FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


10/7のスマイルプリキュアは、抜群に素晴らしかったと思います。
(日曜日は仕事なので、リアルタイムで見る事は殆どなく、毎回録画したものを
 後から見る羽目になっています・・・)

「スマイルプリキュア」には、初期の頃から貫かれる大きなテーマがあるのかなーと
思います。
それは、主人公みゆきの決めゼリフとも言うべき「ウルトラハッピー」なのですが、
そのウルトラハッピーも、自分一人で楽しむのではなくて、皆で全員で楽しむから
ハッピーになれるという事なのでしょう。
皆がいるから、自分も頑張れるという事や、
自分、友達、家族がいるからハッピーになれるという事にも
繋がっていくのでしょう。

だけど、今週のスマイルの登場人物は、コスプレをしていたせいもあると思いますが、
女子生徒、特にみゆきとなお、れいかさん、その中でも特にみゆきの可愛らしさは
殺人級だったかなーと思います。
番組後半にはいって、ようやく主人公の面目躍如という所なのでしょう。

プリキュアシリーズの中で結構「文化祭」は出てきます。

スブラッシュスターの、モニュメントテーマのデザインに悩む舞
フレッシュでの、アホのウェスター曰く「あまずっぺえー」ラブと大輔
ハートキャッチでのえりかの推進力
振り返ってみると印象的なシーンは色々出てきますね。

その中でもやはりスプラッシュスターが一番印象に残っています。

スブラッシュスターでもクラスメイト全員が文化祭を作り上げていく過程が
丁寧に描かれていて、一人一人の役割分担や大道具小道具の製作などの裏方がいるから
文化祭全体が成り立っていく事が描かれていたと思います。
その点は、今回のスマイルとも重なっているなーとも感じましたし、プリキュアシリーズ
としての首尾一貫性も伝わりました。

舞が「一人で書いていたときは自由に書けていたのに、文化祭のテーマ全体の
デザインという重責を担うと考えると中々手が進まない」と悩む舞に対して、
「自由に楽しく書けば?」とアドバイスし、自分が舞の絵が好きなのは、
その絵を通して、舞が楽しんで書いているのが伝わってくるから」と
ストレートに励ます咲の言葉が何かとても印象的でした。

話は違いますが、初代に比べてスブラッシュの二人はやや幼く見えないこともないの
ですが、それでも今のスマイルとメンバーと比べると大人っぽく見えますよね。
その分、スマイルのメンバーは、本当に全員が可愛いい所が本当に
素晴らしいのですが・・・・

文化祭の準備に追われている生徒達を横目に見ながら、咲舞たちをストーカーしている
キントレスキーのマヌケっぷりが又最高に面白い!!
仮面を作っている咲を、教室の外側からじーーっと見つめているキントレスキーが
ある意味お茶目、でもこの人ストーカーをしながら、同時にバーベルを動かして
体を鍛えているのもある意味すご過ぎる・・・・

「みんなでジャンプ」というモニュメントは、本当に素晴らしい出来栄えだったと
思いますし、今のプリキュアにも繋がっているテーマだと思いました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/49-18ccc39c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |