FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計





よくローカルテレビとかローカルテレビCMというワードがあり、その地方だけしか放映されていない
ローカル商品のテレビCMというものがあったりしますけど、
テレビ埼玉(通称、テレ玉)を代表するそうしたローカルテレビCMでいっちば~ん!に名高いのは、当ブログでも
かなりの頻度で登場しているふくさやさんの十万石まんじゅうの「うまい、うますぎる」のフレーズだと思いますし、
他には福蔵・彩果の宝石などが埼玉県民にとっては大変親しみがあり馴染みがあると感じられます。

そうしたテレ玉が放映しているローカルテレビCMの中でもかなり印象的なCMとして、「ひびきのみそだれ」(やきとりひびき)が
挙げられると思います。
(みそだれみそだれ)黒豚!(みそだれみそだれ)やきとり!(みそだれみそだれ)ひびき!
彩の国ご当地グルメ代表 ひびきのやきとり!というフレーズなのですけど、
実はあのCMソングは「黄色と黒は勇気のしるし24時間戦えますか?」で時代を風靡した故・舟山一世先生の作品で
あったりもします!
あのフレーズを一度聞いてしまうとなんだか無性に耳に残ったりもします。
今現在は3人のセーラー服を着たJKさんが美味しそうにみそだれをつけたやきとりを学校帰りにおいしそうに頬張るCMとして
テレ玉限定で放映されていたりもします。

居酒屋の定番メニューの一つとして挙げられるのは焼き鳥だと思います。

焼き鳥はとっても美味しいですし、真夏のお祭り等の屋台で食べても寒い冬の時期にコンビニからの帰り道に
おやつ代りに食べるのもすてきですし、焼き鳥はから揚げと共にコンビニのホットコーナーの定番商品の一つというのは
既に定着された評価と言えるのかもしれないです。

スーパーやコンビニでも焼き鳥コーナーはありますし、そうしたコンビニ焼き鳥も悪くはないのですけど、
屋台とか移動販売車とか店先で焼き立てほやほやの串刺しの焼き鳥を「熱い、熱い!」と言いつつ頬張るのは
とっても美味しいと思います。
たれでも塩焼きでもどちらも美味しいと思いますが、私的にはたれをつけて焼いた方がより香ばしさが
増すような気もします。

さてさて、埼玉の真ん中あたりに位置するエリアに東松山市があります。
最近、当ブログでやたらと登場している渡邉ポポ先生のコミック「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」のメイン舞台は
行田市なのですけど、行田市と東松山市は隣接はしていないものの、直線距離としては大変近いものがあるのですが、
行田と東松山を公共交通機関を使って行く場合は意外と面倒というのか、電車とバスを乗り継いで少なくとも1時間以上は
掛ってしまうというのは、これはむしろ地方のローカルあるある話としてはむしろよくある話なのかもしれないです。

その東松山市を代表するご当地グルメとして大変名高いのは「やきとり」です。
その表記は「焼き鳥」ではなく「やきとり」というのが大きなポイントでもあります。
東松山市ではヤキトリを「焼き鳥」と表記せず、あえて「やきとり」と平仮名で表記しています。
その理由は鶏肉を使わず主に豚のカシラ肉を使用している事が挙げられます。
これはあくまで東松山~坂戸周辺でのローカルルールなのかもしれないですけど、焼き鳥関連のお店で
鶏肉か豚肉を使用しているのか見極めたい場合はそのお店の看板に注目して頂きたいと思います。
「焼き鳥」と書かれていれば鶏肉、「やきとり」であれば豚のカシラ肉です。

そして東松山のやきとりは、そうした豚のカシラ肉に辛味と旨味たっぷりの「みそだれ」を付けて食すのが、
東松山流のやきとりの食べ方と言えると思います。
みそだれは白味噌ベースで、唐辛子やニンニク、果物など10種類以上のスパイスから作られているのが一般的です。

そして東松山のやきとりにたれとして付けるのが一般的にみそだれなのですけど、このみそだれとして埼玉では
かなり有名なブランドが冒頭で少しばかりご紹介させて頂き、テレ玉のCMが大変印象的な「ひびきのみそだれ」なのだと
思います。
このひびきのみそだれは、東松山を中心とするやきとりのチェーン店とテイクアウト店を運営しているひびきグループが
自社ブランドとして工場を持ち製造販売している埼玉ブランドの味と言えると思います。
このひびきのやきとり店は東松山方面を中心に埼玉県内にかなりのお店をチェーン店として既にたくさんの数を出店
していますし、テレ玉のCMもありますので、埼玉県内に限ってはそこそこの知名度があると思います。
味噌自体は日本の伝統的調味料なのですけど、その味噌の持ち味を最大限に活かした東松山名物「やきとり」に
実際にひびきのお店で使用されている秘伝のピリ辛味噌だれを瓶詰めにしたものが、
モンドセレクション「最高金賞」連続受賞中のひびき自慢の逸品なのです。


_convert_20190605121013.jpg

_convert_20190605121036.jpg


埼玉県東松山市は、北海道室蘭市や愛媛県今治市と並び「日本三大やきとり」のひとつとも言われています。
人口1万人あたりの焼き鳥店舗数は7.2軒と3都市の中で最も多く、全国屈指の焼き鳥の街とも言えそうです。
一般的に焼き鳥というと、そこで使用する具材は鶏肉ですし、だからこそ焼き鳥と称されるのですけど、
埼玉の東松山近辺の「やきとり」で使用しているのは、もちろん鶏肉もありますけど、これぞ東松山のご当地グルメといえる
いっちば~ん!の特徴は使用具材は豚肉であり、
串に刺して焼いた豚のカシラ肉(ホホやこめかみ)に辛味の効いた味噌だれをつけて食べるのが東松山流の食べ方と
言えます。
(その味噌だれとして埼玉で大変名高いのは「ひびきのみそだれ」なのです)

繰り返しになりますが、一般的な焼き鳥とは言うまでもなく鶏肉を焼き上げたものですけど
埼玉県東松山市では鶏肉ではなく豚肉を串にさし、炭火でじっくり焼いたものをやきとりと言います。
(後述しますけど、一般的に既に定着している「焼き鳥」と区別すると言う事で、東松山では豚肉を使用しているのに、
あえて平仮名で「やきとり」と表記しています)
そしてちょっとややこしいのですけど、坂戸等東松山の近隣では、豚肉を串刺しにしたものを「やきとん」と表記されることもあり、
埼玉の一部のエリアではやきとんとやきとりという名称がが混在しているようにも感じられます。
厳格な定義というものは別にないようですけども、豚肉を使用した「やきとん」のことを「やきとり」と称するものの
「焼き鳥」と称することだけはまずないとの事です。
豚肉を串焼きとして商品は当初は「やきとん」として売りだした事もあったようですけど、
今一つしっくりこないとの事で、すでに定着していた「焼き鳥」にあやかって、平仮名表記の「やきとり」にしたとも
言われているそうです。

なんだかゴチャゴチャしてきましたけど、要約すると埼玉の東松山で食べられているご当地グルメの「やきとり」は、
基本的に使用している素材は豚のカシラであり、それを味噌だれにつけて食べるというのが東松山のご当地流と言う事なのだと
言えそうです。


_convert_20190607173157.jpg


最後に・・カルビーのポテトチップスでは、上記の東松山ご当地グルメのやきとりをポテトチップスとしてすてきに再現した
商品も最近発売されております。

やきとり味は、豚のカシラ肉と長ネギを焼き上げみそだれを塗って食べる東松山のご当地グルメの「やきとり」を再現し、
豚肉のうまみとピリ辛のみそだれの味わいが楽しめる商品です。

食べてみるとわかりますけど、豚肉のおいしさとみそだれのピリ辛さが見事に融合していると思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは♪

ひびきのみそだれ初めて知りました♪
焼き鳥大好きなので
つけて食べてみたいです(^▽^)/

やきとり

ふたごパンダ 様


ひびきのみそだれは埼玉の誇りうるべきB級グルメの調味料と言えると思います。

埼玉県東松山では、一般的に「やきとり」という鶏ではなくて豚のかしらなのですけど、
豚をあぶって焼いて食べる感覚に、あのぴりっと辛いみそだれは絶妙のおいしさをもたらしていると思います。

お馴染みの味

ひびきのみそだれは埼玉県民にとってはお馴染みの味の一つなのかもしれないです。
この瓶の調味料自体はスーパー等ではそれほど見かけない気もしますけど、浦和界隈だったら北浦和駅前のやきとり・ひびきのお店が
馴染み深いですし、居酒屋メニューとしてもおやつとしてもあのみそだれのやきとりは大変美味しいと思います。

ひびきのやきとり

ひより~ 様


ひびきのみそだれは丸広やヤオコーで売っていたように記憶しています。

あ・・言われてみると確かに北浦和駅西口の松屋の近くにひびきのやきとりのお店がありました!
あのお店でテイクアウト商品があれば、やきとりというか他県で言う所のやきとんを食べてみたいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |