FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


以前にも書いたことがあると思いますが、1985年という年はあまり良い思い出が少ない年でした。
大学で、あるサークルに1年の時から入っていたのですが、
仲間との意見相違から退会という結果になってしまい、
何かそれが妙に胸にひっかかり、この一年間は色々と悩むことも多く、
正直沈んだ一年間でした。
高校時代は、吹奏楽部部長として、退部者の扱いというか引き止め方とか話し合いの仕方とか
結構手慣れたものでしたけど、いざ自分が「退部」という立場になってみると、
そちらの視点から見てみると、その人その人の事情というものもあるものだと
何か妙に実感したものでした。

そうした状況で聴いたコンクールでしたので、特に課題曲B「波の見える風景」の優しい世界には
心惹かれるものがありました。

〇天理高校

 自分は天理高校の名演というと、やはりこの年の「セント・アンソニー・ヴァリエーション」が
 一番最初にきてしまいます。
 他にも「オセロ」・「フェスティヴァル・ヴァリエーション」・「ハムレット」・
 「ディオニソスの祭り」・「スペイン狂詩曲」など数多くの名演はあるのですが、
 どれか一つをあげろと言われると、やはり1985年の名演をあげたいと思いますし、
 この素晴らしい名演を生で聴けたのは、本当に「誇り」だと思っています。
 以前にも書きましたけど、「セント・アンソニー」の全国初演は天理高校ではありません。
 1981年の文教大学なのです。
 「セント・アンソニー」は、オリジナルの原典版があるのですが、この原典版の終わらせ方は、
 音符をロングトーン的に吹くだけで、正直あまり面白い終わらせ方ではないのですが、
 天理の中谷氏の改訂版では、「セント・アンソニー」のテーマをコラール風に感動的に
 終わらせているので極めて効果的です。
 後に作曲者のヒル自身も、この改訂版を認知したという話があります。
 (真偽不明・・・)
 81年の文教は、原典版なのかな、それとも中谷氏のアレンジ版なのかな・・・??
この曲の素朴で親しみやすいテーマは、元々ハイドンによるもので、
 このハイドンのテーマをモチーフに
 ブラームスも「ハイドンの主題による変奏曲」という素晴らしい作品を残しています。

 天理の課題曲Bも素晴らしい演奏でした。
 習志野高校が比較的音色を最優先にしっとりと美しく響かせたのに対し、天理は逆に
 豪快に鳴らしていました。
 特にラスト近くのドラの鳴らせ方は圧巻の一言です。
 自由曲の「セント・アンソニー」も出だしの鳴らし方、それに続く打楽器の瞬発力、
 静かな部分でのオーボエの美しいテーマの響かせ方、
 どれをとっても文句のつけようがない演奏でした。
 あえて少し難を言うと、ティンパニーがやや硬い感じがしたくらいかな・・・
 曲全体を貫く「テーマ」とそれに対する変奏の位置関係が大変素晴らしく、
 曲の構成が明確に見えてくる演奏でした。

 とにかく「素晴らしい」以外の言葉が思い浮かばず、演奏終了後もただただ呆然と
 見とれるだけで、
 感動以外の何物でもありませんでした。
 この当時の嫌なことも全て忘れさせてしまう演奏でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/492-4f22eb35
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |