FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


私自身の勝手な感覚なのですけど、「仮面」というと、本来自分が有している属性を隠して、
本来自分が有していないキャラを意図的に演じる事が出来るというような感じもあったりします。
自分が元々有しているキャラを隠蔽し、別のキャラを演じる事で「今までの自分とは違ったもの」を見出してみたいという意図が
そこには多少はあるのかもしれないです。
そこには何やら「怪しい→妖しい」領域と言う感覚もあったりしますし、これが「仮面舞踏会」というと、
何か妖しげな男女の出会いの場という感じもあったりもします。
男女の最初の出会いの場がたとえば「ロメオとジュリエット」のように仮面舞踏会みたいに、お互いの顔・身分・素性を全て
隠した上で、演じたキャラとして出会いの場に臨むというのも大変面白そうなものもあったりもします。

そうした意味では「仮面」というのは、「本来自分が有していないはずの属性」を「仮面」というものをあえて身に付ける事で
表面的な自分を一旦表面上隠蔽した上で演じられるという事に不思議な魅力を感じたりもします。
そうした意味では仮面というワードが示唆するものとは変身願望といえるのかもしれないです。

吹奏楽作品でそうした仮面というワードを用いてそうした変身願望みたいなものを提示した作品のひとつが
マクベスの「マスク」やパーシケッティーの「吹奏楽のための仮面舞踏会」といえると思うのですけど、
邦人作品としての仮面をモチーフにした作品で思い出すのは小山清茂の交響組曲「能面」と大栗裕の「仮面幻想」と
言えそうです。
能面は大変どろどろとしたおどろおどろしい日本の情念が曲の中の至る所から感じ取られるのですけど、その本質は
やはり変身願望に近いものがあるのかな・・?と私的に感じたりもするのですけど、
大栗裕の仮面幻想はそうしたおどろおどろしさとか幽霊がヒュードロドロ・・と出てくるような感覚とは異なるものがあると
思いますし、変身願望という側面よりはむしろ純粋に子供の遊びとか茶目っ気たっぷりの神社での奉納の舞をイメージ
したように聴こえるのが「能面」との違いのように感じたりもします。

大栗裕の吹奏楽作品は、昔も今も人気が高く、全国大会でも「神話」・「大阪俗謡による幻想曲」が40年以上も継続的に
演奏され続けているその事実が全てを物語っていると思います。
特に「神話」の作品としての完成度の高さ・音楽としての魅力は本当に尽きないものがあると思います。
神話と大阪俗謡による幻想曲は元々は管弦楽曲で、後日それを吹奏楽にアレンジした経緯があるのですけど、
ナクソス盤から出ているその管弦楽版のCDを購入し聴いてみたのですけど、率直に言ってくどいです・・
あまりにも冗長でドロドロとし過ぎていて、長すぎであまりピンとこなかったです・・
これは私自身が吹奏楽コンクールの吹奏楽カット版に耳が慣れてしまった事が原因でもあり、むしろ大栗先生に
大変失礼な話であるのはよく自覚しているのですけど、これも吹奏楽コンクールの一つの功罪なのかもしれないです。
但し「神話」に関しては、吹奏楽コンクール用のカット版の方が音楽的密度の面からもストーリーのわかりやすさという
意味でも、私個人としてはこの曲は8分程度にコンパクトにまとめた吹奏楽カット版の方に大きく魅力を感じたりもします。

大栗裕というと、ほとんと゜の皆様は大阪俗謡と神話のみを推されるとは思うのですけど、このブログでも実はかなり
頻繁に登場している「巫女の詠えるうた」とか吹奏楽コンクール課題曲でもあった小狂詩曲やバーレスクも
大変内容が充実した作品とも思いますし、他には全国大会では最近全く演奏されなくなっていますけど「仮面幻想」という作品も
捨てがたい魅力があります。
仮面幻想が全国的に知られるきっかけを作ったのが1987年の城陽中学校と1988年の札幌白石高校の素晴らしい名演だったと
思いますけど1995年を最後にこのすてきな名曲が全国大会では演奏されていないのが少しさみしく感じたりもします。

仮面幻想の初演は国立音楽大学 第10回シンフォニック ウインド アンサンブル定期演奏会(1981年11月18日日本青年館)
なのですけど、初演の演奏会のプログラムの曲目解説には、大栗裕の言葉として
「新鳥蘇という大陸から伝わった舞楽の面。卵形の輪郭、下がった目尻、鯰ひげをつけた道化の面。この面から
イマジネーションをかきたてられ仮面幻想を作曲しました」と記されています。
仮面幻想は国立音楽大学からの委嘱作品なのですけど、この曲を作曲されていた頃の大栗先生は既に病魔に侵されていて、
病床のベッドの上からも作曲をされていた事もあったとの事です。
結果的に「仮面幻想」は大栗裕が吹奏楽のために書いた最後の作品となってしまい、最晩年の作品の一つと言えそうです。
国立音大の初演の演奏会からちょうど5ヵ月後の1982年4月18日に大栗先生は彼岸の彼方に旅立たれてしまいます。
享年は63歳で、作曲家としてはまだまだこれからという時でもありましたので、その早すぎる死は日本の吹奏楽界の
大きな損失と言えるのかもしれないです。

仮面幻想には、仮面というタイトルが付けられていますけど、マクベスの「マスク」のような内面的緊張感や
パーシケッティーの「仮面舞踏会」の「妖しさ」という感じはこの曲からはあまり感じられません。
どちらかというと和の感覚に近いものがあると思います。
神話・バーレスクの世界のようにドロドロした感じはあまり感じられず、
小さい子供が神社の境内でふざけてお祭りで使用する際の「お面」をかぶってひょこひょこ遊ぶというようなイメージが
漂いそうな曲と言えるのかもしれないです。
カテゴリ違いなのかもしれないですけど、東方Projectに登場するお面の付喪神の秦こころが霊夢の博麗神社で
奉納していた舞を音楽として表現しているようにも聴こえたりもします。
どちらかというと、子供のお遊びとか神社のお祭りで余興として披露される少しずっこけておどけた感じの仮面芝居といった
雰囲気をこの曲から感じ取ったりもします。
決して難しい音楽ではありませんし、どちらかというと指揮者にしても奏者にとっても演奏していて楽しいと感じさせる何かは
秘めていると思います。

出だしの、サスペンダーシンバルとタムタムがドラムスティックでチンチン叩く感じから始まり
フルートが何か鄙びた素朴なメロディーを展開していくのですけど、この部分がいかにも素朴でかわいいというのか、
子供と言うよりもひよこがぴょこぴょこと遊んでいるような感覚もあり、冒頭からして曲の魅力に惹きつけられそうです。
後半はトムトム等の打楽器が大活躍しますけど、その感じが時代劇のチャンバラ活劇みたいな感じもして
視覚的にも音楽の雰囲気的にもとても楽しいものがあります。

私がこの曲を最初に聴いたのは、1987年の全国大会・中学の部の城陽中学校ですけど、本当に素晴らしい名演ですよね。
課題曲の「風紋」も見事な演奏でしたけど、仮面幻想の前半と後半の対比が極めて鮮やかでとても印象に残っています。
翌年の札幌白石も素晴らしい演奏でしたし特に前半の緊張感がとても良かったと思います。
仮面幻想の全国大会での演奏と言うと大半の人はこの両校を推されるとは思うのですけど、私的には
もちろんこの両校も素晴らしい名演であるのは間違いないのですけど、音楽の個性や独創性という観点では
銀賞なのですけど1989年の市立川口高校も私は大好きな演奏です。
市立川口高校の場合、少しアンサンブルが粗雑というのかメロディーラインの受け渡しなど技術的に少し不満が感じる箇所も
無い訳ではないと思いますし、この当時の市立川口は既に全盛期をもしかしたら過ぎていたのかもしれないですけど(汗・・)
部分的にテンポルバートをかけたり、わざと演奏に間をとったり、速い部分と遅い部分の落差を強調したりと
そのユニークな表現と個性的な演奏は中々見事なものがありました。
評価は分かれる演奏だと思いますけど、私は大好きです。
市立川口高校というと吹奏楽好きの皆様にとっては、例えば二つの交響的断章・神の恵みを受けて・無言の変革シリーズなど
その豪快で切れ味の鋭いサウンドに目がいきがちと思われますけど、私的には市立川口高校の本質は、むしろ
弱奏の部分のソロパートの強さや弱奏部分やアンダンテ部分での大変説得力のある歌い廻しの方にあるのかなと
感じたりもしますし、やはり市立川口の最大の強みは、弱奏ととんでもない荒ぶる強奏のそのダイナミックスレンジの
とてつもない広さと極端さなのだと思ったりもします。
例えば、1987年の大栗裕の「吹奏楽のための神話」においては、踊りの部分が終結しフルート・クラリネットによる大変
静粛で緊張感漲る部分が続いている際の、ソロパートのバックで不気味にドラのロールやサスペンダーシンバルの撥打ちを
している打楽器パートのあの緊張感の維持は、当時普門館の客席であの演奏を固唾をのむ思いで聴いていた
私の心を鷲掴みにしてしまったものでしたし、あの静粛さがあったからこそ踊りとエンディングでのあのとんでもない大音響が
活きてきたと思ったりもします。

1989年の市立川口も結構信国先生はやりたい放題の自由な解釈を楽しまれていて、神話の踊りの時と同じように
後半の例のあのチャンバラ活劇みたいな部分の追い込みは圧巻でしたし、
中間部の瞬間的に間をかなり取っていて、部分的に尋常ではないテンポルバートをかけまくっていて、
あの少しやり過ぎとも思えるテンポの揺れとダイナミックスレンジの落差のすさまじさとか音楽的な「ひそやかさ」の充実とか
神話同様に聴いていてゾクゾクさせられるものがあったと思います。
(翌年の90年もそうでしたけど、課題曲の前半の不調が大変惜しまれます・・・)

上記で既に書いた通り「仮面幻想」は全国大会では2018年時点で1995年以降演奏されていませんけど、
実は支部大会ではほぼ毎年忘れることなくこの曲が演奏され続けている事は大変嬉しく思ったりもします。
1994年の関東大会B部門は、関東8県で開催される大会としてはこの年がフィナーレで翌年から東関東と西関東に
分離してしまうのですけど、この年の関東大会の高校の部は、仮面幻想が大人気で計5団体が取り上げ、
朝早い時間帯から3団体が連続してこの曲を演奏していたのはかなり印象に残っています。
そしてこの曲は今現在はどちらかというと中学校の小編成の部でレパートリーとして定着しているようにも感じたりもします。

もちろん全国大会のような晴れの大舞台での演奏も素晴らしいですけど、県大会・支部大会の小編成で忘れることなく
今後も演奏され続けて欲しい曲の一つだと思います。


縺薙%繧浩convert_20190219120610




ここから下記は少しばかり東方の余談です。

上記で「仮面幻想」は東方のお面の付喪神の秦こころのテーマ音楽みたいと記しましたので、最後にほんの少しだけ
秦こころについて触れさせて頂きたいと思います。

秦こころは元々は穏やかで物静かな傾向がある付喪神なのですけど、「希望の面」一つ失くした事で
普段のポーカーフェイスもどこへやら、あれほどまで暴走をしてしまうキャラでもありました。
秦こころは感情を司る感情豊かな付喪神なのですけど、お面に表情を頼り表情を作ることができない欠点があったりもします。
仮面幻想の激しい部分は、そうした意味では秦こころの感情の暴走をイメージしているようにも聴こえますし、
静粛でひそやかな部分は、秦こころの感情を制御できないもどかしさやとまどいみたいなものを表現しているようにも
聴こえたりもしたものでした。

「東方鈴奈庵」の一コマで、秦こころが博麗神社での奉納神楽を演じているシーンがありましたけど、あの奉納の神楽の
イメージが私的には仮面幻想の世界に近いのかもとついつい感じてしまいそうですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

仮面幻想

仮面幻想は最近の全国大会ではとんと聴かれなくなり少し残念ですけど、地区予選・県大会では毎年忘れることなく演奏され続けているのはとてもありがたいものがありますし、こうした日本の和の心を大切にする曲は大事にしていきたいものです。

個人的には88年の札幌白石の演奏がとても強く胸に焼き付いています。
子供がおどけて仮面を被ってひょこひょこ踊りそうな情景も浮かびそうです。

仮面幻想

しゆう 様


仮面幻想は中学・高校の小編成ではしっかりと根を下ろした定着した作品にもなつているようですので、
この曲を演奏した生徒さんがいつの日にか指導者になられて、
全国大会の自由曲として仮面幻想を演奏してくれれば本当に素晴らしいことだと思います。

88年の札幌白石のアンサンブルの緻密さは素晴らしいものがあったと思いますし、あの和の雰囲気を最後まで
キープしていたのはさすがだと思います。
この曲は神社の奉納音楽として解釈するのも一つの考えなのかもとれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4776-90697923
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |