FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


カディッシュ

「カディッシュ」とは、ユダヤ人の死者の為の葬送音楽との事です。

このタイトルの吹奏楽曲というと、F.マクベスの曲が有名かと思いますが、
この曲は、自分自身が吹奏楽コンクールで吹いた初めての曲になるかと
思います。

正直技術的にはそれ程難しい曲ではありません。
当時自分はクラリネットでしたが、吹奏楽曲につきものの恐怖の16分音符や36分音符はほぼ皆無で、
終始ゆったりとした曲なので、苦労したという記憶はほとんどありません。
だけど、金管楽器(特にトランペット)の後半の高音は結構大変だったみたいです。

だけど、うちの中学校は本当に楽器が何もない田舎の貧乏中学校なので、
パーカッションに、コンサートチャイムがないのは仕方がないにしても、
ティンパニーはペダル式ではないし、手締め式だし、
おまけにドラ(タムタム)すらない有様でしたので、出だしのチャイムはグロッケンで代用し、
ラスト近くのドラはなしという惨憺たる状況でした・・・

もしもタイムマシーンがあって、当時の演奏を生で聴いたとしたら、
トホホな感想になってしまうでしょうね。

それにしても陰鬱な曲でしたね。
生きているのが嫌になってしまう位、絶望的な曲だったと思います。

同じタイトルでも、バーンスタインにかかると全く違った印象になってしまいます。
バーンスタインにも交響曲第3番「カディッシュ」というものがありますが、
どちらかというと、死者のためというよりも、現在生きている人間のために書かれた
生々しい曲という印象があります。

この曲を生で聴く機会は極めて少ないと思いますが、
一度だけ生で聴いた事があります。
1991年の新星日響(大友直人指揮)でしたが、ステージにずらりと並んだ人の数の多さに
圧倒されました。
だって、この曲は、ソプラノ、語り手、混声四部合唱、児童合唱を使用していますので、
サントリーホールのステージがこの時は狭く感じたほどでした。

英語なので何を言っているかはさっぱりわかりませんが、
やたら「アーメン」とか「オー、マイ、ファーザー」という語句が出ていたのはよく
覚えています。
この曲のCDを幾つか聴いてみると、語り手が女性である場合もありますし、男性である場合も
ありました。この日の演奏は、男性でしたので、
作曲者からの指定はないのかもしれません。
個人的には、女性の方が曲に合っている様な気もします。

確か、当初予定されていた語り手が交通事故に遭遇し、急遽代役を立てるとか
当時のプログラムに書いてありましたけど、
交通事故にあった人はその後一体どうなってしまったのでしょうね・・・?
本当に死者のための葬送音楽になってしまったのかな?

今となっては知る由もないけど・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/48-9401cc6c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |