FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


こんな甘くてセンチメンタルな曲が20世紀に作曲されたなんて意外な感じさえします。
ラフマニノフの交響曲第一番と比較すると、両者の相違は一目瞭然で、
交響曲第一番の方は、この作曲家はやはり20世紀の人なんだなーと感じさせる面もあり、
少し悪趣味ながらも奇抜な表現等も垣間見えます。
だけど交響曲第二番の方は、そうした前衛さ・奇抜さはほぼ皆無となり、
甘美な音楽が延々と奏されていきます。

結局ラフマニノフの本質というか原点は「ピアノ協奏曲第二番」にあり、
生涯ずっーーとこうした原点というか、路線を少しも外れることなく
甘くせつない音楽を書き続けたのだなと思います。
ラフマニノフ自身、ロシア革命とその後の共産党政権を嫌ってアメリカに亡命したのですが、
亡命以降も作風に全然変化はなく、
終始一貫してロシア時代の甘美な音楽を残しています。
強いて変化をあげるとすると、晩年の「交響的舞曲」に代表されるように
甘美さに更に「郷愁」という要素が盛り込まれていき、
泣けるような音楽がぶれることなく作曲され続けていったのです。

同年代のロシアの他の作曲家の激動的人生や
同じくロシアから一度は亡命したものの、その後ソ連に復帰したプロコフィエフとは
えらい対照的な生き方であり、作風なのですが、
ぶれない終始一貫さを維持し続けたことは、敬意を表したいと思います。

この交響曲第二番は、かなり長い曲で、昔は一部をカットして演奏されることが普通だったらしいのですが、
今ではカットされることはますありません。
日本では、昔、和久井映見主演のドラマ「妹よ」のテーマ音楽に第三楽章が使用されたことで
徐々に浸透・認知されていったような気もします。
自分自身、この交響曲を初めて生で聴いたのは、外国のオケでした。
指揮者はブレトニヨフだったかな・・・?
でもこの演奏会、後半にこのラフマニノフの交響曲を演奏したのですが、
前半に、ラヴェルのダフニスとクロエ第二組曲、ビゼーの「アルルの女」第一組曲から二曲と
第二組曲全曲を演奏する
相当なボリュームのプログラムで、
アンコールを含めると二時間半程度もやってくれて、
かなり満足感一杯の印象がありました。
後半のラフマニノフは、生で聴くと第三楽章はホント、泣けてきそうですし、
第四楽章のチャイコフスキーを想起させる循環主題的なテーマの回想も、古い手法なのですけど
シンプルな構造・メロディーだけにかえって涙腺のドツボにはまるような
感じもありました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/494-46618111
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |