FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ラフマニノフの曲を聴くとなぜかいつも「郷愁」とか「メランコラリック」という言葉が自然に思い浮かびます。
なんていうのかな・・、「帰りたいけどすでにそこに自分の帰るべき居場所はなかった・・」みたいな癒すことのできない
ポッカリと心に空いた隙間」みたいな雰囲気をそこに感じたりもします。
ラフマニノフは世間一般的には、甘いメロディーとか退廃的な美しさみたいに評されることも多いような気もするのですけど、
私にとってはロマンティックという言葉よりはむしろ「郷愁」という言葉のほうが似合いそうな感じもあったりもします。

ラフマニノフ自身は第二次世界大戦終戦間際まで生きられた20世紀の作曲家なのですけど、
その作風は恐ろしいまでに革新性は全く無く、とても同年代にストラヴィンスキーとかプロコフィエフとかラヴェルとか
ウェーベルンがいたとは本当に信じられない程です。
あの作風はロシア革命前とかロシア5人組の頃のようなまさに19世紀のロシア音楽の黄金時代の作風を
そのまま20世紀に持ってきたという雰囲気が濃厚で、伝統とか自分のスタイルをきっちりと生涯守り続け、
頑なまでに自分のカラーというか信念を曲げずに生きていた方と言えるのだと思います。

ラフマニノフ自身も、ストラヴィンスキーやプロコフィエフと同じように革命とか共産党政権というものに嫌悪感を覚え、
「亡命」という祖国を離れる道を選ばざるを得なかったのかもしれません。
プロコフィエフは一時的にソ連を離れて自由な欧米の空気を吸った事で、当初のスキタイ組曲とか交響曲第2番などの
ような過激な路線から、適度な洗練とも言える路線変更と言うお土産を貰ったような感じもしなくはないのですが、
ラフマニノフは、ロシア時代の作品もアメリカへの亡命以降も作風的にはほとんど進化はしませんでした。
出世作のロシア時代に作曲されたピアノ協奏曲第2番で、「自分の進むべき路線はこれしかない」と決意し、
それをアメリカに亡命以降も頑なに貫いたと言えるのかもしれないです。
そしてそのラフマニノフの「進むべき路線」とはまさに甘くてせつない狂おしいばかりのロマンティックという事なのだと
思います。
ロシア革命による共産党政権を嫌って欧米諸国に亡命したロシアの作曲家と言うと、前述の通り
プロコフィエフ・ストラヴィンスキー・ラフマニノフなどが挙げられるのですけど、この中でプロコフィエフとストラヴィンスキーは
その作風を亡命以降かなり極端な形で変化させてきているのですけど、ラフマニノフは亡命前も亡命以降も
生涯無くなるまでずっと頑ななまでに自分のスタイルを貫き通した作曲家と言えるのだと思います。
ラフマニノフの最も過激な作品というとよく挙げられるのが交響曲第1番なのですけど、あの程度で過激なんて言ってしまうと
プロコフィエフなんて極端すぎるほど過激すぎるとすら言えそうであるのですけど、あの交響曲第1番が極端に不評だった
ゆえにラフマニノフは一時作曲すら全くできなくなるほどのノイローゼに追い込まれるのですけど、
そのノイローゼを心理療法でもって脱却した時の「自分にはピアノ協奏曲第2番のスタイルしかない」という決意を最後まで
貫かれた作曲家というのがラフマニノフの本質だったと言えるのかもしれないです。

アメリカに亡命以降の主要作品は、交響曲第3番・ピアノ協奏曲第3番・交響的舞曲ぐらい
なのですけど、これは生前は作曲家としての認知度よりも実はピアニストという演奏家としてのラフマニノフの認知度が
高い事情もあり、アメリカ亡命時代は基本的には演奏家としての生活が大変忙しく、作曲活動をしている時間が
あまりなかったというのも大きかったと思いますし、亡命という環境の変化によって、そしてアメリカという新しい環境に
実は馴染めていなくて、心の底では「確かに生活する上ではこの亡命は必要不可欠だったのだけど、
新しい環境下においては、なかなか以前のような路線の曲を書きにくい・・」という事もあったのではないのかなとも
感じたりもします。
やはりあのような甘くて切ない音楽というのは生まれ育ったロシアの風土でないとなかなか書けないものなのかも
しれないですよね。
その点、どんな環境下でも作曲の筆は止まることもなく、適度に作風をコロコロと変えていくことができたプロコフィエフは、
適応力に優れたお方であり、ある意味器用な人だったといえるのかもしれないです。
あんなに「自由な空気が吸いたい」と懇願していたのに、いざ欧米での生活が始まると、自分の作風がなかなか受け入れて
貰えないという事情もあったかとは思いますけど、今度は手のひらを返したかのように
「やっぱり自分の母国のロシアがいっちば~ん!」と言い出して出戻りを結果的に果たしたり、
ロシアに戻った途端にそれまでの過激路線を抑えて、わかりやすい音楽の路線シフトしたりと、
ロシア革命以降もスターリン体制下でもずっとその抑圧生活を耐え忍んでいたショスタコーヴィッチなどから見てしまうと
「なんだこいつのこのちゃらんぼさは・・!」みたいな感じになるのかもしれないですし、
「こいつにはラフマニノフやストラヴィンスキーのように筋を通すという事はできないのか・・!?」ともしもしたら感じていたのかも
しれないですね・・(汗・・)

ラフマニノフの性格は、他人に決して自分の本音は伝えないし、どちらかというと自分の殻に閉じこもるような人
だったのかもしれないです。
そして一度自分で決意したことは、たとえその後においてどんな情勢の変化があったにせよ、生涯それを貫き通すという
頑迷さがあったといえるのかもしれないです。
そしてこの頑迷さというのがラフマニノフそのものであり、若いころにピアノ協奏曲第2番で掴ん「自分の路線というものを
生涯ずっと守り通したとも言えるのだと思います。
アメリカで暮らすラフマニノフの耳にも当然ながらプロコフィエフが出戻りで戻ってきた」か
出戻りで帰ってきたのに、スターリンから特に迫害を受けることもなく順調にソ連でも作曲活動を続けているとか
ソ連復帰後のロメオとジュリエットが大好評などという話は伝わっていたと思います。
ラフマニノフももしかしたら「それだったら自分もロシアに戻ってもいいのではないか・・」と心をかすめることは
一度くらいはあったのかもしれないです。
だけどラフマニノフはやはりソ連復帰はしませんでしたし、亡くなるまでアメリカで亡命生活を送っていました。
そうしたラフマニノフの心のどこかには「一度ぐらいはもう一度故国の土を踏んでみたい」という望郷の念はあったと
考えるのがむしろ自然なのかもしれないです。

ラフマニノフの実質的に最後の大作ともいえる「交響的舞曲 作品45」は、やはりどう聴いても
ラフマニノフのそうした望郷の念・郷愁・一度ぐらいは故国の土を踏みたかったという未練の思いや
メランコラリーな気持ちを感じざるを得ないと思いますし、そこにあるのは
「私にはすでに帰るべき居場所がない・・」というせつなさではないのかな・・?と感じてしまいます。
交響的舞曲作品45は、実質的に交響曲第4番と銘打っても良い位の大作で、最晩年の大変な名作です。
この曲を初めて生演奏で聴いたのは確か1994年のNHK交響楽団、指揮は確かプロムシュテットでした!
(前半は、このラフマニノフの交響的舞曲で、後半はベート―ヴェンの交響曲第7番でした)

交響的舞曲のミニスコアを一度見た事があるのですけど、
第一楽章が一番分かりやすく4/4拍子
第二楽章が結構演奏しにくいというか6/8拍子ですけど、基本的にはワルツ系の3拍子のノリで対応できると思います。
第三楽章はかなり難解で、拍子も変拍子の連続で9/8拍子と言うかなり不規則なビートが楽章を支配していました。

第一楽章中間部の哀愁溢れるソロはアルトサックスを使用しています。
このアルトサックス使用というのはかなり面白い試みだと思います。
当時、アルトサックスは、ジャズとかで使用されるのがメインでクラシック音楽の分野で使用されること自体極めて珍いと
言えると思います。
(その数少ない例外が、「アルルの女」とか「展覧会の絵」とか「ボレロ」なのだと思います)
どちらかというと、アルトサックスはアメリカのジャズとかビックバンドとかポピュラー音楽で
使用される事が多いいかにもアメリカ的な楽器なのかもしれませんけど、
ラフマニノフなりにアメリカとの融合を言いたかったのかもしれないです。
第一楽章のピアノも低音の支えが大変素晴らしいよい仕事をしていると思います。
アルトサックスのソロを伴奏で支えているのもこのピアノなのですけど、
何てあのメロディー、あんなに泣けてくるのでしょうね・・
あのメロディーは、ラフマニノフのように故郷がありながら何らかの事情で帰ることが出来ない人間にとっては
お涙ちょうだいの音楽であり、 とにかく聴いていて確実「泣けるもの・哀愁は伝わってくると思います。

第二楽章は寄せては漂う波みたいな感じの不安定で陰鬱なワルツです。
楽章全体が「悪魔が私と一緒になって踊る」みたいなニュアンスが大変良くイメージされ
サン・サーンスの「死の舞踏」みたいな陰鬱なワルツが小気味よく展開されているようにも聴き取れます。

第三楽章は中間部が素晴らしいです!
「人生とははかない夢・・・愛は幻・・」とか浜辺を漂う波みたいな香りが漂います。
かなり泣けてくるメロディーがこれでもか!!とかなり執拗に繰り返されますが
あの切々としたメロディーがとっても印象に残りますし、第一楽章同様泣けてくる音楽ですし、郷愁が痛いほど伝わって
きていると思います。
第三楽章冒頭のチャイムの響きもすてきですし、シロフォーンも実に鋭角的な響きを聴かせてくれてとても大好きです。
曲のラストはスコアの上では、ドラ(タムタム)がゴワーーーーンと鳴り響いて余韻を残して終わるように書かれていますけど、
指揮者によってこの辺りは解釈が割れているようにも思えます。
ネーメ・ヤルヴィのようにドラをゴワーーーンと余韻を残す方もいますし、
マゼールのようにドラの余韻をまったく残さないでバサッと終わらせる方もいますし
このあたりは指揮者の好みなのかもしれないです。

それにしてもこの「交響的舞曲」は素晴らしい名作だと思います。

交響的舞曲を実質的にラフマニノフの最後の交響曲として聴くと、
この曲はラフマニノフにとって生涯を通じて一番哀愁溢れるすてきな作品なのかもしれないと感じてしまいます。

ちなみにラフマニノフ本人は、この交響的舞曲第三楽章の最後のページを書き上げる際にスコアの余白に
「私は神に感謝する」という言葉を残しているそうです。
ラフマニノフにとってもこの曲が「もしかしたら自分にとって白鳥の歌になるのかもしれない」といった覚悟がもしかしたら
どこかにあったのかもしれないですね。

この曲の名盤として、私的には、マゼール指揮/ベルリンフィルを推したいと思います。

余談ですけど、上記にて第一楽章の中間部で「アルトサックス」が長大な甘いソロをせつぜつと吹き上げていると
書きましたが、アルトサックスという楽器は、ジャズ・ポップス・吹奏楽がその主な活躍の舞台なのですけど、
時折こうしたクラシック音楽の分野でもこの楽器が使用されることがあったりもしします。

その代表例として・・・

〇組曲「アルルの女」第一組曲(ビゼー)

 →もの哀しさをアルトサックスがうまく醸し出していると思います。

〇組曲「展覧会の絵」~古城

 →ムソルグスキーの原曲をラヴェルがアレンジしたものですが、古城にて使用しています、
  やはり哀愁をうまく出しています。
  ラヴェルだからできた芸当で、武骨な作風のムソルグスキーではこうした繊細なオーケストレーションは
  無理なのかもしれないですね。

〇ボレロ(M.ラヴェル)

 →アルトサックスではなくて、何とソプラノサックスとテナーサックスがソロとして
  使用されます。テナーサックスのハスキーさが素晴らしいのですけど、このテナーサックスという楽器は
  もしかして人間の声に一番近いのかな・・?とも感じさせてくれる曲でもあるのかなとふと感じたものでした。

上記はの曲はフランス系のものばかりですが、(ちなみにサックスの発祥の地はフランスです!)
ロシアでも意外と使用されています。
プロコフィエフの交響組曲「キージェ中尉」・バレエ音楽「ロメオとジュリエット」でも
効果的に使用されています。
特にキージェ中尉では、その第四曲・トロイカでテナーサックスがコミカルにソロを演じています。
小澤征一指揮のように、このトロイカの部分にバリトンの声を使用する人がたまにいますが、
やはりこの部分はサックスでないと中々味が出てこないのかな・・?とも思います。

でもやっぱりロシアものというとラフマニノフの交響的舞曲~第一楽章のアルトサックスの効果的使用が
やはり断トツなのかもしれないですね。

ラフマニノフの交響曲第2番の第三楽章も本当に泣ける素敵な音楽です。

交響曲第3番はほとんど実演では聴かれませんけど、何となくお茶目な所も感じられなくもありません。
交響曲第1番は正直判断に迷います。
この曲の初演の失敗が原因で作曲者本人がノイローゼに追い込まれたことも分かるような気もします。
何となくムソルグスキーの禿山の一夜【原点版】を想起させるような香りもします。

最後に余談ですけど、ラフマニノフの交響的舞曲~第三楽章の吹奏楽アレンジ版は、2018年時点でこれまで全国大会で
11回自由曲として演奏されていますけど、私的にはどれもこれもすべて決め手に欠く演奏でして(汗・・)
やはりその敗因として、

1.第三楽章の原曲は14分程度なのに、これを7分程度に短縮すると中間部のあの美しいメランコリーな繰り返しが
 バッサリとカットされ興醒めになってしまう

2.管楽器だけであの繊細な曲を演奏すると、曲自体の美しさが意外と表現しにくい

3.この曲を吹奏楽版で演奏してしまうと、なぜかどの演奏も「もっさりとどんくさく」聴こえてしまう・・

4.管楽器だけではこの曲のうねりの表現は不可能に近い

といったものが挙げられると思いますし、この曲はそうした意味では吹奏楽コンクールの自由曲としては不向きと
結論を出さざるを得ないのかもしれないです・・
この曲は過去に、川越奏和・三重大学に金賞をもたらしていますけど、私的には全くピンとこない演奏であったりもしますし、
伊丹市吹奏楽団・大曲吹奏楽団・山王中・伊奈学園総合高校・嘉穂高校・青山学院大学なども
私的にはあまり芳しくない出来映えと感じてしまいますし
(この中で唯一何かを感じ取れる演奏は伊奈学園ぐらいなのかも・・)
それだけ吹奏楽で表現するには難しい曲といえるのだと思います。

今後どこかのチームが現代的シャープな感性でこの曲に新しいアプローチで臨まれ、素晴らしい名演が登場してくることを
期待させて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

吹奏楽アレンジ

ラフマニノフの作品自体が大変うすく繊細に書かれていますので、
華やかさ・色彩感豊かな響きの吹奏楽とはいまひとつ相性が
悪いのかもしれないです。

強いてあげると大曲吹奏楽団と山王中ぐらいなのかも
しれないです。

同じラフマニノフ作品でも・・

たがふ 様


同じラフマニノフ作品の吹奏楽アレンジ版では、意外にも「パガニーニの主題による狂詩曲」はひとつのピアノ協奏曲の
形式なのに、こちらのほうが吹奏楽アレンジ版としては相性がいいように感じるのも
大変面白いものがあるのかもしれないです。

パガニーニの主題による狂詩曲のあの第18変奏を吹奏楽でたっぷりと歌ってもかなり胸に響くものはありそうですね。

アレンジに難ありだったかも…。

ラフマニノフの「交響的舞曲」というと、真っ先に1983・昭和58年に全国大会に出場した山王中学校を思い出しますね。羽川誠先生が顧問の時代で、自分と同い年の皆さんが3年生メンバーでした。
あのアレンジは、羽川先生が山王中に赴任する前の中学で教え子だった、あの佐藤正人さんでもありましたね。

その後改訂版としてアレンジし直され、多分川越奏和奏友会が初演したのかな?秋田でも2011年(全国銀賞)・2018年(東北銀賞)に木内恒先生の山王中、昨年2018年(全国銀賞)に小塚類先生の大曲吹奏楽団がチャレンジしましたが、特に大曲吹奏楽団はかなり完成度の高く小塚先生らしさもある演奏でありましたが、この曲の魅力を最大限に出すのは、部員団員さんもですけど木内先生も小塚先生も難しかったでしょう。。。
とは言うものの、大曲吹は濁りない音で、ここのよさである「うるさく感じない強奏」だったのはさすがだったと思います。山王中も完成度と質の高い演奏だと思いました。
これ書いて大変申し訳ないことですけど、正直佐藤さんのアレンジがイマイチだからかな…?1983年にはあった冒頭のチャイムの音がなく、主にトロンボーンで演奏されてたメロディも木管楽器で演奏してましたし、途中のカットも2011年よりは1983年の方が曲の推進力があったと思います。1983年版と比べると、アレンジとカットに違和感があったと思います。

佐藤さんのアレンジというと「ローマの祭り」も「ダフニスとクロエ」もありますが、個人的にはう~ん……。だからと言って自分にはアレンジの能力は皆無ですので、文句つけちゃいけないんですが。。。

でもアレンジは重要なポイントと思いますね。

アレンジの難しさ

一秋田県民 様


ラフマニノフの「交響的舞曲」の吹奏楽コンクールでの難しさと言うとカットの問題とご指摘の通りアレンジの問題が
大きいのかもしれないです。
ラフマニノフのアレンジ作品して意外といい効果が出ているのが交響曲第一番だと思うのですけど、
あの交響曲はロシアの野蛮さを秘めた曲でもありますので、吹奏楽としても表現しやすいのかも
しれないです。
交響的舞曲は、曲が繊細ですし、私的にこの曲の聴かせどころは中間部の寄せては引く波のような繰り返しの幻想感だと
思いますがもコンクールだとどうしてもあの部分は時間制約上カットせざるを得なくなりますので、
表現の難しさと全体と部分のバランスの難しさわ実感させられてしまいます。

交響的舞曲~第三楽章の全国大会初演は1983年の山王中なのですけど、改めてあの演奏を聴いてみると
全体と部分の構成のバランスとファンタジー感と両端の推進力はさすが「伝統の力」は感じさせていると思います。
難点は前年の「春」でも感じた音の硬さだったのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4949-6aa56982
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |