FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


管弦楽曲で「春」のタイトルが付く曲というと、
やはりストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」が一番有名なのかもしれませんけど、
春の祭典は真夏の狂乱みたいなものかもしれないです。
他にも、シューマンの交響曲第1番「春」・コープランドのバレエ音楽「アパラチアの春」・ドビュッシーの交響組曲「春」とか
色々とあるのですけど、少し決め手に欠くのかもしれないです。

上記の曲を聴いても少なくとも「楽しい」という気持ちにはなりにくいのかもしれないです。

そういう時はやっぱり吹奏楽ですよね~!

例えば、ホールジンガーの「春になって、王達が戦いに出向くに及んで・・・」とか
リードの序曲「春の猟犬」とか1993年の課題曲Ⅳ/マーチ「エイプリル・メイ」などは
本当に聴いていてウキウキとした気持ちになれますし、「春が来た!!」という感じにもなれそうです。
昨日ご紹介させて頂きましたリードの「春の猟犬」もそうした春に相応しい曲です!

吹奏楽コンクールの過去の課題曲の中にも「春」をイメージさせるすてきな曲がありましたね。

何かと言うと1995年の課題曲Ⅱ/スプリングマーチです!
(確か作曲者の大石美香さんは作曲当時はまるでJDさんのような雰囲気でとてもかわいらしい雰囲気の方でしたね~)

1995年の課題曲は、Ⅰ/ラメセスⅡ世に人気が一点集中してしまい、課題曲Ⅱ~Ⅳは高校の部では
あまり演奏されていなかったのは少し勿体無かった気はします。
Ⅰは確かにコンクール向きで演奏効果が大変得やすい反面、
クラリネットの技術は高度なものが要求されるし、ホルンの高音域はすさまじいものがあるし、
冒頭のつんざくような高音の入り方はかなり難易度が高かったと思います。
その点、この年の課題曲Ⅱ~Ⅳは、技術的にそれほど難しくなく
皆、なぜか愛くるしくてチャーミングな可愛い曲ばかりだったと思います。
特に、Ⅱ/スプリングマーチとⅣ/アップルマーチは、聴いていて本当にハッピーになれそうな楽しい曲でした。

課題曲Ⅱ/スプリングマーチは、本当に「春」を予感させる聴いていて何か妙に「ウキウキ」としてしまいそうな曲でしたね。
この曲、本当にメロディーラインが滑らかで聴き易いし、
出だしからすぐに曲の「楽しさ」にメロメロになってしまいそうな曲でしたね。
中間部も木管の響きが大変美しかったし、
その木管に交じる形で加わる「ミュート」を付けたトランペットの音色がとても素敵でした。
ラストも少しテンポアップし一気にたたみかけるように終わり、大変スッキリとした終わり方を展開していましたので
印象としてもとても爽やかな感じがしたものです。

この曲、色々と素晴らしい演奏は多かったけど
特に印象に残っているのは、与野高校・福岡工大付属高校・近畿大学あたりだと思います。
特に近畿大学は、一点の濁りも無い透明感とスッキリ感がとても魅力的でしたし
与野高校の「若々しい躍動感」も素晴らしかったです。
福岡工大付属も課題曲は愛くるしく、自由曲は荘厳にと対照的な色彩がとても印象的でした。

先日、車に乗った際にこの「スプリングマーチ」しリードの「春の猟犬」をBGMにしたら
ハンドルを持つ手も、とってもノリノリになったほどでした。

まだ3月初旬ですけど、案外春は目の前まで到来しているのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

山王中学校のスプリング・マーチ

1995年に12年ぶりの全国大会出場を果たして金賞も15年ぶりに授賞したときの「山王中学校」の課題曲でしたが、確か当時、秋田の民放ラジオ局で山王中が久しぶりに全国大会出場ということで、山王中演奏の「スプリング・マーチ」がたまたま聴いていたクルマのラジオから流れてきて「おぉー!!」と感激した記憶があります。(何の音源かは忘れました……)
この放送では全国大会出場がメインテーマではありましたが、もうひとつ、当時の顧問の「細谷直先生」が実は音楽の先生ではなく数学の先生ということにもスポットライトがあたってました。
「とうとう全国復活か…」と思ってラジオを聴いていたと思います。もちろんこの課題曲選曲はよかったと思います。
そして自由曲はR・シュトラウスの「七つのヴェールの踊り」だったと思いますが、これは多分ですけど著作権があり、収録できなかったと思います。。。(山王中初のオリジナルCD「心から心へ」もスプリング・マーチしか収録されてません)
細谷先生はその後、あの「秋田南高校」にも教頭先生として赴任し、昨年春にかつて全国大会に4回出場を果たした「城南中学校」の校長先生として赴任されました。
先生には吹奏楽指導者としてはもちろん、秋田の教職員の先生方をリードする立場として、「数学」の名教師として頑張ってほしいと思いますね。

細谷先生というと・・

一秋田県民 様


細谷先生というと私的には1983年に宮城教育大学の学生指揮として幻想交響曲でもって全国・金に導かれた事が
印象的ですね~
私の高校の吹奏楽部の同期が宮教大に進学した時、細谷先生は4年生で当時から既に神様みたいな雰囲気だった
そうです。

1995年の山王中の1983年の交響的舞曲以来の普門館での演奏は私も聴いていましたけど、印象としては
ちょっとまだ固い表現だけど課題曲の方が伸び伸びと吹いているという印象でしたし、ここから後の快進撃は
素晴らしかったです。
その時の自由曲のサロメは言われてみると1980年の城南中も吹いていましたね~
その城南中の校長先生になられているとは歳月の流れを感じさせてくれそうです。
城南中といえば大越先生もなつかしいですね。
埼玉の野田中よりも一足早く「バッカスとアリアーヌ」を自由曲にされていたその先見の明も
素晴らしいものがあると思います。

そういえば1995年のコンクールは、これで出場しましたw
課題曲Ⅱ:スプリングマーチ
自由曲 :春になって、王たちが戦いに出るに及んで

課題曲らしい!?、さらっとした曲でしたね。

全然違う「春」の付く曲でした。

すてきな春の共通性!

まつたく 様


指揮者の意図かどうかは不明ですけど、課題曲と自由曲に「春」をテーマにした曲を選ばれるというのは
とてもすてきな演出だと思いますけど、
ホルジンガーの方は、春というよりは夏の狂乱なのかもしれないですね~

ホルジンガーのこの曲はとにかくホルン奏者は大変だったと思います。

スプリングマーチはとてもあいらしい曲で、聴いていてもわくわくさせられるものがあると思いますし、
中間部のミュートを付けたトランペットのリズムの刻みはとてもチャーミングだったと思います。

そして今年度から細谷先生は……

細谷先生、秋田市立城南中学校の校長先生なのは現在も同じですけど、今年度より「秋田県吹奏楽連盟会長」も担っていらっしゃいます。
ちなみに前2年間は湯沢市立湯沢北中学校が全国大会初出場のとき顧問だった「大野多加志先生」で、私と同じ市内の小学校の校長先生で春に定年退職されました。(カバレフスキーの「ロメオとジュリエット」のときです)
新体制の元、自分の県の吹奏楽文化・音楽文化が発展していくことを期待したいものです。
そして今月下旬には、東北で青森市で8年ぶりに全国大会~大学・職場一般の部が開催されます。そちらも素晴らしい演奏の連続であること祈りたいです。
また12月に佐渡裕さん指揮のシエナ・ウィンド・オーケストラの東北ツアーが組まれていますが、青森県青森市・山形県南陽市と我が湯沢市にも来ます。
吹奏楽少年少女の憧れ「シエナ」であってほしいものです。

細谷先生

一秋田県民 様


細谷先生も秋田県吹奏楽連盟会長という大変な重責を担うポジションに就かれているのですね。

1983年に宮城教育大学で幻想交響曲を指揮されて同校を初金賞に導かれて既に36年の時の流れが経過している事を
考えると、感慨深いものがありますし、同時に自分自身の歳月の重みを感じたりもします。

青森県は私の生まれた県でもありますし、この地で全国大会開催やシエナの演奏会が開催されることも大変
うれしいものがあります。
今年の全国大会でもすてきな名演が続出する事を願ってやまないです・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4794-016236ef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |