FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


3月9日は、記念切手の日でもありますしレコード針の日でもありますし、サンキューの日(ありがとうの日)でも
あったりします!
サンキューの日という言葉から思い出すのはマクドナルドのサンキューセットなのかな・・?
1987年当時、マクドナルドで「サンキューセット」が初登場し、
あの価格でこの内容という事で当時は結構話題になっていた事がありました。
すぐにロッテリアも「サンパチセット」とかいって追従していたのは、それが資本主義たるゆえんなのかもしれないですね~

本日「3月9日」は実は初音ミクの日でもありますし、咲夜さんの日でもあったりします。

そしてなぜかは知らないですけど、こんなにメジャーで大人気キャラのお二人なのに二人の「3月9日の記念日」としての
印象&世間認知度は意外と低いようにも感じられたりもします。
ミクに関しては「8月31日は初音ミクのお誕生日」という生誕祭の印象が大変強いようにも思えますし、
咲夜さんに関しては「毎月16日は咲夜さんの日」という事の方が認知度は高いからとも言えるのかも しれないですね。

そうした訳で、当ブログにおいてはささやかですけど、ミクと咲夜さんの記念日記事を今年も書かせて頂き、
前半は初音ミクについてミクの二次創作とも言える「弱音ハク」のねんどろいどミニフィギュアとアミグリさんの描かれた
ミクのイラストの転載をさせて頂き、
後半に咲夜さんのとってもかわいいフィギュアのレビューと、同じくアミグリさんが描かれたイラストなのですけど
かわいくてお美しい咲夜さんに猫耳を更にプラスαされたとてもチャーミングなイラストですので、
こちらの方も是非ご覧頂ければと思います。





012_convert_20190114142957.jpg


上記のとってもかわいいちびっこのねんどろいどぷちは、ボーカロイドシリーズ01の弱音ハクです。

弱音ハクとは、ボーカロイドに感化され自らも「初音ミク」を購入しDTMにチャレンジするものの、
あまりにも自らの音楽センスや音楽的才能の無さに気づき、いたたまれなく打ちひしがれているという皆様たちの心象を
表現した架空の擬人化キャラクターの事です。
つまりは・・
「どうせ自分なんか最初から才能なんか無かったんだ・・」とか
「どうせ自分は初音ミクにはなれそうもないし・・」といってやたらと愚痴るまくるキャラを「弱音を吐く」→弱音ハクとして
初音ミクと語呂合せとしてもじって登場したキャラと言えると思います。

弱音ハクの登場時の設定として、
「弱音ハク」という名前・白髪・目の下にクマ・やつれている・ミクを使いこなせなかった事でやたらと弱気になっている・
愚痴っぽい・酒浸り・涙目・胸がやたらと大きいといったようなものもあったとは思うのですけど、
その後徐々にボーカロイド亜種キャラとして認知されていき、
公式モバイルサイトでアクセサリーとして登場したり、フィギュア等のグッズでも登場していたり、
MikuMikuDanceでは楽器の扱いやダンスが物凄く巧みな頼れるお姉さんと言うキャラが確立していたりもしていて、
初期の頃の陰気なイメージでは既に無いと思います。

このねんどろいどぷち ボーカロイド#01シリーズは全11種のキャラが発売されていて、弱音ハクも初音ミクたちと共に
同時に発売されていたりもします。

このシリーズの弱音ハクの商品概要は下記の通りです。

商品名 : ねんどろいどぷち ボーカロイド#01 ボーカル・シリーズ
メーカー : グッドスマイルカンパニー
カテゴリー : ねんどろいどぷち
価格 : 476円 +税
発売時期 : 2011年10月
仕様 : ABS&PVC製塗装済み完成品トレーディングフィギュア・ノンスケール・専用台座付属
全高 : 約6.5cm
原型制作 : あげたゆきを(マックスファクトリー) 制作協力=ねんどろん

このゆるかわいらしさが何とも言えないです~

髪の毛が支えになって台座無しでも普通に自立できる点もポイントが高いと思います。


009_convert_20190114142911.jpg


上記は、ねんどろいどぷち 初音ミク セレクションからMEIKOです!

元気いっぱいなポーズが明るくて可愛いMEIKOさんだと思います!

MEIKOとは、クリプトンが開発販売しているボーカル音源・VOCALOIDの一つでありますし、
実は最初の日本語版ボカロであったりもします。
ボーカロイドの顔とも言えるあの初音ミクよりも登場は早いキャラというのは意外と知られていない事実なのかもしれないです。

ボーカロイドのキャラの中では、しっかり者の長女として描かれる傾向が強いのですけど、
ミクがどちらかというと美少女みたいな雰囲気もある中で、ルカ様とかMEIKOはしっとりとした大人の雰囲気という
雰囲気が濃厚だと思いますし、ボーカロイドの「すてきなお姉さま」という印象が大変強いです!
そうしたせいなのか、他のボーカロイド達が暴走した際にはツッコミ役に回る事もしばしばというのも「年の功」(?)
という感じなのかもしれないですね・・(笑)
それゆえに万一ですけどMEIKOが暴走した場合は、それを止める事が出来るキャラはルカ様以外誰もいないのかも
しれないですね・・(笑)

とにかくMEIKOはみんなのとってもすてきなお姉さんだと思いますし、それがねんどろいどぷちとしても十分発揮されていると
思います。


014_convert_20190114143020.jpg


せっかくですので弱音ハクとMEIKOのツーショットも掲載させて頂きたいと思います。

二人ともボーカロイドキャラとしては、酸いも甘いも知り尽くしているすてきなお姉さんたちという雰囲気も漂っていそうな
感じでもありますね~


hatune-mikusan_convert_20120820091853.png


上記はdream fantasy のアミグリさんが
2012年8月に描かれた初音ミクです。
ちなみにこのミクは、2012年3月9日の「ミクの日」に描かれたミクをアミグリさん自身が5ヶ月後にリメイクされた
作品でもあります。

初音ミクと言うと、青緑色の髪、ツインテール・ヘッドセット・ノースリーブの上着にネクタイ・
ミニスカートにローヒールのサイハイのブーツが特徴だと思いますが、
アミグリさんが描かれたミクは、そうした特徴を見事に捉えられたとってもかわいいミクだと思うのですけど、
他の絵師様に比べて更に長めのツインテールの描き方とか
このミクが描かれた2012年というのは、アミグリさんにとっては「淡い色彩の時代」と重なっているせいもあるのですけど、
はっきりとメリハリをつけたミクではなくて
あえて淡い色彩感覚で仕上げられていて、その淡さがすてきなファンタジー感を生み出しているとも感じられます。




013_convert_20180128171917.jpg

015_convert_20180128171958.jpg



ここから先は初音ミクと同じく「3月9日」に由来するキャラとして東方の十六夜咲夜さんを取り上げさせて頂きたいと
思います。

咲夜さんについては今更当ブログで説明する必要もない御方だとは思うのですけど、
ごく一言でその概要を言うと、紅魔館という吸血鬼の館でメイド長を務め、その得意技はナイフ投げであり、
そのとてつもない能力とは時間を操る程度の能力であったりもします。
そうしたとてつもない力を有しているのですけど、咲夜さんは実は妖怪でも悪魔でも無くてその正体は
人間であったりもします。
(一部では永琳との何らかの関連性を指摘する意見もありますし、人間ではなくて永琳や輝夜と同じく実は月の民では
ないのかという説も以前から根強くあったりもします
中にはタイムトラベルプリンセスではないのか・・?という意見を言われる方もいたりもします)

妖怪・妖獣ではないけど、日常的に刃物類を常に肌身離さず所有していて、巫女さんでも人間でも妖怪等に対して
やたらめったら斬り付けていそうなイメージのある立ち位置のキャラというと幻想郷内においては、
半分幽霊の妖夢と人間の咲夜さんというのも面白い話だと思います。
妖怪がそうした刃物で人間を斬り付ける事は皆無であるのに、幽霊・人間そのものが人間に対して刃物で斬り付けるというのも
ある意味シュールなものがあるのかもしれないですね。
妖夢も二刀流という事で刃物を使用するのですけど、接近戦は得意だけど遠くからの攻撃はあまり得意じゃなさそうですし、
何よりもスピード感という観点では咲夜さんには一歩も二歩も劣るという感じでもありますし、
万一、妖夢VS咲夜さんのバトルが発生したとしても、接近戦に持ち込む以外勝ち目がない妖夢と違って咲夜さんは、
接近戦も遠隔戦も問題なく対応出来ますし、何よりも咲夜さんには「時間を操る程度の能力」を有していて、
スピード感が妖夢とは最初から全然違うと思いますし、時には瞬間的に時間と空間を止める事で、妖夢の皮膚をサクッ!と
切る事なんて朝飯前なのかもしれないですね~

そうした咲夜さんのフィギュアはかなり人気が高く、プライズ系でもメーカー正規品でも既に相当の種類の商品が
出ています。
そしてほとんどの咲夜さんフィギュアは、ナイフを手にされているか時計を手にしているまたは時計の上に身構え
「時間を操る程度の能力」を強烈にイメージさせているものが多いようにも感じられます。
そして咲夜さんというと優秀なメイド長だけど、同時に東方屈指のお色気担当という事もあり、紅魔館のエロメイドと
言われるのに相応しいかわいらしさとお色気を併せ持ったフィギュアも多いような気もします。
ただ残念な事に咲夜さんのメーカー正規品フィギュアは大変人気が高くて、市場にもほとんど流通していないため、
私自身咲夜さんフィギュアの実物はあまりお目にかかっていません。
それでも昨年、プライズ系としての咲夜さんフィギュアが登場していて、プライズ系ではあるのですけどその完成度が
あまりにも素晴らしいと思いますので今一度改めて簡単にレビューさせて頂きたいと思います。

この種のプライズ系フィギュアは往々にして、箱に描かれたデザインは可愛いのに、立体化された作品は
その再現度がちょっとあまりよくない・・みたいな駄作もあったりするのですけど、
この咲夜さんに関しては、私の私見ですけど、箱のデザインよりも実物のフィギュアの方がかわいらしく感じられ、
箱の元絵よりも実際のフィギュアの方が完成度が高いというちょっと珍しい感じもあったりします。

今回のフィギュア化に当たっては、メーカーの説明文は
「レミリア・スカーレットに仕える紅魔館のメイド長十六夜咲夜がプレミアムフィギュアになってセガプライズに登場! 
左手には武器のナイフを、右手には時間を操る能力を象徴する時計を持った姿で立体化です」と記されていましたけど、
考えてみると、他のメーカー正規品の咲夜さんフィギュアは、時計とナイフの両方一緒に手にされているというのは、
それほど数が多い訳では無かったと思いますので、
咲夜さんの能力&得意技を象徴しているナイフと時計の両方同時に手にしているこのフィギュアは
貴重と言えるのかもしれないです。

腰の大きなリボンが特徴的な紺と白を基調としたメイド服はやはり咲夜さんにとってもお似合いなのだと思います!

というか、東方で咲夜さん以上にメイド服が似合いそうなキャラってそんなにいないのだと思います!

薄紫色の髪でおさげで頭にはヘッドドレスという咲夜さんの基本設定も忠実に再現されています。

そしてこの躍動感というのか片足を上げてぴょん!とジャンプしているような跳ねている感じもとても素晴らしいと思います!

咲夜さんが右手に持っているのは「懐中時計」です。

最初にこのフィギュアを見た際には、ヌンチャクといったまたまたナイフみたいな物騒な武器なのか・・?と感じたものでした。

この懐中時計というのは言うまでもなく咲夜さんの能力の一つでもある「時間を操る程度の能力」を示唆したものでも
あると言えると思います。
咲夜さんの「時間を操る」とは、時間を止めて自分だけ移動したり、時間の流れを遅くして超高速で動いたり、
時間の流れを速めて存在を変化させる能力の事と換言できると思います。
あんなにもバカ広いお屋敷の紅魔館を、咲夜さん一人で日々の掃除・洗濯・炊事・レミリア様とフランちゃんへのお茶出し・
後片付けなどたった一人で取り仕切っている訳ですので、文字通り「時間なんていくらあっても足りない・・」
という感じなのだと思います。
だけど、時間を止めちゃって、その止めた時間内で咲夜さんが仕事をこなせば、どうにかこうにか紅魔館の管理運営が
機能していくという事なのだと思います。

東方茨歌仙」第35話にて、咲夜さんの「時間を操る程度の能力」については咲夜さん自身の口から
新しい解釈も飛び出ていました!
咲夜さん本人が語るには「時間操作とは、他人の動きと時間を止める事ではなくて、
自らが常識では考えられないどの高速な度動作で瞬時に物事をテキパキと処理することができる事であり、
それが第三者には時間を止めちゃうように見えてしまう」との事です。

ま、どちらにしたって咲夜さんの普通の人間をとっくに超越したその力は、やっぱりどうみても只の人間では
ないですよね・・(笑)


nekokosakuyachan_convert_20130401154403.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、上記の初音ミクに続いて
dream fantasyのアミグリさんが描かれた
「3月9日」に由来したキャラという事で、東方の咲夜さんの素晴らしいイラストを皆様にご紹介を
させて頂きたいと思います。

上記の咲夜さんはアミグリさんが2013年4月に描かれた「猫耳咲夜さん」です。

なにこれ! この咲夜さんめちゃくちゃ可愛いですね~!!

このちょびっと「ふにゃん・・」とした雰囲気の咲夜さんがとてつもなくかわいいです!

この猫耳咲夜さんを描かれていたのは2013年ですので「アミグリさんの淡い色彩時代」の絶頂の頃であり、
全体の雰囲気は淡いとか透明感とかファンタジーといった印象が大変強く、
この咲夜さん自体は、いつものあのメイド服に髪にはカチューシャで普通そのものなのですけど、
アミグリさんはここになんと大胆にも咲夜さんに「猫耳」をやらかしてしまい(笑・・)
これが結果的に大変親しみやすい咲夜さんみたいな印象をもたらしているようにも感じられます。
アミグリさんは、ルーミアとかフランちゃんなどにネコ耳・ウサギ耳等のケモノ耳を付けてしまうお茶目な一面も
あったりするのですけど、この猫耳咲夜さんは、その中でも群を抜いて「可愛らしさ」をアピールしていると思いますし、
見れば見るほどこの猫耳咲夜さんは可愛いと思います。

背景に「猫の足跡」を用いているのはとても素敵な演出だと思いますね~

上記のアミグリさんが描かれた咲夜さんの絵は、その権利は全てアミグリさんに帰するものであり、
当ブログでの転載はアミグリさんからのご厚意とご了解の下転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいミクや咲夜さんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!

本日はミクと咲夜さんの日でしたけど、明日・・3月10日は「さとり様の日」です!

明日の当ブログは気合を込めてさとり様記事を書かせて頂きますし、その記事の際にはアミグリさんの描かれた
古明地姉妹も登場してきますので、明日の当ブログのさとり様の日記事も宜しければご覧になって頂けると
とってもうれしいです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは♪

サンキューの日っていいですよね♪
私は3月9日がブログを始めた日でもあるので
大切な日です(´∀`*)ウフフ

おめでとうございます!

ふたごパンダ 様


3/9はブログ開設の記念日でもあったのですね!

おめでとうございます。

後ほど改めてふたごパンダ様のブログでお祝いにお伺いさせて頂きたいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |