FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


この年の大会で印象的だったのは、中学の部も全く同じ傾向なのですが、
銅賞が前半に集中し、金賞は比較的午後の方が多く出た事かな・・・
高校の部より、中学の部にこうした傾向は強く出ていました。
やはり午前中の出場は、コンディション調整の面からも大変なのでしょうね・・・
だけどそれでも天理は午前中の出場でも、ああした歴史的名演を残すのだから
大したものです。さすがとしかいいようがありません。

それにしても、高校の部は、プログラム10番までで既に銅賞が6団体も出ています。
この年は生で聴いていましたが、午前中の自分の感想は
「うーーーん、今年は前年の1984年よりもレベルが低い・・・
 一体どうなっているのだ・・・」でしたけど、
午後に入ってこうした感想は少しずつ変化していきます。
この年の銅賞は8団体でしたけど、午後の銅賞は2団体だけというのも
何か午前と午後の出場で明暗をはっきりと分けてしまった大会だったような印象もあります。


〇下松

 初出場で少し緊張したのかな・・・
 聴いていて落ち着かない感じがし、終始浮ついた感じの演奏で終わってしまいました。
 何か普段の練習の10%の力も発揮しないうちに終わってしまったという感じです。
 課題曲「波の見える風景」も「穏やか」というよりは「貧相」という感じでしたし、
 自由曲の「幻想交響曲」もこれ程劇的要素を秘めているのだから、もうすこし吹っ切れた状態で
 果敢な表現をして欲しかった・・・
 だけど、このチームは翌年には実力の片鱗を見せ始め、
 89年~91年の素晴らしい名演につながっていくのです。

〇日大豊山

 付属高校は、規定によりメンバーが足りない時は付属中学のメンバーを出しても良い事に
 なっています。
 そのせいか、日大豊山の奏者の1/4近くは中学生だったような印象があります。
 それが影響したかは不明ですが、演奏は一言で述べると「素直」
 悪く言うと、パンチに欠けインパクトが弱い演奏・・・
 ただ演奏は楽に聴かせてくれ、ほのぼのした演奏だったと思います。

〇青森山田

 演奏は決して悪くないと思います。
 だけど評価は銅賞でした・・・
 うーーん、何が良くなかったのかな・・・
 技術・音色・サウンド・解釈・個性、全てが平均点という感じで何かアピールするものが
 あまりなかった事が印象薄につながったのかも・・・

〇出雲

 課題曲Aは全然悪くない演奏でした。
 自由曲の「エル・サロン・メヒコ」も導入部は爽やかさと強烈さがうまくミックスし良かったと
 思いますが、それに続くトランペットのソロが大崩し、外しまくり
 演奏の印象が極めて悪くなってしまいました。
 この曲の印象はこのトランペットの出来不出来で大分変って来るけど、
 このチームは見事なまでに大事な大事なソロをしくじってしまい、それが全体にも影響を
 及ぼしたのか、中盤から後半まで、その悪い流れを引きずってしまい、
 普段の力を出し切ることなく終わってしまったという感じです。

以上4団体は残念ながら全て銅賞・・・
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

普門館で近くの席の人が「去年は寄港地対決で負けたけど、今年は楽勝淀のかちやな。あんな上手かったのになんで今年は酷いんかな?」と明らかに川本と出雲を混同してるのが笑えました。

出雲高校

渚スコープ 様

もしかして1985年の全国大会・高校の部では渚スコープ様と自分は結構近い席だったのかも
しれませんね・・・(笑)
出雲と川本の混合の件は何かとても面白かったです。
ま、もっともこの年の淀川工業の「エル・サロン・メヒコ」もお世辞にも完璧とは
言えない演奏でしたけどね・・・

出雲高校は、以前から不思議に思っていることがあり、
恐らく部員の中には出雲一中と二中出身の方が多いとは思うのですが、
なぜ高校に入ると伸び悩むのでしょうかね・・・
やはり「指導者の指導力不足」なのでしょうか、
それとも既に中学で燃え尽きてしまったのでしょうか・・・??

出雲高校と言うと、1977年の
オネゲル/交響曲第三番「典礼風」第一楽章の渋すぎる選曲と
80年の「海」でなぜか小太鼓のロールが入る妙ちくりんなアレンジが印象的です。
指揮者が森脇氏に交代したすく後の88年の「ローマの祭り」が一番優れているようにも
感じられます。
あの演奏は正直「金」でもいいと思いました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/479-be81492f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |