FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


自分が中学から高校の時代の頃って、東北の吹奏楽というか秋田県の吹奏楽のレベルは
かなり高度な水準にあり、秋田南・花輪・山王中などが数々の素晴らしい演奏を聴かせてくれ、
結果として全国大会・金賞を受賞していました。
しかし、1980年代中盤以降は他のブロックのレヴェルも格段に向上し、
東北ブロックとしてのマンネリ化もあり、
1984年の花輪高校の「シンフォニーポエム」での金賞受賞以降は、
1998年に新屋高校が久しぶりに金賞を受賞するまでは、東北ブロックからの金賞受賞団体はゼロという
寂しい状況が続くことになります。
秋田南も1982年の「パロディー的四楽章」を最後に、現在に至るまで30年以上金賞から遠ざかっています。
(勿論、コンクールでの金賞がすべてではありません)
小林久仁郎先生とか高野豊昭先生とか、今どうしているのかな・・・??

1985年は、東北代表3団体中2団体が銅賞という厳しい結果になっています。
(花輪の銅賞は今でも納得いきませんけどね・・・)

〇淀川工業

 本来ならば、この年は5年連続金賞の「特別演奏」を予定していたと思うのですが、
 まさかの前年度の銀賞のため、この年も通常通りのコンクール参加になってしまいました。
 課題曲Aはかなり鋭い仕上がりとなっています。
 分厚いサウンド・重厚感・ティンパニーの切れ、すべてが申し分のない演奏となっています。
 自由曲の「エル・サロン・メヒコ」は82年の再演ですが、
 82年の演奏で、トランペット奏者一人が入るタイミングを間違えてしまうというポカをやってしまい、
 少し残念な仕上がりだったのですが、
 今回はその部分のリベンジは果たせていました。
 但し、強奏部分やトランペットのソロの部分はかなりの説得力があったのに、
 弱奏部分になると、表情が弱々しくなる印象もありました。
 もう少し強奏と弱奏の対比を鮮やかにすると、課題曲以上に切れのある演奏になっていたかも
 しれません。
 全体的には、ギリギリすべり込みで金賞に手が届いたという印象・・・

〇市立柏

 前年度は、「アルメニアンダンスパートⅡ」で全国初出場・初金賞を成し遂げましたが、
 この年は、特に特徴もない平凡な演奏だったと思います。
 前年度は、強引なカット、強引なドライブが印象に残っていますが、
 翌年以降は、随分とおとなしくなったものだという印象はありました。
 特に可もなく不可もない演奏でした。
 このチームが化けるのは、1987年の「ローマの祭り」から88年の「海」だと思います。
 この年の前後の柏の選曲は、アルメ⇒ハムレット⇒オセロと、まるで野庭のコピーというか、
 「二匹目のどしょう狙い」という印象もあり、
 何か同じ関東地区で同じようなキャラが被っているという感覚も当時は持っていたものですが、
 柏は、87年以降クラシックアレンジ路線に変更し、それ以降は順調な軌跡を展開
 していきます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/497-10bb4bf6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |