FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ボーカロイド楽曲の「シャルル」は2016年10月12日にニコニコ動画に投稿された曲です。
曲を作ったのはボカロPのバルーンさんで自身の26作目の楽曲で、バルーンさんの初となるミリオン再生曲でもあり、
現在はダブルミリオンを達成されています。
昨年・・2018年、スマートフォン向けゲーム「バンドリ!ガールズバンドパーティ!」で、ロゼリアがカバー曲として配信
したことで人気が再沸騰した楽曲としても知られています。
そしてこの楽曲を歌っているのはVOCALOID3女性歌声ライブラリの「v flower」であり、キャラクター名としては
flowerとされています。
キャラクターの呼び方としては、「花ちゃん」という呼び方が推奨されていて、キャラの外見上の雰囲気としては、
白と黒のパイナップル状ヘアに黒基調のスカート衣装の姿という感じです。
特筆すべき点はボーカロイドキャラとしては少し異例なのかもしれないですけど、幅広いジャンルの中で「ロック」に特化している
という点が挙げられると思います。
flowerはキレのあるパワフルな女性歌声ライブラリで、早いテンポにも負けないハリがあって力強い歌声が特徴で、
ギターサウンドが前面に出るような激しい楽曲においても声が埋もれにくいというエネルギッシュな点はボーカロイドキャラ
としては大変個性的で異彩を放っているようにも感じられます。

シャルルはお互い愛情があるのにうまくいかない男女の関係が描かれ、最後には別れという結果になってしまう楽曲なのですが、
この楽曲は東方MMDとしても霊夢等がとてもかわいくせつなくダンスをしているのですけど、
私的には私服の咲夜さんのかわいいし大人っぽい雰囲気がとてもお気に入りですので、本記事でもってご紹介を
させて頂きたいと思います。


繧キ繝」繝ォ繝ォ繝サ蜥イ螟彑convert_20190216184705



タイトルになっているシャルルという言葉はフランス語で「男性」という意味です。
そのためシャルルという楽曲は男性の目線で歌われている曲であると解釈する人が多いような感じもします。
だけどこのシャルル全体の歌詞をつらつら眺めていると、一人称が極めて曖昧というせいもありますし、
一人称が僕という時もあれば、二人称の君というワードも登場しますし、
曲全体が二人の想いを共通して歌い上げているようにも感じたりもしますし、
解釈によっては男女どちらからの視点でも聞き取れる歌詞とも言えそうなのですけど、flowerのパワフルだけど中性的な
印象もある女性ボーカル楽曲として聴くと女性の視点から捉えた男性を象徴するシャルルへの別れの楽曲として
解釈するのが最も妥当性があるように私的には感じられたもします。

シャルルと女の子の関係性は昔は恋人っぽい感じの時代もあったのかもしれないけど、その過程の中で
たくさんのすれ違いや誤解やコミュニケーション不足が生じ、どんどん関係が破綻していき、
確かにお互いに好意を持っているのかもしれないけど、最終的にはそうした関係に終わりを告げる時の「別れ」というものを
時に男性の視点で描きながら、多くは女性視点から捉えて歌い上げているように感じられます。

別れというものは男女にとっては、関係性が浅くても深くてもお互いに哀しさはつきまとってしまうものですけど、
シャルルの世界の男女の関係性はそれなりの歴史があったようにも感じ取れますので、その別れというものには、
本音としては「お互いに好意を持っているのだから本当は別れたくない・・」と感じつつも
「このずれと距離感はもはや修復不可能」と言う事で別れざるを得ないし、別れる際にはせめて笑顔でお別れしよう
みたいなせつなさも歌詞からは感じ取れそうです。
せつない感情を抑えて無理をして笑顔を作りながら女の子からシャルルという男性への象徴に対して
無理してバイバイ・・を伝えている雰囲気が感じられそうです。

歌詞の中の「いがみ合ってキリがないな」というのはこの二人には絶え間ない喧嘩が続いていた状態でもありそうですし、
「黙っていよう それでいつか苛まれたとしても 別に良いんだよ こんな憂いも意味があるなら」という個所からは
二人のすれ違いの痛さが感じられそうです。
歌詞全体からは女性視点で描かれているけどここで唐突に「僕ら」という複数形が登場している事が示唆しているのは、
この二人は半分同棲みたいな感じで、一緒に暮らしていた時期もあったのだけど、その同居生活の中で
お互いの欠点や気に入らないところが色々と浮かび上がってきて、それがもはや我慢のレヴェルを超えてしまったという
事なのかもしれないです。

そして曲のラストのサビで静かなクライマックスが訪れます・・

「きっときっとわかっていた 騙し合うなんて馬鹿らしいよな
ずっとずっと迷っていた ほらね 僕等は変われない
そうだろう 互いのせいで今があるのに」

これまでの何度となく繰り返されたいがみ合いとすれ違いと喧嘩の果てにお互いが譲り合うことができず、
お互いがお互いを認め合い尊重するという雰囲気は既に微塵も無く
「自分がチェンジしてこの状況を打開しよう!」という意気込みももはや何も残っていないという事なのだと思いますし、
結局は本音としてはお互いが好きなのだけど、どうしても修復できない壁を越えられず、結局は「別れ」という選択肢を
選ばざるを得なかったという事になるのだと思われます。

「日に日に増えていた後悔を
語って語って夜の群れ
許し合って意味もないな
否否
愛を謳って謳って雲の上
語って語って夜の群れ
哂い合ってさよなら」

二人がお付き合いしていた時間には「自分もあの時は悪かった・・あんなこといわなければよかった・・」みたいな
後悔もあったのかもしれないですし、お互いに自分自身の非を認め合う瞬間もあったのかもしれないですけど、
別れの瞬間が迫った二人には既にそうした「昔はよかったけど今は・・」という感覚しかないのかもしれないですし、
二人にとっては今と言うこの瞬間は「あの日にもう帰れない・・」という事なのだと思います。

お互い愛情があるのにうまくいかない男女の関係が描かれている楽曲は聴いていても胸に突き刺さるものが
あるのだと思います。

そうしたボーカロイド楽曲を東方MMDとして大人っぽい雰囲気の咲夜さんが意味深にダンスをされている姿を見ると
この楽曲にすてきな華が添えられているようにも感じられます。

→ 【東方MMD】 シャルル / Charles 【私服咲夜さん】







ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれた
イラストのご紹介コーナーです!
本記事はボカロ楽曲のシャルルのレビューとシャルルの東方MMDとしての咲夜さんがメインなのですけど、
シャルルの苦い男女の別れとか咲夜さんのかわいいけどどこか意味深な雰囲気もありそうな東方MMDのダンスを
見てしまうと、それはそれでとてもすてきな咲夜さんではありますが、男女の苦い別れとかあまり関係なさそうな
健康的で清純な雰囲気の咲夜さんも見てしまいたくなってしまいます。
そうした意味でぴったりの咲夜さんというと、私的にはアミグリさんが2016年6月に描かれた咲夜さんがなんとなく
そうしたイメージに近そうという感覚もあったりもします。

2016年6月の咲夜さんも本当に素晴らしい作品で、そこから感じ取れる咲夜さんは、
「男女のほろ苦い関係とか苦しい恋というのは、幻想郷でレミリアお嬢様と生きる今の私にはあんまり関係がないのかも~」と
いった「明るい! そうだ! 全てが明るい!!」といった眩しさと少女の清楚さが全開の咲夜さんという事なのだと思います。

アミグリさんが描かれた咲夜さんというと、2016年2月のゲスト寄稿の咲夜さんとか
当ブログの「開設5周年」にリクエストさせて頂きました「フリルを描かるのはさぞかし大変なご苦労があったに違いない」と
推察されるこれまた素晴らしい咲夜さんもありますので、
こうやって見てみると「どれがマイベスト咲夜さんなんだろう・・」と一晩中本気で悩みかねない
贅沢な悩みが生じたとすら思えるほどのすてきな咲夜さんイラストをアミグリさんは描かれてきたという事になるのだと
思います!

上記の咲夜さんは初夏の雰囲気にぴったりの作品だと感じられます!
背景の水滴もそうした夏らしさをすてきに演出していると思いますし、最近のアミグリさんの作風の最大の特徴とも言える
キラキラ可愛らしさの先駆け的作品の一つとも言えるのではないのかなと感じたりもします。

掲載当時のアミグリさんのコメントとしては
「最初いつもの目で描いてたんですが、少し釣り目にしたらしっくりきました。」との事なのですけど、
なるほど・・!
確かに少し釣り目にしただけで咲夜さんの印象もかなり異なって感じるものですね!
この咲夜さんは、ちょびっとだけやんちゃっぽく見えてとってもかわいいです!
この咲夜さんは、普通の人間っぽい感じもありますし、
わがままお嬢様のレミリア様の言動に振り回されながらも健気に頑張っているという雰囲気も伝わっているような感じが
ありますし、そうした感じが「爽やかさ・健気さ・頑張っている感じ」を醸し出しているように感じられます!
そしてここから感じられる咲夜さんからはまだ恋の悩みという雰囲気ではなくて、とにかく美少女としての咲夜さんという
事なのだと思います。

咲夜さんがピースしている構図もとてもかわいいです!

こうした咲夜さんを拝見させて頂くと「咲夜さんもその辺を歩いている外界の普通のJKさんとほとんど変わりがないのかも~、
咲夜さんの正体は案外普通の人間だったりして・・!?」と感じさせる王道的・正統派的かわいらしさに溢れていますし、
幻想郷で生きる咲夜さんにとっては、シャルルの世界のような男女の恋の苦さと別れの辛さは無縁と言えるのかも
しれないです!

上記のアミグリさんが描かれた咲夜さんの権利は全て上記の咲夜さんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいい咲夜さんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

別れの楽曲だけど・・

シャルルはせつない別れの曲だけど、未練たらたらの別れでもありますし、そこには「どうしてこんなすれ違いが起きたのだろう」
とか「本当にお互いに好きなのに、結果的にお別れの道を選択せざるを得なかった未練と後悔」を男性の視点と女性の視点から
鋭く描いているような気がしますね。

咲夜さんのMMDもとてもかわいいし美しいです。

こういう楽曲は霊夢よりは咲夜さんの方が合っているのかも
しれないです。

アミグリさんの描かれる咲夜さんは初夏の爽やかさが伝わってきていてすがすがしいです。

シャルル

さゆり 様


シャルルはバンドリのカバー曲CDにも収録されていますし、その人気の高さは相当なものがあるのですけど、
この歌詞をじっくり読みこんだだけでも
ちょっとせつない気持ちにもなれそうですし、「本当は大好きだし別れたくないのだけど、なんか色々と
ヘンな方向にいったよね・・」という後悔の気持ちも感じ取れるすてきな楽曲だと思います。

アミグリさんの描かれた咲夜さんをすがすがしいとお褒め頂きありがとうございます。

こうした大人の恋愛は東方キャラでは咲夜さんがお似合いだと思います。

こんばんは♪

シャルルという言葉はフランス語で「男性」
という意味なんですね。
知らなかったです。
男性目線でも女性目線でも考えられる歌詞って
素敵ですね(´▽`*)

シャルル・・・友達がカラオケで歌っていたのを聞いたことあります。

漠然と聞いていたのであまり考えなていなかったのですが歌詞にはそんな意味があったんですね、はぇ~勉強になりました^^*

シャルル

ふたごパンダ 様


シャルルは男性を象徴する仏語なのですけど、歌詞を深読みすれは深読みするほど、
男性、女性どちらの視点に立っているのか判断に迷う面はありますが、
両方の心情をせつなげに過去を振り返るように歌い上げているように感じられます。

ボーカロイド楽曲はわかりやすいのもありますれど、このシャルルのように聴き手に解釈が委ねられる曲も
ありますし、その奥の深さは大変魅力的だと思います。

意味深な歌詞

まいさか 様


シャルルは昨年、バンドリのカバーアルバムにも収録されていて、それが一つのきっかけとなり再度ブレイクを
果たした作品なのですけど、
歌詞の世界の解釈は大変難しいです。
私自身、この記事を書いて自分としての歌詞分析らしきことをしましたけど、それでも半分もこの曲の本質に
迫っていない感じでもあります。

ボーカロイド楽曲は本当に奥が深いと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |