FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2000年の吹奏楽コンクール課題曲は名曲揃いだと思います!
書下ろし作品が4~5曲あるとどうしても1曲ぐらいはあまり演奏されない不人気課題曲も多々あるかとは思うのですけど、
この年は全般的な傾向として、支部大会でもそうでしたし全国大会においても全部門共通的にどの課題曲もまんべんなく
演奏されていたという印象が強いです。

この年の課題曲は以下の四曲でした。

Ⅰ 道祖神の詩(福島弘和)
Ⅱ をどり唄(柏崎真一)
Ⅲ 胎動の時代-吹奏楽のために(池辺晋一郎)
Ⅳ 吹奏楽の為の序曲(坂田雅弘)

その四曲の中ではⅠとⅢの人気が特に高く全国大会でもどちらかというとこの二曲を選ぶチームが多かった印象もあります。

私自身は現役奏者時代は主にクラリネット吹きでしたが、木管奏者の視点ではⅠの道祖神の詩を吹いてみたいと
感じたものですし、もしも私自身がスクールバンドの指揮者でしたら間違いなくⅢを選んでいたと感じますし、
はたまたもしも私が金管奏者だったら迷うことなくⅣを選んでいたと思います。

課題曲Ⅲ / 胎動の時代-吹奏楽のために(池辺晋一郎)は、当時の世相としては
「来年から21世紀という新しい世紀も迎えるし、不景気と閉塞感が漂う時代の中で何か新しい変化があってもいいのかも」と
いう雰囲気があったのかもしれないですけど、そうした世相を吹奏楽作品として最大限盛り込んだようにも
私としては感じていたものでした。
この課題曲の作曲家は、むかーし「N響アワー」の名物司会者でもあり、日本を代表する作曲家の一人でもある
池辺晋一郎先生です。
この方の作風はかなりバラエティーに富んでいて、オペラ「死神」などのように現代音楽風に難しいものもあれば、
「未来少年コナン」の主題歌とか、1987年のNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」のテーマ音楽のように分かり易いものもあります。
池辺先生は日本の邦人管弦楽作品の重鎮という大御所感漂う大物という印象もある中、実はかなり面白い先生でも
ありまして、それを見事に実証されていたのが当時放映されていた「N響アワー」でした。
当時、別名「オヤジギャグアワー」なんて一部で陰口を叩かれたほど池辺先生のとてつもない駄洒落が炸裂していました。

そのくだらないダジャレの一例を記してみると、

〇ハ短調だけあって演奏は破綻していた

〇四重奏団は、「始終相談」ばかりしていた

〇ベートーヴェンの「大公」に対抗できるピアノ三重奏曲は存在しない

〇「白鳥」を演奏した後は、もうタバコは「スワン」

当時のパートナーの壇ふみさんの時に困惑しまくっていた表情も大変印象的でしたけど、池辺先生は真面目な解説を
されている最中に普通の顔をしてさりげなく自然にあのオヤジギャグを炸裂されていましたので、
あれはあれで池辺先生の立派な芸といえるのかもしれないです。

池辺先生は実は一度だけ生で見た事がありまして、
2001年4月のNHKホールで開催されたNHK交響楽団の定期演奏会だったと思いますが、
(曲目は、マーラーの交響曲第4番がメインだったと思います)
当時の番組のパートナーの壇ふみさんと共にN響アワーの収録風景のたるに渋谷のNHKホール内におられたのを拝見した
事があります。
見た感じ終始ニコニコされていて、いかにも「穏やかな紳士」という風格でした。

池辺先生の吹奏楽作品というと2000年の課題曲Ⅲの胎動の時代も大変素晴らしい名曲だと思いますが、それ以上に
今でも吹奏楽ファンからの絶賛の声が高い作品として1990年の吹奏楽コンクール課題曲A / ランドスケイブ~吹奏楽のために
があると思います。

ランドスケイブは第一にメロディーラインが大変美しいし、第二にスピード感溢れる展開、第三に中間部の
「鳥のさえずり」を思わせる音の揺れ具合の素晴らしさなど名曲の誉れ高いのも当然だと思いますし、
私も大好きな課題曲の一つです。ランドスケイブが課題曲だった頃は既に現役奏者からは引退していましたけど、
当時は「こんな素晴らしい課題曲は是非ぜひ演奏してみたかった!」と感じていたものです。
構成もA-B-Aと大変分かり易いし、前半と後半のAの部分は、都会の喧騒的なイメージ、中間部のBの部分は自然の営みという
イメージもあり、AとBの対比が極めて分かり易く、分かり易さがこの課題曲にはあったと思います。
出だしのあのスピード感あふれるリズム感抜群の切れ味はとてもインパクトがありましたし、
序盤のトロンボーンとホルンの細かい刻みは結構大変そうだけど抜群の切れ味を感じたものでした。
中間部の感覚も黙って目を閉じていると自然と勝手に色々な風景が頭の中を駆け巡るという感覚もありましたし、
現在の視点から「過去のさまざまな自分」を瞬間的に振り返るといったイメージもあったと思います。
ラストの冒頭の再現が、実にこれまたシャープで素晴らしかったです!

池辺先生にとって「ランドスケイブ」は初めての吹奏楽作品ではなくて、「アマデウスのピアノが聞こえる」という
作品も作曲されています。
1982年に亜細亜大学+駒澤大学+当時のプロのトップ奏者を集めた吹奏楽の祭典企画があり、
NHKのAM放送でも実況中継されていました。
(あの放送の中でリードの第二組曲~Ⅳ.パソ・ドブレ!も演奏されていた記憶があります)
この時の指揮者は、現在も東京交響楽団の指揮者を務めている大友直人だったと思います。
この時に委嘱作品として演奏されたのが「アマデウスのピアノが聞こえる」という池辺先生の作品でした。
だけど後にこの演奏会の模様をレポートしたBJの記事の中で
「このアマデウスは、何かモザイク作品みたいな印象であまりピンとこない」と書いた記者がいて
この事が池辺先生の逆鱗に触れてしまい「他の記事は客観的に書いているのに自分の曲だけ主観的に書かれている」と
かなり激しく咬みついたようでして、後日池辺先生からの抗議並びにBJの謝罪記事が掲載されていました。

ダジャレ先生も、自分の作品への不当な評価については厳しい側面も見せられていたのだと推察されます。

話が思いっきりそれてしまいました・・

話を2000年課題曲Ⅳ / 吹奏楽の為の序曲に戻しますと、この課題曲は金管優先の大変迫力あるサウンドが
大きな特徴で、とにかくあのかっこよさは大きな魅力だと思います。
金管セクションに優秀なメンバーがいるチームとか金管セクションがよく鳴るチームの課題曲としてはうってつけと
言えるのは間違いないと思います。
タイトルの「吹奏楽の為の序曲」ですけど、このタイトルは1986年の間宮芳生の名作中の名作課題曲でもある
「吹奏楽のための序曲」という作品が既にありますので、もしかしたら「ため」を「為」という漢字にされていたのは
間宮先生に対する配慮なのかもしれないです。
間宮先生の吹奏楽のための序曲は鄙びた和の雰囲気の終始ゆったりとした内省的で叙情的でとてもしっとりとした作品で
あるのに対して、坂田雅弘の方の吹奏楽の為の序曲は、内省的な雰囲気ではなくて見た目の華々しさや高揚感を
誰もがわかりやすく感じられるように作られた曲というのが両曲の大きな違いと言えるのかもしれないです。

坂田雅弘の「吹奏楽の為の序曲」は、金管の華やかさ、木管の美しい響き、打楽器の盛り上げに、疾走感溢れるメロディーに
ゆったりとしたメロディーととにかく聴いていて全く飽きない5分間がそこにはありそうです。
聴いていても冒頭から「なにこれ、このわくわくする雰囲気!」とか「未来には素晴らしいバラ色の展開があるのかも!」と
感じさせる素晴らしい高揚感と幸福感に溢れているようにも感じられます。
この課題曲は前述の通りとにかくはじめから終わりまで金管セクションが優先でかなり目立っていて
「木管セクションっていたっけ・・!?」とすら感じさせてしまう金管セクションの優遇ぶりが際立っているようにも感じられそうですし、
見方によっては木管奏者にとっては「おいしい所を全て金管に持っていかれた・・」と感じるのかもしれないです。
古い方ですと吹奏楽の事をウインドアンサンブルと呼ばずにブラバンとかブラスバンドと言う方もいらっしゃるのですけど、
この課題曲はブラバンの魅力を余すところなく伝えているようにも感じられます。

冒頭のトロンボーンのパワフルなメロディーに導かれてトランペットが加わりスネアドラムも合流し、
開始早々から疾走感溢れるメロディーが展開されていきます。
あの冒頭の部分だけでも「すてきな予感」というものが既に漂っていると思います。
序盤は6/8のリズムがメインなのですけど、この6/8のリズムを金管セクションがカッチリと決めるか否かでこの曲の
演奏評価も序盤で決着が付くとすら言えそうでもあります。
テンポを維持したまま木管の流れるようなメロディーに展開され、そのメロディーはトランペット→木管tuttiと移り変わり、
冒頭のファンファーレが再現され、ゆったりとした中間部に移ります。
通常こうした曲の中間部は「金管セクションを休ませる」という観点から木管セクションがメインを務め、ソロがある場合は
木管楽器が務めることが多々ありますけど、この曲はやはり最初から最後まで金管が優先で、
この課題曲の最大の聴かせどころなのかもしれない中間部のたっぷりとした朗々としたソロもトランペットが担当しています!
クラリネットとホルンのソロリレーを経て中間部は終わりを告げ、
再び疾走感あふれる冒頭のファンファーレが再現され、
前半部を再度繰り返し疾走感と勢いを保ったまま華麗にエンディングを迎えます。

とにかく今現在改めて聴いても「かっこいい!」としか言いようが無い曲でSF映画のBGMとしても十分すぎるほど
成立しそうです。

この課題曲は、中学・高校の部よりも一般・職場・大学の部に名演が多かった印象があります。
特に東京の創価グロリアと文教大学の演奏は際立っていたと思いますし、
創価グロリアの自由曲のアーノルドの交響曲第2番の爽快さとあの課題曲の組合せは「これぞ吹奏楽の醍醐味!」という
雰囲気に溢れていたと思います。
この年の大学・職場・一般の部の全国大会は上野の東京文化会館で開催されていましたけど、
「あんな音響効果が悪い文化会館でやらないで普門館で開催すればいいのに~」と当時はブーたれていたものでした・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです

道祖神の詩と胎動の時代
市民バンド時代の定期演奏会で、
どちらも演奏したことあります。

たまたま演奏会直前に格安のE♭クラを手に入れただけの理由で
道祖神の方はE♭クラを吹くことになりました。
(ちなみに胎動の時代はバスクラでしたが)

結局、それ以来市民バンドでE♭クラを吹くことは無かったのですが、
(結婚を機にバンドを退団)
退団して数年後に、地域の保育園に勤務する知り合いの保育士さんから
サンタクロースの依頼があり、クリスマス会でE♭クラをもっていき、
園児さんの前で演奏したことがあります。
(その後ほぼ毎年クリスマス会に出演)

身体が大きいので(178cmある)、
B♭クラを吹いても「E♭クラ吹いてるの?」とか
バスクラを吹いても「それアルトクラ?」と
団員や他のバンドの知り合いから言われることが日常茶飯事。

市民バンド時代にE♭クラを構えただけでも
「楽器が見えない」って言われたのが懐かしい思い出です。


エスクラ

某大学の卒業生 様


ご無沙汰しております。昨年の10月以来のお久しぶりでもありました。

E♭クラは私たちの間では「エスクラ」と呼ばれることが多くて、B♭クラ奏者が大抵掛け持ちで吹く事が
多いと思います。
時にピッコロと間違えてしまいそうなとてつもない高音域を出せる楽器でもあるのですけど、それゆえ扱いも難しくて
男子高時代には奏者の間でもエスクラを吹く事は絶対嫌!という人が多かった印象がありますし、
私自身、B♭クラよりも更に一回りマウスピースが小さいエスクラを吹く事には抵抗がありましたし、
例えば「ダフニスとクロエ」第二組曲~全員の踊りのとてつもない超高音域のエスクラのソロなんて吹ける自信は、
現役時代もほぼ皆無でした。

それゆえ、某大学の卒業生様がご卒業後もクラリネット・バスクラ以外にエスクラも時に吹かれているのは
凄い!と感じるばかりですね!

ブログは定期的にチェックしておりましたが
書き込み自体、半年ぶりとは思いませんでした。

独身時代にお金をためては楽器を購入していたので、
気が付けば楽器も大量に転がっている始末。
フルート・Sサックス・Aサックス・E♭クラ・B♭クラ・バスクラと、
なぜかトランペットとスライドトランペットも。
市民バンド時代には「楽団ひとり」とさえ呼ばれておりました。

E♭クラそのものは、実際のステージで使用したのは、
その時の演奏会1回(1曲)だけで終わったので、
ちょっと高い買い物だった気がします(笑)

E♭クラの思い出と言えば、
大学時代の全国大会で後輩が2度使用しています。
1つはパンチネルロ、もう1つはパーシケッティのディベルティメント。

学校にはE♭クラ自体なかったので、
市内の高校から借用してました。

実はバーンスタインのディベルティメントの年には、
本来E♭クラのソロがあったのですが、
2ndクラの楽譜にオプション譜が書かれていたこともあり、
そのまま自分がB♭クラで吹くことに。

実際には先輩からE♭クラでソロの部分持ち替えて吹けとも言われておりましたが、
指使いの難しさと、譜めくりと持ち替えのタイミングの困難さで断念したといういきさつもあります。

でも、B♭クラの柔らかい音やバスクラの太い音と全く異なる
E♭クラ独特の輪郭のある音、
自分は大好きですけどね。

エスクラは・・

某大学の卒業生 様


B♭クラとエスクラの持ち替えは、元々のマウスピースが違うし音域も全く違うから、
エスクラのソロが入る直前に持ち替えると自滅のミスが多いというのは、何度も目撃しておりましたので、
自由曲にE♭クラのソロがある場合は、エスクラはエスクラ奏者として置いた方が宜しいのかも
しれないですね。

B♭クラのリードミスも壮絶なものがありますけど、エスクラがすべってリードミスをやらかしてしまうと、
ニワトリが首を絞められたかのような高音域の絶叫状態と化しますので
難しいものはありますよね・・


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4821-2fd89a6d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |