FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吹奏楽部経験者の皆様ですと吹奏楽あるある話の一つとして思い浮かぶことのひとつは、
指揮者から目の敵にされがちで集中砲火浴びせられまくりのパートはクラリネット・トランペット・ホルンなのだと思います。
吹奏楽部の全体合奏に参加すると一目瞭然なのですけど
管弦楽のヴァイオリン部分を担当しているクラリネットは四苦八苦状態でまるで余裕なしだと思いますし、
指揮者からは「おまえたちの指がもたついているから合奏全体がいつまでたっても余裕なしの透明度無しの
スカスカ演奏になってしまうんだよ!
とにかく透明な音でクリアに楽譜通りに吹いてくれよ~!」とか
「そのつんざくようなリードミスと高音域でのニワトリがクビを締められるかのような絶叫音なんとかならないの~」とか
「クラリネットセクションが全体のメロディーラインを担当する事が多いのだから、そのクラリネットが崩壊したら
全体が崩壊するのは当たり前じゃん!」とか
「もういい、もういい・・とにかく明日の合奏までに今言われたことを完璧に仕上げておけ!」と指揮者から怒られまくりのパートで
あるのは吹奏楽あるある話としては定番中の定番の話ですよね~!
そういう私自身も10年間の現役奏者生活の中で、クラリネットを担当していた9年間は指揮者から連日怒られまくりの日々を
過ごしていたのに対して、一年間だけ担当していたアルトサックス時代は指揮者から個別に怒られる事はほぼ皆無であった
事を考えるとなんだか吹奏楽部の木管セクションにおける楽器格差を感じてしまいますよね~(泣)
指揮者から「明日まで完璧に仕上げておけ!」なんて厳命されると、完璧に仕上げるためには、全体練習が終わった後に
遅い時間帯まで個人練習するとか、早朝に登校し、皆が早朝練習に来る前に個人練習するとか、
はたまた自宅に楽器を持ち帰り自室で練習するしかないのですけど、
自宅で楽器吹いていると一回り以上年の離れた兄・姉から「うるさい! 家で楽器吹くな!」と怒鳴られ、
しぶしぶ押し入れに懐中電灯と消音として楽器に巻きつけるためのバスタオルを持ち込んだり、
ひどい場合ですと、住宅地から遠く離れた山林近辺の公園で練習したりと、自分で言うのもなんですけど当時は
結構真面目に楽器や音楽に取り組んでいたと思いますよ~
だけどそうした努力がほとんど報われないのが当時の吹奏楽部のクラリネットパートだったと言えるのかもしれないです。

そして指揮者からあまり怒られないというイメージがありそうなのが、フルート・サックスセクションとも言えそうですし、
特にフルートとアルトサックスはひがみ根性まる出しのクラリネット奏者からみると「優遇されている~」という感じもありそう
なのですけど、両楽器は指揮者から見てみると「音程も安定しているし安心して任せられるパート」という意識も多少は
あるのかもしれないです。
オーボエとファゴットに関しては、指揮者から何か言われても「今日はダブルリードの具合が悪いので別室でリード調整します」
という逃げが打てるのはやはりひがみ根性まる出しのクラリネット奏者からは
「またまたうまいことしちゃって~」と言われがちでもあるのですけど、管弦楽・吹奏楽の世界ではオーボエの存在は別格と
いうのかあの妖しく美しい音で朗々とメロディーを吹かれてしまうと文句が誰も言えない・・という感じでもあったのかも
しれないです。

そして吹奏楽の全体練習においてクラリネット共々怒られ役というか罵声を浴びせられる役割を一身に担っているのが
トランペットだと思います。
トランペットは何かと目立つので色々な意味で指揮者からお小言を頂戴する役割ですし、
高音域を思いっきり外した際にはその度に指揮者から「このへたくそーー!!」と怒鳴られるけど、指揮者から怒られるたびに
パート全体がどんどん凹んでいくクラリネットセクションとは異なり、トランペットは
「しょうがないじゃん!」とか「次、外さないように頑張ればいいじゃん!」とかとにかく前向きでミスを引きずらないというのが、
クラリネットとトランペットの奏者の気質の違いはなんとなくですけどありそうな気もします。
チューバとクラリネットは吹奏楽の土台を支えていて「頑張ってもあまり報われない・・」みたいな感じも無くも無いのですけど、
トランペットやトロンボーンはとにかく吹奏楽や管弦楽団の華でもありますし、
とにかく迫力と大音量を求められる場合のトランペットの火事場のバカ力的なあの圧倒的な迫力と華やかさは、
見ていても聴いていても爽快感一杯だと思いますね~!
例えばなのですけど、レスピーギの交響詩「ローマの松」~Ⅳ.アッピア街道の松とか同じくレスピーギの
交響詩「ローマの祭り」~Ⅳ.主顕祭におけるトランペットのあの圧倒的な大音響と迫力と華やかさが交錯した
きらびかな様子はまさに「管弦楽・吹奏楽の華」と言えそうですし、
あの「アッピア街道の松」におけるトランペットの大音響は、ヘビーメタルやロック音楽すらも凌駕するのかもしれないと
感じさせるものがあるくらい圧倒的な存在感を放っているのだと思います。
そしてそうしたトランペットの華やかさを吹奏楽オリジナル曲として最大限その魅力を追求した曲こそが
福岡の精華女子高校吹奏楽部でお馴染みのクロード・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」なのだと思います!!

吹奏楽部の最大の華ともいえそうなトランペットパートなのだと思うのですけど、
高校A編成ですと、5~7人で構成される事が多いと思いますが、クラリネットと同様にファースト・セカンド・サードから
構成をされています。
ホルン同様に大変目立ち華があり、強奏時の迫力は目を見張るものがあるとは思うのですけど、外した場合は
相当目立つと思いますし、同時にミスが目立ちやすくボロが出やすい楽器と言えると思います。
高音域の強奏の場面の迫力は圧巻ですけど、例えばコープランドの「静かな都市」のように弱奏で朗々と奏でる場面の
美しさも格別なものがあると思います。
コープランドというと「エル・サロン・メヒコ」の2度に渡るトランペットの朗々とした長いソロもトランペット奏者にとっては
プレッシャーとの戦いでもありそうですし、あのソロを完璧に決めた際のトランペット奏者は、演奏終了後には
多分ほとんどの奏者の方がドヤ顔になるのかもしれないですね~
レスピーギの「アッピア街道の松」におけるトランペットの華やかさと大音響は既に述べた通りですけど、
同じようなタイプの他の曲というと、ショスタコーヴィッチの交響曲第5番~第四楽章や
ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」~プロムナード・キエフの大門や
マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」~第三楽章などを推したいと思いますし、
単純にトランペットの大音量と大迫力を楽しみたいという方にとっては、ハチャトゥーリアンの
交響曲第3番「シンフォニーポエム」という吹奏楽経験者以外にはほとんど知られていない偉大過ぎるマイナーシンフォニーを
お勧めしたいと思います。
現世に対する厭世観や自殺願望をお持ちの方はとにかく一度このシンフォニーポエムを聴いて頂きたいと思います!!
あの圧倒的迫力のトランペットの大音響を聴いて脳を一度ヘロヘロに溶解させた上で、この曲から
「そうだ! 全てが明るい!」といったような前向きな希望を感じ取って頂ければとても嬉しいです!






先日なのですけどとある商業施設のガチャコーナーにてエポック社から発売されている「キラメッキ楽器♯10」というガチャを
発見しました!
この「キラメッキ楽器」シリーズは既に9シリーズ出ていて、今回は第10弾です!

「キラメッキ楽器♯10」の内訳を下記に列記いたしますと・・

ソプラノサックス(ゴールド)+フラットブラックケース
チューバ(ロータリー/ローズゴールド)+フラットブラックケース
フルート(ゴールド)+フラットブラックケース
トロンボーン(ゴールド)+フラットブラックケース
チューバ(トップアクション/ゴール)
トランペット(ゴールド)+フラットブラックケース
フルート(シルバー)+ポピーイエローケース
トロンボーン(シルバー)+ポピーイエローケース
チューバ(トップアクション/シルバー)+ポピーイエローケース
トランペット(シルバー)+ポピーイエローケース

この金と銀のキラキラ感がとってもすてきだと思います!

このラインナップを見てみると、金のトランペットか金のトロンボーンか金のソプラノサックスが欲しいな~!と
感じたのですけど、このガチャは1回200円と手頃な価格でもありましたので、
一回まずはやってみることにしました。

さてさて、どの楽器が当たったのでしょうか・・??


005_convert_20190322142910.jpg

003_convert_20190322142849.jpg


なんと一発で第一希望の金色のトランペットが当たりました!

シルバーのトランペットもあるのですけど、やはり吹奏楽コンクール経験者としては
シルバー銀賞よりもゴールド金賞の方がいいですよね~!

ガチャポンなのですけどよく見てみると楽器自体の造型の精度も意外と高くて、ピストン・管・つば抜き等のパーツも
しっかり作り込まれている印象もあり、200円といっても安かろう悪かろうではないというのも
日本のモノづくりのレヴェルの高さを物語っているといえると思います。

そして各楽器に黒の楽器ケースも付いているのも楽しいですね~!


71wFUKTy-bL__SY445__convert_20190325164847.jpg

鮗怜・・convert_20190325164508


そしてトランペットというと真っ先にいっちば~ん!に思い浮かぶキャラというと「響け! ユーフォニアム」の
一年生トランペット奏者の高坂麗奈に尽きると思います!

当ブログでもアニメ「響け! ユーフォニアム」の第一期が放映された2015年と第二期が放映されていた2016年においても
この麗奈は頻繁に登場していました!
「響け! ユーフォニアム」の主人公はユーフォニアムパートの久美子なのだとは思うのですけど、
特に第一期においては最終回とその一つ前の回以外では「主人公なのに影がうすいキャラ・・」と当ブログでも散々揶揄されて
いた久美子に対して、第一期の真の主役は誰がなんといっても高坂麗奈だと思いますし、
私自身「響け! ユーフォニアム」の中で圧倒的に大好きなキャラは麗奈です!!

高坂麗奈というと原作者の設定によると、
艶のある長い黒髪とこぼれ落ちんばかりの大きな瞳が目を引く自信にあふれた美しい容姿の少女とされていて、
アニメ版としても、容姿端麗・頭脳明晰な黒髪の美少女で、そのクールな印象とは裏腹に胸の内ではトランペットに対して
熱い想いを抱いていて一見して他を寄せ付けぬような雰囲気を放つというのが基本設定になっています。
原作のライトノベルを読んで頂けると分かる通り、麗奈の基本パーソナリティとして、
周囲と同じであることを良しとせず、「特別な存在になりたい」と願うストイックな性格の持ち主で、
当初は他人との間に距離を取り、特定の誰かと一緒にいることを嫌う「孤高の存在」でもあるのが大きな特徴なのだと
思います。
麗奈の不屈の精神やトランペットに対するプライドは半端ではない強さであり、
いかなる周囲の状況も我関せずといった具合で周囲から孤立しようがお構いなしで、孤高の存在と言えそうです。

第一期においては自由曲の「三日月の舞」で登場するトランペットのソロを巡って、3年生の香織先輩と
部員全員を巻き込むあのギスギスのオーディションをやってでも
「私が一番だし、私は絶対に他の人には負けたくないし、私は特別な存在である」という事を立証するために
そのオーディションを勝ち抜き、結果的に関西大会と全国大会でも立派にソロを務めあげていました!
それにしてもあのオーディションに際しても、言いがかりを付ける2年生の優子に対しても
「だったら何だっていうの? 滝先生を侮辱するのはやめてください。なぜ私が選ばれたか、そんなのわかってるでしょ? 
香織先輩より、私の方が上手いからです!」と毅然として言ってのけ
優子が「アンタねえ! 香織先輩がどれだけ気を遣ったと思ってるのよ!?」と詰め寄っても麗奈は
「ケチつけるなら、私より上手くなってからにしてください」と 優子をはじめ周りの部員に対して決然と言い放っていた光景は
確かにとんでもないギスギス場面なのだけど、「響け! ユーフォニアム」屈指の名場面の一つだったと思います!


hibike-yu-huloniamu-reina_convert_20180613165611_convert_20180620162540.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasyのすてきな管理人のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記の作品は言うまでもなく「響け! ユーフォニアム」の1年生トランペット奏者の高坂麗奈です!

そしてこの高坂麗奈は、昨年・・2018年7月に当ブログが迎えた「吹奏楽カテゴリ通算1000記事到達」を記念して
アミグリさんに事前にリクエストをして描いて頂いた記念碑的な作品でもあります!
ちなみに描かれた時期は2018年6月です!

アミグリさんの描かれた麗奈は、アニメ版の特に第一期で見せていたちょっと孤高で気高いオーラとプライドの高い麗奈という
要素を少し弱めて、第二期で見せていた麗奈本来のかわいらしさを感じさせているのだと思います。

北宇治高校の冬服の茶系統のセーラー服のかわいらしさに黒髪ロングの素晴らしさにつぶらでどこか訴えかけるような
瞳の吸い込まれ具合に微笑みの上品さなど
完成度の高さにはただただ脱帽するしかないと思いますし、
「この麗奈を描くのに一体どれだけご苦労をされたのだろう・・」と改めてアミグリさんには感謝の言葉しか出てこないです。
麗奈のこの流れるような黒髪ロングの美しさやキラキラ感も本当に充実していると思います。
笑顔もすてきですし、背景の音符やトランペットも「麗奈はミューズ=音楽の女神様みたい・・」といった雰囲気を
伝えているように思えてならないですね~!

ちなみにですけど、アミグリさんが描かれた上記の高坂麗奈は、なんと・・!
ヤフーで「響けユーフォニアム 高坂麗奈 トランペット」と検索を掛けるとかなりの上位でヒットしますので、
FC2以外でも多くの皆様がアミグリさんが描かれた麗奈をご覧になっていたという事なのだと思います。

改めてアミグリさんには「こんなにも素晴らしい麗奈を描いて頂きありがとうございました!」と感謝の言葉を申し上げたい
気持ちで一杯ですし、
「アミグリさんに記念イラストをリクエストさせて頂いて本当によかった!」と心の底から感じたものですし、
アミグリさんにリクエストさせて頂けるだけでなくて、こんなにも素晴らしい作品を描いて頂けている事に
私自身とっても「誇り」を感じております。

皆様の中で「こんなに美しい麗奈を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

精巧ですね!

この楽器シリーズのガチャは何度か見た事があります。
うちの子供が欲しそうにしていました。
子供たちにも先生のように将来は吹奏楽部に入部して一つの事に打ち込んでほしいけど、こればかりは本人が決める事ですからね。

麗奈はアニメではプライドが高くて怖そうという印象もありましたけど、アミグリさんが描かれる麗奈は柔和でおだやかかな眼差しがとても素晴らしくて、むしろやさしそうな女の子として描かれていて、いつもながらさすが!と思ってしまいます。

あるある過ぎて

響け!ユーフォニウム

この作品はNHK-BSで放送されたときに初めて拝見したのですけれども、吹奏楽部ってこんなんだよね~あるある過ぎて楽しく視聴しました。自分自身はソロも殆どない低音金管楽器担当でしたので、プレイヤー問題は無縁のまま部活を終えましたが、自分が高3時の大会で同じ問題がありましたので、ソロを決める周辺のエピソードは当時を思い出して見ていてちょっと辛かったです。

こんばんは♪

第一希望の金色のトランペットが当たって
よかったですね~♪
ガチャガチャの醍醐味は
引くときのドキドキですよね(´▽`*)
私はこれだけはいらないというのが
一番最初に当たるタイプの人です(笑)。

ひより~ 様、ありがとうございます!

ひより~ 様


お子様が将来吹奏楽部に入部され、吹奏楽コンクールや音楽等なにか一つ夢中になれるものを発見されると
とてもすてきだと思います。

アミグリさんの描かれる麗奈をお褒め頂きとてもうれしいです!

私もこの麗奈は温和でやさしそうな雰囲気を感じ、音楽の女神様としての麗奈が感じ取れとっても大好きです!

響け! ユーフォニアム

GILLES27  様


響け!ユーフォニアムの第一期は2015年4月に放映されていましたけど、最初にこの作品を見た時は、
私自身の甘くて苦しい当時のさまざまな想いが思い出され、見ていて「これってあるあるだよね~」と感じながらも
アニメでの結構リアルで痛い描き方に毎回胃が痛いね~と感じていたものでした。

特に部員の大量退部事件は、退部者続出の後の残った者の立場として私も経験があるだけに共感度は高いものが
ありました。

ユーフォの中ではコンクールのソロパートは「私が吹きたい!」という皆様たちばかりでしたけど、
吹奏楽コンクールに10回出場し、わずか一度だけでしたけどソロを担当した私から言わせて頂くと
「コンクールでソロがあると生きた心地がしない」という感じ以外何者でもないほどプレッシャーはすさまじいものが
あったと思いますね。

ガチャでのトラウマ

ふたごパンダ 様


今回は運良くほしいものが一度で引き当てることができましたけど、この種のガチャは
例えほしいものがあって10回チャレンジしても当たらない事が多々ありますし、
私もとあるキャラが欲しくてガチャに挑んだものの、結果的に5回連続で欲しくないキャラを引き当てたトラウマがあり、
ガチャする度にあの時の苦い思い出が脳裏をかすめますね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4833-d7d6024d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |