FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前宣伝ですけど、当ブログの「ラーメン大好き 小泉さん」カテゴリも本記事で通算96記事目であり、
予定では来月・・5月26日に通算100記事に到達予定です!
100記事到達の際には、ささやかながら「ラーメン大好き 小泉さん通算100記事到達おめでとう~!」といった自画自賛記事で
もって「自分よく頑張った!」というお祝い記事を書かせて頂きたいと思いますし、
その節には、dream fantasy のアミグリさんに
事前にリクエストさせて頂いた記念イラストでもって花を添えたいと思っていますので、
5月26日の当ブログの小泉さん記事も何卒宜しくお願いします。

「ラーメン大好き 小泉さん」は2018年の冬アニメで全12話から構成されているのですけど、原作漫画の話も含めて、
100記事も書けるようなボリュームではないのかもしれないですけど、
当ブログの「浦和の調ちゃん」カテゴリで明らかな通り、当ブログの一つの大きな特徴は、
ネタの遣い廻しと一つのネタをとにかく「これでもか~」と言わんばかりにひっぱるひっぱるひっぱる~という感じでも
ありますので、自分で言うのもなんですけど「よく100記事もひっぱれたものだ・・」と感心したりもします・・(汗)

原作漫画の「ラーメン大好き 小泉さん」は現在第7巻まで発売されていて、連載も現在進行形なのですけど、
ここに出てくる実在店舗のラーメン・コンビニラーメン・袋麺・カップ麺・ご当地ラーメン等はほぼ全てが実在しているラーメン
であり、この漫画は美少女でミステリアスでクールな雰囲気の小泉さんのラーメンに関する熱くてヘンな愛を高らかに
謳い上げた作品でもある訳なのですけど、そうしたたくさんのラーメンを漫画として描くからには、相応の取材とか情報収集を
する必要がある事を考えると原作者の鳴見なる先生のご苦労も大変なものがあるというのは間違いないと思います。

「ラーメン大好き 小泉さん」の原作漫画もアニメ版もその記念すべき第1話は「ラーメン二郎」なのですけど、
原作漫画の最新刊の7巻においては、なんと・・
とある話で、悠の回想という形でこの第一話がほぼそっくりそのまま転載されるような形で収録されていて
あれを見てしまうと「やっぱり原作者の先生のご苦労は尽きないものがあるよね~」とか
「鳴見先生だってたまには手抜きしても仕方がないよね~」とか
「たまにはこういう回があってもいいかも・・」と感じてしまいました。
(改めて第一話を見ると、最初から小泉さんはミステリアスながらもどこかヘンでしたし、ラーメンが大好きな小泉さんが
とにかく大好きで仕方がないと言う大澤悠も小泉さん以上にヘンなJKさんであると言う事を認識させられたものです・・)

そして自分で言うのもなんですけど、原作者の先生がネタの使い廻しをしているのだから、うちのブログの小泉さん記事でも
たまにはネタの使い廻ししても構わないよね~」みたいな妙な安心感すら感じてしまいそうです(汗・・)

アニメ版の小泉さんは終了しても原作漫画はまだまだ続いていますし、小泉さんのアニメ二期がある事を信じて、
当ブログでは今後とも「ラーメン大好き 小泉さん」カテゴリを時にネタの使い廻しをしながらも
どんどん発信させて頂きたいと思いますので、どうかこれからも当ブログの小泉さん記事も何卒宜しくお願いいたします。


75ff9cc6-s_convert_20190328113954.jpg

b51856b4-s_convert_20190328114013.jpg


ネタの使い廻しといえばそれまでなのですけど(汗・・)
「ラーメン大好き 小泉さん」の第1話 / ヤサイマシニンニクカラメにおけるラーメン二郎の話は大変興味深いものが
ありましたので、またまたその使い廻しをさせて頂きたいと思います。

ラーメン二郎では、無料で幾つかのトッピングを加えることができます。
店員さんから「ニンニク入れますか?」か「トッピングどうしますか?」と尋ねられますので、ここで明確に意思を伝える必要が
あります。

ラーメン二郎のトッピングの種類として、

・ヤサイ――「野菜」キャベツとモヤシを足します。
・ニンニク―「刻みにんにく」を足します。
・カラメ――「辛め」味濃いめ の事です。醤油ダレが追加されます。
・アブラ――「脂」背脂が追加されます。

という計4種類があるのですけど、
アニメで小泉さんが言っていた「ヤサイマシニンニクアブラ」とは何かと言うと、
「野菜を増してニンニクと背脂を足してください」ということです。
初心者の方は、「普通で」と答えるのが無難なのかもしれないです。
ニンニクが苦手な人は「ニンニク無しで、後は普通で」と頼むのが宜しいのかもしれないですね~


8b321337-s_convert_20190328113933.jpg


とにかく小泉さんはラーメン二郎でもおしゃれなお店でも背脂ギトギトでも、
最後はこうやってふはーと恍惚の表情を浮かばれるのが最高ですね~!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ラーメン二郎

漫画もそうですしブログのネタ作りというのも、継続と言うのは大変な事ですので、原作者の先生もブロガーの方のご苦労は尽きないと思いますので、たまにはネタの使い廻しも全然OKだと
思います。

ラーメン二郎の注文方法は難しそうで初心者にとっては結構ハードルが高いのかもしれないですね。

ひより~ 様、ありがとうございます!

ひより~ 様


そう言って頂けると毎日記事更新をさせて頂いている私自身にとっても大変救いの言葉だと思いますし、
ありがたいです!
労いのお言葉をありがとうございます!

ラーメン二郎のあの複雑な注文方法をスラスラ言えるためには何度も通う必要があるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |