fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


初代プリキュアが放映開始となったのは2004年の「ふたりはプリキュア」という事で、
現在放映中の「スター☆トゥインクルプリキュア」はプリキュアシリーズ16作品目、チームとしては14代目という事になり、
2007年の3代目プリキュアのプリキュア5からプリキュアシリーズを欠かさず視聴している私にとってもこの14代目という数字は
とても感慨深いものがあったりもします。
初代プリキュアの「ふたりはプリキュア」のカラーリングは白と黒という事なのですけど、白黒という意外なこの色の地味さは
現在のプリキュアの色彩的華やかさ・かわいらしさから振り返ってみると、初代プリキュアの一角の美墨なぎさから
見てしまうと「ぶっちゃけ、ありえな~い」という感じなのかもしれないですね。
(初代プリキュアのプリキュア的意義というと、その最大の貢献は「戦う女の子」を日常風景を描きながらもド派手に演出した
という事が挙げられるのかもしれないです)

プリキュアの基本カラーリングは、ピンク・青・黄色をベースに、その他に赤・緑・紫といったカラーによって
その年のプリキュアチームが構成されていくのですけど、中には2017年のキュアバルフェのように虹色プリキュアというのか
七色から構成されているプリキュアも例外的にいたりもします。
プリキュアカラーというと一番オーソドックスなカップリングは、ピンク×青(水色)であると言えると思います。
そしてあくまでプリキュア的に言うと、ピンクはちょっと頭は悪くてドジだけど、その明るさと情熱と
「私がみんなを守る!」といった気持ちだけはやたらと強いのに対して、知的でクールでチーム全体の参謀役を担っているのが
青プリキュアなのかもしれないです。
(青キュアの中には、ハピネスチャージのポンコツ姫ことキュアプリンセスという歴代でも際立った存在がたまにいたりもします)
プリキュアの王道的カラーリングの組合せのピンク×青(水色)なのですけど、その登場は実は、ふたりはプリキュアの
放映から3年後のプリキュア5ののぞみ×かれんであるというのも少し意外な感じもあったりします。
歴代プリキュアのピンク×青の組合せは、マナ×六花という理想的王道の組合せもあったかと思えば、
ハートキャッチのつぼみ×えりかというシリーズを通しても相当異色な組合せもありましたし、
なかにはハピネスチャージのめぐみ×ひめというポンコツ同士の組合せという事例もありましたし、
ポコツ×クールな優秀系というとのぞみ×かれんさん以外でも、スマイルのみゆき×れいかさんも大変印象的でも
ありました!
(2017年のいちかちゃん×あおいという組合せも理想的な王道のカップリングといえそうです!)
最新のスター☆トゥインクルプリキュアでは、更に設定がぶっ飛んでいて、今作のピンク×青の組合せは
普通の地球人×ヘンな語尾をつける宇宙人というのももしかしたら歴代で最高のカップリングなのかもしれないです!

さてさて、東方の世界でカップリングというといっちば~ん!の組合せと言うというまでもなく霊夢と魔理沙が思い浮かびますが、
その他にも、レミリア様と咲夜さん、古明地姉妹、妖夢とゆゆ様、ゆかりんとゆゆ様、アリスと魔理沙などといった
カップリングも成立するとは思いますが、プリキュア的な観点から言うと華扇と青娥といった「仙人コンビ」が
ピンク×青(水色)としての「ふたりは仙キュア」(仙人プリキュア)として登場しても楽しいものがあるのかも~という
感じになりそうですね。
実際一部ではありますけど、pixivや東方二次創作ネタとしても華扇と青娥による「ふたりは仙キュア」というネタも以前から
あったりもします。
華扇と青娥のカップリングは色彩的には、ピンク×青というよりはピンク×水色という事で、
色彩的にはハートキャッチプリキュアのような雰囲気もありそうです。
そして更に・・「仙キュア」をふたりではなくて4人のチームとして構成する場合は、ここに神子と布都が
加わって欲しいものです!
更に更に・・仙人+天人キュアを展開する場合は、華扇と青娥に神子・布都の他に天子ちゃんが加わったら更に鬼に金棒と
なりそうです!
(鬼と言うと、華扇の正体は鬼説が有力ですので、鬼に金棒と言ってしまうとまさに華扇そのものですね~汗・・)

「ふたりは仙キュア」は東方二次創作におけるカップリングのうちのひとつなのですけど、その共通点として
1.二人とも仙人
2.本名とは別の名前を持つ。(華扇は茨華仙、青娥は青娥娘々)

といった点が挙げられると思います。
但しカラーリング・性格は2人とも正反対なのですけど、プリキュアでもピンク×青のカップリングは基本的には性格や考え方は
正反対である事が多いので、華扇と青娥が今すぐ「ふたりは仙キュア」やって幻想郷の妖怪退治をしたり
霊夢に代って異変解決をやっても全く違和感がないのかもしれないですね~
あ・・ちなみに青娥は実は人妻設定でもありますので、人妻がプリキュアやっている~という意味では、これまた異色な
プリキュアの誕生といえるのかもしれないです。
青娥と華扇の二人は「東方茨歌仙」第三巻で初めて出会っていましたけど、
華扇は仙人としての青娥が邪仙だと認識していませんので、この二人は意外と相性がいいのかもしれないです。




【東方MMD】トキヲ・ファンカ【霍青娥】

ここからは東方MMDとしてのご紹介なのですけど、正直、青娥も華扇の東方MMDがそれ程投稿されていないという事もあり、
今の所、このふたりが仲良く揃ってダンスを展開している東方MMDは少ないので、
ここでは青娥単独と華扇単独の東方MMDをレビューさせて頂きたいと思います。

ボーカロイド楽曲の「トキヲ・ファンカ」はtakamatt氏プロデュースによるGUMIちゃんオリジナル曲です!

この楽曲はとにかくこの和風ロックの雰囲気が最高で、岡っ引きだのお上とか代官というワードが登場してくることから
背景が江戸時代をベースにしているのですけど、
「お前は一体この先どうしたい?
このままじゃまるで生殺し状態
天下が求むは我らが大義 」や
「咲かせよ華を 浮世は刹那
舞台を焦がせ 炎を燃やせ… 」あたりの歌詞のかっこよさやこの和風ギターの雰囲気がとにかくかっこいいです!

全体的に大変短い楽曲ですけど、東方MMDの青娥が「粋な江戸の姉御」みたいな雰囲気も漂っていて、そのかっこよさに
惚れ惚れとしてしまいそうです!
そしてあのおとなっぽい雰囲気はさすが伊達に元・人妻という感じなのだと思います。


_convert_20190610175222.jpg

→ 【東方MMD】ELECT 茨木華扇


続きまして華扇の東方MMDの「ELECT」です!

ELECTとは、2014年1月2日に投稿されたnikiによるLily(リリィ)オリジナル曲の事です。

Lily(リリィ)とは、VOCALOID2ソフト名称およびキャラクターの名称で、お顔の雰囲気は初音ミク系で少し釣り目の雰囲気もあり、
印象としては16~20歳の美少女から大人の女性へと脱皮の過程という感じもあつたりもします。
目には水色のアイラインが入っているのも特徴と言えそうです。

この「ELECT」ですけど、曲全体としてはシャウト系の魂の叫びという雰囲気も感じられそうです。
イントロのドラムを聴いただけでつい身体が動きだしてしまうようなリズムの切れの良さは大変魅力的です。

歌詞の中の
「上げて奇跡のまま 求めてよ
甘い体の中 壊れていく
落ちる心のまま 響かせて
凍りついた体内に 甘い電流が流れた」からは、小田和正の世界ではないけど「ラブストーリーは突然に」みたいな
恋におちた大人の女の子というイメージがわきそうでもあります。

ただ一つ言える事は歌詞の中で何度か「甘い電流が流れた」というフレーズが流れるのですけど、
甘い電流が意味する事は恋の電撃とか痺れるような恋愛を示唆しているようにも感じられますし、ここから全体的に
感じ取れるのは心地よいリズムとビートの中で大人の恋の事情みたいな事を漠然と歌い上げているようにも感じたりもします。

「この状況みたいなセリフ奪って
妄想みたいな世界が狂って
B級ノーフューチャー痛いの混じって電子的なナイフで」

という歌詞からはやはり恋には痛みが伴いそうだし、痺れるような恋をするためにはある程度の危険がつきまとうもの
といった事も伝わってきそうです。

こうしたちょっと直感的でストレートな剛速球の曲は、東方MMDだったら霊夢・魔理沙が合っているようにも
感じられたりもしますけど、こうしたノリの良い楽曲をいつもは霊夢・魔理沙をそっと背後から保護者的に見つめている
感じも無くは無い華扇が普段の鬱憤を晴らすかのように「私こそが主役なのよ~」と言わんばかりに
激しく舞い踊る華扇がとても新鮮に且つダイナミックスに感じられます!

ELECTで華麗なステップを踏みつつ弾けるようにダンスをされている華扇はとてもかわいいし、いつも以上に
生き生きとしているようにも感じられそうです!


sun-set-nyannyannynayhayay_convert_20140822163432.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
今回のイラストは言うまでもなく、青娥と華扇のお二人にご登場して頂きたいと思います。

上記のすてきな水着のお姉さまは、アミグリさんが2014年8月に描かれた青娥です!

ちなみにですけど、アミグリさんがこの青娥を描かれた時は、アミグリさんご自身が
「夏らしい絵を描こうプロジェクト」を展開されていて、この青娥はそのプロジェクトの第三弾でして、
「サンセット水着娘々」とのタイトルが付けられています。

アミグリさんの描かれる青娥fはとても気品がある天女のように感じられます。
水着という事でなんとなくですけど少し照れている様な雰囲気も感じられる青娥がとても可愛いと思いますし、
とてもじゃないけど1400年近くも生きていたとは思えないほどの若々しさと可愛らしさが伝わってきていると思いますし、
何よりも青娥が元・人妻設定であったとは到底思えないほどの若々しさと瑞々しさが
アミグリさんが描かれたこの水着青娥からは伝わってきていると思います。
人妻さんの成熟したお色気というよりは、まるで少女の恥じらいみたいな初々しさが自然に上品に描かれているように
私には感じられます。
天女の舞を彷彿とさせる雰囲気もあるのですけど、
水着と髪という青色の要素対夕陽という赤い要素の色のコントラストが大変見事だと思いますし、
どちらかというと夏の終わりを示唆するみたいなとっても爽やかなイラストだとも思います。
青娥の頬を赤らめている様子と背景の夕陽の一体感という構図が実に素晴らしいと思いますし、
大変よく考えられたイラストだとも思います。


kasencyan-06_convert_20190324165155_convert_20190326100302.png


続きまして、アミグリさんが今年・・2019年3月に描かれた華扇の微笑ヴァージョンです。

一週間前にも当ブログでアミグリさんの描かれた華扇を転載&ご紹介をさせて頂きましたが、あの時の華扇は、
全身イラストの少しきょとん・・とされた表情の華扇でしたけど、
上記の華扇は、3月24日のアミグリさんのお誕生日当日に、多くの皆様より頂いたおめでとうメッセージとお祝い絵に
対する感謝の気持ちから描かれた微笑verの華扇です!
華扇のこのすてきな微笑みは、華扇からも「アミグリさん、お誕生日おめでとう~!」とお祝いしているようにも
感じられそうです!
一週間ほど前の華扇はちょっときょとん・・のかわいい華扇でしたけど、上記の華扇は
微笑みverという事で霊夢のお姉さん的存在というよりも
幻想郷のすてきな美少女という雰囲気を感じとり、どちらも素晴らしいと感じました。

上記のアミグリさんが描かれた青娥と華扇は、青娥と華扇の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい華扇を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ふたりはプリキュア

ふたりはプリキュアはなつかしいですね!
当時子供たちが夢中になってみていました。
それにしても最近のプリキュアはカラーリングも設定も
斬新だと思いますし、ふたりはプリキュアの頃に比べると
派手な戦闘や殴りあいは減ってきたけど、その分かわいらしさは
増していると思います。

東方にも「ふたりは・・」みたいなシリーズがあれば面白そうですね。
アミグリさんの描かれた桃キュアともいえる華扇のかわいらしい笑顔に癒されそうです。

プリキュアも既に16シリーズ

ひより~ 様


初代プリキュアは私自身リアルタイムでは見ていなかったのですけど、かわいい女の子がパンチとキックのみで敵と戦い
必殺技のマーブルスクリューだけで2年間を乗り切ったのは、今現在の視点でみると「すごいよね~」と
改めて感じてしまいます。

初代から既に16シリーズ目が現在放映中ですけど、宇宙人プリキュアだのアンドロイドプリキュアだの
プリキュアの変化と多様性も感じられますね。

東方で「ふたりは・・」と言ったら霊夢と魔理沙なのかもしれないですけど、「ふたりはうさぎ」と言う事で
てゐとうどんげちゃんがコンビを組んでも楽しいものがありそうですね。

アミグリさんの描かれた華扇をかわいいとお褒め頂き感謝です!

こんばんは♪

甘い電流が流れたってフレーズが
とってもいいですね♪
ビビビッて来たのかなと(笑)。(*´艸`*)

恋は突然・・

ふたごパンダ 様


ボーカロイド楽曲には初音以外にもたくさんの名曲があるのが素晴らしいと思います。

ご指摘の歌詞もまるで小田和正の「ラブストーリーは突然に」の世界に近いものがあるのかも
しれないですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |