fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


1月14日の当ブログの記事にて「古い家電または昭和の頃の家電の方が意外と長持ちするのかも・・??」という記事を
書かせて頂きその具体例としてaiwaのテレビデオ等について記させて頂きましたけど、
実はつい数日前の事ですけど、そのテレビデオが唐突にご臨終を迎えてしまいました・・(泣)
購入が1998年頃でしたので、約21年間使っていた事になりますので、
「長い間本当にお疲れ様でした! そしてありがとう!!」と感謝の気持ちを伝えたいものです。

イメージ的には昭和の頃に生産販売されていた家電製品はやたら頑丈で長持ちするという感覚もあったりもします。

昭和の頃の家電製品は今現在のような高度で多機能な構造ではなくて、元々がシンプルな構造ゆえに
部品が複雑化・多種類化していないから壊れにくいという傾向はあるのかもしれないですね。
今現在は高性能・多機能・低価格戦略により、次から次へと毎年のように新製品を出して売り尽くしていくと言うのが
一つのスタイルと言えそうですし、
新製品のサイクルが極めて早いと言う事もあり、買い替えサイクルの方が製品寿命よりも早いだろうという事で
メーカーとしても以前よりは「壊れにくい頑丈さ」を品質作りの上で以前よりは重要視していないと言う事も案外
あるのかもしれないですし、
昭和の頃の家電は設計、製造技術が今ほど進んでいなかったゆえに、むしろ余裕をもった設計製作がされていた事も
あるのかもしれないです。

上記のテレビデオは昭和の頃の家電ではないのですけど、当時のあの低価格ながらも
テレビとVHSビデオの両方の側面の機能をシンプルながらも大変立派に活動し続けてくれましたので、
そうした昭和の頃の家電の雰囲気に近いものがあるのかもしれないです。


CIMG0386_convert_20170626064132.jpg


次世代4Kテレビがどうたらこうたら言われているこの時代でいまだにこうしたテレビデオという
ブラウン管テレビにVHSビデオを使用し続けていたのも実は凄い話なのかもしれないです・・(汗)

我が家にはテレビは3台あるのですけど、他の2台はもちろん液晶です・・(笑)

それではどうして今現在もこのブラウン管テレビを現役で使っているのかと言うと、このブラウン管テレビが
只のテレビではなくて、今は無きメーカーのaiwa社製のテレビとビデオが一体化された「テレビデオ」という
またまたとてつもないアナログ家電であるからです。
もちろん今現在の深夜アニメ等の録画はDVDなのですけど、DVD普及の前に録画しておいた貴重なアニメ作品等の
録画媒体にVHSビデオがあったりしまして、このVHSビデオをたまに見るためだけに
このテレビデオを使用しているという経緯もあったりします・・(汗・・)

このaiwaの地デジ対応なしのアナログ放送向きのブラウン管テレビデオは、発売当初は、
「テレビの他にビデオデッキを購入する必要が無い」とか「一台で二役!」みたいな感じで一部で重宝されていたと思います。

我が家は、ネットも電話もテレビも全てケーブルネット(現・J-com)を使用しているのですけど
(今から数十年前に、近隣で巨大高層UR計画が起きた際に近隣とURの間に協定が成立し、電波障害を回避させる目的で
URが無償で対象世帯全てに対してケーブル化工事を施行したという背景があったりもします)
2011年頃の総務省主導による地デジ化が推進されていた時に、ケーブルネット側から
アナログ放送→デジタル放送へ変換する受信機が無償配布されていたのですが、実はこの受信機を使う事で
いまだに地デジ未対応のはずのブラウン管式のテレビデオを見ることは一応は出来ます。

既に「4Kテレビ」がどーたらこーたら言われているこの時代において、こんなあまりにもレトロな
ブラン管テレビ、ましてやaiwaのテレビデオを
使い続けている私もまさに「典型的な昭和のアナログ世代の生き残り」と言えそうですね(滝汗・・)

それにしてもブラウン管テレビも20年以上使い続けていても画像が全く乱れることなくテレビもビデオ機能も普通に
稼働し続けているなんて、やはり古い家電は長持ちするというのは本当なのかもしれないですね。

とにかく長い間お疲れ様でした!

自室にテレビが無いのもちょっと困った話ではありましたので、20インチのシンプルな液晶テレビを先日購入しましたが、
ドンキホーテで購入したという事もあり、価格が10800円と言う事で、
ブラウン管テレビの処分代2700円という価格を考えると、その安さに驚きもしましたけど、
液晶テレビが世に出始めた頃のあの価格の高さを考えると、やはりここにも「時代は変わったよね~」というものを
感じずにはいられないですね。


螯門、「3_convert_20160924100211


ここから先はちょっとした余談です。

記事タイトルがご臨終と言う事で、ご臨終=幽霊と言う事で、そうしたタイトルに相応しい東方キャラは妖夢だと思いますし、
本記事の一つ後のファースト記事が妖夢の最新フィギュアでもありましたので、
ここは統一する意味で(?)妖夢のとってもかわいいねんどろいどフィギュアをレビューさせて頂く事で、
あのaiwaのテレビデオの供養とさせて頂きたいと思います。

上記の妖夢の商品概要を書かせて頂きますと・・・

商品名 : ねんどろいど 魂魄妖夢
メーカー : グッドスマイルカンパニー
カテゴリー : ねんどろいど
価格 : 2,857円 +税
発売時期 : 2012年12月
全高 : 約10cm
原型制作 : JUN

ゆゆ様は亡霊なのですけど、妖夢は亡霊ではなくて人間と幽霊のハーフとなっていますが、
半分生きていて半分死んでいるという感じでもあります。
妖夢自体は、はっきりと実体はありますし、半分幽霊だからと言って「ポー―――ッ」としている感じのタイプではないです。
妖夢本人は半分幽霊のくせに、実は結構な怖がりで「お化け」が大の苦手と言うのもなんか笑ってしまいますね・・(笑)

妖夢は、長刀「楼観剣」と、短刀「白楼剣」の二刀流を操るのですけど、
白楼剣に関しては、斬られた者の迷いを断つことが出来て幽霊に使えば成仏するという能力も実は有していたりもします。

きゅっと結んだ口元とやや横にたなびく髪の毛、しっかりとこっちを見つめる目がクールな印象を伝えているような雰囲気が
すてきだと思います。

本日一日だけで結果的に三つの妖夢フィギュアをご紹介させて頂きましたけど、ここからみても妖夢の魅力が
一段と感じられますし、妖夢が第15回東方人気投票でこいしちゃんを抑えて3位に入った理由もよく分かるような
気もしますね~!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

サタデーアドベンチャー

こんにちは。
aiwaのブラウン管テレビはボクも昨年まで使ってました。
80年代のFM番組「サタデーアドベンチャー」の冠スポンサー。
タイトルコールは小学生時代のイイ思い出です。

aiwaのブラウン管テレビ

五航戦の愛鷹 様


aiwaのブラウン管テレビはビデオ付という事もあるのかとてつもなく重たいです!

処分のため外に運ぼうとしたのですけど、階段から下すのも四苦八苦で現在の液晶テレビの軽量さは
改めて「すごいな~」とも感じたものでした。

ブラウン管テレビは、液晶テレビ以上にリサイクル処分代が掛るみたいでして、埼玉だと2700円近くも
掛ってしまいそうです・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |