FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計





私的にはカップ麺の焼きそばとしては、まるか食品のぺヤングソース焼きそばと日清のUFOの二つが抜きんでた存在
なのかな・・?と思ったりもします。
(人によっては明星の一平ちゃんシリーズを推される方も多いとは思うのですけど、ちょっとこってりとした風味とか
調味料のマヨネーズが今一つ合わないのかも・・と感じてはおります)
そしてこのカップ麺の焼きそばもチョコ味とかイチゴショートケーキ味とか既にたくさんの変化球の味も商品化されては
いるものの、定着しないですぐに消滅しているのは当然なのかもしれないですね・・

そうした中、ぺヤングシリーズの中から、今年の6月に新しいシリーズが新商品として登場していました!

日本人にとって、そばやうどんはラーメンと並んで日本人のソウルフードの一つになっていると思うのですけど、
そうしたそばやうどんとしてお馴染みの味の一つとしてたぬき・きつね・カレー南蛮があると思われますが、
ぺヤングから、そうした「そばやうどんの味を焼きそばとして再現してみよう」という試みが新商品として登場していました。
それがペヤング きつねやきそば・ペヤング カレー南蛮やきそばと同時発売された「ぺヤング たぬきやきそば」です!


_convert_20190617193951.jpg


別添袋は、ソースと後入れかやくの2袋で、後入れかやくには揚げ玉やねぎが入っています。
具材として揚げ玉のみという感じで、非常にシンプルというのかしょぼい感じになっています。
ソースはカツオ出汁の効いためんつゆベースの味付けとのことで、和風だしを効かせたしょうゆ味の
まるでめんつゆのようなソースです。
結論から書くと、焼きそばというよりはマルちゃんシリーズの中の醤油味をベースにした焼きうどんにどちらかというと
近い印象があり、ソースの風味というよりは醤油の風味が明らかに勝っているように感じられます。
これを焼きそばとして食べると正直「うーーん・・」という感じになるのかもしれないですけど、限りなく焼きうどんに近い味として
食べると「これもありなのかも」という感想になるのかもしれないです。
そぱの風味というよりは甘たれの醤油の風味といえそうです。
味はかなり甘みが強いと思いますので好き嫌いははっきりと分かれそうな感じもあります。

このソースなのですけど、実は同時発売のきつねやきそばと同じソースで、以前発売されていたかきあげ味やきそばとも
同じものだと思われます。
たぬきやきそばときつねやきそばの違いは、かやく(具)のみということになるといえそうです。
考えてみると、たぬきそばもきつねそばもつゆ自体は全く同じ味ですので、これは仕方がないのかもしれないですけど、
焼きそばシリーズとして考えと、もう一工夫あっても宜しいのではないかと感じたものでした。

かなり大量に揚げ玉とねぎが入っており、揚げ玉の香ばしさと甘いしょうゆ味のソースの相性自体は
決して悪いものではないと思います。
全体的には焼きそばの具材が揚げ玉のみという感じですので、やっぱりしょぼいというか商品自体のインパクトの弱さは
感じてしまいます。


縺吶↑縺翫@_convert_20160917185553

すなおし 具


具材が揚げ玉のみというカップやきそばというと、麺のスナオシから今現在も製造販売が続けられている
ソースやきそぱが大変印象的です。
具材は、肉・野菜は一切入っていませんし、シンプルに揚げ玉とアオサだけです。
麺は細麺ですので、ソースに大変絡みやすいです。
このソースは液体ではなくて粉ソースとなっていますので、袋麺の日清のソース焼きそばみたいな感じで、
昔ながらの懐かしい感じがあったりもします。
全体的になにかとっても懐かしい味みたいな感じなのがとてもいいいと思います。
ソース自体は少し甘めですけど、上記のぺヤングのたぬきやきそばよりソース感はしっかりと伝わっていて、
むしろこちらの麺のスナオシの方が焼きそばとしての存在感は強いようにも感じられます。
お祭りの屋台でお好み焼きを食べているような感覚に少し近いのかな・・・?とも感じたりもします。

ぺヤングのたぬきやきそぱはひとつ128円前後ですけど、麺のスナオシのソースやきそぱは一つ58~68円ですので、
単純に揚げ玉が具材のソース焼きそばを食べたいのならば、麺のスナオシの方がお得感が強いようにも感じられます。

ちなみにですけど、ぺヤングのカレー南蛮やきそばは、今回発売された三つの新商品の中では最も美味しいようにも
感じたものでした。


_convert_20190617194714.jpg


「ラーメン大好き 小泉さん」のラーメンに対する柔軟性というかストライクゾーンの広さはすばらしいものがあると改めて
感じたりもします。
それをいっちば~ん!に示唆していたシーンは「つけ麺はラーメンではないと・・」と小泉さんが大澤悠に対しての
怒りの感情を露にしていた場面なのかもしれないです。
小泉さんの大澤悠に対するあの壁ドンは、残念ながらアニメでは未登場でしたけど、
そのシーンは原作漫画4巻の最終ページに 掲載されています。

小泉さんは悠の「小泉さんもつけ麺というラーメン以外のモノも食べるんだね~」という言葉に思いっきり反応してしまい、
「つけ麺はラーメンではないと?」と悠に対して壁ドンをやらかしていたのですけど、
ああいう小泉さんは音楽で言うと「静かな熱演」というのか、静粛な怒りの雰囲気というのが伝わってきていて、
静かなあの迫力はまさに大澤悠を凍りつかせる大変な迫力があったと思います~!

漫画版の「ラーメン大好き 小泉さん」においては、第5巻にて二話に分けて小泉さんが悠たちに対して
「ラーメンとつけ麺の違いとその魅力」について熱く語る話がありましたけど、あの時の小泉さんは
「ラーメンとつけ麺の違いがいまひとつよくわからないよ~」という悠に対して珍しく(?)
「ぜひお話したいことがあります・・」とメールを送りつけ、悠たちに対して熱いレクチャーをしていた話は大変印象に残るものが
ありましたし、小泉さんの「ラーメン愛」が炸裂していたお話でもありました~!
そしてその際に実例として提示していたつけ麺のお店が埼玉県川越市のお店であったのも埼玉県民としては
「ちょっと嬉しいのかも・・!?」というのがあったものです!

小泉さんのラーメン観というのは、アニメ版もそうですし原作漫画においてもその柔軟性は素晴らしいと感じますし、
ラーメンの無限の多様性と可能性を常に意識されているのが小泉さんのすてきなラーメン観と言えるのかも
しれないです。
私自身も小泉さんを知るまでは、
「ラーメンって醤油・みそ・とんこつ・塩が主流なんでしょ・・?」ぐらいの初期の頃の大澤悠程度の貧困なイメージしか
持っていなかったと感じるのですけど(汗・・)
「ラーメン大好き 小泉さん」を深く知れば知るほど「ラーメンの世界」の奥深さと多様性と無限の可能性を改めて
再認識させられたものがあったと思います。

大澤悠の意識としては「つけ麺はラーメンとは違う食べ物なんじゃん」という感じだったと思いますけど、
それに関する小泉さんの反応はあの小泉さんにしては異例とも感じられる激高の反応みたいなものがありましたが、
ラーメンに対する多様性を感じている小泉さんにとっては
ラーメンを単純に定義付けするのは大変困難であるし、つけ麺はもちろんの事、最近流行の油そば・混ぜそば・
汁無し坦々麺だって広い意味ではラーメンと言うるのは間違いないし、
とんこつラーメンを焼いたものとも言えそうな焼きラーメンすらも広義的にはラーメンの亜種といえるのかもしれないですし、
それを言ったら「それでは焼きそばだってラーメンの一種じゃん!と言えなくもないのかもしれないです。

これはネタバレになってしまうため、ここではあまり書けないのですけど、原作漫画第5巻のつけ麺を巡る話の中で、
実は小泉さん自身も「どこまでがラーメンなのか私にもよく分からないし、そもそも厳密にそれを定義づける必要も
ないのかもしれない・・
つけ麺をラーメンでは無いという事も可能なのかもしれないし、焼きラーメンや混ぜそばをラーメンの亜種と言う事も
十分可能なのだと思う」と言われている事から分かる通り、
ラーメンの奥深さとその多様性は本当に素晴らしいものであり、今後も未来永劫私たち日本人はラーメンの多様性と
無限の可能性を追い求めていくものだと思われますし、そのゴールは実は存在しないと言えるのかも
しれないです。

そうした意味では、ぺヤングのたぬきやきそばも広義の意味ではラーメンの亜種というかラーメンの仲間であることは
間違いないのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは♪

私はUFOの焼きそばが好きです♪
でもペヤングのたぬき焼きそばも
美味しそうですね(*´▽`*)

たぬきそば

ふたごパンダ 様


一般的に東日本はぺヤング、西日本はUFOのほうがいい傾向があるのはなんとなく分かりますね。

ぺヤングのたぬきそば焼きそばは、美味しいけどたぬきそばは普通にたぬきそばとして食べるのが無難と
言えるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |