FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


bc6d70a9-s_convert_20180606123603.jpg


スガキヤラーメンは関東から北ではあまり馴染みがなくても、名古屋を中心とする東海圏~関西圏では
お馴染みのお店と言えるのかもしれないです。
当ブログでも何度か名古屋めしの事を取り上げさせて頂きましたけど、名古屋めしのラーメンとしては、名古屋台湾ラーメンと
並んで名古屋の皆様にとって一つのすてきなソウルフードになっているのがスガキヤラーメンと言えるのかもしれないです。

アニメ版「ラーメン大好き 小泉さん」第12話のAパートの中でもこのスガキヤラーメンが登場していました。

大阪に従妹の絢音お姉ちゃんを迎えにやってきた大澤悠とそのお兄ちゃんが東京都内に戻る途中に、名古屋駅ホームから
小泉さんらしき人を見かけたのかもしれないという理由だけで名古屋で持ち金500円程度で途中下車し、
名古屋市内であてもなく小泉さんを探し求めて彷徨い歩く大澤悠はやっぱりストーカーそのものなのかもしれないですね~
そして悠が「おなかすいた・・」という事で入ったラーメン店がスガキヤラーメンだったのでした!

スガキヤは、主に名古屋近辺のアピタ・ピアゴやイオン、バローなど規模の大きいショッピングセンター内の
フードコート(軽食コーナー)で、店舗展開をしています。
豚骨スープ系のラーメンを主力商品としており、その価格も300円前後と抑えられているのが名古屋めしの粋な計らい
なのだと思います。
基本はラーメン店ですけど、店内ではソフトクリームやぜんざいなどの甘味メニューも販売していて、
小泉さんも当然ながら、このスガキヤラーメンで偶然(!?)悠と再会し、ここでの締めとしてやはりソフトクリームも
食べていました!

スガキヤラーメンのメインは一杯300円の「ラーメン」でして、
豚骨+魚介の和風とんこつと呼ばれる独特の白いスープが特徴なのだと思います。
ちなみにですけど12話で大澤悠が注文していたのは玉子ラーメンですけど、それでも一杯500円というのは
リーズナブルな価格だと思います。
このうれしい価格は埼玉で言うと、山田うどんのたぬきうどんが一杯270円であるのと近いと思います!

名古屋めしを代表するスガキヤラーメンも実はかつて東京に進出していた事もありました!
2005年に東京都新宿区に「Sugakiya 高田馬場店」をオープンし関東への進出を図ったものの、やはり関東での戦いは
厳しかったようでして、2006年にわずか1年で閉鎖・撤退をしています。
そしてそれ以降はスガキヤラーメンは、お膝元の名古屋と関西のみに特化しているようです。


007_convert_20180606143233.jpg


関東在住の私にっては食べたくても食べられない幻のラーメンであったスガキヤラーメンも
実はカップ麺として店舗の味をすてきに再現しています。
それが「カップSUGAKIYAラーメン」なのです!
価格は一個200円近くと決して安くはなくて、フードコード内のスガキヤさんの300円ラーメンと大して変わりがないじゃん~と
感じたものでもありました。

具材はしょぼいけど、味はとてもおいしいです!

このスガキヤラーメンの特徴と美味しさはほぼ90%近くはあの独特な和風とんこつなのだと改めて感じました。

とんこつというというまでもなく豚なのですけど、スープを飲んで最初に感じるのは豚ではなくて、魚介系の和のだしとしての
味がマイルドに伝わってきます。
必然的にとんこつラーメンらしいギトギトした感じではなくてクリーミーで、まるでお吸い物ラーメンを食べている様な
感じすらありました。

こういう和をベースにしたとんこつラーメンと言うのも面白いものですね~!

一言でこのラーメンの感想を述べると「安っぽいのに独特のおいしい味の世界」という事なのだと思いますし、それが
スガキヤさん全体に対する評価なのかもしれないです。
そうしたスガキヤさんで大変興味深い点が見受けられます。
おとといの町中華の記事でも触れたとおり、ラーメン店・街の中華屋さんは一般的にはメニューがたくさん存在していて
来店するお客さんも時に「どれがいいのかな~」と迷ってしまう面も多々あるかとは思われますし、
こうした町中華の定番三大メニューというと言うまでもなくラーメン・餃子・チャーハンで、この三大定番メニューが常連客に
馴染んでいけば店の経営は安定に繋がっていくと思われる中、スガキヤさんの場合、
ラーメン以外に低価格の甘味が充実する一方で、町中華では必須メニューであるはずの餃子や炒飯といった定番メニューが
存在しない点が大きな特徴と言えるのだと思われます。

スガキヤさんは名古屋めしを代表するラーメン店なのにどうして定番の町中華メニューの餃子やチャーハンを
メニューとして置いていないのでしょうか?
その答えはスガキヤさんの創業を振り返ってみると辿りつくのかもしれないです。
実はスガキヤさんは元々はラーメン屋として創業されたのではなくて甘味処としてスタートされていて、
甘味の店がラーメンもメニューとして扱うようになった経緯があるため、一般的な町中華や街のラーメン屋さんとは
そもそもの立ち位置が違うという事なのだと思います。

アニメ版の「ラーメン大好き 小泉さん」の最終回・第12話でも、小泉さんがスガキヤラーメンをおいしそうにふはーと完食
された後でおいしそうにソフトクリームを食べていたように、
スガキヤのラーメンは、甘味などのデザートやサラダと一緒に楽しまれるお客様も多いという事なのだと思います。

スガキヤさんでよく見られる光景として、ラーメンを食べた後にソフトクリームやクリームぜんざいなどを追加でオーダーされる
お客さんが多いという事なのでと思われますけど、それは言うまでもなくラーメンを食べる間にソフトクリームやアイスが
溶けてしまう事を回避するためでもあるのですけど、
スガキヤさんの前述のあの独特な魚介系とんこつスープのラーメンを食べると
「なんだか甘いものも食べたくなってしまいたい!」という感覚になるからなのかもしれないですね。
スガキヤさんのセットメニューの一つして「スガキヤまるごとミニセット」というものがあるのですけど、これは
ハーフサイズのラーメン+ハーフサイズの五目ごはん+カップソフトクリーム+サラダという内容なのですけど、
590円前後でこれだけの味が楽しめる事自体が名古屋めしの一つとしてスガキヤさんのラーメンが定着している事と
言えるのかもしれないです。
店側もラーメンと五目ごはんとサラダを堪能した後にデザートとしてソフトを楽しみたい人にはチケットを渡しておき、
ラーメン等を食べた後にソフトと交換するというパターンも大変多いとの事です。

おとといの記事でも触れたとおり、町中華の一般的なお客様は
「ラーメン+餃子」や「ラーメン+炒飯」を楽しむのに対して、スガキヤさんのお客様に「ラーメン+甘味」が多いのは、
前述の通り元々は終戦直後に甘味処として開業し、2年後にラーメンがメニューに加わったという経緯が大変大きく、
そうした開業時の精神が今現在に受け継がれているという事なのだと思います。
そしてスガキヤさんの素晴らしい点は麺類でも甘味でも単品メニューではほぼ全てのメニューが500円以下のワンコインであり、
そこにオトクなセットメニューがあるという事なのだと思います。
そして店内のメニューも料理数を大きく抑えていて、麺類は定番商品4品+季節商品3~4品が基本であり、
甘味も同様に、定番商品4品=ソフトクリーム、クリームぜんざい、チョコクリーム、ベリークリームに加えて、
季節商品2~3品を基本としています。
定番メニューは基本食材であるソフトクリームのバリエーション展開で、夏季はそれにかき氷を追加されます。


001_convert_20190321160144.jpg

002_convert_20190321160204.jpg

003_convert_20190321160226.jpg


「ラーメン大好き 小泉さん」では、アニメ版も原作漫画版でも「ラーメン脳」の小泉さんがラーメン以外のモノを食べる事自体が
大変珍しい傾向にあるのですけど、それでも何度か小泉さんがラーメンをおいしそうにふはーと完食された後に
ソフトクリームやアイスを美味しそうに食べているシーンがありました!

人によっては「ラーメンとアイスなんて相性悪そう~」と感じられる方もいらっしゃるのかもしれないですけど、
ラーメン独特のあのちょっとギトギト感とか脂っこい食感を中和させたいとかお口直しという事で
アイス等の甘味を堪能される事自体は別に不思議でもなんでもないと思いますし、それだからこそ
上記で述べていたようにスガキヤさんでも「ラーメン+甘味」というセットメニューがあそこまで名古屋の皆様に愛されている
という事なのだと思われます。

小泉さんも原作漫画第6巻の「甘みとラーメン」の話の中でも
「あっさりラーメンとごまアイスは至福」とか「こってりラーメン+ゆずアイスも最高」と言われていましたけど、
それはとってもよく分かる気がしますし、小泉さんの女の子らしい側面と言えるのかもしれないですね~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは♪

スガキヤ鹿児島にはないんですよね~。
ないと余計食べたくなりますね(´∀`*)ウフフ

スガキヤ

ふたごパンダ 様


九州は言うまでもなくとんこつラーメンの本場であり牙城でもありますので、
スガキヤさん独特のあの魚介系の和風とんこつラーメンのマイルドな味は、九州では抵抗が
あるのかもしれないですね。

あの味はやはりスイーツと意外とよく合うものと言えそうですので、博多・久留米・熊本といった
本場のとんこつラーメンを好まれる方には
「これはとんこつではなかと~」と言われそうですね・・

よくカップ麺で○○の店の味~みたいなの見かけますが
だいたい実際の店とは全然違う味になっちゃってるんですよね。

その点スガキヤのはホントうまいこと味が再現されていますよね。
私も感心した記憶があります。

再現度

まいさか 様


仰る通りだと思います。

特にスガキヤさんのあの和風スープでとんこつ味という独特なマイルドな味の再現を
よくカップ麺で出来たものだと感心するばかりですね。

全然違う味というと激辛系にそうした事は多いのかもしれないです。
極度に辛すぎると一般ユーザーが買ってくれないし、辛さを抑制するとその激辛系店ファンの人から
ブーイングが来るし、開発担当者は頭が痛いのかもしれないですね。

出汁を取らせたら、寿がきやの右に出るメーカーはありません。
寿がきやのうどん出汁は、醤油や塩の味よりも、昆布・椎茸・鰹の味が生き生きと出ています。
そんなメーカーですから、きっとラーメン出汁にも基になる素材が生かされているんでしょうね。

独特の出汁

sado jo 様


スガキヤさんのスープは、かなり個性的な味であの独特な和風ベースのとんこつ味は、
他の追従を許さない域に達しているのかもしれないです。

和風素材・魚の出汁・とんこつが見事に融合した奇跡のスープと言えるのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |