ですけど、普通の公立高校でも女の子のチューバ奏者は全然珍しくも
何ともないてすし、私の現役時代よりももっと男子部員は少なくなっていて
改めて「最近の吹奏楽部の男性奏者は肩身が狭いのかも・・」と感じる反面
「他の文化部でこんなに女の子に囲まれている嬉しい部は他にないじゃん!」と思ったりもしますね~(汗)
昨年も全日本吹奏楽コンクール・埼玉県大会・高校A編成の部と中学A編成の部を聴きに行ったのですけど
当時の私のような男性クラリネット奏者はほぼ皆無ですね~
たまにその存在を確認すると・・・・
「分かる、その居心地の悪い気持ちわかるよね~」と横に行って励ましたくもなります(汗・・)

アニメ「響け! ユーフォニアム」第一期において、チューバ奏者の後藤先輩や梨子先輩の「対チューバ観」がとても適切で、
当時は「うまい表現しているよね~」と妙に感心したものです。

大きくて重い!!

地味で目立たないとこ吹くわりに息が苦しい。

なぜかチューバのせいってよく怒られる・・

良いとこがなくても一生懸命頑張る…でもそれが良いんだよ!

この言葉は本当にチューバの本質を鮮やかに突いていると思います。
「自分たちが合奏全体の土台を支えている」というプライドを胸に秘めて地道に科目に縁の下の力持ち存在として
支えているのがチューバの役割という事になるのだと思います。

ちなみに「響け! ユーフォニアム」の後藤先輩と梨子先輩は既にお付き合いをされていて部内公認のカップルという立ち位置でも
あったりします。
梨子先輩はどちらかというと関西のおかんみたいな安心感すらある人でもありあまり萌え要素は無かったのですけど、
リアルの吹奏楽コンクールにおいて、JKさんが今風の短めスカートの制服着用でチューバを抱きかかえたまま演奏している
風景を見たりすると「なんだか萌えるよね~」と感じてしまいそうです~♪
ただ最近のコンクールにおいては、チューバ・打楽器担当のJCさん・JKさんはスカートではなくてスラックス着用という学校も
大分増えてきているように感じるのは少し勿体ない感じもしますね~(汗・・)

言うまでも無い事ですけど、吹奏楽におけるチューバの役割は本当に大切だと思いますよ~!

私が、チューバの底力を実感したのは、高校一年の時です。
1981年の吹奏楽コンクールの課題曲Aが「イリュージョン」という曲だったのですけど、
当初は3年生のチューバ奏者が受験に専念という事でコンクール不出場と言っていたのですけど
課題曲の全体練習では、何か今一つしっくりこないという感じで、何が足りないのかと色々議論になったのですけど、
チューバ1本では土台不足と言う事で、何とか3年生に頭を下げてコンクールに出て貰おうという事になり
チューバが2本になったのですけど、チューバ1本と2本では低音の重厚感とリズムの支えが全然違うのは一目瞭然でした!
メロディーを担当するクラリネットとしては、低音がボンボンボンと確実にしっかりと決まるだけで
吹き易いというのか微妙にノリが違うと言う事で、この時に初めてチューバの真の実力を実感したものでした。
他にも大学1年の自由曲、ベルリオーズの幻想交響曲~終楽章 魔女の夜宴-魔女のロンドにおいて弔いの鐘が
荘厳に鳴り響く次の展開で当時の4人の奏者によるチューバの「怒りの日」のメロディーは大変な迫力を感じたものですし、
はたまた大学4年の時の課題曲A / 風紋も冒頭はチューバによるメロディーラインから開始されるのですけど、
チューバの朗々とした低音の響きにクラリネットが乗っかる形でメロディーラインを展開していき、あの時もチューバの
安定感を心より実感したものでした。

現実的には、チューバが目立つ曲というのは管弦楽曲でも吹奏楽作品でもそれほどはないのかもしれないです。
管弦楽作品では、ヴォーン・ウィリアムズが「チューバ協奏曲」という素晴らしい曲を残していたり、
前述のベルリオーズの「幻想交響曲」終楽章でチューバを2本も使用し、チャイムの後の「怒りの日」のメロディーを
朗々と吹き上げる場面も大変印象的ですし、
ムソルグスキー作曲と言うのかラヴェル編曲の「展覧会の絵」のビードロのチューバの長い朗々としたソロも音域は高音域
で大変ですけど奏者にとってはやりがいがありそうだと思います。

吹奏楽オリジナル作品としては、ホルストの吹奏楽のための第二組曲の第Ⅰ曲 マーチはチューバの上昇和音から
開始されますし第Ⅳ曲 ダーガソンの幻想曲ではチューパソロもあったりします。
他には、ジェイガーの「ダイヤモンドヴァリエーション」冒頭のチューバのソロ的扱いは職人芸の域に達していると思いますし、
大栗裕の「巫女の詠えるうた」の冒頭のチューバの低音の支え方も巧いと思います。
バーンズの「呪文とトッカータ」(祈りとトッカータ)のラスト近くのチューバの爆発的低音の支えも圧巻だと思いますし、
そしてトドメはクロード・スミスの「フェスティヴァル・ヴァリエーション」の中間部のしっとりとした長大なソロだと思います。
精華女子高校というとスミスの「ダンス・フォラトゥーラ」は既に伝説の名演として高い評価を得ていますけど、
それと同じくらい2013年の「フェスティヴァル・ヴァリエーション」も素晴らしい名演だと思います。
吹奏楽コンクールにおいてチューバの底力を実感させた演奏としては、
アレンジものの演奏でしたけど、1992年の全国大会で兵庫高校が演奏したプロコフィエフの
「ロメオとジュリエット」~タイボルトの死のチューバの圧倒的重低音戦車部隊の威力は私の脳と耳の神経を破壊してくれるほど
素晴らしい迫力があったと思いますし、翌年の「シンデレラ」のチューバの低音の威力もお見事でした!

最後に・・吹奏楽コンクール課題曲の中では大変珍しいチューバにソロが登場する1985年の課題曲C /
シンフォニックファンファーレとマーチについて触れさせて頂きたいと思います。

この課題曲は、冒頭の金管によるファンファーレが完璧に決まったチームは、ほとんど記憶にないと思います。
それほど高音域のファンファーレではないのですけど、この課題曲のスコアを見るとなんとなくわかるように
意外と不協和音が調性とメロディーを曲全体が支配していて、ファンファーレと言うと一般的には華麗・壮麗さ・洗練さという
イメージがあるものなのに対して、この課題曲のファンファーレ部分は華麗と言う感じではなくて曲の雰囲気に
少しばかり不協和音の要素が感じられるからあまり華やかな感じがしないという違和感が
この課題曲が敬遠気味だった理由なのかもしれないです。
そしてファンファーレ部分が終了しマーチの部分が展開されても 意外とリズムが決めにくいというか、
何か吹いていると妙にギクシャクしてしまう錯覚があったりもします。
全体的にあまり「行進曲」という感じはしませんし、歩きながら吹くマーチという感じはほとんどしません。
どちらかというと野外用というよりは屋内用のコンサートマーチと言えるのだと思います。
そう言えばこの年の課題曲D/ポップ・ステップ・マーチも意外とリズムがギクシャクしやすい雰囲気もあったりして、
この年の課題曲にマーチを選んだチームは意外とリズムをそろえる事は大変だったと言えるのかもしれないです。

「シンフォニックファンファーレとマーチ」は冒頭の少しばかり風変わりで不協和音要素がある所も珍しいのですけど、
マーチの展開部分に入っても、中間部にチューバの重々しいソロが入ったり、 打楽器の「トムトム」にソロ部分を与えたりと
曲の中に従来の課題曲ではほとんど見られなかった面白い要素が仕掛けられているのは大変面白いものが
あると思います。
マーチというと展開部はffの連続で一直線に終結部に向けて突進していくという感じもあるのですけど、この課題曲は
終結部の前に曲を一旦静粛な雰囲気にさせた上で、マーチの展開部としてソロ楽器自体を使用する事自体異例とも
言えるのですけど、その異例な展開の中で
吹奏楽コンクールの課題曲やオリジナル曲としては大変珍しい「チューバ」という縁の下の力持ち的楽器に
光を当てているのは大変素晴らしいものがあると思いますし、
当時のチューバ奏者にとっては「大変だけどやりがいはありそう!」と意気に感じる課題曲だったようにも感じられます。
実際、吹奏楽コンクールの自由曲もそうですけど課題曲においてチューバにソロが登場する事自体極めて珍しく異例な
ものですので、当時のチューバ奏者の皆様にとっては
「そんな普段ボンボンボン・・とひたすらリズムを刻み全体の合奏の土台を支えている役割の自分たちがこんなソロなんて・・」と
思われたのかもしれないですけど、同時に「こんな機会は滅多にないし是非チャレンジしたい!」と思わせる
ものがあったと思いますし、チューバ奏者にとっては腕の見せところと言えるのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

チューバって地味ですよね(笑)

息子もチューバ吹きなのですが楽しいようです
家内はコンクールやアンコンの写真を買うとき、息子の顔が
写らない。と毎度凹んでいます

楽器は大きいですが・・・

まさかチューバを取り上げて頂けるとは、チューバ吹きでしたので嬉しいです。
学生時代、級友等から「何やっているの?」という質問に答えても、高確率で「???」な顔されましたし(苦笑)、合奏練習の際は演奏時間よりも他のパートを聞く時間の方が圧倒的に多かったですので、花形のTpやCl、A.Saxなどの奏者さんが指揮者から狙い撃ちされたりするのを見たりしたら、チューバでよかったと思ったりしたものでした(笑い)
普段それほど目立つ楽器でない分、ソロ等は印象的で耳に残りやすいフレーズが多い気がします。

10taさん
楽器とベルの大きさで普通の配置ですと正面からの全体写真は顔が写りませんね(汗)。地区毎に事情が違ったりするかもですが、自分の時の大会はカメラマンさんが色々な所から撮影してくれたので、チューバの演者だけを捉えた写真もありました。

全体合奏

10ta 様


チューバに限らず、自分が所属しているパートが全体合奏の中でどういう役割を担っているかとか
全体とパートのバランス等に気づき始めると、
全体合奏がより興味深く感じられるようになっていくのかもしれないです。

チューバ

GELLES27 様


クラリネットパートの視点に立つと、低音セクションのリズムの刻みがカッチリ響いてくると、安心してそのリズムに
乗っていけるとという安心感がありますし、
チューバが安定していないと全体合奏の入り口の時点で既に崩壊という危険性すらあるような気がします。

ご指摘の通り全体合奏時は、クラリネット・トランペット・ホルンは「下手くそ~」とやたら怒られまくりのパートであり、
指揮者のお怒りの集中砲火を浴びていたものですけど、私の印象・記憶でもチューバが起こられることは極めて
少なかったようにも感じられます。

チューバの知名度はそれなりにあると思いますが、ユーフォニアムはその点かなり悲惨で、とある部外者から
「アルミニウムという楽器も吹奏楽にあるんだね」と言われて凹んだユーフォ奏者もいたものでした・・

いつだったか矢代秋雄のピアノ協奏曲のお話ありましたよね?
見つけられずこの記事の投稿欄をお借り致します

先日N響コンサートのテレビ放送があり、矢代さんのピアノ協奏曲が取り上げられました^^なんとタイムリー
普段ピアノ協奏曲なんて興味なくて聴いたことすらなかったのですが、録画し昨晩見ました

矢代さんの曲も素晴らしかったですし、川村尚子さんというピアニストも素晴らしかった。釘付けになりました
さすが矢代さんですね圧巻です

アンコールで弾いた同じく矢代さんの「夢の船」
川村さんの演奏で涙がこぼれました
ピアノの独奏でこんな気持ちになるのは初めてです
冒頭から引き込まれ余韻すら音符が描かれているのでは?と思わせるような、心震わせる素晴らしい演奏でした

興味を持たせて頂いたことに感謝です^^




GELLES27様

パート毎に撮影して貰った写真はすべて即買いです^^
全体写真になるとまったく顔が見えないのですよね
4つ切り写真ともなるとお高いので「なんかな~」とつぶやきつつも記念として購入しております

チューバは楽しいらしいです
こちらでもコンサートがあり楽器紹介を毎年します
一般の人からすればチューバだと「ゾウさん」ぐらいでしょうか
昨年は「情熱大陸」を演る。と云い始め、チューバ3、ユーフォ1のバリチューバで演りきりました。youtubeの見過ぎですね
聞かされてる方はモソモソ感ハンパなくて辛かったです(笑)

矢代秋雄 / ピアノ協奏曲

10ta 様


矢代秋雄のピアノ協奏曲が日曜21時からのEテレで放映されていたのですね。

日曜はほとんど出勤なので、残念ながらその番組は未視聴で感想等はコメントできないのですけど、
初演の中村紘子さん以外の演奏も興味津々ですね。

今現在の視点で聴いてもわかりやすさとモダンな雰囲気が融合した素晴らしい作品だと思うのですけど、
いまだに安っぽいという評価が強いのも音楽評論家の皆様の耳を疑りたくもなりそうです。

ちなみにあの記事は今年の5/16の記事であったりもします。

縁の下の力持ち

某大学に在学中、
メンバーは25~30人程度。

自分が入学した年は同期にチューバが1人
 →まぁ普通かな?

自分が2年目の年は新1年が入学したので2人に
 →重低音いいねぇ

さらに次の年にもう1人入学し、ついに3人
 →そんなにいらない(笑)

だけど自分の同期がその年のコンクール終了後に退部し気が付けば2人
 →やっぱ2人で十分だよね

4年目の時にまさかのチューバ吹きが2人入学しついに4人。

さすがに4人もいらないよと思いながら
うち1人は無理やりクラリネットにコンバートしてもらったけど
結局クラに回された1年生夏休み前に退部&自主退学


これだけチューバに恵まれた学校はそうないかも(笑)

こんにちは

シンフォニックファンファーレとマーチはコンクールの課題曲でやりました。結構人気薄かな。チューバソロが印象的でした。ここだけは斬新ですかね。曲自体はう~んって感じですが(笑)記事を見て懐かしくなりました。

チューバ

某大学の卒業生 様


チューバは25~30人前後の小編成チームでも理想を言えば2人は欲しい所で、1人と2人では合奏の安定感が
違うのは間違いないと思いますし、私自身もそうした想いは今でも強くあります。

でもさすがに3~4人と言うのは多過ぎなのかもしれないですね・・

吹奏楽だとどうしても人気パートと不人気パートは出てしまいますし、パート間の適正人員の配置と確保というのは
どのチームでも悩みのタネと言えるのかもしれないです。

シンフォニックファンファーレとマーチ

sankichi1689 様


シンフォニックファンファーレとマーチを実際にコンクール課題曲として吹かれた人というのは実は珍しく
大変貴重なものがあるといえそうですね。
全国大会でも高校の部ではわずか1チームしか演奏されていませんでしたし、
「これぞ名演」という演奏が少ないのもこの曲の難しさと不協和音と演奏効果の乏しさがあるのかもしれないです。

ただ曲の中のトムトムとチューバのソロは大変珍しく、特にチューバにこれだけ光が当たった課題曲はないのかもと
言えそうなのでやはり貴重な課題曲と言えそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |