fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


medesunchan!!_convert_20140207155055.png


本日3月3日は、桃の節句という事で「ひな祭りの日」です!

そして東方において3月3日のひな祭りと思い出されるのは言うまでもなく「鍵山雛の日」ですっ!

東方の世界おいて、ドール=お人形さんに関連するキャラの皆様というと、
元はお人形さんだったけど人間に棄てられた人形が人間達への恨みで妖怪化してしまったメディスン・メランコリーと
元人間、そして今現在は人形遣いの魔法使いとも言えるアリス・マーガトロイド、
そして、厄払いで払われた厄や流し雛の風習で流された雛人形を川下で回収し「厄」を集めている 鍵山雛の
3人が該当すると思われますし、この3人は「すてきな三大東方人形娘」と言えそうですね。

昨年と一昨年の当ブログの3月3日の記事は鍵山雛に関する事をメインに取り上げさせて頂きましたので、
今年の3月3日の東方ひな祭りは広義的に解釈すれば東方人形娘の御三方も対象となって然るべきと考えますので、
今年は主として東方のすてきなお人形遣いのアリス・マーガトロイドのフィギュアをメインに構成をさせて頂きたいと
思います。
アリスのフィギュアと言うとグリフォン、キューズQなど既に多くの種類のものがメーカー正規品として製造・販売を
されているのですけど、本記事は2010年にグリフォンから製造・販売されたヴァージョンの中で、
ワンフェス2010冬限定ヴァージョンとしてわずか限定600体のみ製造・販売されたフォレストグリーンカラーverのアリスを
昨年末にとある中古ホビーショップで発見し、箱にテープの剥がし痕が残っているという理由からジャンク品扱いとなっていて、
「この価格はむしろアリスにちょいと気の毒・・」みたいな価格で売られていましたので、思わず購入をさせて頂きました。

本記事においては、七色の人形遣い アリス・マーガトロイド 限定600体のフォレストグリーンカラーのフィギュアの
レビューをさせて頂き、dream fantasy のアミグリさんが
描かれた東方ドール娘のイラストを改めて転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

冒頭のとってもかわいいメディスン・メランコリーは、dream fantasy のすてきな管理人さんのアミグリさんが2014年2月に描かれた作品です。

それにしてもとてつもなくかわいくて見ているだけでほっこり癒されそうな笑顔が素晴らしいメディスンだと思います。

多くの東方絵師様が既に多彩なメディスンを描かれていて、どの作品もそれぞれとっても魅力的だと思いますが、
私自身は、もちろん既に色々なメディスンを拝見させて頂いてはおりますけど、
アミグリさんが2014年に描かれたこのメディスンが一番大好きです!
色々と理由はあるのですけど、なんといってもこのあどけない可愛らしさ! このくりくりっとしたつぶらな瞳!
両手を頬につくこの可愛い仕草!
少女らしいかわいい雰囲気!!
メディスンの髪にちょこんと乗っているスーさんのかわいらしさ!
とにかく全てが「完璧!!」た゜と思います!
こんなにかわいいメディスンを超えるイラストが他にあるのならば、是非教えて頂きたい!と思わず感じ入ってしまう程の
素晴らしいメディスンだと思います!!

メディスンは、人間に「棄てられた」という事で人間に相当深い恨みを持っている妖怪なのかもしれないですけど、
元・人間で、現・魔法使い的な人形遣いのアリスから、人間とのかかわり方や幻想郷内で生きる上でのルール等を
色々と教わり、幻想郷内の可憐なレディへと変貌を遂げていくその過程のメディスンみたいな雰囲気を、
アミグリさんが描かれたこの一枚のイラストから感じ取ってしまいます。

それだけ見ている人に「何か」を伝えることができている素晴らしい傑作イラストのメディスンだと思います。







東方のアリス・マーガトロイドは旧作からの復活キャラであり、現在のwinsows版では「東方妖々夢」からの登場キャラ
という事で、東方ではかなりの古参キャラですし、東方人気投票でもほぼ毎年のようにベスト10入りを果たしている
大人気キャラでもあります。

アリス本人は、人形を自由自在に操る魔法使いのような人形遣いなのですけど、
本人が東方では一番「お人形さん」らしいというのも面白いものがあると思います。
やや長身の設定、金髪、ブルーの瞳、頭のヘアバンドみたいな赤いリボン、
青のワンピースのようなノースリーブに、ロングスカートの着用、
アリスは誰が何と言っても東方の「すてきなお人形さん」みたいな雰囲気に溢れていると思いますし、
東方でも屈指のすてきな美少女だと思いますし、とてつもない可愛らしさに溢れていると思います。
またアリスと冒頭のメディスンというと東方でも珍しい部類に入るすてきな金髪碧眼娘とも言えると思います。

アリスはどのような魔法使いに分類されるのかと言うと公式でも見解が分かれていたりもします。
阿求の東方求聞史紀においては、「元々は人間で、修行を積んで魔法使いになった」と記されてはいるのですけど、
アリスは、東方の旧作からの復活組という事情もありまして、この旧作においては、アリスは魔界に住んでいて、
現在のアリスが旧作から基本的には継承されている事情とかを考慮すると
アリスは魔界生まれの純粋な魔法使いの一人であると考えるのが妥当ではないのかな・・?と考えたりもします。

そうしたアリスのフィギュアなのですけど、上記で書いた通り「人形遣いなのだけど本人が一番お人形さんらしい雰囲気」を
しっかりと伝えているすてきなフィギュアだと思います。
そして本来のメインカラー(アリスのドレスの服の色)は青なのですけど、ワンフェス2010冬限定モデルのフォレストグリーンの
アリスをレビューさせて頂きたいと思います。

本商品の概要は下記の通りです。

■ 商品名: 東方プロジェクト 七色の人形遣い アリス・マーガトロイド フォレストグリーンカラーver

■ 発売元:グリフォンエンタープライズ

■ 仕様:PVC塗装済完成品

■ サイズ:1/8スケール 全高約18cm

■ 原型制作:i-con

■ 価格:税込7,560円

■ 発売:2010年2月  ※ワンフェス2010限定

元々の原型は東方でもお馴染みの爽やかな青色verなのですけど、ワンフェス2010冬限定モデルとしての
フォレストグリーンカラーのアリスとしての製造販売です。
こうしたカラー違いの商品は、霊夢・さとり様・こいしちゃん・物部布都・チルノ・フランちゃん等でも見られたりもしますし、
私的には紫色verの霊夢の雰囲気の違いが大変印象的であったりもします。

そしてアリスの青色版に対するフォレストグリーンカラーも悪くないと思います。
グリーンという事でぱっとみた感じは大ちゃんみたいな妖精の仲間のようにも感じられますし、
グリーン系という事で妖夢に近いような雰囲気もありそうですし、
アミグリさん的には「妬ましいと感じさせないパルスィっぽい雰囲気」と言われていたのも大変印象的であったりもします。
通常の青版との最大の違いは言うまでもなくドレスとフリルの色なのですけど、アリスやメディスンと言うと
金髪碧眼というイメージがある中、この限定版フィギュアの眼の色は赤みを帯びた茶色という事が私にとっては
いっちば~ん!大きな違いと言えるのかもしれないです。

全体的には細部まで丁寧に作り込まれている印象で、緑色という事で元の青に比べてシャープな印象もあり、
アリスというキャラクターがより強く引き締まっているようにも感じられたりもします。
凛とした雰囲気も大変よく漲っていると思います。
アリスのパートナーとも言える上海人形は、透明な支柱で固定され浮いている状態を適確に表現されています。



002_convert_20190106164655.jpg


右手に魔道書を持ち、ふわっとスカートを広げた立ちポーズが素晴らしいです!

美少女だけど同時にすてきな魔法使いとしての人形遣いという側面も十分伝えていると感じられます。
ふんわりとした感じの金髪が美しく柔らかな雰囲気の可愛らしい表情で、鮮やかなグリーンが美しいコスチュームだと思います。

アリスが右手に持っているのは魔導書ですけど、それは魔導書グリモワールの事であり、
実は旧作版アリスより既に所持しているものです。
アリスと言うと旧作からの継続性は果たしてあるのかとはよく言われがちなのですけど、この魔導書や
東方妖々夢て゜の霊夢に対しての「久しぶりね・・」という発言から考慮すると、旧作アリスと現在のアリスは同一人物である事は
ほぼ間違いないと私的には思っています。


004_convert_20190106164716.jpg


付属の上海人形もとても可愛らしいです!

クリアな支柱で支えられていますので遠くから眺めるとまるで人形がふわっと空中浮揚しているようにも見えます。
アリスの肩くらいの高さに並べて飾れるようになっています。

通常版との違いは、フォレストグリーン版の上海人形は通常の青版よりも服の色がうすいブルーになっている事と
髪のリボンが赤から黄色になっている事だと思われます。



繧「繝ェ繧ケ_convert_20190106165948


参考までに上記は通常版の青カラーのアリスです。

爽やかさ・清純さという点では通常版の方が勝っているのかもしれないです。


005_convert_20190106164737.jpg

006_convert_20190106164758.jpg



ケープにリボンがふわりと舞う雰囲気が素晴らしいですね~!

胸元はほんのりと膨らんだ感じですけど(汗・・)、お人形遣いというファンタジー的要素を考えると
小野塚小町・ゆかりん・ゆゆ様みたいなお色気はそれほどアリスには必要ないのかもしれないですし、
逆に少女らしい雰囲気が備わっていると感じられます。

ケープ&リボンのふわりと舞う感じに加え、ドレスのしわ感も丁寧に造型されているという印象が大変強いです。



007_convert_20190106164818.jpg


スカートがなびいた部分からはドロワーズがちらりと見えています・・(汗・・)

東方フィギュアのスカートの中は、霊夢・魔理沙・妖夢・チルノなどはこうした健全な(?)ドロワーズが多いのかもという
印象もあったりもしますね~



008_convert_20190106164840.jpg



アリスの後姿です。

流れるようなスカートの雰囲気と皺の造型の見事さはいい仕事をしていると思います。

後ろから見たアリスの金髪もウエーブが大変美しいです。


009_convert_20190106164903.jpg

012_convert_20190106164929.jpg



ふんわりとした感じの金髪が美しく、柔らかな雰囲気の可愛らしい表情だと思います。

アリスはよく東方屈指の美少女とも言われますし、霊夢同様あまり笑顔を見せないクールな雰囲気がすてきと
言われたりもしますけど、そうしたクールビューティさをフィギュアとしても大変見事に再現されていると感じたものでした。



014_convert_20190106164950.jpg


金髪のウェーブが細かく精緻に作り込まれていると思います。

各部の皺やグラデ塗装も大変丁寧ですし、面積の多いスカートは翻る皺の造形やグラデ塗装がかなり頑張っていると
感じたものでした。

通常の青色版ほどではないにせよ、落ち着いた雰囲気のアリスを忠実に立体化していると思います。






ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、冒頭のメディスンに続いて、
dream fantasyのアミグリさんが描かれた
東方ドール娘の残りのお二人・・雛ちゃんとアリスを改めて転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

この鍵山雛はアミグリさんが2012年5月に描かれた作品です。

この2012年版の雛は淡い作風時代のアミグリさんを代表する作品の一つとも言えますし、
その幻想的な雰囲気に魅力を感じます。

雛ちゃんと言うと言うまでもなく「フリル地獄」という事で東方では屈指の絵師泣かせキャラでもあるのですけど、
そうした厄介な雛を厄神様みたいな人に不幸をもたらす存在ではなくて
人間の身代わりとして厄を集めている雛ちゃんの優しさが見事に表現されていると思います。


kirakira-arisu-001_convert_20180715152802_convert_20180721231709.png



上記の作品はアリス・マーガトロイドです。

今回レビューさせて頂きましたフォレストグリーンカラーのアリスを見た上で、改めてアミグリさんが
昨年・・2018年7月に描かれたアリスを拝見させて頂きますと、正統派の王道的な美しさ・かわいらしさが
改めて強く伝わってきていると思います。
ちなみにこのアリスは、当ブログの昨年のブログ開設6周年の記念イラスト作品でもあります。

最近のアミグリさんの作風の大きな特徴でもあるキラキラも華麗に飛ばされていて、
かわいらしさと絢爛豪華さが見事に融合していると思います。
ヘアーリボンやケーブのフリルもいつも以上に気合の入りようを感じましたし、
アリスのこのショートの金髪ウェーブの美しさには思わず見とれてしまうものがあったと思います。
よくアリスは「本人が人形遣いなのに人形以上にお人形さんらしい美しい容姿をしている」と評される事が多いと思うのですが、
アミグリさんが描かれたアリスからは、そうしたお人形さんとしての静の姿よりは、むしろ人としての生き生きとした雰囲気が
内面から溢れ出ているようにも感じたものでした。
アリスもどちらかというと公式では霊夢以上に無愛想とかあまり笑わないという感じもあったかとは思うのですけど、
このアリスの何とも言えない安らぎと癒しみたいな雰囲気が感じられる微笑にはとても爽やかなものがあると思います。

少し見方を変えると「おすましアリス」みたいにも見えたりもしますね~

青のスカートもとても美しく描かれていると思います。

上記のアミグリさんが描かれたメディスン・雛ちゃん・アリスと東方三大ドール娘のイラストの権利は全て
これらの作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいアリスやメディスンを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!

皆様方におかれましてもすてきなひな祭りをお楽しみ頂きたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちはです(^^)/

トップのイラストがメチャクチャ可愛い!いつもとは少し雰囲気が違う?とも感じましたがゴシックな色合いも含め、凄く好みなイラストでした。さすがアミグリ様。

碧のアリスのフィギュアは馴染みが無かったのですが、限定なんですね。構図やデザインも素晴らしいですが、スタンドに備えられたプレートが高級感を出すのに一役買っていると感じました。美術的価値を感じさせるフィギュアですね(^^♪

グリーンフォレストのアリス

ごにぎり 様


グリーンフォレストのアリスは本当に完全予約の600体限定生産ですので、とても貴重なものがありそうです。

グリーンフォレストの配色は魔法使いというよりは森の妖精さんみたいな雰囲気がありそうですね。

アミグリさんの描かれたメディスンをお褒め頂きありがとうございます!

多くの東方絵師様が既にたくさんのすてきなメディスンを描かれているのですけど、私の中では
アミグリさんが描かれたメディスンが断トツにNo.1のメディスンだと感じさせるものがありますし、
あの美少女振りは本当に惚れ惚れするものがあると思います!

こんばんは♪

スカートのふんわり具合が絶妙ですね♪
今のフィギュアはほんとすごいです(*´▽`*)

上には上が・・

ふたごパンダ 様


このアリスのフィギュアの完成度はとてつもなく高くて、東方屈指の美少女・アリスの魅力を最大限引き出していると
思いますけど、実は上には上がありまして、その一つが3/6にレビューさせて頂く
霊夢の43㎝フィギュアというとてつもなくビッグサイズのありえないほど美しい作品だと思います。

こちらも是非ご覧頂ければと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |