FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計





「ラーメン大好き 小泉さん」第4話のBパート/赤or白のエンディングは小泉さんの
「そう! まさにラーメンは力の源!だと思いませんか?」というすてきなお言葉で閉じられるのですけど、
これはやはり原作漫画でもアニメ版でも何度か出てきた「ノーラーメンノーライフ」(ラーメンの無い人生なんて!)という
事なのだと思いますし、小泉さんにとってラーメンとは生きるチカラであり力の源であると言えるのだと思います。

そしてこの言葉は大澤悠が言っても全く説得力は無いのですけど
(悠にとっては「小泉さんは私の力の源」という事なのかもしれないですね~)
ラーメンを命の次に大切なモノと考えている小泉さんが発するセリフだから説得力が全然違うのだと思います。

アニメ版第4話のBパート/赤or白の話には、実在するラーメン店の一風堂も登場しています。
一風堂の吉祥寺店を舞台に、小泉さんが一風堂看板ラーメン白丸元味を食べているシーンや店内、
メニューブック、街並みなど全てにおいて細部まで丁寧に描かれていたことでアニメファンからもラーメン好きの皆様からも
大変評価の高い話としても知られています。
本記事においては、その一風堂さんが昨年・・2018年12月末に東京ビックサイトで開催されたコミケ95に出店されていた際の
メニューと「ラーメン大好き小泉さん」の数少ない貴重なグッズとも言える小泉さんをデザインしたお土産用パッケージや
一風堂さんが現在もセブンイレブンで販売しているすてきなPBブランド商品のカップ麺のレビューをさせて頂き、
アニメ版「ラーメン大好き 小泉さん」 第4話 : 赤or白の振り返りをさせて頂きたいと思います。


荳€鬚ィ蟆乗ウ雲convert_20190124101743


一風堂は福岡に本店を持ち全国展開も果たしているラーメンチェーン店です。
博多ラーメンでは一蘭と共にトップ争いをしているラーメン店でして、
メニューは二種類がメインでして、こってりピリ辛の「赤丸新味」と博多とんこつの源流「白丸」が人気商品だそうです。
(この二種の人気メニューはアニメ版の小泉さんの第4話 : 赤or白の一風堂のラーメン編でも登場しています!)

一風堂さんは、昨年・・2018年12月29日(土)~12月31日(月)に、東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット95に
出店していました。
一風堂さんのブースでは、新作「とんこつカレーラーメン」が限定販売されていましたし、小泉さんをデザインした
パッケージのお土産用ラーメンセットが限定販売もされていました!


koizumisan-ippudo-nakami_fixw_730_hq_convert_20190124101637.jpg

上記はコミケ95の一風堂さんブースで数量限定販売されていた「ラーメン大好き小泉さん」パッケージの
お土産ラーメンです。

そしてこのお土産ラーメンの白丸というのはアニメ版第4話で小泉さんが一風堂の店内で食べられていたものです!


sub5_convert_20190124155007.jpg


お土産用3個セットには赤丸・からか・限定パッケージの白丸が入っています。

先着購入特典として「ラーメン大好き小泉さん」限定ポストカードもプレゼントされていたそうです。

後述しますけど「ラーメン大好き 小泉さん」 第4話 : 赤or白 にて、小泉さん・大澤悠・美沙がそれぞれ食べたラーメンが
この3個セットの赤丸・からか・白丸でもあります。



繧ォ繝ャ繝シ縺ィ繧薙%縺、_convert_20190124101713


コミケ95の一風堂さんブースで販売されていたラーメンは、普通のとんこつラーメンではなくて、
とんこつカレーラーメンというのもある意味すてきなチャレンジ精神だと思いますし、この積極果敢な攻めの姿勢は
素晴らしいと思います。
アニメ版第4話でも大澤悠は「私はいつだって攻めの姿勢で行くよ!小泉さん!!」と言っていましたけど、
その攻めの姿勢を具現化したものがとんこつカレーラーメンなのだと思います。

クミンやコリアンダーなど数種類のスパイスを効かせた濃厚なとんこつカレースープに、
平打ち中太麺がよく絡むこのすてきなラーメンは、コミケ参加者のみが味わうことのできる特別な一品なのだと思いますし、
とても豪華絢爛の特注ラーメンだと思います!


c11d4334-s_convert_20190124150157.jpg


「ラーメン大好き 小泉さん」 第4話 : 赤or白は、仲良く買い物に出かけた悠と美沙が「帰りになんか食べよう~」という流れで、
美沙が食べたがっていたスイーツではなくて、小泉さんにすっかりラーメン洗脳されてしまった大澤悠のお好みで
二人ともラーメンを食べに行く事になったものです。
そして二人が食べに行ったお店がとんこつラーメンとしては九州の雄ともいえる一風堂さんだったのです。

悠 : で、なに食べる?

美沙 : 美沙、辛い奴。超特辛で!

悠 : おお…即答。えっと、じゃあ私は…赤か白か・・原点の一杯と革新の一杯か…こういうの凄く迷うー!

美沙 : 早くしてね

悠 : そういや前に小泉さんが…

小泉さん : 初めての店ではまず基本メニューから

悠 : となると原点の味…白か・・

悠 : でもこうも言ってた…

小泉さん : 敢えて初回から気になるメニューを攻めるのもアリ

悠 : となると革新の味…赤か・・

悠 : 赤…かな。私はいつだって攻めの姿勢で行くよ!小泉さん!

美沙 : はいはい赤ね赤

大澤悠のこの「私はいつだって攻めの姿勢で行くよ!小泉さん!」はすてきな名言の一つなのかもしれないですね~!

上記で書いた通り一風堂さんのコミケ95の出店メニューのとんこつカレーラーメンはまさしく
大澤悠が言う「私はいつだって攻めの姿勢で行くよ!小泉さん!」という積極果敢の姿勢そのものと言えそうですね~!


1b100b97-s_convert_20190124150044.jpg


上記は美沙が注文した「からか麺」です!

激辛好きの美沙を満足させる刺激とおいしさが詰まっていそうなラーメンですね!


e914ca03-s_convert_20190124150242.jpg


上記は悠が注文した「赤丸」です!

赤丸は後述しますけど、セブンイレブン限定発売の一風堂さんのカップ麺でもありますけど、
カップ麺でもあれだけ美味しいのですから、実店舗の赤丸はとてつもなく美味しい予感に溢れていると思います。

アニメの中でピリ辛もやしのトッピングについても触れていましたけど、食べている途中に味の変化を求めたい場合は
そうしたトッピングピリ辛もやしをちょい足ししてもいいのかもしれないですね。


1b4c1c55-s_convert_20190124150024.jpg


そしてこのシーンの最後は言うまでも無く悠と美沙の感極まった「ふはー」で締められます!

やっぱりラーメンというのは冒頭の小泉さんではないですけど、「力の源」なのだと思います!

そして二人が店を出た後に来店された御方が、すてきなラーメンの女神様ともいえそうな小泉さんだったのでした!


0c12bbc2-s_convert_20190124150001.jpg

9c052457-s_convert_20190124150133.jpg


小泉さんがオーダーされたのは白丸元味と明太子ご飯です。

悠は攻めの気持ちと言う事で赤丸をオーダーしていましたけど、すてきなラーメンの女神様の小泉さんは
言うまでも無く既に何度も原点の一杯の基本的な白丸も革新的な攻めの気持ちの赤丸もどちらも堪能されていると
思われますので、小泉さんとしては「革新よりも原点」という気持ちの方が勝っていたのかもしれないですね。


7a5995e4-s_convert_20190124150108.jpg


小泉さんが麺をすすりスープを飲み干すシーンは何度もありましたけど、こうやってご飯を食べているシーンは
家系ラーメンの話とか回転寿司店の話等限られていましたので、珍しいシーンと言えるのかもとれないです。

そして小泉さんは白丸と明太子ごはんをおいしく「ふはー」と完食されて、またまたあの大食漢振りを発揮され、
「すいません、替え玉とひとくち餃子追加で」と追加オーダーされていたのは小泉さんらしい話でもありました~!




004_convert_20180422174627.jpg


最後に・・一風堂さんプロデュースのセブンイレブンの「赤丸新味」という一風堂さんのメニューをカップ麺として再現した
カップ麺について簡単にレビューさせて頂きたいと思います。

一言で感想を書くとめちゃくちゃおいしいカップ麺だと思いますし、この完成度の高い美味しさは、
PB商品のイメージを軽く超越し、「インスタント麺はラーメンではない」と思われている方に是非味わっていただきたいものが
あるとすら感じています。
特にあの濃厚なんだけどクリーミーなスープは絶品だと思います。
とんこつの旨みたっぷりのスープは、辛みその旨みと辛みと見事に融合していると思いますし。
本場のとんこつラーメンらしい細麺とスープとの一体感もPB商品の概念をとっくに飛び越えている美味があると思います。
厚みのあるチャーシューはとても美味しいですし、このチャーシューがカップ麺の具材とはいまでも信じられない
想いで一杯です!

実質的にこのスープは、粉末スープ・液体スープ・辛みそ・黒香油の四つから構成されているという事になりますけど、
黒香油というのは、当ブログでも散々ネタにさせて頂き、「ラーメン大好き 小泉さん」の第一話でも
登場していた「馬油」(マー油)の事です!
作り方ではお湯を入れてから3分後に・・となっていますけど、細麺ですし、本場のバリカタ麺的なものがお好みの方は
2分半程度でも構わないと思います

非常にクリーミーでコクがありますし、辛みその味もゴマの味っぽいものも感じさせてくれていると思います。
味自体は大変濃厚で、それなりの重さは感じるのですけど、決してくどいとかしつこいという味ではなくて
「濃い感じ」がジューシーに舌に伝わってくるという感覚なのだと思います。
マー油が入ったことでさらに旨味がUPしているようにも感じられます。
そして本場のとんこつという事で懸念された「キツイ香り」もなく、大変食べやすい一杯だと思います。

このセブンイレブンの一風堂の「赤丸新味」は本当にとっても美味しいです!

やっぱりラーメンは生きるチカラそのものですね~!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コッチもイイ

こんにちは。
一風堂を紹介していただき、ありがとうございます。
ボクも赤は、よく食べますよ。
心の中で「わたしはいつだって攻めの姿勢でいくよ、小泉さん」と。
このセリフは野球カードのボックスを購入のときにも使えます。
結果的にはドイヒーなオチが待ってますけど。

わたしはいつだって攻めの姿勢でいくよ

五航戦の愛鷹  様


一風堂は赤も白も実店舗でもコンビニのPB商品としてのカップ麺もどれも全ておいしいと思います!

関東では店舗数が少ないのが勿体無いですね~

悠の「わたしはいつだって攻めの姿勢でいくよ」はある意味名言ですよね~!

私もアニメイトで東方ガチャや誰が入っているかわからない下敷をやる時には、この「わたしはいつだって攻めの姿勢でいくよ」
という言葉は唱えるようにしていますけど、
私も結果的に外すことが多いですね・・(汗・・)

No Ramen, No Life. それは小泉さんにこそ相応しいのだと思います。
力の源とまで言われても普通に納得してしまいそうなオーラ漂う小泉さんはやはりラーメンの女神様ですねw

小泉さん意外な形でコミケ進出してたんですね…。お土産ラーメンの小泉さんが描かれたパッケージはそれだけでも相当価値がありそうです。
そのコミケで限定メニューを出すというのもなかなかのチャレンジだと思います。とんこつカレーラーメンというのがちょっと変わり種っぽくて大イベントらしいですねぇ。とんこつとカレー、主張の強そうな二つは組み合わさることでどんな味を生み出していたのでしょうか。

行きたかったですね~(泣)

schwert 様


普段から「小泉さん関連グッズが出てこない・・」とぼやいている私ですけど、
こんな素晴らしいイベントが開催されている事が事前に分かっていれば間違いなく活きたかったですね~!
この年末イベントを知ったのが実は年明けでしたので、悔やんでも悔やみきれないものがありますし、
あのとんこつカレーラーメンも一風堂の小泉さんデザインのお土産セットも欲しかったですね~(泣)

小泉さんにとってはラーメンが全てなのであり、ラーメンがない人生なんて全くありえないという事なのだと
思いますし、原作漫画版もアニメ版を改めて全て視聴させて頂いても
小泉さんの素晴らしいラーメン愛が至る所から伝わっているようにも思えますね~

こんばんは♪

一風堂さんは有名ですよね♪
本場のもコンビニのも食べたことがないです。
最近のカップラーメンは
ほんと美味しくなっていてすごいですね(*´ω`*)

一風堂

ふたごパンダ 様


一風堂さんのとんこつラーメンは、実店舗でもカップ麺でも格が違うおいしさというものは間違いなくありますし、
特にスープのおいしさは次元が違うとすら感じますので、
絶対にお勧めしたい味です。

セブンイレブンのPB商品としての一風堂さんの白丸もとってもクリーミーで美味しいです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |