FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


1985年の課題曲B「波の見える風景」は大好きな課題曲の一つです。
全日本吹奏楽コンクール課題曲でベスト3をあげろと言われれれば、
①1981年/東北地方の民謡によるコラージュ
②1985年/波の見える風景
③1994年/べりーをつんだらダンスにしよう
を現時点では挙げたいと思います。

「波の見える風景」は、その光景が容易に想像できますし、同時にイメージを頭の中で
膨らませることが出来ます。
導入部のゆったりとした二拍子の部分から始まり、フルート・オーボエ・クラリネットのソロも
魅力的ですし、鳴る部分はしっかり鳴る。
それでいて全体的にしっとりと聴かせてくれるから
本当に魅力が尽きる事が無い曲だと思います。
尚、この曲は後に改訂版も出ていますが、かえって煩雑になった印象があり、正直あまり好きでは
ありません。
改訂版のいらない部分を削ったら、この1985年の課題曲版になってしまった・・・という
印象すらあります。

〇那覇高校

 プログラム一番の花輪高校に比べると、各段と技術が落ち、パワーもサウンドの重厚さも
 ガクンと下がります。
 いわば普通の高校生の演奏そのまんまという感じの演奏です。
 音も濁り気味だし、少々ぎこちない硬さもあります。
 だけど良かった点は、演奏者と指揮者が一体となって手作りの音楽をしている点かな・・・
 自由曲の「幻想交響曲」ももう少し劇的な雰囲気を出して欲しかったし、
 薄気味悪さの雰囲気を表現して欲しかったけど、
 どことなくのんびりしているようにも感じられました。
 自由曲において、打楽器の女の子が、基本的には二人いるティンパニー奏者をメインにしているけど、
 部分的にマリンバで素晴らしい撥さばきを見せたり、
 ティンパニーとマリンバの掛け持ちと言う珍しいスタイルを見せてくれたのは何か印象に
 残っています。
 原曲で、弦がピッチカート的に奏する箇所を三人のマリンバ奏者が、マレットを上下逆さまに持ち
 木の部分にマレットの撥の部分を叩きつけ、弦のピッチカートとして代用していたのは、
 違和感はあったけど、面白い発想と感じました。

〇浜松商業

 前年は「カタストロフィー」で本当に演奏が破綻してしまったのですけど、翌年は
 見事に立ち直っていました。
 課題曲・自由曲を通じてサウンドが絹のように柔らかい響きだったのは
 印象的です。
 自由曲の「古祀」も変拍子を全く変拍子と感じさせない程、楽に聴かせてくれた技術には
 脱帽です。
 たった一年でここまで進歩するなんてまさに驚きです。
 だけどこのチームが本格的に化けるのは、翌年の「トッカータとフーガ」からです。
 指揮者の遠山先生は、81年にも浜松工業で「古祀」を演奏していますが、こちらは比較的
 アレグロの部分を重視、終結部の静かな部分をバサッと切る解釈をしていましたが、
 浜松商業では、ゆるやかな部分も終結部分もカットを抑え、歌を重視していた点は
 良かったと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

那覇高校、九州大会では名演で凄かったんですよ。(県大会よりちぐはぐな演奏をした)福岡工業大学附属が落ちたのも仕方ないかな?と。

しかし、出番の早い普門館の那覇は全く良くなかった。九州大会での名演は再現ならず、ガッカリした記憶があります。

那覇高校の幻想

渚スコープ 様

85年当時、「5年連続金賞」がかかっていた福岡工大付属が支部大会落ちと聞いた時は
正直驚いたものです。
それを破った一つの那覇高の演奏は注目していましたけど、
全国では正直冴えない凡演でしたね・・・
九州大会では素晴らしい名演とありましたけど、全国ではさすがに緊張したのかな・・・
それとも一つ前の演奏団体の花輪高校の素晴らしいサウンドと演奏に動揺したのでしょうか・・・??

この年の福岡工大付属は、確かラッセンの「マンハッタン交響曲」でしたけど、
曲が少しマイナー過ぎましたし、曲自体このチームが演奏するには
少し地味すぎたのかも・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/473-5fbff58b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |