FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


1985年の課題曲は、B「波の見える風景」ばかり印象に残っているのですが、
課題曲A「Five Rings」も結構強烈な曲です。
確かこの課題曲は、当時のNHKのドラマで宮本武蔵を扱ったものがありましたけど、
その主題曲を兼ねていたと思います。(日曜の大河ではなくて、平日の夜のドラマ)
最初にこの課題曲を聴いた時、
「なんてティンパニーが格好いいのだ!!」と見とれてしまいました。
ティンパニー奏者は大変技術と体力がいる曲なので、本当に演奏は大変だったと思いますが、
あの怒涛の連打は、今でも惚れ惚れするものがあります。
ただこの課題曲の名演は少ないですね・・・
強いてあげると、尼崎吹奏楽団と花輪高校と御影高校くらいかな・・・
課題曲C「シンフォニックファンファーレとマーチ」は圧倒的に不人気の曲でしたね。
確か職場と大学と高校で1団体ずつ、中学で4団体くらいしか取り上げられず、この課題曲での
金賞受賞団体はゼロでした・・・
ブリジストンですら、出だしは本当にスカスカでしたしね・・・
この課題曲の名演は、雄新中だと思うのですが、
自由曲の「こうもり序曲」と合わせて、「なんでこの素晴らしい演奏が銀賞なの・・・??」という
感じでした。
課題曲Cに関していうと、支部大会を含めると最も印象に残っているのは
川越奏和吹奏楽団です。
このチームは、現在では押しも押されぬ関東を代表するチームですが、この当時は
少人数精鋭という感じで、
この課題曲に自由曲はスミスの「祝典のための序曲」という
比較的簡単な曲を選んでいました。
スミスというと、「ダンスフォラトゥーラ」に代表されるように圧倒的難度の高い曲というイメージが
あるのですが、
この「祝典のための序曲」は、いかにもジュニアバンド用の、とてもスミス作曲とは思えない
平易な楽しい曲です。
この当時の川越奏和は、課題曲も自由曲もいかにも「手作り」の音楽をしているような
印象もあり、現在の半分プロみたいな感じとは全然異なります。


〇埼玉栄

 関東を代表する名門チームが全国に初出場したのは、この年です。
 だけど演奏は正直芳しくないです・・・
 というか、技術的に全然消化できていない。
 「ディオニソスの祭り」という難曲をかろうじて音にしているけど、
 聴衆に何かを伝えるまでには全然至っていません。
 当時の自分の採点は銅賞でしたけど、奇跡的に銀賞に落ち着きました。
 だけど翌年のダフクロで大化けしてしまいますし、5年後に同じ自由曲を取り上げたときは、
 85年とは比べ物にならないほど、スケールの大きい素晴らしい演奏を展開していました。

〇高岡商業

 課題曲Bは、演奏に気持ちがよく入り込み、丁寧かつ繊細な仕上がりでとても
 好感を持てました。
 自由曲のドビュッシーの「夜想曲」は悪くはないのですけど、
 木管セクションの細かい仕上がりに雑な印象があり、課題曲ほど精密な感じは
 しませんでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/493-f0800279
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |