FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


本日からいよいよ3月到来という事で、東方で言うとリリーホワイトが満面の笑顔で「春ですよー」と到来してくる季節に
なりましたし、あと3週間程度で桜の開花宣言も出てきそうですし、
何よりも最近は昼間もそうですけど朝晩の冷え込みも少しずつ緩和されている感じもあります。
季節は着実に春に向かっていると思います。

春に関連したクラシック音楽というとストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」とかシューマンの交響曲第1番「春」とか
ドビュッシーの交響組曲「春」といった曲を思い出しますけど、吹奏楽オリジナル作品の上でも
ホルジンガーの「春になって、王たちが戦いに出かけるに及んで」とかバレンジャーの序曲「スプリング・レイク」とか
コンクール課題曲の「スプリングマーチ」などといった曲を連想します。
そして吹奏楽オリジナル作品で多分ですけど、吹奏楽経験者の皆様にとって最も馴染みがある曲と言うと
A.リードの序曲「春の猟犬」と言えるのかもしれないです。
ちなみにこの曲の正式タイトルはスゥインバーンの詩に基づく管楽器のための序曲「春の猟犬」という結構長めのもので
あったりもします。

改めて言うまでもないのですけど、A.リードの吹奏楽オリジナル作品って素晴らしい名曲が揃っていると思います。
例えば、アルメニアンダンス【パートⅠ バートⅡ】、オセロ・ハムレットへの音楽、エルサレム讃歌、
パンチネルロ序曲、エル・カミーノ・レアル、第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」なとなど、そこにあるのは音楽の宝石箱
なのだと思います。

そうしたすてきな名曲で「春」にふさわしい曲と言うと8分半程度の曲なのですけど
序曲「春の猟犬」も決して忘れる事が出来ない素晴らしい作品だと思います。
曲の形式はA-B-Aのオーソドックスな三部構成となっていて、
Aの部分は猟犬が雪の原っぱを駆け回る明るく元気な様子を表現し中間部Bは大変しっとりとロマンティックに
美しいメロディーラインを歌い上げていて、再度Aの部分へと展開した際のトロンボーンのアンサンブルが素敵ですし、
ラスト近くのティンパニソロを経てラストの全合奏のffで閉じる感じもまた実に魅力的です。

「春の猟犬」の基本ビートは8分の6拍子であり、この拍子自体が日本の楽曲にはあまり見られないリズムであり、
曲の中にも変拍子もいくつか散見されるので、この独特なビートに慣れるまでは指揮者も演奏者もそのリズム感を
着実につかむまでは少し大変なのかもしれないです。
後述しますけど、この「春の猟犬」は私が高校を卒業した年に後輩たちが定期演奏会で取り上げていて、
クラリネットのパート練習を私がまだ在学時に何度か覗いたことがあるのですけど、やはり冒頭の
ターンタタン(符点8分音符+16分音符+8分音符)のリズム感はちょっと独特のクセがあり、あのちょっとリズム感が
取りにくい変拍子を体内に染み込ませるのは少し大変なのかもしれないです。
ちなみに「春の猟犬」は私自身も大学の定期演奏会で演奏する機会に恵まれましたけど、やはり冒頭からAの部分の
独特の8分の6拍子のビートは慣れるまでには少し時間がかかったものでした。
(日本人が元々有しているかもしれない拍子の感覚と春の猟犬の拍子の感覚の違いは、まさしく和と洋の違いと
いえるのかもしれないです・・)

全体的には、厳しい冬の寒さの後の躍動感や春の喜びを存分にたっぷりと歌いあげた曲で、聴くだけでわくわくと
させられるものは間違いなくあると思います。

この曲が日本の吹奏楽コンクールで演奏され始めたのは1982年だと思いますけど、この時のプログラム表記は
序曲「春の猟犬」となっていたものの、
1984年の全国大会・高校の部でこの曲を演奏した札幌白石高校のプログラム表記を見てみると
スゥイバーンの詩に基づく管楽器のための序曲「春の猟犬」となっていましたけど、実際はこちらの方が正式タイトルのようです。
春の猟犬は19世紀の詩人A.スウィンバーンが1865年に出版した詩の印象に基づいて作曲されたのですけど、

その詩とは・・・・

春の猟犬が冬の足音をたどる頃
月の女神が牧場で草原で
暗がりを、風吹く場所を
葉音、雨音で満たす
微笑み隠す唇ほど柔らかな
木々の茂みを陽気に分け入り
追い求める神々の目を逃れ
かの乙女は身を隠す

という内容です。

リードは、この詩から「若さ溢れる快活さ」と「甘美さ・優雅さ」の二つをこの序曲に託したのかもしれないです。
6/8拍子を中心とした軽やかな明るいリズムは快活さを表現し、中間部の4/4拍子の甘いメロディは、
恋という青春の優美さ・甘さをそれぞれイメージしたものなのかもしれないです。
春の猟犬は何度聴いても「こんなに分かり易い曲無いよね~」と思わず頷いてしまうくらい実にシンブルな曲ですけど、
分かり易いメロディーに躍動感と甘さが加わり、形式もA-B-Aと非常にシンプルで分かり易さを絵に描いたような序曲と
言えるのは間違いないと思います。
リードはたくさんの演奏会用序曲を残していて分かり易くてメロディーラインが魅力的な曲をたくさん残していますけど、
私的には、春の猟犬・ジュビラント序曲・パンチネルロが特に抜きんでた傑作序曲なのかな・・?と思っています。
パンチネルロの中間部も実にしっとりとした歌がありましたけど、
パンチネルロの場合、多少哀愁みたいなものがあったのに対して春の猟犬は抒情的でロマンチックというのが
二つの序曲の違いなのかもしれないです。

私の高校も定期演奏会で一時期よくリードを演奏していました。
高校一年の時は、アルメニアンダンスパートⅠとパンチネルロを演奏させて頂き、
高校二年の時に、第二組曲とジュビラント序曲を演奏する機会に恵まれ。
そして高校3年の、私にとって最後の定期演奏会では、リードの春の猟犬とハムレットは是非演奏したいと思っていたものの
あえなく「パートリーダー選曲会議」でボツとなってしまい、結果的になにかやり残した想いはあったものでした。
アルメニアンダンスパートⅠと第二組曲という私にとってのリードの大本命を演奏出来たのだから、これ以上望むのは
確かに高望みだったかもしれないけど「春の猟犬」は演奏してみたかった気持ちは当時ありました。
「春の猟犬」は大学の定期演奏会で演奏できたからよかったですけど、ハムレットとオセロを演奏できなかったのは
今となっても少々心残り・・という想いも実はあったりもしそうです。

「春の猟犬」は1980年代~90年代前半までは、吹奏楽コンクールでもかなりの人気曲でしたけど
最近はあまり聴かれなくなったのはとても勿体ないと思います。
全国大会では1993年を最後に演奏されてはいませんけど、支部大会においては現在もスクールバンドの小編成部門の
貴重なレパートリーとして演奏され続けているのはとてもありがたいことだと感じています。
大変ローカルな話ですけど、埼玉県大会の高校の部・小編成部門にて桶川高校がこの春の猟犬を大変生き生きと
演奏していて「なんとか代表になれないかな・・」と思っていたら本当に埼玉県代表の一校として西関東大会に
出場されていたのが大変印象的であったりもします。
春の猟犬といった素晴らしい名曲は是非ぜひ今後も演奏され続けてほしいと感じております。
「春の猟犬」の全国大会での名演は、1982年の福岡工大付属高校と88年の野庭高校の演奏が双璧の二大名演だと思います。

野庭高校の1988年の「春の猟犬」は、ホルンパートなどにネリベルの「二つの交響的断章」を彷彿させるぐらいの
強烈な音の落差をつけていて、好き嫌いと言うか評価の分かれる演奏だったのではないかと思います。
1988年の全国大会の高校の部は、結果的に課題曲AとDを選んだチームしか金賞を受賞していませんけど、
Aの「深層の祭り」を選択したチームは、ダフクロ・海・サロメといった官能的な曲を音楽的にかっちりと聴かせてくれるチームが
多く、Dの「カーニバルのマーチ」を選んだチームは、「あっ」と唸らせる技術力の高さで金賞をもぎ取ったという印象があります。
そうした中で音楽を自分達のものとして聴衆にも「音楽をする楽しみ」を感じさせたのは、この野庭高校だったと思います。
野庭高校の「春の猟犬」は、聴いていてとてもワクワクとさせられるものがあり、確かにクセはあるのだけど
奏者も普門館の聴衆もみんな一丸となって楽しくこの楽しさを味わっていたと思います。
中間部の歌もたっぷりと抒情性豊かにロマンチックに歌い込み、後半のアレグロもラストに向けての追い込みも
見事としか言いようがなく、文句のつけようがない金賞だったと思います。
野庭高校のリードを演奏しての全国大会出場は結果的にこの年が最後となります。
アルメニアンダンスパートⅠ→ハムレット→オセロ→春の猟犬という「黄金の流れ」となっていたのですが、
翌年から3年間は伸び悩みの時期に入り、1992年から全国大会に復帰するのですが
それ以降はアレンジ路線になってしまい、リードを演奏していた頃の野庭の自由奔放さ・躍動感がすっかり影をひそめて
しまった印象も感じられ、指揮者の中澤先生の厳格なコントロールの下でどことなく窮屈な音楽の展開になっていったのは
少々残念な感じもいたします。
(その例外の奇蹟の名演といえるのが1993年の「くじゃく」だと思います)

1982年の福岡工大付属は、冒頭から溌剌さ・生き生きとした感じがとても良く出ていて、テンポをヘンにいじる事もせずに
素直で伸び伸びとした演奏を聴かせてくれていて、この演奏こそが春の猟犬の歴代の演奏の中では最もオーソドックスな
正攻法の正統派の名演だと思います。
多少金管セクション、特にトランペットの音がつぶれる傾向にあった事と、最後の最後でわずか数小節をカットしてしまい
原曲を知っている人間から見ると「唐突に終わってしまった」みたいな感じもあったように感じられます。
あの微妙なカットは、タイムオーバーを恐れたというよりは、指揮者の鈴木先生の「一気にスパートをかけて終わらせよう・・・」と
いった解釈なのかもしれないです。
全体的には大変生き生きとした名演だと思います。

とにかく「春の猟犬」はコンサートでもコンクールでも絶対に忘れてはいけない不滅の名曲だと改めて感じますし、
この曲の春の雰囲気と躍動感と中間部のロマンチックは是非皆様に一度ぐらいは聴いて欲しいな~と
改めて感じたりもします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

春の猟犬はおっしゃっておられる通り6/8で快活な弾む春の雰囲気を纏った秀作ですよね。奏者としては6/8に苦労するんですが(笑)

演奏としては1982年?の自由曲集でも十分なんですが、やはり88年の野庭がインパクトが強くてたまに聞くならついこちらを選んでしまいます。

私のリード演奏歴を挙げてみると・・・多すぎて怖い(笑)
学生時代に第3組曲、ゴールデンジュビリー、インペラトリクス、アルメニアンⅠ
一般団体で、音プレ、第2組曲、春の猟犬、ハムレット、ロシアンクリスマス、オセロ、第1組曲、パンチネロ、ジュビラント序曲、エルカミーノレアル、小組曲、法華経Ⅲ、エルサレム讃歌

もう病気ですよね。
1位はパンチネルロかな「ロマンディックコメディへの序曲」とある通り、コミカルとロマンディックと道化師らしく悲哀もあり大好きな曲です。

春の猟犬

まつたく 様


春の猟犬は名曲揃いのリードの楽曲でも屈指の人気名曲の一つだと思います。

あのわかりやすさと生き生きとした躍動感と中間部のたっぷりとした歌は、今現在聴いても色褪せるものは
全く無いと思います。

それにしても随分とリードの楽曲の演奏経験があるようでとてもうらやましいです!

私自身も第二組曲・アルメニアンダンスバートⅠ・パンチネルロ等の演奏経験はありますけど、
肝心要のハムレット・オセロ・エルサレム讃歌を演奏できなかった事は実は今でも未練たっぷりだったりします・・

野庭の春の猟犬はカーニバルのマーチと合せて88年の屈指の名演の一つだと思います。
至る所に中澤先生節が全開となっていますけど、2年後のエル・カミーノ・レアルの関東大会は、
まるで借りた来た猫のようにおとなしい消極的な演奏になってしまったのは大変惜しまれるものがあったと
思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4784-fdbff98c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |