FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


辟シ閧牙シ∝ス点convert_20190422155841


本記事の一つ後の記事がゆゆ様の「肉丼」という事もありますので、本日は肉丼または焼肉弁当という事で
お肉関係に統一をさせて頂きたいと思います。

JR秋田駅限定販売の「黒毛和牛 うご牛焼肉弁当」は2013年に発売された限定販売ですので、今現在もこのお弁当が
発売されているかどうかは不明です。
このお弁当は、2013年4月の秋田駅中央 改札口のニューデイズ秋田中央口店のリニューアル記念として限定販売された
新作駅弁です。
羽後町産の「あきたこまち」と、羽後町自慢の黒毛和牛「うご牛」を、贅沢に使用したお弁当です。

特筆すべき点は、お弁当を包むパッケージのデザインとして、
羽後町と長年交流のあるイラストレーター西又葵先生に描いていただいたデザイン画を使用した点であり、
日本三大盆踊りで有名な、羽後町西馬音内盆踊りと小野小町の美少女を描き表した美麗なパッケージです。

黒毛和牛のうご牛を贅沢に使用した素材の素晴らしもさることながら、この美しい美少女のパッケージも素晴らしいと思います!

こうした素晴らしい焼肉弁当だったら、東方のゆゆ様が目の色変えて妖夢に同じものを作らせるか
はたまたゆゆ様の盟友のゆかりんに懇願して、ゆかりん特有のあのスキマ能力を駆使して外界に入り込み
このうご牛焼肉弁当を買ってくるように依頼するのかもしれないですね~!


縺・#迚媽convert_20190423110143


この焼肉弁当に使用される羽後牛はサシの入った霜降り肉で、脇には黄身がとろりとした半熟たまごを添えられています。
付け合わせは秋田をイメージさせる優しい献立とし、秋田県南名産の「いぶりがっこ」も収められてもいます。
価格は1,500円で、1日20個の限定販売だったそうです。

1500円とは確かに高く感じるのかもしれないですけど、この素材のレヴェルの高さとあの美少女パッケージを見てしまうと
妥当と感じさせるものは多々あったと思われます。

このJR秋田駅限定販売の「黒毛和牛 うご牛焼肉弁当」はとても美味しそうですし、是非一度は食べてみたかったですね!

ちなみにこのお弁当は東京駅で発売されていた事も一時期あったそうです。
お弁当の中に羽後町の魅力を伝えるしおりが同封されていて、
しおりの一部を切り離すと、美少女のイラスト付きポストカードとして使用できるというのもすてきな特典だと思います。


縺ゅ″縺溘%縺セ縺。_convert_20190423110124


上記のJR秋田駅限定販売の「黒毛和牛 うご牛焼肉弁当」の美少女のパッケージデザインをご覧になった方の中には
「この美少女、お米のデザインで見たことがあるのかも」と感じられる方もおられるのかもしれないです。

実は秋田JAうご産あきたこまちの化粧袋のデザインと上記の黒毛和牛 うご牛焼肉弁当の美少女のデザインは、
美少女イラストの作家・西又葵先生が描かれたものです。
そしてこの「美少女こまち娘」のイラストをあきたこまちの化粧袋に採用してから、昨年・・2018年で
10周年を迎えることができたとの事です。

この美少女のイラストをパッケージに使った「あきたこまち」が2008年に初登場して以降、当初のJAの予想をはるかに超える
反響があり、想定以上に飛ぶように売れ、2008年一年だけで36トンを出荷したそうです。
そして今現在もネット販売を中心に根強い人気を誇っています。

結果的に、秋田県で一番小さい農協「JAうご」は、西又先生の1枚のイラストをきっかけに全国的な知名度とブランドを
手にされたという事になると言えそうですし、これは「萌えで町おこし」の大成功事例の一つと言えるのは
間違いないと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

私は秋田にも関係浅からぬ生まれなので良く訪れますが、秋田は東北の中ではご当地萌えキャラが多い印象ですね。やはり「秋田美人」という文化が影響しているのでしょうね。
このあきたこまち米のパッケージは非常に愛着がありますね(^^♪でも10周年だったとは知りませんでした!
萌えは地区を救いますね(^^♪

すてきな秋田美人

ごにぎり 様


最近はどのご当地萌えキャラも美人度・美少女度の魅力は驚異的レヴェルに達していて、
「こんなかわいい美少女たちがパッケージデザインになっているのだったら購入してみよう!」とついつい感じてしまうのは
当然だと思いますし、それがご指摘の「萌えは地方を救う」と言う事なのかもしれないですね。

この焼肉弁当やあきたこまちの美少女のデザインはかなりお馴染みのものになっていますし、
秋田美人を現代流にアレンジした萌えの要素も感じさせる素晴らしいデザインになっていますし、人気が高いのも
当然の話なのだと思います。

令和の時代もよろしくお願いいたします!

いよいよ新元号になりましたが、これからもよろしくお願いいたします!

さてこの秋田県羽後町ですが、私の住んでいる湯沢市の隣町です。というか、我が家から羽後町の景色が見えます(笑)。
あきたこまちの産地で農業が町の基幹産業ですし、羽後牛を食べながらのイベントもあります。西馬音内盆踊りも有名で全国各地からお客様が訪れます。

そして、最近羽後町は音楽にも力を入れている町です。
毎年9月下旬に「UGO JAZZ FESTIVAL」(「羽後」と「融合」をかけて「ゆうごう・じゃず・ふぇすてぃばる」と読みます)という名前のジャズイベントを町唯一のホールで2日間に渡って開催するんですよ。
地元秋田県湯沢雄勝地区からはもちろん、秋田県内各地、また首都圏から様々なバンドの演奏が繰り広げられます。外でもバンド演奏や露店があり、とても面白いイベントです。(ホール内でビールなどお酒や露店で買ったものを飲みながら食べながら観賞もできるんです!)
一見して秋田県は吹奏楽・合唱だけが盛んなように思われますが、最近5年ぐらいは秋田県南部を中心にジャズイベントや、吹奏楽・合唱はもちろんジャズやソロシンガーも含めた複合型音楽イベントが増えました。(2014年・平成26年に秋田県で開催された「国民文化祭あきた2014」の影響たるもの、非常に大きかったと思います)
ちなみに地元の「羽後中学校」も2002年に東日本学校吹奏楽大会への出場実績があります。

……確かにコンクールやマーチングなど、秋田県は最近低迷している面があること否めないんですが、地域を盛り上げるイベントでの楽器演奏はむしろ増える傾向ですし、またそういうのが楽器演奏の原点とも思いますので、ぜひ今後も続けてもらい、吹奏楽等のコンクールも頑張っていただければと思います。

あっ、お話がそれました…。今も売っていたらの話ですが、ぜひJR秋田駅でどうかよろしくお願いいたします!

新しい時代

一秋田県民  様


本日より新しい元号の時代が始まりましたが、令和の時代も引き続き何卒宜しくお願いします。

実は羽後町の近くにお住まいだったのですね!

そしてこのすてきな町が音楽の街でもあり、ジャズにも力を入れているという事は初めて知りました。
教えて頂きありがとうございます。
羽後」と「融合」をかけて「ゆうごう」というのもすてきなネーミングだと思います。

秋田県は偉大な吹奏楽県であるという認識は全く揺らいで無いのですけど、吹奏楽コンクールと地域の皆様の
音楽を愛する心というものは別物といえるのかもしれないですし、
吹奏楽に限らず音楽を楽しむ心さえあれば、いつの日にか秋田県の吹奏楽も1970~80年代のあの輝きを取り戻せるはずと
信じております。

改めて令和の時代も宜しくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |