fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


rorihurann_convert_20110222214127.png


「隣の芝生はよく見える」とは昔からよく言われたものですし、たとえばファミレスや中華店に入った際に
隣の席の方が自分が注文したメニューとなにか別のメニューを注文され、それを美味しそうに食べている光景を見ていると
「そっちのほうが美味しそうなのかも・・、そっちのメニューを注文すればよかったのかも・・、あのメニューを食べてみたいなぁ~」
などと感じるのはむしろ人の感情としては自然といえるのかもしれないですね。

似たような話としてよく言われるのが、吹奏楽コンクールでの話ではありますが、
自分たちの演奏直前は通常はステージ袖に待機し、自分たちが演奏する一つ前のチームの演奏を聴くのが通例なのですが、
ああいう時って、よほど一つ前のチームがド下手くそなポンコツ演奏をしない限りは、大抵の場合
自分たちの演奏よりもはるかに上手く聴こえてしまう傾向があり、もしも課題曲が全く同一であった場合とか
(滅多にありませんけど、自由曲が全く同じ場合は)その曲をよく知っていると言うこともあり、相手チームの演奏の解釈が
正しく感じられたり、「本当に自分たちの演奏はこれでよかったのか・・」と今更ながらに直前に迷いを感じたりするのは、
そうした「隣の芝生はよく見える」とか「隣の人が頼んだメニューがすべて美味しそうに見えてしまう」ということと
心理状態としてはほぼ同一と言えるのかもしれないですね。
吹奏楽コンクール全国大会にて、たとえば交響詩「ローマの祭り」・バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲などといった
大人気自由曲が2チーム続けて演奏されるという事は別に珍しくもなんともない話だと思うのですけど、
1982年の全国大会・中学の部で見られたように、ドビュッシーの交響組曲「春」~第二楽章というコンクールで演奏される
事自体が大変珍しい曲なのに、間々田中学校と山王中学校がこの同一自由曲を2チーム連続して演奏されたという
ある意味珍事(?)も時々起きたりしています。

先日なのですけど、当ブログの埼玉ネタカテゴリでも頻繁に登場している「ぎょうざの満洲」にてダブル餃子定食を
「うまい、うますぎる!」とまるで十万石まんじゅうのCMのように食べていたのですけど、その時ですら
隣のカウンター席の方が食べていたタンメンがとてつもなく美味しく感じてしまったものでした!
やっぱり、他人が食べているものはちょっと気になってしまいますし、それがなぜか不思議と美味しそうに感じてしまうのは
人の本性みたいなものなのかもしれないです。

さてさて、そうした隣の人が食べているメニューがなんだか無性に気になってしまい、ついつい「私も一口食べてみたいな~」と
いう雰囲気の女の子はロリロリの幼女であっても大人の雰囲気を醸し出しているお姉さまでもなんだかかわいいね~と
感じさせてしまうものはあるのかもしれないですね。
(これが男だったら「チラチラこっちを見ているんじゃね~!」と感じてしまうのかもしれないですね・・汗・・)

ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
そんな訳で本記事は「おいしそうだね~、なんだかちょっと一緒に一口食べてみたいね~」と感じさせる
アミグリさんが描かれたおねだり東方キャラと言う事で、幼女代表と言う事でフランちゃんを、そして大人のすてきなお姉さま
代表と言う事でゆかりん=八雲紫様を転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のとってもかわいいロリロリ幼女はアミグリさんが2011年2月に描かれた「ふらんちゃん」とタイトルが付けられた
フランドール・スカーレットです。

幼児の一つのクセとして指しゃぶりみたいな事があると思うのですけど、この「ふらんちゃん」も
指しゃぶりをしているようにも見えますし、または「ちょっとうるさいから静かにして!」みたいなシ――ッのポーズなのかも
しれないですし、どちらにしてもとってもかわいいと思います。
このフランちゃんにはあえて口を描いていないから、そうしたちょっとデフォルメしたような雰囲気がすてきですね~!

このフランちゃんは指しゃぶりのようにも見えますけど、さすがに実年齢は実は495歳のフランちゃんは指しゃぶりは
さすがにしないと思いますので、
紅茶やお菓子や肉を食べているレミリアお姉さまを横でジ――ッと見ていて
「お姉さま、なんだかおいしそうに食べている・・いいなぁー、私も一緒に食べたいなぁ―!」と思っているのかもしれないですね。
それにしてもいいですねぇ~!
こうやって東方屈指のロリロリ幼女が物欲しそうに「私も一緒に食べてみたいなぁ~」と感じさせる雰囲気は見ているだけで
「かわいいよねぇ~」と感じさせてしまいそうです!
レミリア様とフランちゃんは一応は吸血鬼でもありますので、「あなたの血を吸ってみたい・・」と言われるのだったら、
死なない程度に血を吸われるのも時にはいいのかも~とついつい思ってしまうのかもしれないです・・(汗)

ハート型の背景もかわいい雰囲気を更に生み出している感じもありますし、
短いスカートのフリルもとっても可愛らしく描かれているのが大変印象的です。


haroulin-yukarin-003_convert_20181009155555_convert_20181012160032.png


続きましてアミグリさんが2018年10月に描かれた「ハロウィンゆかりん」です!

このハロウィンゆかりんは、とても大人っぽいけど同時にあどけない雰囲気も醸し出されていると思います。
ここにいるのは少女のようなかわいいゆかりんと大人っぽくて少しミステリアスなゆかりんが同居しているすてきな作品と
言えるのだと思います。

ゆかりんというとあのド派手な紫色のドレスという印象があるのですけど、
アミグリさんが描かれたゆかりんのハロウィン衣装は、ゆかりんのメインカラーの紫色を多用しつつも
部分的に黒を織り込むなど、その色彩感覚も大変すぐれているものがあると思いますし、
ゆかりんのスカートがふわっと浮いていて、ちらっと生足を拝見する事が出来るというのもとてもうれしいファンサービスだと
思います!
やっぱり生足チラリというものは素晴らしいものがあるのだと思いますし、胸元のゴージャスな雰囲気も
すてきなファンサービスなのだと思います!
スカートの裾や襟元の黒のフリルも全体を引き締めているようにも感じられます。

全体のいつものキラキラ感も素晴らしいですし、背景のこうもりやお化けやカボチャもとてもかわいく描かれていて
ハロウィンイラストとしてすてきな隠し味の役割を果たされていると思います。
ゆかりんの金髪もこの流れるような流麗な美しさが圧巻だといつもながらに感心させられました。

それにしてもこのハロウィンゆかりんもなんだか物欲しそうにされている雰囲気がすてきですね~!
「その手に持っているお菓子はなんなの~? お姉さんも一口食べてみたいなぁ~」みたいに言っていそうな
少しあどけなくて子供っぽい雰囲気も感じられるそうです。
上記のフランちゃんのロリロリのモノ欲しそうな雰囲気もすてきですけど、大人っぽいゆかりんが
「お姉さんも一口食べてみたいなぁ~」とお誘いを受けてしまったら、私はたとえ旧地獄でも地底でもゆかりんに
付いていきたいです!


yukarin-irochigai-01_convert_20190119160114_convert_20190122191046.png


続きましてのゆかりんは、上記のハロウィンゆかりんの通常カラー&背景無しverです!
描かれたのは今年・・2019年1月です。

上記のハロウィンイラストとの違いとして、ZUN帽の色の違い・ドレスの色の違い・
首元や髪のリボンの色もオレンジから赤に変えられた点や
襟やスカートのフリルの色の違い・ロング手袋の色の違いなどがそうなのですけど、
ハロウィンカラーのゆかりんと比べると清楚な雰囲気が随分と強くなっているようにも感じられます。
ハロウィン仕様の際は、ZUN帽・ロング手袋・フリル等が全体的に黒系統であったのをこの通常カラーのゆかりんにおいては
いつもの白に戻されていましたので、その事が清楚という印象を強く感じさせているのだと思われます。
やはり白色と言うものは清楚で純潔なイメージが大きいと言えるのかもしれないです。
ゆかりんが手~腕にまとっているロング手袋は、白という事もあり、
ウェディング・グローブにも見えたりして、その辺りも清楚・純潔という雰囲気が宿っている要因なのかもしれないです。

ハロウィンゆかりんは、小悪魔っぽい(?)いたずらっ娘みたいな雰囲気でしたけど
上記の通常版ゆかりんは幻想郷の清楚なお姉さまという印象がありますけど、共通して言えることは
「おいしそうだね~お姉さんも一緒に一口食べてみたいなぁ~」とちょっとモノ欲しそうに感じさせる女の子は、
幼女でもコスプレしている大人の女の子でも通常衣裳の女の子でも、とってもかわいらしく感じさせることであり、
そうした女の子と一緒にご飯やスイーツを共にご一緒させて頂くのは至福のひと時だと思います。


CIMG2356_convert_20181127085502.jpg

CIMG2357_convert_20181127085533.jpg


上記のフランちゃんとゆかりんは「一口一緒に食べてみたい」と思っている東方キャラでしたけど、
これが「ラーメン大好き 小泉さん」の小泉さんだったら、モノ欲しそうな雰囲気どころではなくて
あまりにも「このラーメンを今すぐ食べたい!」オーラがあまりにも強烈すぎる故に横にいる人ももしたしたら相当
ドン引きまたはその迫力に飲み込まれてしまうのかもしれないです。

実際そうした話が「ラーメン大好き 小泉さん」の原作漫画の「R-20」という回で提示をされていました。

話としては絢音お姉ちゃんから「お酒も一緒に飲めるラーメンを食べたい」とリクエストされ、
お酒のつまみとしてのラーメンではなくて、ラーメンの中にテキーラというとてつもなくアルコール濃度の高いものが入った
ラーメンを紹介し、絢音お姉ちゃんはおいしそうにそのテキーララーメンを食べている横で
小泉さんがモノ欲しそうに「そのラーメン食べたいな~」というオーラ満開でじっと絢音お姉ちゃんを見つめていたという
内容でもありました、

小泉さんは現役JKさんという事で言うまでもなくこのアルコールが入ったテキーララーメンを食べることはできず、
それがこの話のタイトルの「R-20」という事になっているのだと思うのですけど、
小泉さんはテキーララーメンに興味津々な様子で、小泉さんはこの時普通の醤油らーめんを注文したものの
醤油らーめんが中々運ばれてこないため、絢音お姉ちゃんのテキーララーメンを食べている様子を
物欲しげな眼差しで見つめています。

そりゃそうですよね~

「ラーメン命!」のあの小泉さんからまじまじとラーメンを食べている様子を見つめられたとしたら、
いくら根がずーずーしそうな絢音お姉ちゃんでも
「そんな眼で見ないで~」とか「罪悪感で食べることに集中できへん・・」となってしまうのは当然なのかもしれないですね~

上記のアミグリさんが描かれたフランちゃんとゆかりんの権利は、ゆかりんたちの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいロリロリフランちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後まで読んで頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

確かに、家族で外出先のレストランなどのメニューで自分以外がたのんだメニューがおいしそうに見えたりすることは、よくありますね。

それとこれは絵描きあるあるなのかもしれないですけど、他の素敵な絵師様のイラストはとてつもなく素晴らしく見えてしまうことも「隣の芝生は青い」ということなのかもしれないですね。

フランちゃんとゆかりんのイラスト転載とご紹介もうれしいです!

隣の芝生は青いというけど・・

アミグリ 様


隣の芝生は青いとか隣の芝生はよく見えるという言葉は確かにあるのですけど、
pixivを開くと勝手にたくさんの絵師様の作品が「あなたにおすすめ」という形でわんさかわんさか出てくるのですけど、
どの絵師様の作品もそれぞれ華があり個性があり美しくてかわいくて素晴らしいと感じるのですけど、
そうした星の数ほどいらっしゃる絵師様の中でもアミグリさんの描かれた作品を多くの作品から見たときでも
「あ! これはいかにもアミグリワールドとしての作品だぁ~!」と感じる事がしばしばありますし、
多くの絵師様の作品群の中でもアミグリさんの作品は埋もれるどころか、一際大きく光り輝いていると思いますし、
アミグリさんらしいファンタジーと美しさと個性が溢れています!

月並みな言葉ですけど「人は人、自分は自分」という感じなのかもしれないです。

フランちゃんとゆかりんの「おいしそう~」という表情を見ていると、なんだかおなかがすいてきそうです~♪

こんばんは♪

隣の芝生はよく見えるって
わかります~。
人が食べてるのって
美味しそうに見えますよね(´ー`*)ウンウン

自分の手元にないものとなると急に良いものに見えてきてしまうのは子供も大人も変わらないのでしょうけど、そこで「ちょっとちょうだい♪」が許されるのは可愛い女の子だけですね。
アミグリさんのイラストのようなちびっこかわいいフランちゃんにおねだりされたら通報されるの覚悟でお菓子でも血でも差し出してしまいそうです。
無垢な幼女の瞳で魔力を放つフランちゃんに対して、ゆかりんがそんなお願いをする時はドキドキしっぱなしの相手の反応を見て楽しんじゃおうみたいな大人の意地悪心も隠れてそうかも…w

隣の芝生

ふたごパンダ 様


隣の芝生はよく見えるは格言ですけど、人は人、自分は自分ということなのだと思います。

それでも特に中華店では、隣のテーブルの人が食べているメニューがやたらと美味しそうに見えるというのは
世の常なのかもしれないですね~

無い物ねだり・・

schwert 様


隣の芝生はよく見えるは換言すると「無い物ねだり」という事にもなるのかもしれないですけど、
野球も吹奏楽も職場も「今いる戦力をどのように活用するか」の方を重視した方がよりチームとしては
良い成果を出せるような感じもありますね。

アミグリさんの描かれたフランちゃんとゆかりんをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

アミグリさんの描かれたロリロリフランちゃんだったら多少のわがままは何でも聞いてあげそうですし、
ゆかりんだったらなんでもホイホイゆかりんの意のままにいう事聞いちゃうのかもしれないです。
特にゆかりんみたいに美しく妖しいお姉さまだったら多少の無茶振りは意にも解さないのかも
しれないですね~(汗)

それなら酒粕と鮭を入れて「石狩ラーメン」を作って、小泉さんに試食してもらってはいかがでしょうか?
ラーメンの本場北海道ならでわの味…日清食品にアイディアを提供すれば特許が取れるかも知れません(笑)

小泉さんは何でもあり!

sado jo 様


小泉さんは未成年JKさんですのでお酒はNGですけど、酒粕を使用したラーメンならばいけそうですね!

小泉さんはとんこつ・醤油といった正統派ラーメンがお好みなのですけど、変化球ラーメンも大好きですので、
ご指摘の石狩ラーメンも小泉さん的には全然OKといえそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |