FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方公式漫画というと、東方儚月抄・東方三月精・東方茨歌仙・東方鈴奈庵がそうなのですけど、
先日惜しまれつつも東方茨歌仙が最終回を迎え、これで現時点でコンプティーク等商業雑誌に定期的に掲載されている
東方公式漫画作品は「東方三月精」のみとなりました。

「東方三月精」は光の三妖精をメインキャラに据えています。

光の三妖精とは、日の光の妖精・サニーミルク 、月の光の妖精・ルナチャイルド 星の光の妖精・スターサファイアという
3名のポンコツ妖精ちゃんから構成された仲良し3人組で、
3人とも霊夢の博麗神社の境内内にある巨木に棲み付いていて、3人で共同生活を送っているだけでなくて、
常に三人でつるんで行動し遊び、そして霊夢をはじめ人間たちにいろいろなポンコツなイタズラを仕掛けている存在で
あったりもします。
ルナチャイルド(月の光)やスターサファイア(星の光)に対して、サニーミルクだけ夜と関係ない属性なのですけど、
どうして他の二人と仲がいいのかは不明との事です。゜
幻想郷の世界においては、妖怪・妖精等の種族は基本的には単独行動をする事がほとんどで、仲間とつるむとか
集団生活をするという事自体大変珍しい事でもあったりしますので、この光の三妖精たちの存在感はある意味において
異質とも言えると思いますし、個性という意味では際立っていると思います。

光の三妖精が主に活躍しているのは「東方三月精」という公式漫画でありまして、
光の三妖精が東方公式ゲームとして登場していたのは、チルノが主役でチルノが唯一の自機を務めていた「妖精大戦争」
のみです。
こうした公式漫画にのみ登場しているキャラというと東方茨歌仙の華扇もそうでしたけど、華扇は、東方深秘録と東方憑依華
という公式ゲーム作品に登場し、かなり重要なポジションの立ち位置を占めていたりもしますけど、
無理とは思いますが、光の三妖精たちにも何かしらの東方公式ゲーム作品にも登場してほしいな~とも思ったりもします。


001 (299x450)

002 (299x450)

003 (299x450)


東方三月精は今現在において第四部まで連載が進行しています。

そしてこの公式漫画おいて特に際立つ点が何かというと、実は第一部の作者と第二~四部までの作者が異なっていて、
結果的に同じ公式漫画なのに作者が異なる二つの版が存在しているということになったりもします。
どうしてこのような事になったのかというと、第一部を担当されていた松倉ねむ先生が連載中に体調不良という事で、
連載を降りてしまったという事が要因でもあったりします。

東方三月精の第一部;Eastern and Little Nature Deity. は、前述のとおり松倉ねむ先生が作画を担当されています。
物語の背景としては東方永夜抄~東方文花帖あたりの頃のお話でもあります。
ちなみにですけど、この松倉先生版の東方三月精【第一部】は、再販も重版もされていないため、元々市場にほとんど
流通していないこともあり、この松倉先生版の第一部を入手したいと思っても、ほぼ入手困難と言えると思います。
ちなみにアマゾンやヤフオクでもたまに取り扱いがされている時もありますけど、その価格が5000~7000円前後は
通常してしていますので、これは東方ファンからしてみると幻の一冊と評されるのもわかる気がします。

そうした事もあり、実は私自身もこの第一部は今まで見たことも読んだ事もありませんでした。

しかし先日なのですけど、とあるブックオフにて、この松倉ねむ先生版の東方三月精が普通に店頭に売られているのを
発見した際はびっくり仰天したものでした。
こうした希少本は価格も相当するのかな・・?と恐る恐る価格を見てみたら、なんと! まさかの108円でした!
保存状態も良好で落書きや汚れ等もなく、しかもおまけのCDもちゃんと添付されていました。
これは正直まさかの掘り出し物という事なのかもしれないです。

それでもって初めて松倉ねむ先生の東方三月精を読んでみたのですけど、私自身は二部以降の作画を担当されている
現在の比良坂先生版の三月精に慣れ親しんでいるため、画風もそうですしストーリー展開も含めて、
比良坂先生との違いがあまりにも大きすぎて、改めて東方三月精はタイトルは同じだけど異なる版が二つあると
認識した方が良いと感じたものでした。
現在の比良坂先生の三月精は画風がかなりはっきりと鮮明なタッチで描かれていますし、サニーミルク等光の三妖精たち
一人ひとりの表情も明るくくっきりと描かれています。
(どちらかというとアニメ作品のような華やかさがある作風だと感じられます)
それに対して松倉ねむ先生の三月精は、なぜかしりませんけど作風全体が白っぽくて、色彩全体がかなりうすくて淡くて
これをもしもコピーしたらうまく写らないのかもしれないと感じてしまう程、とにかく全体が白っぽくて
最初に見た時は慣れるまでにかなり違和感を感じたものでした。
そして光の三妖精の表情もどちらかというと暗いタッチで感情の起伏がそれほど感じられず、
現在の比良坂先生が描かれるサニーミルクのあまりにも能天気で陽気で明るい雰囲気と比べてしまうと
「なにこのサニーミルクの浮かない感じは・・」と感じてしまいそうです。
スターサファイアだけは比良坂先生との違いはそれほど大きくは感じませんでした。
そして松倉先生の描かれる三月精で特に際立っているのはルナチャイルドの描かれ方ですね~!
比良坂先生のルナチャイルドはどちらかというとドジっ子とかサニーミルクたちに常に振り回されていていつもそのとばっちりを
食らっている損な役割を担っているという感じが濃厚なのですけど、
松倉ねむ先生の三月精においては、クールという雰囲気は比良坂先生とほぼ同じながらも、サニーミルクたちとは
明らかにどこか違っているというのかかなりミステリアスで謎めいた雰囲気がかなり目立っているようにも
感じたものでした。

そうそう、松倉先生の三月精にも当然霊夢と魔理沙も登場していますけど、魔理沙がどちらかというといたずらっ子の
お茶目な様子で描かれているのに対して、霊夢はルナチャイルド同様にかなりクールな感じで描かれていたりもします。
怠け者巫女というよりは、なんとなくですけど「生きるのすら面倒くさい・・」と感じさせる霊夢がそこにはいるのかも
しれないほど現在の比良坂先生が描かれる三月精の霊夢とは違いが感じられます。

ちなみにレミリア様も咲夜さんも松倉先生の三月精に登場していますけど、レミリア様は威厳はあるけどかわいい雰囲気で
描かれているのに対して、咲夜さんはなんだかかったるそうに描かれています。
「東方紅魔郷」での咲夜さんには「飯さえ食えればそれでいい」みたいな発言もあったりしますので、この頃の今一つ
やる気がない咲夜さんの雰囲気を松倉先生として描かれていたのかもしれないです。


004 (299x450)

005 (299x450)

006 (299x450)

007 (450x299)


上記画像をご覧頂くとお分かりの通り、松倉先生の三月精は、なんだかモノトーンみたいな感じで描かれて、
とにかく作風が真っ白!という感じです。
特段空白が多いという訳でもないのに、全体が真っ白という印象です。

各キャラの表情に変化があまり感じられないというのは、現在の比良坂先生のあのベタベタでとにかく明るくノリの良い
作風に慣れてしまうと、やはり「とても同じ三月精とは思えないね~」と正直感じたりもします。

前述の通り、ルナチャイルドの表情や描かれた方においては、かなりの個性を感じさせていますので、
贅沢な事を言ってしまうと、現在の比良坂先生の作風にルナチャイルドのみ松倉先生的な描き方をすると
最高傑作ができるのかもしれない・・とすら感じたものでした。


荳牙ヲ也イセ_convert_20170504145015


上記は現在の比良坂先生版の東方三月精です。

やはり作風が全然違いますし、各キャラの表情が大変生き生きとしているように感じられます。

比良坂先生の三月精は現在第二部~第四部まで出ていて、第四部は現在もコンプティークで連載が続いています。
(連載と言っても月刊誌の中で、年間4回のみの連載です・・)

第二部;Strange and Bright Nature Deity.

この第二部からから、うどんげちゃん・てゐ・アリス・チルノ、パチュリーさん、ゆかりん等名だたる東方キャラが
登場しています。
台詞はあのませんけど、リリーホワイト、大妖精、小悪魔も登場しています。
第二部の時系列は東方文花帖から東方地霊殿の直前までが背景となっていて、
第二部までは、光の三妖精は魔法の森に古くからある大木に住んでいたものの、
最終回にて霊夢の博麗神社裏の大木に引っ越しています。

第三部;Oriental Sacred Place.

第二部の最後に博麗神社の近くに引っ越したことを反映し以前よりも頻繁に博麗神社でのシーンが見られるようになっています。
命蓮寺の話題が出てくるため東方星蓮船よりも時系列的に後の話であると推察されます。
この第三部で大変興味深いのは、小野塚小町の口より四季映姫様が実は元々はお地蔵さんであった事を提示するなど、
原作ゲームの補完的側面も見られたりもします。

第四部;Visionary Fairies in Shrine.

時間軸としては東方紺珠伝直後からに相当し、紺珠伝で登場した地獄の妖精・クラウンピースが新レギュラーとして登場
しています。
実質的には現在は光の三妖精ではなくて、幻想郷の四妖精として描かれています。
そしてクラウンピースは、大木内ではなくて博麗神社の縁の下をねぐらとしています。

上記にてルナチャイルドの話が出てきましたので、ここから先はほんの少しばかりルナチャイルドについて
触れてみたいと思います。

ルナチャイルドはドジで間抜けな印象があり、比良坂先生の東方三月精においても
とにかくよく転ぶとか一人だけ逃げ遅れるみたいなどんくさい点があるのは否定は出来ないし、
ドジでいつも貧乏くじを引かされるという印象が大変強いです。
ルナチャイルドの能力として「周囲の音を消す能力」があるとされているのですけど、
阿求の評価では

〇音を消せる能力があるのに抜き足差し足で歩いていてマヌケ・・

〇周囲の音がかなり騒々しいのに、ルナチャイルドが珈琲豆のコソ泥に入る時は、急に物音がしなくなり
 逆に「またあの妖精がやってきた・・」と感づかれてしまう
 妖精の頭が廻らない一つの側面である。
といった書かれ方もされています。

ただ私の感覚としては、そうしたドジっ子要素よりは他の二人の光の妖精とは明らかになにか異質なものを感じさせ、
ミステリアスで不思議な妖精、そして本人すら気が付いていないものを何か内在化しているのではないのかなとすら
感じさせてくれるものもありそうです。
そしてそうした点を松倉ねむ先生ももしかしたら感じ取られて、松倉先生版三月精においては、少し不思議なミステリアスな
描き方をされていたのかもしれないです。

その一例として・・

1.自称・・・「三月精の頭脳」(?)のサニーミルクというポンコツ頭脳が立案するイタズラについては、
  結構ダメだしをしていて、サニーミルクの計画に対しては懐疑的な事が多い。
  三人の中では一番クールで理性的・・

2.朝は、(コソ泥をしてきた)珈琲豆でコーヒーを飲み、その傍らで「文々。新聞」を読んでいる。
  知性においては妖怪や人間等と比較すると一歩も二歩も劣る妖精にしては
  かなり珍しい知性的な趣向

3.妖精は基本的には自然現象としての存在なので、朝が来れば目覚め、夜になれば休息するという自然の流れに
  沿っているのだが、ルナチャイルドは、夜行性の傾向が強く、
  夜になると単独行動を開始し、夜はいずこかをフラフラと飛び回っている。
  そして一方朝はめっぽう早いし他の二人よりも常に早起きしている。
  ルナチャイルドは一体いつ寝ているのでしょうか・・・?

4.蛍光灯や人形・ぬいぐるみ等の人工物を拾い集めるクセがある。
  基本的には妖精は自然現象そのものなので、そうした元の自然にないものを収集するという行為そのものが
  妖精としては極めて異質

ここから言えることは、ルナチャイルドは、他の妖精、例えばサニーミルクとかリリーホワイト等と比べると
妖精としての特性が極めて不自然というのか異質というのか
何か他の妖精たちとは決定的にどこかずれていると思わせるところが多々あったりするようにも感じられます。

そうそう、松倉ねむ先生の東方三月精の中に短編小説らしきものも掲載されていて、この中になんとあのゆかりん=八雲紫様が
登場されていて、ゆかりんはルナチャイルドに対して下記のように諭します。
「月の光の力は、日の光よりも優れている。
静かなる力、心の色、悩み、月の光は何物にも惑わされない光なのよ。
さあ、起きなさい。貴方が他の日の光と星の光にいいようにあしらわれているのは何故だと思う?」と
ルナチャイルドの秘められたものを示唆するようなことまで言わせしめています。
そしてゆかりんはルナチャイルドに「あなたが最も妖怪に近い」とまで評しています。

ゆかりんの言葉が示唆していることって何なのでしょうか・・?

これは私の脳内妄想でも判断に悩む感じです。

ルナチャイルドが、妖精よりははるかに巨大な力を有する妖怪に進化するとは思えないのですけど、
妖怪への進化というのも決してありえない話ではないみたいな感じもありますし。
ルナチャイルドすら気づいていない何かを秘めているのは確実だと思います。

ゆかりんが言いたいことは
「あなたは決してサニーミルク達とつるんで終わるような妖精ではない」とか
「あなたは実は本当の自分自身の力を全く分かっていない」
「あなたはまだあなた本来の能力に気が付いていない。目覚めていないから、他の光の妖精と
遊び呆けている」
「早いとこ目覚めなさい」と言った事なのかもしれないですけど、
ゆかりん自身は、ひそかにルナチャイルドを気にかけていて、ルナチャイルド自体の今後の変化・進化を
遠くから見つめているといったそんな感じもあったりもします。


runachacha_convert_20120715160339.png


ここから下記は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasyのアミグリさんが描かれた
イラストのご紹介コーナーです。

本記事は二つの「東方三月精」の記事でしたけど、今回はその一角、ルナチャイルドを転載をさせて頂きたいと思います。
上記のイラストのルナチャイルドはアミグリさんが2012年7月に描かれた作品です。

アミグリさんが描かれたこのルナチャイルドは、ルナチャイルドのミステリアスな感じやどこなく神秘的な雰囲気を
ブルートーンを基調にされる事でうまく引きだされていると感じます。
どことなく憂いを感じさせるのは、光の三妖精のなかでも月の光をベースにしている妖精だからと言えるのかも
しれないですね。
ひたすらおバカで明るく能天気なサニーミルクは太陽の光をベースにしていますから、
サニーミルクとルナチャイルドの雰囲気の違いは、太陽という明るい表の世界と月という裏の世界の違いと言えるのかも
しれないですね。
そうした月の裏の世界を感じさせるミステリアスなルナチャイルドだと思います。

そしてルナチャイルドの最大の外見的特徴でもある、あのクルクルロール巻髪もとても丁寧にかわいらしく細かく描かれて
いるのもとても素晴らしいと思います。
このルナチャイルドがどことなく神秘的に感じさせてくれるのは、アミグリさんがこのルナチャイルドを描かれていた
2012年という時期がアミグリさんにとっては「淡い作風の時代」とも重なっていて、この作風とルナチャイルドのミステリアスさが
絶妙にマッチしていたとも思います。
(淡いと言っても松倉先生の真っ白の三月精とは全然違いますけどね・・)

上記のアミグリさんが描かれたルナチャイルドは、ルナチャイルドの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもすてきなミステリアスなルナチャイルドを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは♪

掘り出し物GETできてよかったですね♪
108円で買えたなんてすごい✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
ブックオフもチェックしないとですね☆

掘り出し物

ふたごパンダ 様


今回レビューした東方書籍は、今現在アマゾンで出ている価格が一冊6000円近くもしていますので、
おまけつきのほぼ新品状態で108円でゲット出来たとは本当にラッキーでした。

ブックオフもたまには散策してみると、意外ともっとすてきな掘り出し物と出会えるのかもしれないですね。

全然違いますね!

三月精コミックは二人の先生の作風が全然異なりますし、
設定は同じでも全くの別作品のように感じられそうです。

アミグリさんの描かれるルナはとても幻想的で美しいですし、
比良坂先生版の東方三月精に近い印象があります。

三月精

ひより~ 様


コミック版の東方三月精は作者が違うと言う事で松倉先生版と比良坂先生版は似て非なるものがかなりありそうです。

現在の比良坂先生版の明るくかわいいタッチに目が慣れてしまうと、松倉先生の方は白さと線の細さが目立つため
「同じ素材を使っているとは思えない」とついつい感じてしまいそうです。

アミグリさんの描かれたルナチャイルドをお褒め頂きありがとうございます。
比較的初期の頃に描かれた作品と言う事もあり、儚くて幻想的なルナチャイルドとも言えそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |