FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


悠 : 美沙や潤とは仲良くしてたじゃーん!私だけ冷たくされるの納得いかなーい!

大澤悠の上記のセリフは原作漫画版でもアニメ版でも登場していましたけど、確かに悠は毎回毎回
「小泉さ~ん! 一緒にラーメン食べにいこっ!」とお誘いしているのですけど、ほぼ毎回判で押したように
「お断りします」ときっぱり言われているのに、
「やった~! 小泉さんと会話ができた~!」ととてつもなく前向きでポジティブな大澤悠の発想は私も見習う必要が
あるのかもしれないですね。


蟆乗ウ峨&繧点convert_20190114153154


悠のクラスメイトの美沙と潤はなんだかんだいって小泉さんとは結構普通に会話していますし、ひょんな偶然が色々と
重なり小泉さんと二人でラーメンを食べに行ったりすることも多々あったりして
悠から「いつの間に私の知らない間に小泉さんと仲良くなっているの~!?」と焼きもちを妬かれる事もあるのも
面白い話ではありますね。

美沙 : 小泉なんてあんな四六時中ラーメンのことしか考えてない奴じゃん!

潤  : そう言えば私もラーメンのことしか話したことないかなー~

そういう美沙と潤なのですけど、各自が小泉さんとラーメンを食べに行ったりメールアドレス交換をしている時には、
たいてい悠が背後にいたりするのも楽しいものがあったりもします。
「なのに…なんで!? 二人して!私はこんなに誘っても断れるのに!なんで美沙も潤も小泉さんと仲良くラーメン食べてるのぉぉ…!ずるい!ずるい!ずるいずるいずーるーいー!」と
悠が二人に恨みがちに愚痴るのもなんだか少し気の毒な感じもありそうですね~



蟆乗ウ峨&繧点convert_20180728155422

b782c04b-s_convert_20180728155507.jpg



無愛想で無口で他人とのコミュニケーションをほとんど取らない美少女JK転校生の
小泉さんと親しくなるためには、大澤悠のようにストーカーの如く積極果敢に話しかけるのはあまり宜しくないみたいで、
むしろ美沙や潤のように一歩引いたところからさりげなく接していった方がいいのかもしれないですね~

小泉さんと美沙は激辛ラーメンで打ち解けられ、小泉さんと潤はパパパパパインですっかり打ち解け
それを見ていた大澤悠が「美沙や潤とは仲良くしてたじゃーん!私だけ冷たくされるの納得いかなーい!」という
悠の言い分も大変よくわかるのですけど、
小泉さんに対しては、こちら側から積極的に関わっていくアプローチよりは、
ラーメンに関して何かわからないことがあった時に「ねえねえ、小泉さん、この点はどうなの~?」とさり気なく聞いた方が
いいのかもしれないですし、
そうした質問をされると小泉さんも内心では嬉しくなってしまい、アニメ本編でも原作漫画でも
小泉さんのラーメン愛が溢れだし、ラーメンに関する薀蓄話が炸裂していたシーンは何度もありましたよね~(笑)

美沙や潤とは仲良くしてたじゃーん!私だけ冷たくされるの納得いかなーい!というシーンにおいて
アニメ版では悠は普通にさりげなく両手を左右に広げて小泉さんに抗議するという感じでもあったのですけど、
「ラーメン大好き 小泉さん」は、アニメ版と原作漫画版においては微妙な違いがあったりもしていて、
漫画版の方がどちらかというと悠の小泉さんに対するストーカー振りをコミカルに描いていて、
原作漫画版においては、悠は公道のど真ん中にて、まるで小さい駄々っ子が母親に対して
「このおもちゃ欲しい~! 買って買って~!!」と
仰向けでジタバタしているかのように小泉さんに対して駄々っ子の如くジタバタして見せていたのは
とっても面白かったと思いますし、
それを冷たい視線で自分の世界に入っている小泉さんがとてもシュールでもありました。

それでも大澤悠は決して諦めたりはしないのが凄いというのか、小泉さん曰く「私に対するつきまとい行為」みたいに
なってしまうのかもしれないですね。

悠 : 小泉さんの好きなお店で良いから連れてってぇぇぇ…!

小泉さん : 店に現地集合、現地解散で良ければ・・

悠 : マジで!?

そして翌日悠は小泉さんと一緒にラーメンを食べに行くことになります。

悠としては「一緒にラーメン店に入ってしまえばこっちのもの! あとは店内で小泉さんと店内で仲良くお喋りして
打ち解ければいいよねぇ~」みたいな思惑もあったのかもしれないですけど、
そんな悠の目論見なんて簡単に打破してしまうのが小泉さんのすきてなラーメン愛であり、ラーメンに対する知識の
深さなのだと思います。


015_convert_20190113165002.jpg


大澤悠は、小泉さんと一緒にラーメンを食べに行く=同じテーブルに着座するとか隣のカウンター同士で相席し、
その際に小泉さんと楽しい時を過ごせればいいのに・・と思っていたのかもしれないですけど、
そうは問屋が卸さないのが小泉さんなのでした~!

この時小泉さんと悠が入ったラーメン店はとんこつラーメン店なのですけど、この店はちょっと中の構造が特殊と言うのか、
普通のテーブルやカウンター席が無く、一人用の個別のカウンターが一人ずつ仕切られていて、
ラーメンを食べる際には誰とも話す事も無く一人黙々とラーメンを食べる事だけに集中できるというお店でもあったのです。
そして代金は事前に食券を購入し、一人カウンターの前にも仕切り板があり、その仕切り板に両手が入る程度の
スペースが設けられていて、店員はこのスペースから食券やお好み票を受け取ったり、ラーメンを提供していますので、
お客さんも店員とすら顔を合わせることなく黙々とラーメンを食べる事だけに専念が出来るというシステムなのです。

だから悠は小泉さんと会話をしたくても会話のしようがありませんし、アニメタイトルが「味集中カウンター」と
なっていたのも「なるほどね~」と感じさせるものがあると思います。
小泉さんにとっては味集中とも言えますし、同時に悠排除のお店として最初から企んでいたと言えるのだと思います。

うーーむ、なんて不憫な大澤悠!と言いたいところですけど、普段の小泉さんに対するすてきなストーカー振りから
見ると、小泉さんのこの悪知恵はすてきなものがあるのかもしれないですね。
そして現代の「個の時代」を象徴するようなラーメン店とも言えるのかもしれないです。

悠 : (個人スペース!? 自習室みたいなことに…)

悠 : (小泉さん…遠っ!)

悠 : 強制ぼっち席…

悠 : (あーあ…これじゃあ何の為に来たのかわかんないよ)

悠はこのとんこつラーメンのおいしさに感激し、「一人っきりのラーメン…最初はちょっと寂しく感じたけど、ラーメンって、
一人で食べても…悪くないじゃん!)と頭を過っていたりもします。

だけど最終的にはラーメンを食べた後はあっさり現地解散となり、

(結局、ぜんぜん話せなかった…ラーメン美味しかったけど)と涙目になってしまうのはちょっとさすがに気の毒な感じでも
ありましたけど、
翌日には「小泉さーん! 一緒にどこかいこ!」とお誘いし、いつものように「お断りします」と言われても全然めげない
あのポジティブさには感動すら受けてしまいそうですね~



df9d88a8-s_convert_20190114152648.jpg

a9ceb185-s_convert_20190114152625.jpg


アニメ版でも原作漫画版でも欄外的エピソードとして、

小泉さん : ちなみにあの仕切りは可動式です

悠 小泉さん!次は絶対隣同士で座ろう!

小泉さん : お断りします

そういった話がありましたけど、小泉さんは全て分かっていてやっているのですよね~(笑)


002_convert_20190114142618.jpg


最後に・・上記のお店はとんこつラーメンでしたけど、最近食べたカップ麺に「塩とんこつ」というサッポロ一番の
定番インスタント麺のシリーズの一つの味がありましたけど、この塩とんこつが少しばかり面白い味で
実は結構印象に残っていたりもします。

「塩とんこつ」となっていますけど、とんこつさはあまり感じさせないあっさりとした味なのだけど、
その旨みがぎゅぎゅっと濃縮されている辺りは「さすが定番の老舗インスタント麺の伝統!」と感じてしまいました。


003_convert_20190114142648.jpg


サッポロ一番の塩ラーメンのカップ麺にはフリーズドライの野菜がたっぷり入っていますけど、
この「塩とんこつ」のフリーズドライの野菜はさすがの食感で、野菜の量もインスタントとは到底思えないものが
あると思います。
具はチンゲン菜、キャベツ、白菜、コーン、ニンジンの5種の野菜を彩りよく組み合わされていて、
その辺の普通のカップ麺のカサカサした乾燥野菜とは風味が全然違う!という印象ですね!


005_convert_20190114142709.jpg


全体的には比較的あっさりとした塩とんこつですね!

とんこつの旨味はさっぱりとしているものの隠し味に魚介系の旨味を含んでいて、
豚と魚の調和的なマイルドさを感じさせてくれます。
スープは全体的にトロっとした粘りもあります。
本格的なとんこつスープではなく、複合的な味の中でとんこつは実はその一つに過ぎないという感じもあり、
本場の強烈なとんこつ臭を期待している人には物足りないのかもしれないです。
とんこつスープであることはそれほど意識できませんけど、香ばしい野菜の風味がほどよく感じられ、
サッポロ一番らしいやさしい味ながら複合的な要素のバランスがよく取れているスープとなっているのが
大変印象的な塩とんこつでありました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

一蘭はよく行きました

こんにちは。
一蘭は食べることに集中できるから、よく行きました。
最近は3か月に1回くらいですねぇ。
シートに自分好みの味に◯を入れるだけでオッケー。
小泉さんは、そこを狙ったのかもしれません。

一蘭

五航戦の愛鷹 様


一蘭は実はまだ一度も行ったことが無くて、あの独特なお一人様用味集中カウンターで食べた事は
ないですね~
悠がやっていたように替え玉をオーダーするとチャルメラの笛の音が響くのも面白いシステムだと思います。

シートで自分の好みをオーダーできるのもいいと思いますし、アニメでは小泉さんは本来は超・硬い麺をオーダーするところ、
この日は既に二杯目と言う事で胃の負担を考えてやわらか麺にするというのも通ですね!

こんばんは♪

一蘭有名ですよね。
私も行ったことがないです。
でもいつか1回くらい行ってみたいです(*´▽`*)

ラーメンと真剣に向き合うことを大切にしてそうな小泉さんには個人スペースは嬉しいものなのかもしれませんね。悠のようにコミュニケーションも楽しみたい人には物足りなそうでもたしかに食というのは味に集中できる環境があってこそというのも分かる気がします。
ただ小泉さんと一緒ならまぁ納得というところなのでしょうけど普通に仲のいい友とかに一人用カウンターのお店に連れて行かれたら「嫌がられてる…?」とかいろいろ考えてしまうのかも…w

一蘭

ふたごパンダ 様


一蘭さんは都内や南関東でもそれほど多くは見かけない店舗かもしれないですし、とんこつの本場の九州が
メインなのかもしれないですけど、
とんこつラーメンの美味しさには定評がありますので、私も一度は食べに行きたいです!

強制ぼっちラーメン

schwert 様


小泉さんで登場していたお一人様用スペースの味集中カウンターというのは一蘭という実在するとんこつラーメン店の
ものですけど、目の前にラーメンしかなくラーメンとあそこまで向い合ってしまうと嫌でも
ラーメンの味覚に全神経を集中させる結果になるのかもしれないです。

協調性皆無で他人とうまくやろうという気持ちが初めから全く無い小泉さんにとっては最高のスペースなのかも
しれないですけど、悠にとってはまさしく「強制ぼっちラーメン」と言えるのかもしれないですね~
小泉さんはそれを意図して最初から悠と一緒に一蘭に行ったのかもしれないですけど、
それでも前向きな悠は小泉さん以上にヘンなJKさんなのかもしれないですね~(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |