FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


xmas-yukarin-07_convert_20181221220912_convert_20181222162554.png


本日3月17日はアミグリさんのブログ「dream fantasy 」の
開設11周年記念日でもあります!

アミグリさん! 「dream fantasy」の開設11周年おめでとうございます!!

本記事は 「dream fantasy開設11周お祝い記事」なのですけど、同時にそれを私自身も楽しまさせて頂きたいということで、
当ブログの管理人の私が東方キャラでいっちば~ん!に愛してやまないゆかりん=八雲紫様のみに特化した記事を
掲載させて頂くことで、そうした二つの要素を両立させて頂きたいと思います。
具体的には本記事は「アミグリさんが描かれたゆかりん特集」ということで、2009年に描かれたゆかりんから
最新版の2019年に描かれたゆかりんに至るまで、基本的にはこの11年間でアミグリさんが描かれたゆかりんは
全作品を転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。
(デフォルメゆかりんが2作品ありますけど、2月23日の「アミグリさんが描かれたデフォルメ作品特集」で転載させて頂いた
ぱかりですので、この2作品は今回は割愛をさせて頂きます)
そして基本的には、ゆかりんイラストの転載順序は古い作品から順に掲載をさせて頂き、
最近の作品ほど順番が後になるという構成を取らせて頂く事で、
当ブログをご覧になっている皆様に、アミグリさんという一人の絵師様の11年間の「軌跡」を感じて欲しいと思っております。

冒頭の「クリスマスゆかりん」はアミグリさんが昨年、2018年12月のクリスマスに描かれた素晴らしいゆかりんです!

このゆかりんはとても美しくて大人のしっとりとした情感に満ち溢れていて、幻想郷のすてきなレディそのものだと思います!
(クリスマスゆかりんは後半に再度ご登場をして頂きたいと思います。)

それでは下記に「dream fantasy 」での掲載順に
アミグリさんが描かれたゆかりん=八雲紫様を転載&ご紹介をさせて頂きますので、
アミグリさんが描かれたゆかりんをお楽しみ頂き、11年間の絵師様としての軌跡と進化をご覧頂きたいと思います。






当プログでは既に何度か語っているとおり、私自身は2013年頃までは「東方Project」の「と」の字も全く知りませんでした。
私自身お絵かきサイトが大好きなものでして、いつもの感じでFC2内の絵師の皆様の作品とかpixivを拝見させて頂く中で、
キラリと輝くものがあったのだと思います。
そう・・! それこそが「dream fantasy」というアミグリさんの
とってもすてきなブログであり、この「dream fantasy」を
「とってもかわいい絵だなぁ・・」とうっとりと拝見させて頂く中で、
「アミグリさんがよく描かれている霊夢ってどんなキャラなの・・? そしてこのフランちゃんっていったい何者・・?
魔理沙って誰なの・・? チルノっていうキャラとってもかわいい! レミリアってなんなの・・??」と最初は
アミグリさんの描かれた東方キャラの魅力に魅かれ始め、ここから「東方Project」という世界に私自身がどんどんと興味を
持ち始めるようになり、
私自身が東方の公式書籍や同人誌を読んだり東ゲームを体験版や公式版として実際にプレイしてみたり、
気が付いたら東方の世界にどっぷりと浸かっていたという事になっていました。

私自身を「東方Project」というとっても素敵な世界にいざなって頂けたのは100%アミグリさんのおかげなのです!

こうやって今まで「自分が知らなかった世界」を知るというのはとても素晴らしいことであると思いますし、知的好奇心への探求
という意味でも大変ありがたいものがあったと思いますし、
私自身がアミグリさんに対して感謝しても感謝しきれないものがあるというのもこの辺りから始まることが
多いようにも思っています。
2013年のあの時に私が偶然「dream fantasy」を見ていなかったと仮定すると、もしかしたら私自身今現在でも
東方をほとんど知らないで「霊夢・・誰それ・・!?」みたいな感じなのかもしれないですし、
今現在の「東方と艦これが無い人生なんて・・」という想いからしてみると、やはりアミグリさんには「ありがとう!」という
気持ちしか無いです!
当ブログが毎週のように「dream fantasy」の
アミグリさんのイラストを転載&ご紹介をさせて頂いているのは、私自身がアミグリさんが描かれたイラストが
大好きであるという事は言うまでもないことでありますし、
私自身はこれまで何度も書いている通り、星の数ほどいらっしゃる東方絵師様の中でもアミグリさんの描かれる東方イラストが
艦これの白露お姉ちゃんではないけど「いっちば~ん!」大好きであるのですけど、
それ以上に大きいことは、私自身に「今まで知らない世界を教えて頂き、生きる上での大きな楽しみと生きがいができる
きっかけを作って頂けたこと」に対する感謝の気持ちから
アミグリさんのイラストやブログを一人でも多くの皆様に知ってほしい・・せめて一度ぐらいは見てほしい!!という気持ちで
当ブログの東方カテゴリや艦これカテゴリにおいては、私のそうしたたわいもない脳内妄想をお披露目させて頂くと同時に
dream fantasy」のアミグリさんの絵を
転載&ご紹介という事をさせて頂いております。

イラスト・絵を描かれると言う事は、オリジナル作品ももちろんそうなのですけど、版権作品も含めて
模写を除くと、「無」という全く何も無い白紙の状態から、ポーズ・表情・背景・アイテム・表現などを自分の頭で考えて
「有」という状態を日々創造するという事でもありますので、そのご苦労はとにかく大変なものがあると思います。
アミグリさんのようなイラスト系ブログの皆様は、上記で述べたように日々、無から有を創造される大変な事をされて
いらっしゃいますし、そのご苦労は本当に尊いものがあるのだと思います。

そうしたご苦労を11年間に渡って継続されている事はとにかく大変な事なのだと思います!

アミグリさんの11年間の歩みは「その軌跡は奇蹟」に他ならないのだと改めて感じます。

さてさて「アミグリさんが描かれたゆかりん特集」のオープニングを飾って頂くゆかりんは、
2009年9月に描かれたゆかりんで、このゆかりんは「dream fantasy」で掲載されたゆかりんとしては初めてのもので、アミグリさんにとってはもしかしたら初描きゆかりんなのかも
しれないです。

アミグリさんにしては少し珍しいポーズで、体育座りしたみたいなゆかりんがとってもかわいいですし、
なによりもゆかりんのこの太ももがあまりにも眩し過ぎます!!
こんなにかわいいゆかりんがちょっと大胆に(?)体育座りをされていて、かわいい両足を
広げられていると、思わず「ちょっと横に座っていいですか・・?」みたいにお願いして
そのまんまこのかわいいゆかりんの隣で一緒に他愛もないおしゃべりを一緒に楽しみたい!みたいな脳内妄想が
湧き起こってしまうような素晴らしいゆかりんだと思います!

冒頭の昨年末のあの艶やかなクリスマスゆかりんも素晴らしいけど、初期作品の頃のゆかりんも素晴らしいと改めて
感じさせてくれる一枚だと思います。


yukayukari-n_convert_20100226153050.png


続きましてアミグリさんが2010年2月に「ゆかりいいいいいいいいん!!!!!」とタイトルが付けられたゆかりんです。

2010年2月掲載当時のアミグリさんのコメントとして、

「乙女チックなゆかりんです。
キラキラさせるのが楽しかったですw
なんか、白蓮おねーさんにも見えるような…
ゆかりんはドロワーズも似合うと思うんだ!
金髪の影を紫またはピンクで塗るの好きです^^」

とありましたけど、ゆかりんにしては珍しく(?)テレ気味でもじもじされているのが乙女チックでとてもかわいいと思います!

このキラキラ感は最近の作風のあの絢爛豪華なキラキラ作風の先駆けといえるのかもしれないです。
ゆかりんは霊夢・妖夢のようなドロワーズの方が私もよくお似合いだと思います。
白蓮さんの髪は金髪に紫のグラデーションが入っていますので、そのあたりがこのゆかりんとのすてきな共通点なのかも
しれないです。


yukakakkakariiinn_convert_20100307102151.png



上記の「東方バスタオル娘」は、アミグリさんが2010年3月に描かれた
「ゆかりんが好きすぎて生きるのがつらい 」と題されたかわいくて同時にとってもお色気満載のすてきなゆかりんお姉さまです!

もしもなのですけど、
こんなにもかわいい大人のお姉さまのゆかりんから「一緒に混浴どう・・?」なんてお声を掛けられたら、
私はお風呂から上がった瞬間に幻想郷の死神の小野塚小町の「お迎え」が来たとしても全然文句は
言わないと思いますっ!! (汗・・!)

いや~、ゆかりん可愛いよっ! ゆかりん最高!!としか言いようが素晴らしい作品だと思います!

普段のあの派手な分厚いドレスに包まれたゆかりんがこんなバスタオル一枚なんて・・・!
素晴らしい!としか言いようがないと思います!!

混浴中に、ゆかりんに思わず「紫様! 頼むから自分と結婚して――!」とまさかのプロポーズをやってしまいそうですね! (汗・・!)


yukari--n_convert_20110105143930.png


上記のゆかりんは、既に転載をさせて頂いた2010年2月に「ゆかりいいいいいいいいん!!!!!」とタイトルが付けられた
デジタル版ゆかりんのアナログ版です。
掲載時期は2011年1月です。
使用画材はコピック、筆ペン、SAIで、当時のpixivの例大祭コンテストのために頑張って塗られた作品とのことです。

デジタルとアナログの違いを感じ取って頂くのも両作品の楽しみ方だと思いますし、こちらの2011年1月のゆかりんの
髪の色は影を塗らないで表現されたこともありほぼ金髪に近いということで、
上記とのデジタルの違いもさりげなく表現されていることは大変面白いものがあると思います。

そして気のせいかもしれないですけど、私的にはこちらのアナログゆかりんの表情の方がよりもじもじされているようにも
感じられ乙女チックさが増しているようにも感じられたりもします。
(背景が無いという事でゆかりんそのものの存在感が増しているようにも感じられます)


21560459_convert_20110908115734.png


続きましてアミグリさんが2011年9月に描かれた「ユカリーン」とタイトルが付けられたゆかりんです!

上記のバスタオルゆかりんもとても色っぽくてすてきでしたけど、このゆかりんはさらにセクシーさがUPしているように感じられ、
大人の魅力が存分に伝わっていると思います!
胸元の存在感も素晴らしいです!!(もしかしたら、式神の藍や盟友のゆゆ様よりも大きなモノをお持ちなのかも・・? 汗・・)
背景にハートマークがたくさん飛んでいるせいもあるのですけど、このバスタオルゆかりんからは、2010年3月の
バスタオルゆかりんよりももっと濃密に「混浴いかが・・?」とお誘いを受けているようにも感じられそうですね~!
そして2010年3月の時よりもより細かくバスタオルの皺を描かれているので、よりゆかりんのセクシーさが
ダイレクトに伝わっているような印象があります。

いや~、冗談抜きにこんなにお色気満載でかわいく美しいゆかりんから「混浴いかが・・?」なんてお誘いを受けたら
お風呂から上がった瞬間に魂を抜かれても文句は全く出ないですね~!
そしてゆかりんの背中を流して差し上げることが出来たら、その瞬間に私は小野塚小町がやってきて
強制的に三途の川行を命ぜられても全く文句は出ないです!
そのくらいすてきなお色気に溢れているゆかりんだと思います!





続きましてアミグリさんが2012年8月に描かれたまるで少女のようにかわいらしさに溢れているゆかりんです!
このゆかりんは、色塗りはSAIで、ほとんどエアブラシとぼかしで塗られたそうです。

ゆかりんの幻想郷を愛するが故のあの悪だくみ振りや策士振りだけを見てしまうと
「ゆかりんに近づいたら危険なのかも・・?」と誤解をされがちなのかもしれないですけど、
ゆかりん自身は実は案外話したがり屋との事で、いろいろとお話をされて下さるとも思いますので、
私ももしも幻想郷入りを果たせた際には、是非ぜひゆかりんとお話をさせて頂きたいものですっ!

このゆかりん=八雲紫様は乙女そのもののゆかりんだと思います。

このふわっとした感じには、いつものミステリアスさとか胡散臭さが少しも感じられないのは、アミグリさんのすてきなゆかりん愛の
為せる業なのだと思いますし、
「純粋にかわいいに特化したゆかりんもあってもいいじゃん」と思わずにはいられないものでした。
ゆかりんの名前の通り紫色に統一された色彩の中にあって、このふわった浮いた感じのスカートのかわいらしさと
黒ニーソとの絶妙なコンビネーションのこの絶対領域も素晴らしいのですけど、この絶対領域は成人女性としての美しさ
というよりはむしろ少女の恥じらいに近いようなものがありそうな気がします。


20130818165905e8d.png



続きましてアミグリさんが2013年8月に描かれたポートレート風のゆかりんです。

アミグリさんはこの作品を描かれた当時「らくがきみたいなもの・・」と謙遜されていますけど、
いやいや、そんな事はないと思います。
これはらくがきではなくて、一つの肖像的な作品だと思います。

このゆかりんは少し物思いに耽られているようにも感じられたりもします。
果たしてゆかりんが思いを巡らせているものとは何なのでしょうか・・?
最近の幻想郷における月絡みの異変への反省とか永琳に対する不信感とか博麗大結界は今後も大丈夫なのか・・?
霊夢はもう少しちゃんと修行してくれないか・・?
幻想郷内の妖怪対人間のバランスは果たして適切と言えるのか・・?
そういった事に対してゆかりんとしての想いを巡らせているのかもしれないです。

少しシリアスな側面が伝わってくるゆかりんのようにも感じられますし、ゆかりんとしての心の深層を垣間見せてくれるような
心象的な一枚なのだと思います。


summer-yukarin-2016-002_convert_20160711213841.png


続きまして私にとっては記念碑的な一枚でもあり生涯の私の大切な心の宝物ともいえるような作品でもあるのですけど、
2016年の私の誕生日+通算3000記事到達という大きな節目の際に
アミグリさんに描いて頂けた記念イラストの「水着ゆかりん」です!

この水着ゆかりんは本当にうっとりとさせられるくらい美しさに溢れていると思います。

幻想郷の美しきレディとか完全無欠な貴婦人みたいな表現がしっくりきそうなゆかりんだと思います。

ゆかりんは幻想郷最強のスキマ妖怪で尚且つ最大の賢者であり霊夢のすてきな保護者という立ち位置でもありますので、
普段は威厳に溢れたドレスや派手な衣装、または尊厳な雰囲気の導師服を身に纏われている事が大変多い上に、
幻想郷自体に海はありませんので、
公式の立ち絵・ゲーム・書籍・漫画・カード等では絶対にあり得そうもない「水着」としてのゆかりんを
アミグリさんがこんなにも見事に描かれたという事に大変大きな意義があると思います!

あのゆかりんが水着になってくれるなんて~!! 最初にアミグリさんが描かれたこの水着ゆかりんを拝見して
思わず感涙状態になったものでした!

この水着ゆかりんは、大人っぽいしっとりとしたゆかりんなのですけど、ちらっと見えているおへそもかわいいですし、
暑い夏の昼下がりという事で少しばかり珍しくけだるそうなアンニュイな表情のゆかりんを見ることができるのも
すてきな発見だと思いますし、
この流れるような長髪や手を髪にかざすゆかりんや髪のリボンもとっても幻想的で美しいと思います。



summer-yukarin-2016-sunset_convert_20160826160500.png



続きまして、上記の「水着ゆかりん」のすてきな姉妹作とも言える「水着のサンセットゆかりん」です!
このサンセットゆかりんはアミグリさんが2016年8月に描かれた作品です。

このサンセットゆかりんは上記の水着ゆかりんに、背景・表情に変化を施されたものです。

サンセットゆかりんはにこっ微笑まれているのがとてもかわいいですし同時にとても美しいと思いますし、この微笑みは
「女神様のほほえみ」といっても過言ではないと思います。

アミグリさんは昨年夏にたくさんの作品数の東方水着娘を描かれ、魔理沙・白蓮さん・パチュリーさんに関しては
サンセット仕様の美しい夕陽を背景にされたまるで絵画作品のように美しい東方水着娘を掲載されていましたけど、
この水着ゆかりん-サンセットゆかりんはその先駆け的な作品と言えるのだと思います。

どちらの水着ゆかりんもとにかく「美しい!」と一言に尽きると思います!


yukarin-hisaburi-!-01_convert_20170626175327_convert_20170704115154.png


続きましてアミグリさんが2017年6月に描かれたゆかりんです。

アミグリさんのコメントとして「少女っぼいゆかりんを描きました」という事なのですけど、
「その通り!」としか言いようがない可愛いかわいい少女の恥じらいみたいなゆかりんがここにはいると思います。

少し垂れ目な感じとか体全体を絞っているかのようなコルセットもすてきですし、このゆかりんの笑顔に
ほっ・・とするようなとてつもなく癒されるものがあると思います。

「幻想郷と霊夢は私が守るっ!」というような母性的なゆかりんとも言えるのかもしれないですけど、
このゆかりんは「少女の眼差し」も感じられそうです。


mikosan-yukarin-03_convert_20180620181416_convert_20180630073257.png



続きましてアミグリさんが2018年6月に描かれた「巫女さんゆかりん」です。

ちなみにこの巫女さんゆかりんは、昨年の私の誕生日を記念して事前にアミグリさんにリクエストをさせて頂き
描いて頂けた作品です!
この巫女さんゆかりんは上記の水着ゆかりんと並んで私のお誕生日記念イラストの双璧という事で、
特に特に今後とも大切にたいせつにさせて頂きたい私にとっては「家宝」のような作品でもありますし、私にとっては
大いなるモニュメントのような作品なのだと思います。
縁起でもない話なのかもしれないですけど(汗・・)、これは冗談抜きに
「もしも自分が死ぬときには棺桶にこの水着ゆかりん×2と巫女さんゆかりん×2の絵を入れておいて・・」と
遺言状に残しておきたいと本気で考えているほど特に大切な作品と言えるのだと思います。
もちろんアミグリさんにはこのゆかりん以外にも、さとり様・こいしちゃん・妖夢・霊夢・アリス・咲夜さん・高坂麗奈など
たくさんの作品のリクエスト絵を描いて頂いているのですけど、
管理人の私自身が東方で最も大好きで愛してやまないキャラというとゆかりん=八雲紫様という事になるので
それだけ愛着を持っていると言えるのだと思います。

どうしてこの時「巫女さんゆかりん」というある意味かなりトリッキーなリクエストをさせて頂いたのかというと
色々と理由はあるのですけど、
一つは巫女さんゆかりんというテーマで描かれた絵師様はほぼ皆無であった事
二つ目に東方茨歌仙で華扇が霊夢の紅白巫女さんコスプレをお披露目していましたので、
「華扇があれだけよくお似合いなのだから、ゆかりんが紫と白のカラーリングの袖なし腋見せ巫女をしても
全然違和感がないしむしろ鬼がその正体と言われている華扇よりもゆかりんの方がよくお似合いなのではないのか?」と
考えた事と三つ目として
これは当ブログの過去記事で何度か書かせて頂いた事があるのですけど、ゆかりんの正体は幻想郷の龍神様で
元々の出身は幻想郷の博麗神社の初代巫女さんではないのか・・?という私の脳内妄想をより強くイメージするために
なんとかアミグリさんの描かれた巫女さん衣装のゆかりんを一度でいいから見てみたい!という気持ちが大変強かったという
事が挙げられると思います。
要は、アミグリさんの描かれる巫女さんゆかりんを是非ぜひ見てみたかった!という気持ちが大変強かったといえるのだと
思います。

そしてその私からの無茶振りリクエストに、アミグリさんは私の想像をはるかに超越した素晴らしい巫女さんゆかりんを
描かれていたのでした!

巫女=紅白衣装という既成概念をものの見事に打破し、ゆかりん=八雲紫様のシンボルカラーとも言える
紫色を全面に出されたばかりでなく、腋見せ&肩だしという博麗神社の正式な巫女さん衣装をきちんと踏襲された上で
髪のリボン・衣装全体を紫色で統一され、しかも髪の色は元々の八雲紫様たらしめているあのゴージャスな金髪を
そのまま維持されているという事で、ここに私の予想をはるかに超越する素晴らしい名作「巫女さんゆかりん」が
誕生したのです!!
巫女装束としては紅白衣装よりも紫色の方が、はるかにゆかりんらしい!と言う事にも改めて気が付いたものです!
この「巫女ゆかりん」は博麗神社の伝統的な清楚で神聖な巫女さんとゆかりんらしい大人っぽさが実に見事に
融和・調和しているのだと思います。
へそだし・肩だしもとってもかわいいと思います!

万一霊夢に何かあった時とか霊夢があのサポリ癖によって巫女さん聖職を放棄してしまった際にその代理巫女さんを
務められるのはこの紫色の巫女さんゆかりんで十分なのだと思えますね~!
そしてこんなすてきな巫女さんが博麗神社におられるのたとしたら、私は今この瞬間に
早苗さんが風祝を務められている守矢神社への肩入れを即刻中止し、紫色の巫女さんゆかりんがいらっしゃる博麗神社に
毎日お詣り&お賽銭奉納をするかもしれないですね~! (笑)

本当に素晴らしい巫女さんゆかりんだと思いますし、他の絵師様が描かれていないテーマをアミグリさんらしいすてきな
感性で描き切った誇り高き巫女さんゆかりんだと思います!


miko-yukarin-part-02-01_convert_20180622171827_convert_20180630073342.png


更にここからすてきな続編が待ち受けていました!

上記のとっても素晴らしい「巫女さんゆかりん」を掲載されたその二日後に「巫女さんゆかりん 第二弾」も
まさかのサプライズとして「dream fantasy 」に掲載されて
いるのを発見した際には「まじで~!? こんなサプライズは全くの想定外だったし、まさか巫女さんゆかりんを2枚も
描いて頂けるとは夢にも思わなかった~!」という事で、あの時の私はまさに天にも昇る想いがあったのかもしれないです!

第二弾の巫女ゆかりんは、第一弾に比べて金髪を抑制され全体的に色彩を抑えられ淡い雰囲気を見事に醸し出されれて
幻想的な雰囲気をすてきに演出された上で、
更に豊かな胸を強調されたり、へそだし&腋見せを第一弾よりも更に強調したりと
自由自在な演出・遊び心を更に感じさせてくれていると思います。

霊夢ってよく怠け者巫女とか修行不足の巫女と言われがちではあるのですけど、
この第二弾の巫女ゆかりんからは、
私の脳内妄想としては、博麗神社の初代巫女時代に、霊夢同様に、修行とか日々のお勤めが面倒くさくなる時もあったりして、
「も~面倒くさいなぁ・・」とぶつぶつ言いながら、のびをしながらあくびをしているとか博麗神社の自室内にて
手を頭上で組んで退屈そうにボーッとしているとか
リラックスしているような光景が浮かびそうな気がしますね(笑)
全体的にとってものびのびと巫女さんを楽しんでいるような印象も伝わってきますし、
同時に「なんか楽しいことないかな~」とか
「たまには幻想郷を離れてどこか遠い所にふらっと旅行してみたいな・・」と
伸びとあくびをしながらだるそうにしているといったゆかりんみたいな光景が自然と思い浮かんできます。

この巫女さんゆかりんはアミグリさんの自由さ・柔軟性がすてきに伝わっていると思います!
へそだし・腋見せ巫女さんが本家本元の霊夢に決してひけをとらないすてきな巫女さんだと思いますし、
こうした大人っぽい金髪巫女さんも大有りなのだと言う事を改めてしらしめる作品であるのは間違いないと思いますし、
たまにはこうやってのんびりとサボっている雰囲気のゆかりんを拝見させて頂くのも嬉しいものがありそうですね~!



xmas-yukarin-07_convert_20181221220912_convert_20181222162554.png



続きまして冒頭でも既にご登場して頂きましたけど、2018年12月のクリスマスイラストとしてアミグリさんが描かれた
「クリスマスゆかりん♪」です。

アミグリさんが描かれたクリスマスゆかりんは、レディとしての美しいゆかりんとクリスマスの時にちょっとしたイタズラ心で
コスプレみたいな事もしてみたくなってしまったような少女のかわいらしさの両方の側面を見事に
描かれていると感じます。

このクリスマスゆかりんはかわいいしとても美しいと思います!
(いつものように)とても大人っぽい雰囲気をキープしながらも「少女のようなかわいらしさ」を
正攻法に真正面から表現されているようにも感じるのですけど、
それでいてとても「美しい!」と見ている人を思わず唸らせてしまう圧倒的な表現力がここに提示されていると感じたものです。
髪飾りのツリーのかわいらしさにゆかりんのZUN帽もクリスマスカラーとして一番相応しい赤として描かれる事で
見ている人達により強く「これから楽しいクリスマスが始まる」という事を意識させていると思いますし。
ファーのあたたかそうな雰囲気も見ているだけでふわふわ&もこもことした気持ちにさせてくれそうです。
赤の帽子に紅白のサンタ風衣裳に対して金髪はいつも以上にあの華やかで艶やかな美しくたなびくような流れるような
長髪の黄金の髪という事で、その対照性も鮮やか以外の言葉しか出てこないです。
赤の衣裳に対する襟元と袖の白のモコモコふわふわのファーの柔らかさが引き立っているようにも感じられます。
そしてゆかりんの上品極まりない薄化粧に一人のすてきなレディとしてのすてきな大人のお色気を感じ取ります。
眼が普段描かれているゆかりんよりも少しだけくっきり感じられるのは、
いつもより少しだけ強めのアイシャドウ効果なのかもしれないですし、
ほんのりと紅潮した頬のかわいらしさや上品な口元に思わず見入ってしまうものがあると感じたものでした。
ゆかりんのこのすてきなメイクは、プロの方が担当されたような上品で美しいお化粧だと思います。
背景の雪の結晶もゆかりんの美しさを際立たせていると思います!

とにかくこのゆかりんも素晴らしいです!

振り返ってみるとアミグリさんが2018年に描かれたゆかりんは、巫女さんゆかりん・ハロウィンゆかりん、
そしてこのクリスマスゆかりんと、その自由自在さと多様性からはアミグリさんの素晴らしき柔軟性を感じます。


haroulin-yukarin-003_convert_20181009155555_convert_20181012160032.png



続きましてアミグリさんが2018年10月に描かれた「ハロウィンゆかりん」です!
細かい方ですと「古い作品から掲載すると言っていたのに、このハロウィンゆかりんはクリスマスゆかりんよりも
前の作品じゃん!」とツッコミが入るのかもしれないですけど、その理由は本記事のフィナーレ!を
飾って頂く作品がこの「ハロウィンゆかりん」の色違い・背景無しverだからです!

このハロウィンゆかりんは、とても大人っぽいけど同時にあどけない雰囲気も醸し出されていると思います。
ここにいるのは少女のようなかわいいゆかりんと大人っぽくて少しミステリアスなゆかりんが同居しているすてきな作品と
言えるのだと思います。

ハロウィンを代表するセリフは言うまでもなく子供たちの「イタズラするかご馳走してくれるか?」というものですけど、
こんなかわいいゆかりん様から「イタズラするかご馳走してくれるか」ともしも尋ねられたら、私は是非ぜひ
こんなかわいいゆかりんからイタズラされてみたいものです!

ゆかりんというとあのド派手な紫色のドレスという印象があるのですけど、
アミグリさんが描かれたゆかりんのハロウィン衣装は、ゆかりんのメインカラーの紫色を多用しつつも
部分的に黒を織り込むなど、その色彩感覚も大変すぐれているものがあると思いますし、
ゆかりんのスカートがふわっと浮いていて、ちらっと生足を拝見する事が出来るというのもとてもうれしいファンサービスだと
思います!
やっぱり生足チラリというものは素晴らしいものがあるのだと思いますし、胸元のゴージャスな雰囲気も
すてきなファンサービスなのだと思います!
スカートの裾や襟元の黒のフリルも全体を引き締めているようにも感じられます。

全体のいつものキラキラ感も素晴らしいですし、背景のこうもりやお化けやカボチャもとてもかわいく描かれていて
ハロウィンイラストとしてすてきな隠し味の役割を果たされていると思います。
ゆかりんの金髪もこの流れるような流麗な美しさが圧巻だといつもながらに感心させられました。

イタズラされてみたいいつものミステリアスなゆかりんなのですけど、
「その手に持っているお菓子はなんなの~? お姉さんも一口食べてみたいなぁ~」みたいに言っていそうな
少しあどけなくて子供っぽい雰囲気も感じられるのは、それはアミグリさんのこのハロウィンイラストが
ゆかりんの少女らしい雰囲気も巧みにきちんと表現されている事に他ならないのだと思います。



yukarin-irochigai-01_convert_20190119160114_convert_20190122191046.png


大変名残惜しいことに、本日の「アミグリさんのdream fantasy開設11周年お祝い記事」も
上記のイラストをもって一旦お開きにさせて頂きたいと思います(泣・・)

上記のゆかりんは今年初めてアミグリさんが描かれたゆかりんで、上記のハロウィンゆかりんの
通常カラー&背景無しverです!

昨年10月のハロウィンゆかりんと基本的に同じ素材のはずなのですけど、不思議な事に最初に見た瞬間から
「10月のハロウィンゆかりんと全然異なる素材の完全新作」と思い込んでしまうほど、ご覧になっている人に
違いを感じさせるものがあるのだと思います。
背景の有無や色の変化だけで同じ素材でも見ている人に随分と違いを感じさせるものなのですし、
改めて背景や色というものはすてきな魔法と言えるのかもしれないです。

10月のハロウィンイラストとの僧院として、ZUN帽の色の違い・ドレスの色の違い・
首元や髪のリボンの色もオレンジから赤に変えられた点や
襟やスカートのフリルの色の違い・ロング手袋の色の違いなどがそうなのですけど、
ハロウィンカラーのゆかりんと比べると清楚な雰囲気が随分と強くなっているようにも感じられます。
ハロウィン仕様の際は、ZUN帽・ロング手袋・フリル等が全体的に黒系統であったのをこの通常カラーのゆかりんにおいては
いつもの白に戻されていましたので、その事が清楚という印象を強く感じさせているのだと思われます。
やはり白色と言うものは清楚で純潔なイメージが大きいと言えるのかもしれないです。
ゆかりんが手~腕にまとっているロング手袋は、白という事もあり、
ウェディング・グローブにも見えたりして、その辺りも清楚・純潔という雰囲気が宿っている要因なのかもしれないです。

昨年のハロウィンゆかりんは、小悪魔っぽい(?)いたずらっ娘みたいな雰囲気で、
今回は幻想郷の清楚なお姉さまという印象があり、
色違いや背景有無の違いは改めて大きいと感じさせてくれましたし、そうした事を具体的に的確に見ている人に
伝えているアミグリさんの絵師様としての技量の高さに改めて感銘させられたものでした。

ハロウィン仕様のゆかりんも今回のゆかりんもどちらもとっても大好きです!

「dream fantasy開設11周年記念記事」のフィナーレを堂々と飾って頂くのに相応しい大変立派なゆかりんだと思います!



meido-yukarin-05_convert_20190311180521_convert_20190312003658.png



さてさて、ここから先はアンコールです!

上記のメイドゆかりんは、アミグリさんが今から6日前に描かれたばかりの描きたてほやほやのゆかりんです!

先週の「3月7日は早苗さんの日」の早苗さん記事のときも、アンコールイラストとしてあのすてきなメイド早苗さんを
転載&ご紹介をさせて頂きましたけど、
今回もこうしてアミグリさんに本日の当ブログのdream fantasy開設11周年お祝い記事=アミグリさんが描かれたゆかりん特集
記事においてもアンコール作品を描いて頂けた事は、本当に感謝に絶えないですし、
アミグリさんに改めて「ありがとうございます!」と御礼のお言葉をお伝えさせて頂きたいと思います。
先日のメイド早苗さん【→ メイド早苗さん♪ 】
はいかにも今風のメイドさんという雰囲気でしたけど、
今回のメイドゆかりんは、クラシカルで上品な雰囲気が漂っていると思います。
アミグリさんはこのメイドゆかりんを描かれている際に「ゆかりんがいつものあのZUN帽をかぶっていないと誰だかわからない」
と悩まれた末にメイドゆかりんに帽子を被せられたそうですけど、
今現在のメイドさんというか、秋葉原にいそうなメイド喫茶やコスプレのメイドさんは髪にカチューシャを付けているのが
一般的なのかもしれないですが、例えば大正浪漫の頃のいわゆる珈琲喫茶の
女給仕さんの衣装はふかふか帽子を被っている事も多々あったようでして、
その意味ではアミグリさんのそうしたアプローチは実に的を得ているといえるのかもしれないです。

メイドゆかりんでしたら、いつものZUN帽を被られていたとしても、はたまた今風のメイドさんのように白のフリル付カチューシャを
髪に装着されていたとしてもどちらもよくお似合いだと思いますし、
どのゆかりんでもあの流れるように美しいロング金髪も活かされていると思いますので、どちらのゆかりんもすてきだと
思いますし、両方のゆかりんを見てみたいな~という気持ちにさせてくれそうです。

メイド早苗さんは、現役JKさんのアルバイトっぽい雰囲気もあるのかもしれないですけど、
メイドゆかりんは、きゃぴきゃぴした感じではなくて、むしろ大人のレディとしての上品さや大人の洗練されたお色気の方が
すてきな滲み出ているといえそうです。
そう感じさせるのも、ロングスカートや肩だしの衣装はどこなくですけど、
ヨーロッパの舞踏会とか晩餐の後のダンスパーティーといった大人のたしなみみたいなものを感じてしまいそうです。

ゆかりんの笑顔もとてもかわいくて癒されそうです。

こんなにもすてきなメイドさんから紅茶を出されたとしたら感激してしまうのは間違いないと思います!
メイド早苗さんの時と違って背景がないから、その分、ゆかりんの存在感が際立っているといえそうですし、
公式作品においては間違ってもゆかりんはメイドさんなんてやりそうもないですので、とてつもなく希少価値の高い
メイドゆかりんだと思います!
(調子に乗りやすい早苗さんだったら、神奈子や霊夢などから「早苗~、あんたは巫女服よりもメイドさん衣装の方が
よくお似合いよ~」とおだてられたら、数時間後には早苗さんの衣装はメイド衣装にチェンジしているのかもしれないです・・)

改めてですけど2009年に描かれたゆかりんから始まり、最新の2019年3月に描かれたゆかりんでもって
本記事を締めさせて頂いた事になるのですけど、この11年間の軌跡をゆかりんイラストをもって振り返りをさせて
頂きましたけど、改めてその11年間の重みとアミグリさんの絵師様としての素晴らしき進化に心の底から
敬意を表させて頂きたいと思います。

最後に、アミグリさん! 本日は「dream fantasy開設11周年」おめでとうございます!

この11年間の軌跡はアミグリさんご自身が一番「誇り」に感じて頂きたいですし、これからも無理のないマイペースな
範囲ですてきな東方・艦これ・オリジナル・版権作品等の作品を描いて頂きたいと思います!
当ブログはこれからもずっとアミグリさんとdream fantasyを陰ながらご迷惑の掛からない範囲で応援を続けさせて
頂きたいと思っています。

どうかこれからも何卒宜しくお願いいたします。

そしていつも本当にありがとうございます!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

本日でアミグリ様のブログは11周年ですか!それだけの長い間、ブログを続け、素敵なイラストを通して幸せを届けているアミグリ様はやはり素晴らしい方ですね(^^♪
こちらにコメントする前に「dream fantasy」にも訪問してきました。素敵な紫様が今は最新記事でしたが、今回の記事でご紹介されている通り、様々なアプローチでアミグリ様は紫様を描いていらっしゃいますね。

ささやかながら私も応援していこうと思っております(^^♪

おめでとうございます!

dream fantasyの開設11周年おめでとうございます!

それをお祝いするのに相応しい見事な紫企画だと思いました。

初期の頃の少し鋭角で写実的な雰囲気から最近の作品に至る
華やかさと幻想感へと至る進化の過程が一目瞭然で伝わってきていると思いますし、
一人の絵師の成長の歴史がよくわかりました。

紫というとカラーリングは言うまでもなくハープルですけど、
色の度合いも徐々にそこに豪華さが加わっていき、最近のカラフルな作風に繋がっていると思いました。

どうかこれからも素晴らしい作品を描き続けて頂きたいです!

ごにぎり様、ありがとうございます!

ごにぎり 様


すてきな11周年お祝いメッセージを頂きありがとうございます!

イラスト系の無から有を創造されるブログの方は、私が知る限りでは意気揚々とお絵描きブログを始められても
半年~1年で頓挫されるパターンが多いと言う印象も大変強いですし、
更新が途絶えがちという傾向も強い中、
アミグリさんは11年間に渡って、途中のさまざまな迷い・スランプを乗り越えられて、一ヶ月以上の空白を
あける事も一度もなくあのクオリティーの高い作品を発表されているその継続力と「常に変化と進化を模索されている」
前向きな気持ちは高く評価されて然るべきだと思います。

今回のゆかりんをご覧頂ければ一目瞭然の通り、アミグリさんは「これが私の作風」と固定化される事なく
作風もこれまでのたくさんの試行錯誤を重ねながら常に新しいものを模索され続けている所が大変尊いと思いますし、
その点も私がアミグリさんに魅かれる理由なのかもしれないです。

どうかこれからもアミグリさんのブログの応援を何卒宜しくお願いいたします。

さゆり様、ありがとうございます!

さゆり 様


dream fantasyの開設11周年のお祝いメッセージを頂きありがとうございます!

今回ご紹介させて頂きましたゆかりんの2009年→2019年の歴史をご覧頂ければ分かる通り、
そこには絶えず何かを精一杯表現しよう!というアミグリさんの想いが伝わってきますし、
一つの作風にこだわることなく、常に新しい変化を模索し続けているアミグリさんのその姿勢は
頭が下がる想いで一杯です!

どうかこれからもdream fantasyの応援を何卒宜しくお願いいたします。

こんばんは♪

アミグリさんのブログが開設11周年なのですね♪
おめでとうございます(*´▽`*)
長く続けられていてすごい!
いつも素敵な絵を描かれていて
すごいなって思っています☆

アミグリさんのゆかりんがいっぱいだぁ^^
少女っぽさの残るものから色っぽいものまで
昔から色んなゆかりんを描かれていたのですね。


アミグリさんのブログ開設11周年おめでとうございます!
継続は力なり、ですね。

ありがとうございます!

ふたごパンダ 様


お祝いメッセージを頂きありがとうございます!

イラスト・絵の創作系ブログは挫折しそのまま放置というブログがとてつもなく多い中、
こうやって長期間に渡ってアミグリさんが大好きな絵を描き続けられていて、しかもその絵が
毎年のように変化と進化を重ね続けられていて、その進化がゆったりとした歩みの中でも止まらないという事は
大変尊いものがあると思いますし、頭が下がる想いです。

これからもアミグリさんの「dream fantasy」も何卒宜しくお願いいたします。

まいさか様、ありがとうございます!

まいさか 様


dream fantasyの開設11周年のお祝いメッセージを頂きありがとうございます!

時に迷いやスランプに見舞われながらもこんなに長期間描き続けられていて、しかも「これが私の完成パターン!」と
自らを枠にはめる事も無く、多彩で自由で生き生きとしたキャラを多くのジャンルで描かれていて、
しかも毎年のように変化と進化を続けられているのは本当に尊いものがあると感じております。

アミグリさんが最初に描かれた東方キャラは大ちゃんなのですけど、ゆかりんも実は相当以前から描かれていて、
ご指摘のように少女っぽい雰囲気から大人の妖艶な雰囲気まで自由自在に描かれていると思います。
昨年はコスプレゆかりんもお披露目されていて、これがとてもよくお似合いだったと思います。

これからもアミグリさんやdream fantasyも応援を宜しくお願いいたします!!

ありがとうございます!

dream fantasyの開設11周年のお祝い記事、および素敵なゆかりん特集記事を書いていただきありがとうございました!

ぬくぬく先生の大きなゆかりん愛がとても伝わってきましたし、ほぼ古いイラストからの掲載順でご紹介してくださったこともあり、今まで描いてきたゆかりんのイラストを振り返る機会にもなりました。

これからも、ゆかりんは描き続けたいと思います。

そして、最新版のメイドゆかりんをアンコールとしてご紹介してくださったこともとっても嬉しいです!
みなさまからの素敵なご感想もとても感謝しています。

アミグリ 様、こちらこそありがとうございます!

アミグリ 様


改めて昨日の「dream fantasy」の開設11周年おめでとうございます!

何人かの方が言われていた通り、11年間継続された事と描かれた作品がすてきな進化を続けられている事は
本当に得難いものであると思いますし、私自身も心の底から最大限の称賛と賛辞の言葉をお伝えさせて
頂きたいと思います。

ゆかりんや早苗さん・こいしちゃんといった東方キャラはアミグリさんの存在が無ければ私は知る事もなかったですし、
本当にアミグリさんには「ありがとう!」の言葉しか出てこないです。
いつも本当にありがとうございます!

これからもたくさんのすてきなゆかりんをはじめ、東方・艦これ・版権・オリジナル等の作品を無理のない範囲で
マイペースに描いていって欲しいですし、
これからもずっとささやかで微々たるものかもしれないですけど「dream fantasy」とアミグリさんを応援させて
頂きたいと思います!

あれだけの絵を一枚描くだけでも簡単なことではないはずですが、11年もの間それを続けるというのは絵を描くことを心から愛しているからできることなのでしょうね。
描き込み量の多さに色分けの細かさ、腋巫女スタイルだったりハロウィンだったりと独自要素まで盛り込んだ意外性のある姿、そして誰かを新たな世界へと導けるほどの魅力というのは決してなんとなくの結果で生み出せるものではないと思います。
ゆかりんのイラストだけをまとめてもその止まらない進化の歴史が線に色にと確実に表れているのがわかりますし、長く続けてきたからこそ形にできる一人の絵師さんによる八雲紫というキャラクターの表現のバリエーションがこの記事に詰まっていますね!

schwert 様、ありがとうございます!

schwert 様


「dream fantasy」開設11周年のお祝いメッセージを頂きありがとうございます。

概してイラスト系ブログは開設当初は意気盛んなものの、大体半年程度で挫折、そのまま放置または閉鎖という
パターンが全体の8割以上という実態の中、
一か月以上の空白が一度もなく、これだけ長期間に渡って継続されたという事自体が大変尊い事だと思いますし、
更にそこに加えて、作風が絶えず常に新しいものを模索し続けているという革新性が称賛に値すると
思います。

ゆかりんという題材一つとってもこれだけヴァリエーションを見せてくれる絵師様というのも私が知る限り、
ほぼ皆無だと思いますし、全体的には美しいおとなっぽいゆかりんを描きながらも、更に巫女さん・サンタ・ハロウィン・
メイドさんなどとほとんどの人が思いつかないような斬新で新鮮な発想でもって描かれている事は
本当に素晴らしい事だと思います。

どうかこれからも「dream fantasy」の応援を何卒宜しくお願いします!

そして今度の日曜はアミグリさんのお誕生日でもありますので、お祝いして頂けるととても嬉しいです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4733-f6bfdd1a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |