FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


あくまで主観ですが、高校の部は1977年辺りから飛躍的にレヴェルが向上し、
その一つの頂点が1980年だったと思います。
そして、1983年までかなりの高水準を維持してきましたが、
1984年~85年は幾分レヴェルが低下していたような気もします。
現在の日本の株価ではありませんが、世の中にいつまでも右肩上がりのものはないと思います。
それは全国大会・高校の部も同じで、
1984年~85年は、右肩上がりのレベルの向上に対して、少しの「休息」を与える時期だったのではないか
とも思えます。
もっとも、85年は、天理・愛工大名電・習志野という後世に残る素晴らしい名演を残してくれた
チームも出ていますが、全体的には今一つ・・・
まだこの当時は、銀賞と銅賞には、素人にもはっきりとその良し悪しが分る時代だったと
思います。

〇旭川東高校

 当時常連になりつつあった札幌白石を北海道大会で撃破しての全国初出場ですから
 大したものだと思います。
 しかもこのチーム何がすごいかと言うと、生徒指揮による全国出場と言う点です。
 生徒指揮で全国出場を果たした高校の部って、他には78年~79年の遠軽高校くらいしか
 思いつかないな・・・
 自分の高校も創立から1980年代中盤までは、生徒指揮でした。
 毎年指揮能力とトレーナー性が高い生徒を学生指揮に選んで、コンクールには臨んでいました。
 だけど生徒指揮の場合、リスクがあって、
 優秀な生徒が指揮する年は上手いけど、そうでもない生徒だと上手くなくなるというのが
 露骨に出てしまう点で、上手さが長続きしない事なのです。
 だから、うちの高校も80年代後半以降は、OB指揮になり、90年以降は吹奏楽経験のある
 先生が指揮を振るようになりました。
 だから生徒指揮で全国出場を果たしたこのチームはすごいと思いますし、心から敬意を表したいと
 思います。
 演奏は、正直練習の力の半分も出ていないような感じもしました。
 「ローマの祭り」はもっともっと華やかささとあでやかさが欲しかったけど、何か固い感じが
 終始まとわりついていました。

〇東海大学第一高校

 このチームは、1980年に「二つの交響的断章」で全国初出場を果たし、この年で4回目の出場。
 そして4回目で初めての金賞をゲットします。
 だけど私見ですが、この金賞はすごく意外であり、甘い感じもします。
 演奏は緻密ではないし、曲があまり面白くないせいか(ジェイガーのタブロー)
 ただ粗いだけで、あまりまとまりがない印象がします。
 正直、この曲の何が面白いのか今一つ魅力が感じられません。
 それが演奏にも反映したのかもしれません。
 このチームは、しばらくは銀賞と銅賞の境をうろつき、自由曲の選曲の面白さ以外特段個性を
 あまり発揮していないような時期が長く続いていましたが、90年代後半に突然覚醒し、
 スミス・ギリングハム・ネリベルの曲との相性の良さもあってか、名演が続出していきます。
 と思っていたら、まさか指揮者があんな事になろうとは・・・
 あんな事がなければ、まだ榊原氏も全国金賞の常連として君臨していたかもしれませんよね・・・

〇中村学園

 このチームは、この年に覚醒します。
 「コッペリア」を全国で初めて演奏し、その選曲の素晴らしさ・演奏の素晴らしさが
 受け入れられて、翌年から「コッペリア」は吹奏楽コンクールの重要な
 レパートリー曲となっていきます。
 このチームの演奏を聴いて感じた事が二つあります。
 一つは演奏の歯切れがとても良い事
 二つ目は、コッペリアのバレエ音楽から三つの曲を抜粋していましたが、
 三つの曲の間が非常に良い事をあげたいと思います。
 どうしても組曲の場合、曲と曲が打楽器のセッティングの関係で少し感覚が空いてしまうと
 何か微妙に緊張感がなくなってしまうこともありますが、このチームはどちらかというと
 すばやく曲と曲をつないていきましたので、
 演奏に連続感と切れを感じ、良かったと思います。
 ワルツの歌い方も良かったと思いますし、最後の追い込みもお見事!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/476-13db4c0c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |