fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノは、本当に愛されキャラですし、あのおバカさんぶりとか
「あたいったら最強ね!」の言葉に代表される通り、本当はポンコツ妖精なのかもしれないけど少し強がっている所とか
とってもかわいいものがあると思います。
チルノは「冷気を操る妖精」という事で、チルノの周辺は寒くてさむくて堪らないという設定ではありますけど、
あのかわいらしい雰囲気を見てしまうと今すぐチルノをとっつかまえてきて、
頬をすりすりしたいような愛くるしさがあると思います。
チルノの言動はポンコツ以外の何者でもないのかもしれないですし、チルノがなにかやらかす度に、
またあの頭の悪い妖精ちゃんが何かやらかしたんだ~しょうがないよねぇ~といった気持ちにさせてしまうのは
チルノ愛され上手キャラ説を立証していると思います。

チルノって実は東方ではかなりの古参キャラでして、意外かもしれないのですけど、その初登場は実は「東方紅魔郷」でして、
妖夢・ゆかりん・ゆゆ様・アリス・古明地姉妹・文ちゃん・ルーミア・うどんげちゃんよりも古くからいるキャラでもあったりします。
そうした古参キャラなのですけど、ルーミアやリグル同様に根強いコアなファンを有しているともいえそうです。
チルノは東方ゲームとしては妖精大戦争・東方花映塚以降の出番がなかったのですけど、
2017年の「東方天空璋」の自機として久しぶりの大抜擢を果たされてもいます。
東方天空璋の自機は4名でして、霊夢と魔理沙は言うまでもなく、他にチルノと文ちゃんも入っています。
言われてみると文ちゃんもダブルスポイラー以来の自機でもありました!
この「東方天空璋」は幻想郷内の四季異変が一つのキーワードにもなっているのですけど、
その関連もあり、この作品で登場するチルノは、幻想郷内に発生した異常な酷暑をベースにした「日焼けしたチルノ」というのも
とっても斬新で面白いものがあると思います!

改めて確認をさせて頂きますと、チルノは妖怪ではなくてあくまで自然現象としての妖精です。

妖精と言うのは、あくまで自然現象そのものであり、基本的には寿命というものはありません。
但し、自然そのものが何らかの事情により消滅してしまうと、自然そのものでもある妖精自体も消滅する可能性は高いけど、
自然自体がこの世に存在している限りは妖精も存在し続けるという事なのだと思います。

チルノのフィギュアは結構多彩な商品が既に登場していましたけど、プライズ系としてのフィギュアはまだ未登場でした。
昨年あたりから東方のプライズ系フィギュアが霊夢・魔理沙・文ちゃん・お燐ちゃん・フランちゃん・レミリア様・クラウンピースなど
続々と登場してきていて、今年の1月にはあの東方屈指の美少女・アリスもプライズ系にお披露目予定でも
あったりします。

そうした中、昨年暮れにチルノのプライズ系フィギュアがセガから登場していて、事前に原型モデルを見た時から
「これは期待できるのかも・・」と感じていたのですけど、実際に商品化されたものを先日ゲーセンではなくて
中古ホビー店で発見し価格も980円とお手頃でしたので、購入をさせて頂きました。

本記事はそのセガのチルノのレビュー記事です。
そして記事の後半に dream fantasyのアミグリさんが
描かれたとってもかわいいチルノのイラストを3枚ほど転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。






このセガのプライズ系チルノの商品概要は下記の通りです。

商品名 : 東方Project プレミアムフィギュア チルノ 

発売日 : 2018年12月

メーカー : セガ・インタラクティブ

種類 : プライズ系

全高 : 約20cm

SEGAプライズの東方シリーズは2018年にクラウンピースや文ちゃんをはじめかなりのキャラが登場していましたけど、
2018年を締めくくるのはチルノでもあったという事なのだと思います。
(2019年のはじまりはその意味ではアリスという事になると思います)


002_convert_20190126182327.jpg


こうしたプライズ系フィギュアと言うものは台座と本体のみから構成されている単純なものが多いのですけど、
このチルノは、台座・本体・腕・氷の羽・氷から構成されていて、各パーツをチルノ本体に装着させる必要が
あります。

第一印象としては、プライズ系なのにやたらと情報量が多いフィギュアという感じでもあります。


021_convert_20190126182926.jpg


いたずら好きのチルノらしい天真爛漫な笑顔でカエルを凍らせる姿を立体化されています。

このいかにもいたずら好きの妖精の溌剌とした元気一杯の雰囲気が三次元フィギュアとしても見事に立体化され
表現されていると感じられます。
見た瞬間から「かわいい~」とか「妖精らしい無鉄砲で元気一杯の雰囲気が伝わってくる」とか「いたずら好きのおてんば娘」
というワードが自然と口に出てきてしまいそうな印象があります。

チルノが元気一杯に手を広げ足を広げ「やったー! またまたあたいの冷気によってカエルを凍らせることができた~!」
みたいな感じでご機嫌な様子が一目でよくわかる素晴らしいポージングだと思います。

このチルノの青いスカートの中はいうまでもなくドロワーズなのですけど(汗・・)
例えば妖夢・チルノ・光の三妖精・などといった少し幼い印象があるキャラはドロワーズの方がよくお似合いなのだと
感じるのですけど、
例えば霊夢・こいしちゃん・さとり様・アリス・文ちゃん・ゆかりん・ゆゆ様・うどんげちゃんなどがドロワーズを穿いている
フィギュアを見てしまうと「ちょっと違うのかも・・!?」と感じたりもしなくはないです・・


017_convert_20190126182758.jpg


全体の塗装の精度は可も無ければ不可も無ければという感じでプライズ系としてはまずまずの及第点だと
言えそうなのですけど、ところどころ塗りの甘さとムラを感じなくもないです。

チルノ自体の色の構成は青と白がメインで元々意外と単調なのでもあるのですけど、塗りが少し平坦と言う
印象も無くは無いです。
だけどプライズ系だから贅沢はあまりいえないですし、
なんとなくですけど「チルノのフィギュアなのだから細かいことは気にするなっ!」という感じなのかもしれないですね~(笑)


018_convert_20190126182819.jpg

020_convert_20190126182905.jpg


氷などはABSパーツでシャープに表現されています。

氷の台座に乗って「わーい! なんだかたのし~!」と思いっきりはしゃいでいるようなチルノがとってもかわいらしく
感じられますね~!
見た目の雰囲気としては、氷の上でわーい、わーい!とジャンプして転げまわっているような感じでもありそうです!

なんとなくひとり胴上げをやっているような様子でもありそうです。

ここに大ちゃんが加わると更に楽しそうな様子が再現できるようにも感じられます。


019_convert_20190126182842.jpg


後ろ姿のチルノです。

このセガプライズ系においてはチルノの背中の氷の羽は6枚なのですが、
チルノの背中の羽の数は作品と時代によって随分と変化してきたと思いますけど、最近では6枚という事に
落ち着いているような感じもありますし、このフィギュアでもチルノの背中の羽の枚数は6枚となっていますね~!

氷の能力を使ってる演出がこのフィギュアにはなされていて、カエルが氷の中に巻き込まれてるのはもはやお約束と
化しているのかもしれないです。


023_convert_20190126182949.jpg


氷に巻き込まれてしまっているカエルがいますけど、これがチルノの「カエルの凍らせ遊び」なのかもしれないですね。
この遊びは、蛙を瞬間で凍らせては水につけ生き返らせて遊んでいて、3回に1回は失敗して蛙は砕け散るという感じ
なのですけど、「東方文花帖」の文ちゃんの新聞記事によると、
妖怪の山の中腹にある沼に棲む大ガマに、蛙を凍らせる妖精(チルノ)を懲らしめるという理由で大ガマに丸呑みにされていた
エピソードも紹介されていたのも大変印象的です、
結局大ガマはチルノの余りの冷たさにびっくりして吐き出してしまったとの事ですけど、
それでもチルノは懲りずにカエルの凍らせ遊びを続けているというのはチルノらしい話なのかもしれないです。

だけどあまりカエルをいじめちゃいますと、カエルを自らのシンボルとしている諏訪子と早苗さんから
妖怪退治ではなくて妖精退治をされちゃうのかもしれないですね~(笑)



024_convert_20190126183009.jpg

025_convert_20190126183030.jpg


やっぱりチルノはこういう元気な姿での立体化がいっちば~ん!なのかもしれないですね。

チルノは大ガマに飲み込まれてしまい吐き出されてしまうような無鉄砲さが大きな魅力であり、その元気一杯の
溌剌とした雰囲気の中にあるかわいらしさがチルノの大きな魅力と言えるのは間違いなさそうですし、
それを最大限発揮したすてきなフィギュアだと思います!


20057237_convert_20110709123540.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回はセガのチルノフィギュアのレビューをさせて頂きましたので、アミグリさんが過去に描かれた3枚のチルノのイラストを
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のチルノは、アミグリさんが2011年7月に描かれた作品です。

上記のアミグリさんが描かれたチルノは、上記のセガのチルノフィギュアに雰囲気が近いような感じでもあります。
見ているだけでなんとなくですけどチルノから元気を分けて貰えちゃいそうな不思議なパワーがあるチルノだとも
感じられます。

アミグリさんは東方キャラの中では、フランちゃん・こいしちゃん・妖夢・咲夜さんなどと共に特に大好きなお気に入りキャラ
と言う事で、dream fantasy開設初期の頃から今年の1月に描かれたデフォルメチルノに至るまで
既にたくさんの魅力的で多彩なフィギュアを描かれていて、元気一杯のチルノや少ししんみりとしたチルノとか
おバカさん全開の雰囲気に溢れたチルノもあるかと思えば、デフォルメとチビ化によってとてつもなくちびっこかわいい
チルノがいたかと思えば、まるでメディスンを彷彿とさせるような東方屈指の美少女キャラみたいなアプローチもあったりと
多くの東方絵師様がついつい描きがちな「チルノ=⑨=おバカさん」という単純な図式ではなくて、
「チルノにはこんな側面があるのではないの・・?」みたいな多様なアプローチからチルノを描き続けていた東方絵師様の
お一人がdream fantasyのアミグリさんではないのかな・・?と私的には捉えております。

チルノのこの笑顔とか生き生きとした雰囲気やこの明るさに見ているだけでも癒されそうです!

チルノが身に付けている髪飾りの青いリボンって、結構大きいですよね!
東方の世界で髪飾りのリボンと言うと、言うまでも無く霊夢を思い出してしまいますが、
霊夢の赤リボンに対してのチルノの青リボンも色彩的に対照的と言う事もあり、アミグリさんの描かれるチルノの青リボンも
印象としてはかなり強いものがありそうです。



chiruno-kahitu-002_convert_20170909161822_convert_20170912014513.png


続きましてアミグリさんが、2017年⑨月⑨日のチルノの日に描かれたチルノです!

チルノというとチルノの代表的楽曲のタイトルではありませんけど「おてんば娘」という言葉がこれほど幻想郷内で
お似合いなキャラはいないような気もするのですけど、
2017年の9月のチルノの日に描かれた上記のチルノは、じゃじゃ馬のようなやんちゃなおてんばというよりは、
むしろ妖精らしい無邪気で純粋なかわいらしさをより強くイメージさせているようにも感じられたものでした。
現代のJCさん・JKさんみたいな現代的な可愛らしさみたいな雰囲気も宿しているように感じられ、
アミグリさんの真骨頂発揮!の素晴らしい作品だと思います。

このチルノは「おてんば娘」ではなくて「東方のすてきな美少女」という雰囲気に溢れていると思います!

チルノのこの笑顔がとても眩しいと思いますし、
いつもの青のワンピースもこんなにキラキラ感が加味されるだけで
普段描かれるチルノとはちょっと異なり、より華やかさが伝わってきているようにも感じられます!
そして今回のチルノは普段以上に髪の青リボンをより強調され、このリボンにも思い切りキラキラを飛ばされているのは、
よりチルノの「きらきら可愛らしさ」をUPしているようにも感じたものでした!

よくチルノっておバカさんとか⑨とか言われてしまう傾向はあるのですけど、アミグリさんが描かれるチルノは
全般的にそうした「おバカさん」みたいな要素をやや薄められていて、その分、賢明さとは言いませんけど(汗・・)
ひたむきな感じとかなんか一生懸命チルノなりに頑張っている感じとかまっすぐな感じをより強く表現されている事は、
ここにもアミグリさんのすてきな「チルノ愛」が窺えると言えるのかもしれないです。

チルノが手にしている謎の物体(?)はチルノの秘密兵器としての弾幕なのか氷の結晶なのかは
見ている方の脳内妄想に委ねた方が楽しいものがあるのかもしれないですね。



doappu-chirrno-desuyo!!_convert_20140710164957.png



上記のチルノはアミグリさんが2014年7月に描かれたチルノです。

このチルノは文句なく可愛いと思いますし、おバカさんという雰囲気ではなくて
いかにもアミグリさんが描かれたチルノらしいファンタジー感に溢れていると思います。
氷の妖精という雰囲気に包まれていて、少なくてもこの幻想的で儚さも感じられそうなイラストからは
おバカとか⑨という感じは微塵も感じさせないチルノをきっちりと描かれている事がアミグリさんの素晴らしい点だと
思いますし、アミグリさんの「チルノ愛」が凝縮されていると言っても決して過言ではないと思います。

こういうちょっとシリアスな雰囲気のチルノはひそやかさも伝えていると思います。

チルノのひそやかさ・大人っぽい感じが見事に表現されていると思いますし、こうしたアプローチでチルノを描かれる
東方絵師様が意外と少ないこともあり、私的にはアミグリさんが描かれたチルノ作品の中でも特に際立って
大好きなチルノの一つでもあります!

上記のアミグリさんが描かれた3枚のチルノの権利は、全てこのチルノの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいくてファンタジーなチルノを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

さてさて、明日、3月17日は「dream fantasy」の開設11周年記念という素晴らしき記念日です!

当ブログでは「11周年おめでとう!」のお祝い記事を兼ねて、アミグリさんが過去から現在に描かれた東方のとある
すてきなキャラの作品を特集させて頂きますので、明日の当ブログにも是非ぜひお越し頂きたいと切に希望しております。

それでは明日の当ブログも何卒宜しくお願いいたします!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

チルノ、かわいい!

チルノのフィギュア、とてもかわいいですね。
プライズ作品だけど塗りも雰囲気作りも価格以上のものが
ありそうですね。

チルノというとカエルの凍らせ遊びとという設定を見事に立体化されていてかわいいです。
イラストも二番目と三番目の絵がチルノのかわいらしさと美少女を
とても丁寧に描かれていると思いました。

チルノはみんなの愛されキャラ

またまた通りすがり  様


今回もメッセージ頂きありがとうございました。

チルノは幻想郷の愛されキャラとも言えそうですし、チルノのカエル凍らせ遊びをとても楽しくかわいらしく
演出した立体作品だと思います。

アミグリさんの描かれたチルノをお褒め頂きありがとうございます!

チルノというといたずら娘とかおてんばという印象がありがちですけど、そうした要素の他に
美少女・チルノという側面も見事に表現されていると思います!

こんばんは♪

全体の塗装の精度をみているのがさすがです!
私はフィギュアの事詳しくないし
プライズ品でそこまでチェックしないですが
今のプライズ品は優秀ですね(*^▽^*)

メーカー正規品とは雲泥の差・・

ふたごパンダ 様


確かにプライズ系の進化と精度も素晴らしいのですけど、価格において10倍~30倍も違うメーカー正規品の
完全生産予約受注のものとは雲泥の差というのか
明らかな違いがみられてしまうのは当然なのかもしれないですね。

ただそれでも10年前の安っぽい出来映えに比べると格段の進化と言えるのは間違いないと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |