FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


現在、円安傾向が続いている中、94円台から101円台を乱高下している状況が続いています。
振り返ってみると、自分が上京した頃、円は一ドル=225円前後だったような気がします。
1985年は、日本にとって衝撃的な決定があった年でもありました。
それは「プラザ合意」と呼ばれるもので、これがきっかけとなり
一ドル=150円前後に急激な円高が進み、
結果的に輸出業を中心に円高不況というものが初めて発生し、
当時の就職活動をしている学生にもなんか暗い影を落としていました。
だけど、結果的にこうしたことが背景となり、史上まれにみる「金余り現象」が発生し
余ったカネが不動産市場や株に向けられ、
バブル発生の一つの要因にもなったのでした。
この年、自分は大学二年でしたが、就職活動が厳しかったのは1984年から85年にかけてであり、
自分が就活をしていた頃は、「空前の売り手市場」になっていましたので、
就職超氷河期の現在の学生さんから見ると、
本当に恵まれていたなーと思います。

結果論ですが、2001年に勤務していた銀行が破綻し、35歳の時に、改めて就職活動を
してみますと、
ホント就活というものは大変なものだったのですよね・・・・
学生時代の就職活動の体験なんて、ホント何の参考にもなりませんでした・・・・

〇御影高校

 素晴らしい「ディオニソスの祭り」でした!!!
こういうアクの強い演奏は往々にして好き嫌いというか評価は分かれると思いますが、
 私はこういう強い攻めの演奏、隅からすみまでコンクールを意識した演奏は
 決して嫌いではありません。
 ホント、積極的で自意識過剰の演奏で、大好きです。
 よく「甲子園には魔物が住んでいる」とか言われますけど、
 同様に音楽にも魔物が住みつく時もあります。
 御影高校のアクの強い演奏には、「魔物」が住みついていたと思いますし、
 演奏者も、そうした魔的な感覚ももしかして吹いている最中にも感じていたかもしれません。
 「ディオニソスの祭り」で個人的に好きな演奏というと、
 82年の神奈川大学
 91年の乗泉寺吹奏楽団
 88年の天理高校が個人的にはベスト3なのですけど、
 もう一団体追加するとなると、この年の御影を推したいと思います。

〇基町高校

 コンクールの面白い点は、色々なカラーの演奏を一日の中で一遍に聴ける点にあると思います。
 御影と基町なんて、その典型例で、
 アクの強い個性的な御影に対して、次の演奏の基町は、
 おっとりとした普通の高校生の日常的な演奏・・・
 その対比は極めて面白いものがあると思います。
 逆に言うと、指揮者の感受性の違いで、こんなに対照的な演奏になってしまうのも
 また面白いものだと感じます。
 基町の「こうもり」序曲は、木管を中心に技術的には相当難易度の高い演奏なのですけど、
 難しく感じさせない演奏でした。
 また、ワルツも実に楽しく伸び伸びと演奏して、大変好感を持ちました。
 御影とは全然異なるアプローチなのですけど、
 これはこれでありな演奏だと思いました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/495-61e41f69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |