FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1986年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲は4つの課題曲がそれぞれ全て内容的にも音楽的にも大変優れていて
課題曲としては類稀なる当たり年だったと思います。
課題曲が全て当たりと言う事は大変貴重であり、例えば1983年の課題曲はA~Cのいずれもが大変素晴らしい内容の曲で
あったのですけど、Dの「キューピッドのマーチ」が吹奏楽コンクール史上最悪の駄作の一つと大変悪名高く、
もしもあの年の課題曲Dが普通程度のマーチだったら、後世の評価としては「1983年の課題曲は全曲全て当たり年」と
言われていたのかもしれないです。
そして全ての課題曲が当たり年というのは、1986年以外では、1984年と1990年、そして1992年や2000年も大変名高いものが
あると思います。

1986年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲は下記の4曲から構成されています。

A/吹奏楽のための変容

B/嗚呼!

C/吹奏楽のための序曲

D/コンサートマーチ「テイク・オフ」

とにかくこの年の課題曲はいずれの曲を選曲してもどの課題曲も一様に全て名曲揃いなので、どの課題曲を選曲するのかは、
選ぶ方も相当迷いはあったのかもしれないですし、この事態はむしろ嬉しい悲鳴と言えるのかもしれないです。
そのくらい、どの課題曲を選んでも文句なしという感じだったと思います。
ただ当時の私としては「課題曲Aの変容か課題曲Cの序曲のどちらかは演奏したい・・それがダメならせめてDのテイク・オフを
演奏したい」と感じていて、
Bの嗚呼!は胃がギリギリと痛みそうなあの精神的圧迫感を伴う劇的すぎる緊張感が、ちょっと苦手なのかも・・と感じていて
「Bの嗚呼!だけは出来れば回避したい」と思っていたものの、
私の大学の吹奏楽団は、結果的にB/嗚呼!を選曲してしまい、
私自身としては、A/吹奏楽のための変容かC/吹奏楽のための序曲を演奏したかったというのが偽らざる本音で
あったりもしますし、本音を書くと「正直一番吹きたくない課題曲が選曲されてしまった・・」という感じでもありました。

課題曲Aの吹奏楽のための変容ですけど、この曲出だしはクラリネットのソロから開始され、
そのソロから複数のメロディーが暗示され曲が展開されていく一種の変奏形式でもあるのですけど、
冒頭からしてミステリーみたいなものを感じさせますし、 曲自体が躁と鬱の起伏が非常に激しく
決して聴いていて楽しいという類の曲ではありませんし、むしろ少し悪趣味的要素の方が強いのかもしれないです。
この吹奏楽のための変容は、少々悪魔的な音楽が展開される瞬間瞬間の中で、時折なのですけどどこかホッと安らぎのある
場面も あったりするもので、 その妙な優しさと悪趣味的要素の両面性を楽しめる曲と言うことなのかも しれません。
アニメ風に表現すると、ツンデレみたいな曲でもあり、
主人公の女の子が普段はツンツンして面倒な言動ばかり見せているのに二人っきりになったりすると急にベタベタ甘えてくると
いった雰囲気もありそうです。

そして課題曲Cの間宮芳生先生の「吹奏楽のための序曲」も吹奏楽コンクール課題曲の歴史の中でも
大変な名曲の一つと言えると思います。
私自身、「マイベストコンクール課題曲を三つ挙げなさい」と言われると、現時点では
1981年課題曲B/ 東北地方の民謡によるコラージュ 1985年課題曲B / 波の見える風景 1987年課題曲A / 風紋と
言えるのだと思いますけど、このマイベストコンクール課題曲を15にまで増やすと、ここに入ってくるのは、
例えばフェリスタス・ディスコキッド・稲穂の波・胎動の時代など色々とありそうですけど、確実に入ってくるのは、
1986年課題曲Cの吹奏楽のための序曲と1990年の課題曲Cのマーチ「カタロニアの栄光」と
1994年の課題曲Ⅰの「ベリーを摘んだらダンスにしよう」だと思います。
そして上記の3曲はいずれも間宮芳生作曲ですので、私のマイベスト課題曲ベスト15にはなんと・・! 間宮先生の作品が
3曲もランクインすると言う事になります。
それだけ間宮先生の吹奏楽コンクール課題曲は名曲揃いで奥が深くて大変内容があるという事なのだと思います。

間宮芳生先生は日本のクラシック音楽界の重鎮の作曲家の先生で、世間一般的には
映画「火垂るの墓」の映画音楽も担当されていた事で名高いと思われます。
クラシック音楽作品としては、管弦楽のための二つのタブロー・チェロ協奏曲が代表作と思いますが、
吹奏楽作品として名高いのは、マーチ「カタロニアの栄光」と1986年の課題曲C/吹奏楽のための序曲と
1994年の課題曲Ⅰ/ ベリーを摘んだらダンスにしようの3つのコンクール課題曲だと思います。

「吹奏楽のための序曲」の演奏時間は5分~5分半程度のコンクール課題曲としては長めの曲と言えそうです。
この課題曲を自由曲との兼ね合いでタイムオーバー失格を恐れてなのか4分半程度に収めてしまう演奏も何度か
耳にしましたけど、どうしても違和感を感じてしまいます。
この曲にむしろ西洋的時間というか一分一秒といった正確な時を刻む感覚を求める方に無理がありそうで、
どちちらかというと和の感覚の時間というのか、間の取り方の不思議な感覚とか微妙に音楽的感覚をわざと取るとか
瞬間的にふっと・・音楽の流れを止めてしまうとか「ゆっとりとした時間の感覚」の方が求められているようにも感じられます。
それゆえこの曲はテンポを速めて演奏するよりは、どちらかというと枯れた感覚で終始ゆったりとした気分で演奏した方が
宜しいのかもしれないです。
冒頭から一分あたりまでが幾分活気あるアレグロである以外、残りほとんどは
ゆったりとした鄙びた音楽がたっぷりと日本情緒たっぷりに歌い上げられていきます。
こうした枯れた感覚とかゆったりとした鄙びた音楽というと、1980年の課題曲A / 吹奏楽のための花祭りもそうした傾向に
あるのかとは思うのですけど、花祭りの方は具体的な日本古来の地方のお祭りを具体的な感覚で表現した曲で
あるのに対して、1986年の「吹奏楽のための序曲」の方は、具体的な場面を描くというよりは。
「日本人にしかわからないわびさびの枯れた感覚」という抽象的というのか精神世界的な曲と言えるのかもしれないです。
この課題曲は、正直日本人以外には理解するのが少し難しいかもしれないです。
多分ですけど外国人の方がこの曲を聴いても「なんじゃ、このかったるい曲は・・」とお感じになるのかもしれないですし、
この曲を日本人以外の指揮者と奏者で演奏したとしたら、なんとなく無味乾燥な表情になるのかもしれないですし、
例えて言うと日本の伝統芸の「能」を西洋人が舞うという感覚に近いものがあるのかもしれないです。
日本人で無いとわからない何か独特の間、というのか郷愁」いうのか、鄙びた情景が感じられますし、この曲はそうした意味では
日本古来の文化の「雅楽」に近いものがあるのかもしれないです。

間宮先生の吹奏楽のための序曲は、冒頭から1分半程度アレグロというか活気のある音楽が展開され、一旦そこで
音楽の流れが止まり、ここから後は終始ゆったりとした音楽が展開されていきます。
そのゆったりとした部分はエスクラ(E♭クラリネット)とアルトサックスによる大変魅力的な鄙びたデュエットが展開され、
これにトランペットが加わっていきます。
途中鄙びたフルートソロが加わり、再度アルトサックスセクションによる歌が再現され、ラストは打楽器の一撃で終わりますが、
エスクラ+サックスのフレーズが終わるときなどに入ってくる雅楽の鈴が日本的と言うか鄙びた雰囲気を醸し出して
いると思います。
打楽器も決して華麗さは無いけど、シロフォーンの扱い方や雅楽の鈴の扱いは大変巧みで、これは名人芸の領域に
達しているのかもしれないです。
エスクラのあの高音域をヒステリックにならずにたっぷりと歌い上げる事は正直大変難しいと思われますけど、
当時の私はこの課題曲のクラリネットパートのパート譜をこっそりと持ち出しては、あのソロ的部分を
吹いていたものですけど、あの鄙びた感じ・枯れた感覚をしっとりと吹く事はかなり大変だった記憶があります。
大変なのだけど、コンクールに参加するならば吹いてみたい課題曲でもありました。

鈴というと、 マーラーの交響曲第4番「大いなる喜びへの賛歌」第一楽章の冒頭が大変有名で、マーラーの交響曲の方は
感覚的には天国・子供の無邪気さをイメージさせてくれますけど、 間宮先生の吹奏楽のための序曲の雅楽の鈴は
そうした西洋的な感覚ではなくて 昔の日本の村祭りみたいな素朴で鄙びた感じを感じさせてくれていると思います。
同じような楽器を使用しても、そこから感じられる違いというものは西洋人と日本人の感覚の違いなのかもしれないです。

この課題曲の名演としてよく挙げられているのが埼玉栄高校と神奈川大学であり、私もそれに関しては全く異論は
ないですけど、その他に挙げたいチームとしては習志野高校も推したいと思います。
翌年の「ダフニスとクロエ」第二組曲の時で感じたような恐ろしいほど洗練されたサウンドがこの課題曲でも十分発揮され、
美しさの幽玄の美学を存分に発揮した名演だと思います。
また変化球的な演奏かもしれないですけど、御影高校の隅から隅までコンクールを意識したような全てが誇張された表現
というのもこの曲本来の枯れた感覚からするとむしろ真逆の解釈かもしれないですけど、
ああした枯れてはいない演奏もまた一つのすてきな個性と感じたものでした。


22_2722_convert_20140522232735.jpg


ちなみに上記が雅楽の鈴です。

現在でも、神社のお祭りの際に舞楽を上演する時など見かけることもあります。
響きはシャリシャリと涼しい音というか、どこかで聴いたような懐かしい響きがあります。

この雅楽の鈴をクラシック音楽、または吹奏楽で用いた例としては吹奏楽のための序曲以外では

〇1980年全日本吹奏楽コンクール課題曲A/吹奏楽のための「花祭り」

〇舞楽(黛敏郎)

などがあると思います・

今現在は既に解体されていてそうしたホール自体存在しないのですけど、かつて全国大会のステージでもあった普門館は
とてつもなく広かったと思います。
確かに5000人を収容できるホールなのですけど、普門館自体は立正佼成会の施設であり、決して音楽ホールではありません。
(カラヤンがベルリンフィルを引き連れて来日公演をされた際に使用したホールの一つでもあったりします)

5000人収容できるホールですのでとてつもない広さがあり、
私自身が初めて全国大会を聴くために普門館に来た時の最初の印象は、とにかくその広さに驚いたものです・
よく普門館フォルテという言葉を耳にしましたけど、あれだけ会場が広いと
ものすごい大音量で無いと会場の隅々まで音が届かないという勝手な誤解を生んでしまうのも分かるような気がします。
だけど実際はかなり小さい音でもホールの隅までよく響き渡り、
間宮先生の吹奏楽のための序曲で使用された雅楽の鈴もそれほど大きな音が出る楽器でないにも関わらずあのシャリシャリとした幽玄な音は一階後部座席までよく届いていたのが大変印象的でもありました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

神社の巫女さんなどが持っている柄の付いた鈴は、澄んだ音色を出して神様をお慰めする道具だと言われます。
しかし、考古学的に考えると古代は実用器具で、旅をする時に熊や狼などの野獣を避ける用途に使った物です。
今でも鈴をリンリン鳴らすと野生動物は恐れて近づきません。北海道の馬や牛は首に熊避けの鈴をつけています。

雅楽の鈴

sado jo 様


巫女さんがよく手にされている鈴は、ご指摘の通り神様への敬意と祈りを込めたものであると思いますし、
あの神聖なシャリシャリという音は聞くだけで心が清らかになりそうです。

実用的には獣除けと言う効果もありそうですし、家畜の首に鈴をつける大きな理由と言えそうですね。

私が高校3年生のときの課題曲が「序曲」でした
顧問は何の迷いもなくこれを選びましたね
自由曲は大栗さんの「神話」

良い時代に現役で活動ができ幸せだったと思います^^

うれしいです

1986年の課題曲は本当に当たりでしたもんね。
私、この曲もですが、変容がとにかく大好きで。
それとベリーを摘んだら・・・もこれまた大好きでして、こちらはコンクールで演奏することが出来て、演奏しながら感動でした。
その他演奏時に嬉しかったのは風紋、五月の風、胎動の時代、祈りの旅などでしょうかねぇ

ただ、これらの曲もう一度やる機会がなかなかないのが残念です。


ちなみに私的には1985年も全曲当たり年でしたがいかがですか?
A:オーバチュア5リングス
B:波の見える風景
C:シンオニックファンファーレトマーチ
D:ポップステップマーチ

うらやましいです!

10ta 様


間宮先生の「吹奏楽のための序曲」を課題曲として吹く事が出来たとはうらやましい限りです。
私自身はBの嗚呼!でしたけど、あの年はAの変容かCの序曲を演奏したかったです。
私自身はクラリネット奏者でしたけど、あのクラリネット(E♭クラ)の甲高い響きのソロは一度はチャレンジして
みたかったですし、あの鄙びた感覚は日本人だからこそ感覚でわかるものがあるのかもしれないです。

吹奏楽のための序曲と神話の組合せと言うと、東北代表の勿来工業の全国大会初出場の曲目でもありました。
当時の指揮者の藤林先生は、藤林先生がかつて会津若松高校を指揮されて兼田敏のパッサカリアを東北大会で
朗々と響かせていた頃より大変注目していた指揮者の先生でしたので、
当時普門館の全国大会で藤林先生をお目にかかれた事はとても嬉しかったですね。

1985年の課題曲

まつたく 様


1986年の課題曲A / 吹奏楽のための変容は私も大好きでして、この曲が後年、関東大会中学のB編成部門で
新潟の中学が自由曲として演奏していたを耳にしたときは感動ものでした!
しかもあの演奏は元々3分半近いこの課題曲をテンポをいじりまくってとてつもないスローテンポと極端な強弱の落差を
つけてとてつもなく個性的な演奏をお披露目されていたのは今でも大変印象に残っています。

1985年の課題曲はとにかく「波の見える風景」の印象があまりにも強すぎて、マーチの2曲がかすんでしまいそうですけど、
三枝先生のファイブリングスもあの流れるような音楽とティンパニのかっこよさがとても素晴らしかったですし、
Cも不協和音のファンファーレやチューバのソロやトムトムのソロが途中で入り込むなど従来にはないマーチとしての
新鮮さを感じたものでした。

課題曲当たり年でしたけど、課題曲難しい曲ぞろいでもあった年。。。

1986年・昭和61年はあの年代では珍しく全ての曲が傑作ぞろいだと思いますが、裏を返すと技術的にも音楽的にも難しい曲ばかりな印象もありました。特に課題曲A「吹奏楽のための変容」と課題曲C「吹奏楽のための序曲」が該当したと思います。
そのためか、どこのバンドもコンクールにおいては課題曲で苦労されてたこと、思い出します。例年なら課題曲A~Bレベルの難易度で避けられる傾向だったはずの課題曲B「嗚呼!」が意外にもよく課題曲に選曲されてた記憶があります。
唯一のマーチの課題曲、課題曲Dのコンサートマーチ「テイク・オフ」も曲名がコンサートマーチからか、金管楽器と打楽器の奏者の皆さんが苦労されてたと思います。またこのマーチの課題曲も、例年だったらAクラス・大編成部門ではあまり演奏されないはずだったんでしょうが、おそらく現代曲・日本民謡等を素材にした曲が多く演奏されたでしょうが、この年に限ってはこのような大人数部門でもテイク・オフを選曲しているバンドがそれなりにありました。「今年のマーチの課題曲は、いつもの年の課題曲A~Bに匹敵するぐらい難しい」と言ってた人いました。

秋田では変容と序曲だと、変容を選曲したバンドが多かったと思います。序曲は音楽的に難しく避けたのかもしれませんね。……多くのバンドで演奏された嗚呼!でしたが、意外に理想的な演奏は少なかっかな?作為的表現の演奏が多く、本来の曲の良さを表現できないでいるバンドが多かったですね。テイク・オフは「これは意外な名演!!」もありましたが、冒頭のオーボエソロがあまりよくない演奏だったり、ホルンの後打ちがずれたり不安定な音だったり、トランペットのミュート使用で演奏したあとが、ミュートを外すタイミングがうまくいかず(本番を想定して、何度もうまく外すタイミングの練習もしたと推測しますが)、その直後の音がどうしても不安定なものになってたこと、多かったと思います。(当時、この年の課題曲を頑張って演奏された皆さんには敬意を表します)

こういう課題曲の中から秋田では加藤昌弘先生の城東中学校の課題曲Aと、高橋紘一先生の秋田南高校の課題曲Cが全国大会・普門館で披露されたことは、秋田で同じ吹奏楽を経験した者として嬉しい出来事でしたね。
残念なのは、高橋先生が2005年に、そして実はなんですけど、昨年2018年に加藤先生がお亡くなりになられたことです…。高橋先生と加藤先生のご冥福をお祈り申し上げます。
(高橋先生と加藤先生は同い年で、高橋先生があの新屋高校の校長先生、加藤先生はこちらも全国大会経験校ですけど、秋田南中学校の校長先生で定年退職されました。蛇足ではありますが、自分の部活の恩師も先生方と同じ日に小学校長で定年退職辞令をいただいてます)

1988年・1990年も確かに課題曲が良作でした。最近はちょっと残念な傾向な気がしますが、若い世代の皆さんが頑張って素晴らしい課題曲を作曲されることを期待したいです。

テイク・オフ

一秋田県民 様


コンサートマーチ「テイク・オフ」は田舎の小編成チームですと、オーボエではなくてクラリネットが前奏ソロを
担当する事もあったように感じられますけど、意外とあの部分をクラリネットで代用してもいける感じがあったのは、
それだけオーボエという楽器の難しさがあるからなのかもしれないですね。
それとラスト近くのトムトム連打のソロをスネアドラムだけで代用するチームもありましたけど、あれは逆に
ちょっと興醒めという感じでもあったと思います。

花輪高校の1986年と言うとシチェドリンの交響曲第2番というバリバリの現代ものを持ってきて、
少し音量過剰気味ではありましたけど、会場を不気味な雰囲気に包みこみ演奏終了後もしばらくの間会場をざわめつかせていた
のは小林先生らしい解釈だったと思いますし、課題曲の変容もかなり捻りまくった面白い解釈だったと思いますし、
山形南のようなあんな下手くそな演奏を大費用にするなら、花輪の方が代表にふさわしい演奏をされていたと
今でも思ってしまいます。
全国大会での山形南のあの悲惨な音楽の崩壊は、あれは放送事故に相応するレヴェルだったと思います。

加藤先生と言うと1986年の「火の鳥」は普門館で聴いた限りでは、かなり強引で荒っぽいドライヴであり、
1981年の東北大会で聴かせたくれた「シチリア島の夕べの祈り」のような繊細な表現が弱まっていたのは、火の鳥という
曲自体の為せる業だったのかもしれないですね。

私、ラグビー部に入ろうと思ったのですが、会津高校から来られて2年目の藤林先生がクラス担任で英語教科担任で吹奏楽顧問でもあり、いつのまにか吹奏楽部に入部していました

私の小中は吹奏楽部がなく、高校デビューでして、
基本練習が面白くなくて何度退部してしまおうかと思ったか分かりません
先輩が怖くて言い出せませんでした(笑)
あっと言う間にコンクールに時期となり出場
土俗的舞曲と木挽歌に感動しました

2年生で波の見える風景と大阪俗謡

3年生になり、お恥ずかしい限りですが初心者の私が部長の大役を仰せつかり、沢山の経験をさせて頂きました
仲間に感謝しています

あの年、部員が50名ぴったり
私のような初心者で入部し、上手に音階も吹けない子も含め、全員がレギュラーで出場できたのが何より嬉しかったです
普門館の表彰式ではトロフィを受取りました
広く、大きなステージでした
岩井先生が講評を述べられていましたね
時代を感じます

良い思い出です

今でもコンクール会場で立ち話するのですが、お互いに歳をとりましたね

私の息子はいま中3。高校に行ったら吹奏楽をやるつもりでいます
いや、吹奏楽をやるために高校へ行く。って感じですね
出来れば親子二代で。と思うのですが^^

それをこの前先生に話したら「そっか。お前の息子が来るんだったら、じゃ、もうちょっと頑張らないとなー俺もなー」って言っていました(笑)

とりとめもなくすみません

うらやましい話です。

10ta 様


野球で言うと甲子園に例えられ、私自身も憧れの場であった普門館での全国大会でのステージを御経験された事や
御子息と親子二代で吹奏楽に関する話にはなを咲かせられる事が出来るという事は
とてもうらやましい話だと思いますし、本当にすてきな人生を歩まれていたのだな~と感じさせてくれるものが
あると思います。

勿来工業は1989年にも全国大会出場を果たされ、この年の三善晃の「交響三章」のひそやかな響きも神話同様に
普門館の聴衆を不思議な感覚に導かれていたと思います。
勿来工業はその後、根本先生の指揮でも全国大会に出場され素晴らしい名演を残されていたのも大変印象的ですし、
藤林先生もこれまでの所、通算14回の全国大会をご経験されていますので、是非ぜひ15回目の出場を果たされ
栄光の長年出場の功労賞を授与されてほしいと思います。

藤林先生はこれまでのところ4つの学校を全国大会に導かれていますので、その指導力の高さは称賛に値すると
思いますし、私的には、三善晃の管弦楽のための協奏曲とバルトークの中国の不思議な役人の演奏が
大変強く印象に残っていますし、先生のこれからのますますのご活躍をご祈念させて頂きたいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4926-26d3ab94
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |