FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前の話ですけど、車ではなくて電車移動をして都内の顧客宅をお伺いし、
帰りの京浜東北線の御徒町駅からさいたま新都心駅までの約35分程度の時間を貴重な昼寝時間に充当させて頂きました・・
ああした短時間の昼寝というのは、大変効果がありますね~!
車内は弱冷房が効いていて心地良いですし昼間の時間帯だから混んでいないし、ああやって座ってウトウト昼寝するのは
本当に気持ちがいいものですね。

本来ですと、勤務先の最寄駅のさいたま新都心駅で降りないといけないのですけど、
あまりにも「短時間のまどろみ」が気持ち良くて、
「次の駅は終点の大宮で、大宮から降り返し運転になるから、大宮で約10分程度の待ち時間が発生するから
大宮でのその10分間もこうした貴重なまどろみタイムに充当させ、
最近の疲労蓄積を少しでも解消させよう・・」と思い、わざとさいたま新都心駅をスルーしてそのまま終点の大宮まで
乗り越しをしたものでした。
(ちなみに私の定期はさいたま新都心でも大宮でも値段は同じという事情がありますので、大宮まで買っていますので
無断乗車には該当いたしませんのでご安心ください・・)

大宮駅で全員降りて、次の折り返し運転の発車時刻までそのまま電車は待機状態でしたけど、
私は前述の通り、引き続き「短時間のまどろみ」を楽しんでいました。

だけど・・、ここで駅員さんではなくて余計なおせっかいおじさんが登場し、

爆睡している私の肩を叩き「終点ですよ~」と叩き起こされてしまいました・・・

確かにその人から見てみると「乗り過ごさないように・・」みたいなちょっとした親切心だったのかもしれないのですけど、
私にとってはとてつもない「おせっかい」になってしまいました。

そうした小さな親切とか気配りのおせっかいはありがたい事でありますし、大変尊い事ではあるのですけど、
今回は大変申し訳ないですが、私にとっては「おせっかい」になってしまいました。




上記で「おせっかい」について記しましたけど、歴代プリキュアの中でおせっかいについては大変対照的な皆様も
いたものです。

ハピネスチャージのめぐみは歴代でも群を抜いて優しく慈愛に溢れ、他人の不幸や困っている事を見て見ぬ振りする事は
出来ないタイプです。
これは本当にめぐみの美点ですし、
「絶えず何かを精一杯表現しよう」と前向きに頑張り続ける女の子なのだと思います。

他人へのおせっかいや他人の困りごとに見て見ぬ振りが出来ないというとドキドキの相田マナがいます。
同じ他人へのおせっかいでもマナとめぐみの間には、少し大きな「違い」があるようにも感じられます。
マナの場合、めぐみのように「困っている事はぜーんぶ私にお任せ!」という手助けではなくて
自分に出来る事しかお手伝いはしなかったという印象もありますし、
困り事の相手が本当に望んでいるのは何なのか、
その困り事の根本的原因はどこにあるのか、その原因を除去するにはどうすれば良いのか、
そして自分達に何が出来るのかという事をわきまえていたという感じがします。
マナの場合「自分が介入する事でその人にとっては逆にいい方向には進みそうにもない」と判断した際はマナは一切
おせっかい等はしませんでした。

めぐみはその辺が少し違っていたのかもしれないです。

登山家が「どうして山に登るかと言うと、そこに山があるからだ」という話は聞いたことがありますけど、
めぐみの場合、「なぜ私が人助けをするかというと、そこに困っている人がいるからだ」みたいな
おせっかいの全方位展開なのだと思います。
要は、「その困っている人はどういう事を望んでいるのか」を察知して手助けするのではなくて
私という他人のお手伝いをしたくてくたくてうずうずしている人間がいて、
たまたま困っている人がいるから手伝うという感じも決してなくは無いのだと思います。
何でもいいから手当たり次第お手伝いしたいという自分の気持ちの方が優先されてしまっているという事なのだと思います。

マナの場合もめぐみの場合も根底にあるのは「人のために何かをしたい!!」という気持ちなのだと思います。
その気持ちは本当に尊いものはあると思います。
めぐみの場合、気持ち先行でマナのような「自分に何が出来るのか」という気持ちが少し欠けているのだと思います。
登山で言うと、マナもめぐみも同じ頂上を目指しているのだけど、マナの場合、近道ルートでスイスイ登れるのに対して
めぐみの場合、寄り道コースで多少時間が掛かっているのが一つの違いなのだと思います。

めぐみに必足りなかったものは何なのかな・・?

分をわきまえるというのか「自分一人で出来る事は限られるし、自分と言う存在に果たして何が出来るのか・・?」という事に
気が付く事なのかもしれないです。

「自分に何が出来るのか」
     ↓
「自分の長所はなんだろう、そして短所は・・?」
     ↓
「自分って一体何者なんだろう・・?」
     ↓
「自分がやりたい事は何なのだろう・・?」

そうした事を暗中模索していたのが、ハピネスチャージにおけるめぐみの一年間だったのではないのかなとも改めて
思ったりもします。

めぐみの場合、歴代プリキュアと大きく異なる点は、「誠司」という異性の最大の理解者を既に存在しているという事ですので、
めぐみ自身、万一「自分に出来る事ってなんだろう」という事に例え気が付かなくても
誠司からその都度その都度「それは違うよ~」という的確なアドバイスを貰えることなのだと思いますし、
歴代プリキュアの男女のベストパートナーというと、のぞみとココ、ラブと大輔と同じくらい、めぐみと誠司も
すてきなカップリングと言えるのは間違いないと思います。

めぐみの場合、元々他人とのコミュニケーション能力は抜群のものを有していますし、
将来は保母さんとか幼稚園の先生とか介護士みたいな職業がめぐみのお手伝い大好きキャラに適しているように
思えたりもしますね~!

上記の私の電車内で他人から叩き起こされた件は、マナだったら
「この人疲れているのかな・・・」という事でスルーし、めぐみだったら、胸元掴まれて「遅刻しますよぉー!」とか
言われてしまいそうな感じでもあります。
だけどめぐみに余計なおせっかいされるのだったら、私は大・大・大歓迎です!

ハピネスが放映当時はめぐみは中二でしたけど、もしも時間軸が普通に動いているとするとめぐみも19歳になっていますので、
19歳のめぐみがどのようなすてきな成長をみせているのか脳内妄想するのもすてきなものがあると思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4861-b5839cb5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |