FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


生まれて初めて購入したレコードは(当時はCDが存在していない時代)
シングル盤(この言葉とかドーナッツ盤とか言われても今の世代の人達には
分りませんよね・・・)
ですと、アリスの「チャンピオン」なのではないかと思います。
LPレコードですと、「太田裕美ベスト盤」なのかな・・・

クラシック音楽のレコードを初めて購入したのは、確か高校一年の頃
曲目は、ショスタコの交響曲第5番「革命」だったと思います。
二番目がオーマンディ/フィラデルフィア管弦楽団の「ロシア名曲シリーズ」で、
ダッタン人の踊り・スペイン奇想曲などが収録されていました。
三番目がシベリウスの交響曲第一番だったと思います。

シベリウスの一番は、初期の頃の作品と言うせいもありますが、
シベリウスという作曲家の個性が開花する前の作品ですし、あまりにも有名な2番みたいな
華やかでエネルギーが開放される曲ではありませんし、
どちらかというと北ヨーロッパの長い冬を想起させるような陰鬱な曲です。
なぜこの交響曲が好きになったかと言うと、
当時の自分は吹奏楽部のクラリネット奏者で、
1981年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会を山形市で聴いた時、
八戸高校がこのシベリウスの第一番第一楽章を自由曲として演奏し、出だしが
クラリネットの非常に長いソロで開始されるのですが、
このクラリネットの独特の雰囲気に何か魅かれるものがあり、
「では、この交響曲全体ではどんな感じの曲なんだろう」と興味を持ったのが
そもそものきっかけなのです。

購入したレコードは、ベルクルンド指揮/ボーンマス交響楽団でしたが、
曲全体の陰鬱な雰囲気の反面、何か民族的な香りとか、北欧の冬の厳しさを感じた反面、
曲全体を漂う「ほのかな情熱」みたいなものを感じとり、
何か一辺でこの曲が好きになってしまいました。
曲全体では、ティンパニーの打音が非常に効果的で、バルト海とか北海において、
岩に波が叩きつけられるような轟音を何か思い起こしてしまいそうな感じもします。
「自分はあの娘が好きだ・・・だけど告白できない・・・」みたいな
その人の心の奥に潜む「思い」や「情熱」を言葉にできず、そっと自分だけの心に
しまっておく・・何かそうした思いがこの交響曲から
感じ取る事もあります。

今改めて聴くと、チャイコフスキーの交響曲の影響は明らかなのですけどね・・・

クラリネットの長いソロで開始されるというのも異色ですし、面白い試みだと思います。
うっとりするような第二楽章、ゴツゴツした民族舞曲みたいな第三楽章を経て、
第四楽章に突入していきますが、第四楽章の出だしのメロディーは、第一楽章のクラリネットのソロと
ほぼ同じメロディーですので、
「あ、循環主題のチャイコフスキーの影響を受けているのだなー」と思わず
感じてしまいます。
第四楽章は、一番盛り上がる楽章で、朗々と歌い上げる中間部は、この次のシンフォニーである
第二番を先取りしているかのような印象すらあります。
だけど最後は、静かにピッチカートで閉じられ、
「陰鬱さ」というものからは開放されない交響曲なのです。

生の演奏会では、井上道義指揮の東京フィルの演奏が印象的でした。

CDは色々と聴いたのですが、やはり最初の印象が強いせいか、ベルクルンド指揮の演奏が
一番しっくりきます。

だけど何度聴いてもクラリネットの出だしは、自分にとっては「ほのかな情熱」のイメージ
です。
それがまた実にいいのですけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/480-cccc7e23
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |