FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


私は現在は埼玉県内の小さな建築会社に在籍しているのですが、会社の事業の一環として
「便利屋」みたいな事もやっています。
建築会社と便利屋というと中々結びつかない事もあると思いますが、実際はそういう訳でもなく、
例えば家の中の「ちょっとした事」~窓掃除・エアコン掃除・風呂掃除・網戸張替え・建具調整・
草刈・枝切り・家具移動・水道パッキン交換・電球交換・家具の転倒防止の器具取付などなど
を、安い価格で真面目に誠実にこなしていると、
意外と、
「今度うちの洗面台を交換して」
「クロスを張替えたいから見積もって」
「換気扇交換をお願いしたい」
「給湯器を交換して欲しい」
などというお話を頂くことはしばしばで、中には、
「外壁塗装をどこにお願いすれば良いか分からない。一度相談に乗って」
とか滅多にありませんが、
「家を建替えを検討している」
という事すらあります。

要は「損して後でがっぽり儲けろ」という事なのですけど、
これは意外とうまいシステムなのかもしれません。

だけどたまーに頭をよぎることがあります。

パッキン交換とか建具調整みたいにある程度の専門性を要する事は別として、
電球交換とか、灯油の買い出しとか庭の水やりとか犬の散歩とか、
庭の草刈りとか窓掃除とか部屋の片づけとか
そんな事まで自分で出来なくなったら、
自分の身の回りの事を自分自身で完遂出来なくなったら、
ある意味「終わり」なのかなという感じもする時もあります。
確かに高齢者の方にとっては、電球交換すらすでに自分自身で出来なくなった方も
相当います。
50代目前の自分がこんなことを述べても
「お客様を相手に商売しているくせに・・・」
「そうした小さな仕事をきっかけに情報を取っているくせに・・」とか
「あなた自身だって、あと数十年たったらそうなるのよ」と
言われてしまうと、
確かに「その通りです」と言わざるを得ないのですが、
心の片隅では、
「ホントにこれで良いのかな・・・?」
「日常の中で他人のヘルプを借りてまで長生きはしたくない・・」
「自分達のしている事は過剰サービスではないのか・・?」と
思うこともたまーにあります。

おそらく、今後の超高齢化社会の日本では、
一人暮らしの高齢世帯が恐ろしいほどに増加するでしょうから、
こうした便利屋さんみたいな商売はニーズがどんどん高まっていくのでしょうけど、
何か少し割り切れない気持ちを抱くこともあります。
結局は、「仕事」・「将来の会社のネタの仕込み」と思って
日々の依頼先からの感謝のお言葉を支えに日々是決戦という気持ちで向かっていくしか
ないのでしょうけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/498-4eb857c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |