FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日・・4月13日の記事は初音ミクのすてきな春衣裳満開とも言えそうなピンク色の桜ミクのフィギュアレビューと
ボーカロイド楽曲の中で春や桜をテーマにした楽曲のちょっとしたご紹介をさせて頂きましたけど、
例えばボカロ曲の中でも千本桜・桜前線異常ナシ・桜ノ雨・桜のような恋でした ・桜、舞い散るあの丘へといった
春の季節に相応しい別れや新しい出会い等をテーマにしたVOCALOID桜曲にはすてきな名曲がたくさん存在していると
思います。
そうした曲の一つで「桜、舞い散るあの丘へ」という初音ミクオリジナル楽曲の歌詞において

「淡く、ゆれる、弥生の空に
螺旋、描き、散り急ぐ花
ゆらり、ひらり 私も逝くわ
桜、舞い散るあの丘へ 」

といった歌詞も出てくるのですけど、桜というワードや私も逝くわの歌詞にイメージがよく合いそうな東方キャラの御方の一人は
ゆゆ様・・西行寺幽々子様なのかもしれないです。

ゆゆ様は亡霊です!

ゆゆ様の従者が半分幽霊の妖夢と言う事もあり、ゆゆ様は幽霊なのか・・?とついつい誤解をされがちではありますけど、
実はゆゆ様は幽霊ではなくて亡霊です。

東方における幽霊とは、人間だけでなく生物・無生物あらゆるものに宿っている「気」の塊であり、
特定の形を持っている訳でもなければ、誰かの前に姿を現して何かを喋ったり襲ったりする事はないし、
そもそもがそうした事は元々できない存在との事です。
言うならば自然界の気みたいなものであり、どちらかというと幻想郷内の妖精に実は近いものがあるのかもしれないです。
「うらめしやぁー」とか言って恨みつらみをもってあらわれるのは実は幽霊ではなくて亡霊との事です。
亡霊は、人間が死んで幽霊になったものの生前の恨みや未練等により生への執着が余りにも強い者がなるそうです。
人間以外の生き物でこのような死に方をする生き物はいないため、人間以外の亡霊は存在しないというのが
東方での常識との事でもあったりします。

ゆゆ様は亡霊なのですけど、生前同様の姿を保ち触れる事も話す事も生前同様に出来ますし、
驚くべきことに生前同様ちゃんとお食事もされていますし、しかもゆゆ様は幻想郷屈指の大食いキャラ設定と言うのは、
さすが幻想郷は常識に囚われていけない世界なのだと改めて痛感させられます。
千年近くも冥界の白玉楼というゆゆ様のお屋敷にて亡霊のまま住み続け、四季映姫様等閻魔さまからの命令を受けて、
冥界での幽霊管理を一任されています。
亡霊だけどちゃんと足はありますけど、亡霊らしい周辺の霊魂(人魂? 幽体?)とか額の三角巾を見ると
「やっぱりゆゆ様は冥界の人なんだ」と改めて感じてしまいます。

上記にて亡霊は生前の怨恨や未練等が蓄積された者がなる存在と記しましたけど、
ゆゆ様は特別に生への執着を持ったまま死んだ訳ではありませんし、生前に怨恨の対象となるべき事象が
あった訳ではありません。
それではどうしてゆゆ様は亡霊になってしまったのかと言うと、冒頭でちらっと示唆した通り、その背景にあるのが
「桜」というか、妖怪桜の西行妖と言う事なのだと思われます。
西行妖の封印の力によって、ゆゆ様は亡霊となっています。
ゆゆ様自身には生前の執着も恨みの思念も全く無いため、近くに居ても害の無い珍しい亡霊と言えるのですけど、
とある事情によってゆゆ様自身が自決せざるを得ない事情になってしまい、ゆゆ様は自ら命を絶たれてしまう事情がある故に
ゆゆ様は特段生前の恨みによって亡霊化した訳ではありませんし、亡霊なのだけどその危険度はそれ程高くは無いというのも
極めて特異と言えそうでもあります。
亡霊はいずれ幽霊に戻り閻魔の裁判を受け、地獄なり天界なりに行くか転生するかいずれかの道を
選択しないといけないのですけど、ゆゆ様はそうした選択の除外者という極めて珍しい立ち位置を取っています。
「西行妖」の封印の力という外部の力によって亡霊になっているため、封印を解かない限り幽霊に戻る事が無く、
またその能力により、四季映姫様より冥界に永住する事を許されているため、
ゆゆ様が地獄へ落ちたり天界に進む事は永遠にないのです。

よく「東方五大老」というくくりで、永琳・ゆかりん・ゆゆ様・白蓮さん・八坂神奈子が東方におけるご長寿の年配者キャラとして
描かれることは多いと思うのですけど、
確かにこの5名の皆様はそれぞれ老獪であり大人のポジションであり、東方の重鎮という立ち位置に相応しい
皆様だと思いますし、その雰囲気も皆様それぞれ威厳とか大人っぽい雰囲気に溢れているような気がします。
だけどそこに唯一の例外の方がおられます。
その唯一人というのがゆゆ様に他ならないと思いますし、ゆゆ様以外の皆様は東方の大人ポジションという
雰囲気を有しているのに対して、ゆゆ様だけは少女の面影を色濃く残されているのは、
ゆゆ様が生前において、まだ少女の雰囲気が色濃く残っている中決然と自決を図られた影響もあるのではないかと
思われますし、 今現在のゆゆ様のあの「言語明瞭意味不明」な会話とかあののらりくらりとかわす老獪な雰囲気や、
つかみどころのない感じでもあるあの胡散臭さは、死後(?)大人になってから(?)身につけたものなのかもしれないですし、
ゆゆ様の盟友のゆかりん=八雲紫様の影響も多少はあるのかもしれないです。

生前の少女時代のゆゆ様とあのスキマ妖怪にして幻想郷最強かつ最大の賢者の妖怪でもあるゆかりんは
既に交流があり、当時から何らかの形で親交を深められていました。
そういう意味ではゆかりんとゆゆ様の二人の関係は大変長い歴史があると言えそうです。
も残念な事に、ゆかりんは生前のゆゆ様をよく覚えていても、ゆゆ様には生前の記憶は全く残っていないので、
生前のゆかりんとの記憶が全く残っていないというのも少し勿体ない感じはあります。
生前のゆゆ様は列記とした西行寺家の大切なお嬢様で、ゆかりんは幻想郷内屈指の妖怪なのですけど、
ゆゆ様の生前において、ゆかりんとの交流のきつかけはどんな背景や物語があったのでしょうか・・?
この辺りは公式では一切語られていませんので大変気になったりもしますし脳内妄想のし甲斐もありそうです。

ゆゆ様の生前は、西行寺家の大切なひとり娘として、後継ぎ娘としてそれはそれは大切に育てられていたと推察されます。
それは今現在のゆゆ様のあのとてつもなくおっとりとした雰囲気とか
お嬢様の面影は生前のゆゆ様が偲ばれるような感じが伝わってきていると思います。
ゆゆ様の父親は、色々な説はあるようなのですけど、有名な歌人でもあり身分的にもかなりお高い御方であるのは
間違いはないと推察されます。
ゆゆ様の父親は「歌聖」として多くの弟子たちにも慕われ、大変充実した生涯を送っていたものと思われますが、
人間と言うものはいつかは死ぬものですし、
ゆゆ様の父親も惜しまれながらも桜の木の下でこの世を去るのですけど、そうしたゆゆ様の父親を慕っていたお弟子さん達も
後を追うように、満開になったその桜の下で死んでいったのでした。
これは昔ながらの殉死(臣下や近親者が主君の死をいたみ自ら後を追うように命を絶つこと)に近いものがあるのかも
しれないです。
(殉死というと有名な例では明治天皇崩御の際の乃木将軍夫妻の自決というものがあります・・)
その桜はゆゆ様の父親の後追い自決をしていった者達の生気を次々と吸い取っていき、
ついに妖力を持つ妖怪桜、西行妖となってしまい、
ゆゆ様自身も、父親の死が悲しかったというのもあるでしょうし、それ以上に元々ゆゆ様が有していた能力でもある
「人を死に誘う能力」がそうした西行妖を力を更にパワーアップさせてしまい、
それが結果として父親のお弟子さんたちを、結果的に「殉死」という自決へと誘ってしまい、
それが生前の少女としてのゆゆ様を更に苦悩させる結果になってしまい、その時のゆゆ様の心境としては、
「私がこうやって生きているだけで、周囲のたくさんの前途有望な人たちを死へと誘ってしまい、本来はまだまだ
生きるべき若き人たちを死に追いやってしまう私は一体何と言う罪な存在なのだろう」と思われていたのかもしれないです。

ゆゆ様は、結果的に責任を取る形で自決、つまり、これ以上父親絡みの関係者で殉死者を出さないように
楔を打ち込むような意図でもって西行妖の下で自らその命を絶たられてしまったのです。

これはほぼ完全に私の脳内妄想の話なのかもしれないのですけど、
ゆゆ様が生前に自決をされてこの世から散っていかれた際に、もしかしたら誰か協力者がいたのではないのかな?と
思うことがあります。
ゆゆ様は自決をされて以降は亡霊として白玉楼で悠々と暮らされているのですけど、
亡霊として一番あってはいけない事態というのは、ゆゆ様の死体が誰か人の目に触れてしまうことでもあります。
つまり、ゆゆ様の死体は永遠に絶対に誰の目にも気づかれないところに封印されておく必要があるのです。
死体をどこか別の場所に移す役割を持った人が必要なのです。
更に、これは大変グロテスクな話になってしまい大変申し訳ないのですけど、
ゆゆ様が自決をされた際の時代というのは、ゆゆ様のように比較的身分が高くて高貴な御方の自決方法というのは、
首吊り・毒殺・武士のような切腹とかそうした方法ではなくて、
喉を掻き切るとか小刀で胸を突くというのが一つの主流だったとのことです。
そうした方法での自決というのは決して即死というわけではありません。
むしろ、実際の死までは意外と時間がかかり苦痛もかなりのものがあったとのことです。
そうした苦痛を防ぐためにも「介錯役というのかトドメを差す役割の人も必要になってくるのだと思われます。
そうした視点に立つと、ゆゆ様の自決の際にトドメを差し、同時にゆゆ様の「死体」を永遠に封じ込める役割を担った人間は
絶対に必要不可欠になってくると思います。
そうした役割を担っていたのは、西行寺家にお仕えしている妖夢の祖父という解釈もありなのかもしれないですけど、
ゆゆ様自身は、自決時にはまだ天寿を全うしていないし、生きようと思えばまだ何十年と生きられた御方ですので
そういう御方を果たして従者が「はい、そうですか・・・」と簡単に言うこと聞く訳はないとも考えられますし、
本当にゆゆ様の事を思うのだったら「自らの死」を掛けてゆゆ様をお止めするのが従者の本懐ではないのかなと
思ったりもします。
そうやって考えると、ゆゆ様の自決後の様々な後片付けの役割を担ったのは、やはり八雲紫様=ゆかりんではないのかなと
思ったりもしますし、
そうでないと、ゆゆ様とゆかりんの例えば「東方儚月抄」等におけるあの見事なあ・うんの呼吸は生まれないのではないかと
思ったりもしますし、
ゆゆ様は今現在は口では色々と言ってはいますけど、ゆゆ様のゆかりんへの感謝の気持ちは絶えないものがあると
言えるのかもしれないです。
ま・・ゆゆ様は生前の記憶が無いという設定になってはいますので、その脳内妄想自体に大した説得力があるとは必ずしも
感じてはいないのですけど、
現在のゆゆ様とゆかりんの絶対的な相互信頼関係の背景にあるものには、ゆゆ様の生前の自決直前のドラマに
起因するものはありそうな感じでもあります。

ゆかりんが実際にゆゆ様の死体を西行妖の下に埋めたかどうかは定かではありませんけど、
ゆゆ様の死体によって西行妖は封印され、人の死を誘う事はなくなりましたけどその桜はその後満開になる事は
ありませんでした。

さてさてそれから約1000年後の幻想郷なのですけど、妖夢の祖父はいずこかに失踪し行方不明状態となり、
現在のゆゆ様にお仕えしているのは、孫の妖夢というまだまだ頼りない未熟な従者です。
亡霊となっていたゆゆ様は、生前の記憶も無くなり暢気に従者の妖夢と共に白玉楼で暮らしていました。
そうしたある日、ゆゆ様は書架にあった古い記録から「何者かが西行妖に封印されている」という事実を知る事になるのです。
ゆゆ様は、生前の記憶は全くないものですから、その「何者か」というのが実は自分自身というのか「自分の死体」であると
いう事は知る由もありませんでした。

そして、ゆゆ様は興味本位でその封印を解こうとされます。

それこそが「東方妖々夢」異変の始まりでもあったのです。

上記で書いた通り、西行妖は春になっても絶対に満開になりませんし、それ以前に桜が咲く事もありません。
ゆゆ様は、「もしかして、満開になれば封印が解けるのではないか?」と考え始め、
幻想郷の春を集めて無理矢理西行妖を満開にさせようと企てます。
そしてゆゆ様の従者の妖夢は指示通り、幻想郷内の春を片っ端から無理やり集めてきて、
その結果として、春を奪われる形となった幻想郷内に一向に春が訪れる気配もなく、ただひたすら「寒さ」に耐え忍ぶだけの
日々を過ごし、凍り付いた日々を過ごしていたのでした。
この異変において、レティさんが「くろまく~」とか言って気楽に霊夢たちの前に出没していますけど、
ま、間違ってもレティは黒幕じゃありませんし、この異変を一番喜んでいたのはレティさんであるのは間違いないと思います。

結果としてこの異変は霊夢たちらよって解決され、幻想郷内に再び「春」が戻ってきたのでした。

もしもなのですけど、万一、ゆゆ様の「反魂の術」が成功して封印が解け、桜の下に埋まっている死者、ゆゆ様の死体を
ゆゆ様自らが発見しちやった場合は一体どうなってしまうのでしょうか・・?
多分ですけど、瞬間的に生き返った人間としてのゆゆ様は、次の瞬間に問答無用で1000年という時の流れという
自然な時間の流れによって同時に年を取りあっという間に死亡され、亡霊としてのゆゆ様自体も消滅すると予想されます。

ゆゆ様自身は、幸いなことに桜の下に眠る死者が、実はその正体は生前の自分自身だとは気づかなかったという事なのです。
もしも気が付いていたとしたら、幻想郷内のすてきなヒロインが消滅していたという事になると思うのですけど、
幻想郷は「ゆゆ様」というヒロインを決して失わせる事はしなかったという事になるのだと思います。
結局、ゆゆ様は今後もこれからも永遠に白玉楼で亡霊のお嬢様として暮らすことになるのでしょうし、
四季映姫様もゆかりんも皆が望んでいる事なのだと思います。

結局は・・西行妖の開花を見ることは今年もありませんし来年もありませんし、永遠にないのだと思います。






ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれた
過去作品のイラストのご紹介コーナーです!

上記の作品はアミグリさんが2015年5月に描かれたゆゆ様です!

亡霊と言うと寒いとか涼しいというイメージもありそうですけど、アミグリさんが描かれたこのゆゆ様からは
上品で洗練された清涼感が伝わってきます。
例えは悪いのですけど、炎天下の外から家に戻ってきて、冷蔵庫にキンキンに冷やしておいたラムネを
くーーーーーっと飲み干したような気分爽快のようなイラストだと思います。
ゆゆ様は実は「大食いキャラ」というのもあったりもしますから、意外とラムネをキュ―――ッと飲み干すというのも
お似合いなのかもしれないですね・・

アミグリさんが描かれたゆゆ様は、1000年近く程度生き続けた亡霊さんとは思えないほどの少女らしい雰囲気に
溢れていると思います!
この少女らしい雰囲気は、当ブログにおいて「3月3日は東方雛祭り」の冒頭で転載&ご紹介をさせて頂いた
あどけない少女みたいなメディスン・メランコリーに近い雰囲気すら漂わせているようにも感じられます。

髪のグラデーションの美しさやウェーブがかかったふんわりとした髪の流麗さ、ゆゆ様のこのすてきな笑顔に、
やはり誰が何と言ってもとても1000歳近く亡霊として生きていた方とは思えない少女の面影を色濃く残された雰囲気は
見ているだけで癒されるものがあると思いますし、
「本当にゆゆ様って亡霊なの~!?」と改めて感じてしまいそうです!
一見ふわっとされていますのでやっぱり実体のない幽霊・亡霊に近いのかも・・という印象を与えつつも、
この柔和な笑顔は「ゆゆ様は生きている人に限りなく近いものがある!」といった実存性・主体性・生きている力は
間違いなく感じさせるものがあると思います。
この温和な雰囲気は、従者の妖夢が初期の頃は辻斬り妖夢みたいな無茶やっているのを見たとしても
「ふふ・・しょうがない子・・」と穏やかに温かく見守っている慈愛のような雰囲気を伝えていると感じられます。

上記のアミグリさんが描かれたゆゆ様の権利は上記のゆゆ様の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいゆゆ様を描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

亡霊

幽々子のあの飄々とした雰囲気は既に1000年近く亡霊を続けているからこそと言えそうですね。
もしも幽々子が西行妖の下に眠っているなにか、もしもそれが
自分自身の死体だとしたらどのように反応されるのか、はたまた
本人の存在がどのようになっしまうのか謎だけに興味津々であったりもします。

イラストの幽々子が亡霊とは思えない爽やかなかわいらしさを
感じます。
夏らしい清涼感がありますね。

西行妖

さゆり 様


ゆゆ様は東方五大老のお一人なのですけど、他の4人と違って少女の面影を残しているのは、
まだ少女時代に自決をされた経緯があるからなのかもしれないです。
それにしても亡霊になってからのあの大食い振りはとにかくすさまじいものがありますし、
面影は少女だけど、考えている事はゆかりん並の大変な知恵者で切れ味鋭い賢者で策士でもありますので、
そうしたギャップはとてもすてきだと思います。

ゆゆ様は西行妖の下で眠っている何者かを調査する事はそのまま放置が無難と言えそうですし、
何もしないことがゆゆ様のためなのかもしれないです。

アミグリさんの描かれたゆゆ様のかわいらしさと清涼感をお褒め頂きありがとうございます。

夏らしいゆゆ様の清涼感に溢れていると思います。

出会いと別れの季節に桜が彩る別れといえば何といっても「卒業」なのでしょうけど、「死別」と桜を結びつけた作品もありますね。東方アレンジのテーマとかに使われることもあってそうなるとやっぱりイメージは幽々子様ですねぇ。
幽々子様に桜とくればそこにはとてもシリアスなストーリーが浮かぶはずなのですけど亡霊っぽくないほんわかしたキャラのおかげで重いイメージがしづらい気がしますw

アミグリさんの描かれた幽々子様は女の子らしい爽やかさと可愛さに満ちています。暗い紫の背景に青色が差して桃色の髪が揺れて、照らし出される夜桜にも似た美しさが感じられる色の演出がいいですね。

桜の季節

schwert 様


平成世代の皆様にとっての卒業式定番ソングというと「旅立ちの日」なのかもしれないですけど、
令和の世代の皆様にとっての卒業式ソングはミクの「桜ノ雨」になる日もそう遠くない未来なのかもしれないです。
桜というと始まりとか華やかとか門出のお祝いという意味もありそうですし、
永訣の詩みたいな別れとか卒業とか散りゆく桜みたいな哀愁も感じられ、お祝いにも別れや哀しみのどちらにも
相応しいのが「桜」と言えるのかもしれないです。

ゆゆ様にとっての桜とは西行妖の謎という事なのかもしれないですけど、西行妖の下で眠っている何かを
見た瞬間にゆゆ様も彼岸の彼方に旅立ってしまうという事なのかもしれないですし、
そうさせないように暗躍していたのがゆゆ様の盟友のゆかりんなのかもしれないですね。

アミグリさんの描かれたゆゆ様を爽やかで夜桜にも似た美しさなどとすてきにお褒め頂きありがとうございます!

ゆゆ様は1000歳は軽く超えているはずなのですけど、アミグリさんの描かれるゆゆ様はまるで生前の少女の姿
そのものであり、とても清楚で美しいと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4808-29321f5b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |