fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


本日、3月7日は「早苗さんの日」です!

早苗さんの正式名称は東風谷早苗(こちや さなえ)で、幻想郷の妖怪の山の上に建立されている守矢神社の風祝を
司られている御方です。
風祝は「巫女さんみたいなものですので、早い話が博麗神社のすてきな巫女の霊夢とは同業者でもあり
商売敵という立ち位置でもあったりします。
霊夢との最大の違いは、早苗さん自身も神様の一人というのか「現人神」という事でもあったりします。
神様と言ってもそんなに大したものではなくて、周りから持ち上げられて生きたまま神様として崇められているような立ち位置
でもあり、その意味では昭和天皇が戦前にやはり現人神と崇められていたのと大体同じような構図と思われます。
早苗さんは、神様と言うにはあまりにも人間臭いというのか、つい最近まで外界でJKさんをされていた御方でもありますし、
何よりもあの可愛らしさとちょっと調子に乗りやすい雰囲気はどう見ても「神様」と崇められるには
「まだ早すぎるのかも~」と感じてしまいますよね・・ (笑)
阿求自身も早苗さんに関しては「神様といってもたいした神様じゃないから、むやみやたらと持ち上げるべきではない」と
評していましたけど、それに関しては妥当というしかないのかもしれないです。
早苗さんは神様兼巫女さんであり、霊夢は巫女さんというのが違いと言えるのかもしれないですし、霊夢との共通点は
二人とも巫女さんなのだけど、幻想郷内の妖怪退治&異変解決を一身に担っているという事が挙げられると思います。
但し現時点では異変解決のスペシャリストという点に関しては、霊夢の方が圧倒的に経験は積んでいますし、
早苗さんが霊夢同様の異変解決のスペシャリストと呼ばれるためには、まだまだ修羅場を踏む必要はありそうですね~

早苗さんは見た目の雰囲気がおしとやかで上品で、常識のかたまりみたいな雰囲気ではあるのですけど、
幻想郷の生活に慣れ始めて以降のあのはっちゃけ振りは素晴らしいものがあると感じさせてくれます。
早苗さんは、つい最近まで外界で理系のJKさんをされていた御方なのですけど、とある事情により
神奈子・諏訪子の二社共々外界から幻想郷に移住をしてきた経緯があります。
とにかく早苗さんのあの適応力の早さには目を見張るものがあると思いますし、
時に霊夢に外界の常識とか外界での商品の話を持ち出し、霊夢から「なんじゃそれ・・!?」みたいな顔をされますけど、
外界での生活を引きずる事も無く幻想郷の生活にすっかり溶け込んでいて、
「私、こんなヘンなところに移住何かしてこなけりゃよかった・・・しくしく・・・早く外界に帰りたい・・」という事は微塵も
感じさせない点は早苗さんの素晴らしい点の一つだと思います。
そこには、「一度自分が決めた道は後戻りさせる訳にはいかない!」みたいな早苗さんの「強い決然とした意志」を
感じさせてくれるものがありますし、早苗さんの「これが私の生きる道!」みたいなものを感じさせてくれる点は
本当に素晴らしいと思います!
ヘンな話ですけど、18歳で高校を卒業し、親元を離れて上京し、
「育ったところには恩義はあるけど、ここには二度と戻る事は無い。今後の自分の生活拠点は東北の片田舎ではなくて
関東なんだ! 」みたいに感じていた当時の私自身の「想い」に早苗さんのそうした「決然とした決意」が
どこか被っている点にどこか魅かれる所があるのかもしれないです。
確かに早苗さんは「何事にも染まり易い天然娘」なのかもしれないのですけど、
外界時代に培ってきた経験値とか常識とか考え方に全く囚われずに、幻想郷と言う新しい環境とか新しい価値観に対しても
すんなり馴染んでいるその柔軟性は「素晴らしい!」と感じずにはいられないですし、私も見習わないといけないのかも
しれないです。

東方キャラの中では「作品ごとに成長を強く感じさせるキャラ」として名高いのは最近のうどんげちゃんだと思うのですけど、
作品ごとに成長と言うのか「変化」を感じさせてくれるキャラが早苗さんなのだと思います。
早苗さんは別名「東方屈指の名言(迷言)製造マシーン」とも呼ばれていて、ゲーム作品で自機として抜擢されるたびに
ほぼ毎回毎回すてきな名(迷)言を残されていますけど、早苗さんの不滅の名言と言うと、
ヘカーティア様に対して放ったあの衝撃の「さっさと勝負しろ! このヘンなTシャツヤロー」とか「寝たら私が死ぬぞ!」とか
「参ったかぁ――!」など色々あるのですけど、やはりいっちば~ん!有名な一言は「東方地霊殿」における
「幻想郷は常識に囚われてはいけない世界ですね」という言葉ではありますけど、最近の早苗さんは、
早苗さんご本人が常識に囚われていない存在としてほぼ全ての東方ファンの皆様から認知をされているのかもしれないです。
そしてそうした早苗さんの名言の自由自在ぶりこそが早苗さんの変化を物語っているのだと思います。

上記で「早苗さんの変化」について記させて頂きましたけど、実はなのですけど
当ブログがいつも大変お世話になっているdream fantasy
の「アミグリさんが描かれた早苗さん特集」というものは今まで一度も開催させて頂いた事が無い事に
最近気が付きまして(汗・・)
「それはさすがにやばいじゃん・・」とか
「普段あれだけ早苗さんとゆかりん大好き!とか言っているくせにアミグリさんが過去に描かれた早苗さん特集を一度も
開催していないとは何たる不覚・・」と思いますので、
本日3月7日は「早苗さんの日」でもありますので、ここに改めてですけど「アミグリさんが描かれた早苗さん特集」を開催
させて頂き、早苗さんの日をお祝いさせて頂きたいと思います。
そして今回転載&ご紹介をさせて頂く早苗さんは、基本的には描かれた時期が古い順に掲載をさせて頂きたいと
思いますので、この点からも「変化」というのかアミグリさんという一人のすてきな東方絵師様の「進化と変化」の点からも
着目してご覧になって頂ければ幸いです。






上記のとってもかわいいミニスカ早苗さんはアミグリさんが2009年に描かれた作品です。

上記のミニスカ早苗さんは、「dream fantasy 」のブログ内で掲載された作品ではなくて、
2009年4月にアミグリさんがpixiv内にて「【企画】東方ミニスカ少女」というプロジェクトを打ち立てられまして、
そのpixiv内にてアミグリさん自らが投稿された作品の一つなのです!
そのため、この「ミニスカ早苗さん」は、FC2内の「dream fantasy 」内では未掲載の作品です。
早苗さんは普段はロングスカートというか長めの巫女さん衣装をまとわれていますから、
こうした「ミニスカートの早苗さん」というのは大変貴重なものがあると思います。

アミグリさんが描かれたミニスカ早苗さんはとてもかわいです~!

2009年というかなりの初期作品なのですけど、現在のアミグリさんの作品の最大の特徴でもあるキラキラかわいらしさを
先取りさせるような可愛らしさに溢れていると感じられます!

早苗さんの笑顔・ウインク・へそだし・絶対領域、そしてなによりもこの貴重な早苗さんのミニスカート!
ここで描かれている早苗さんは「常識に囚われていないすてきな早苗さん」そのものだと思います。

それに何よりもやっぱり「女の子のミニスカート」は素晴らしいと改めて感じさせてくれます!

そうそう、pixiv内のアミグリさんの「東方ミニスカ少女」というタグにおいては、
アミグリさんが描かれた東方キャラの素晴らしいミニスカが一杯いっぱい掲載されています!
例えば、霊夢・妖夢・フランちゃん・輝夜・アリスなどとってもかわいい東方ミニスカ娘が勢揃いしています!

この東方ミニスカ少女は、 東方ミニスカ少女 から見る事が出来ますので、是非是非ご覧頂けると幸いです!

→ 東方ミニスカ少女 







続きましてアミグリさんが2010年4月に描かれた「ウェディング早苗さん」です!

アミグリさんが描かれた「ウェディング早苗さん」はとっても清楚な感じがして素晴らしいと思います。

外界時代に式場の花嫁衣装のモデルのアルバイトをしていた時の早苗さんといった解釈も出来そうですし、
早苗さんの髪にカエルと蛇の飾りが付いている事から判断して、幻想郷内のすてきなブン屋さんの文ちゃんから、
「今度うちの新聞で幻想郷の花嫁という記事を特集したいからモデルになってくれないかな~」と頼まれて
写真撮影に応じた一枚という解釈というか私の脳内妄想もアリなのかもしれないですね。

横向きから正面を振り向いたこの構図がとてもすてきです!

横向きゆえに早苗さんのウェディングドレスで背中が開いた様子が見えるのもとても嬉しいサービスだと思いますし、
純白のドレスと頭のヴェールの白さがとても眩しく感じられますし、とても清楚で美しい早苗さんだと思います。
風祝=巫女さんというと「神様の花嫁」という事でもあると思うのですけど、神様の花嫁にこれほどふさわしい清楚が純真な
御方は幻想郷にそれほどいないのではないのかな・・?と感じさせる清楚で内省的な美しさがこの一枚の絵の中に
ぎゅぎゅっと詰まっているのだと思います。
外れそうな肩ひもを再度肩に掛ける仕草もかわいいですし、早苗さんの花嫁さんとしてのすてきなハッピー感が
しみじみと伝わってきていると感じられます。







続きましてアミグリさんが2010年8月に描かれた早苗さんです。

アミグリさんが描かれたこの早苗さんはとってもさわやかで清楚な雰囲気が漂っていると思います。
アミグリさんがこの早苗さんを描かれた時期は当然なか゜ら「東方紺珠伝」がまだ世に出る以前ですし、
後年ヘカーティア様に対して「「変なTシャツヤロー」と発言してしまった早苗さんと同じとは思えないのかもしれないですけど、
それこそが早苗さんの「成長」なのかもしれないですし、
当時にアミグリさんの絵師様としての進化と成長を早苗さん共々感じさせてくれているのは間違いないと思います。

この早苗さんの初々しさはすてきな魅力だと思いますし、この清楚な雰囲気には癒されそうです。

カエルとヘビの髪飾りが一際目立っている感じもありますけど、私自身が実はヘビ年と言う事もあり、
ヘビが髪飾りに使用され、こうやって一際大きく描かれると実はとっても嬉しい気持ちになったりもします・・(笑)







続きましてアミグリさんが2012年6月に描かれた「水着早苗さん」です!

今現在はまだ3月という事で「まだまだ外は寒いよね~」という反応ではあると思うのですけど、それでも
漠然とした雰囲気ではありますけど「間もなくリリーホワイトが満面のあの笑顔で春ですよ――と到来してきそう・・」という
兆しも無くは無いと思われますし、
春がやってくると「もうすぐ水着の季節だよね~」と嬉しくなりそうな感じでもありそうです。
そうした意味ではこの水着早苗さんは「夏のすてきな先取り」と言えるのかもしれないです!

このイラストを最初に拝見させて頂いた時の私の反応は、
「水着早苗さん、キタ━━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━━!!」というものでした~!

海が無い幻想郷においては、「水着」自体拝めることはまずないだけに、とにかく貴重な一枚だと思いますし、
公式では多分あり得ない「水着早苗さん」を拝める事自体が奇蹟なのかもしれないです。
そう言えば忘れられがちでもありますけど、早苗さんの能力は「奇蹟を起こす程度の能力」でもありますので、
そうした意味においては、アミグリさんの描かれたこの水着早苗さんは、まさしく早苗さんの能力発動により実現された
素晴らしき奇蹟の一枚と言えるのは間違いないと思います。

しかもこの早苗さんの水着はスクール水着でもワンピースでもパレオでもなくてビキニですから、
とてつもなく眩しいものがあると思いますっ!!

この水着早苗さんは、妖怪の山の山頂の湖で水遊びをする早苗さんなのかな・・?

それとも、外界のJKさん時代の海での早苗さんなのかな・・?

脳内妄想のし甲斐がある水着早苗さんですし、めちゃくちゃかわいい早苗さんですし、
ビキニの水着早苗さんがとにかく眩しすぎますね~!!
水着の紐パンも豊かなお胸も早苗さんの健全なお色気が見事に発揮されていると思います!







続きましてアミグリさんが2012年12月に描かれた早苗さんです。

この早苗さんは、長い髪が風でひらひら舞っているみたいな雰囲気がありとっても清楚な感じが漂いとてもかわいいです!
なんとなくですけど、この早苗さんは今現在の幻想郷内の風祝としての早苗さんではなくて
まだ外界にいた頃のJKつん時代の私服の早苗さんみたいなイメージが私の中ではあったりもします。
早苗さんのトレードマークの一つでもあるカエルと蛇の髪飾りもとってもかわいいと思います。
この髪飾りは言うまでも無く、守矢神社の主柱の神奈子と諏訪子を象徴していますけど、
普通の女の子が付けそうにも無いカエルや蛇というのが
「幻想郷内では常識に囚われてはいけないのですね」という早苗さんをむしろ象徴している感じもあったりもします。

さらさらストレートの長髪の女の子はとてもかわいいですし、特に早苗さんのサラサラ長髪はとてもすてきです!



nengasanae_convert_20130101164002.png



続きましてアミグリさんが2013年の年賀状用に描かれた猫耳の早苗さんですにゃ!
(この時のタイトルは「さにゃえさん」です)

当ブログでも1/3の年賀状記事において、アミグリさんが過去に描かれた年賀状の裏面用デザインの東方キャラのイラストを
転載&ご紹介させて頂き、この際は霊夢とゆかりん・美鈴・メディスンをお披露目させて頂いておりましたけど、
あの時ポンコツ管理人の私は、アミグリさんが2013年の年賀状用に描かれたこの可愛いかわいいさにゃえさんの事を
すっかり忘れ果てていましたので(汗・・)
改めてこの猫耳早苗さんをお披露目する事が出来てホッ・・としています。
なんだか気分としては遅配された年賀状をようやく受け取る事ができたみたいな気分です。

早苗さんの髪というとサラサラの緑髪ロングとかカエルとヘビの髪飾りというイメージが先行しがちですけど、
そうした早苗さんにあえて猫耳の髪型をさせてしまうアミグリさんの柔軟な発想がすてきだと思いますし、
この猫耳早苗さんはとってもチャーミングというのか、ピンッと立った獣耳風がまるで2017年に大ブレイクしたけものフレンズに
登場してきたたくさんのフレンズを彷彿とさせるものがあり、今すぐこのさにゃえさんがけものフレンズに
登場されても全く違和感がないとすら感じさせてしまいますにゃ!



ibasanaesan_convert_20130630134832_convert_20190103234705.png



続きましての作品は少し珍しい系だと思います。

上記の作品は、アミグリさんが2013年6月に描かれた茨歌仙の早苗さんです。

当時のアミグリさんのお言葉によると「茨歌仙の一巻に載ってた早苗さんを見ながら描いてみましたー」との事で、
アミグリさんにしては大変貴重で珍しい模写的な作品なのだと思われます。
(アミグリさんの模写と言うと東方鈴奈庵のマミゾウも大変印象的です!)

茨歌仙というと最近の作風は霊夢も早苗さんもすっかり美少女路線となってしまったような感すらありますけど、
初期の頃の1~2巻の頃の早苗さんは、アミグリさんが描かれた通り、今とは少し異なる作風の「はっちゃけムード」満載の
ちょっとやんちゃな風祝という印象もありましたので、
今現在の視点で見てみると「こういう時代の早苗さんもあったよね~」と感じさせてくれる面は多々あると思えます。

そして茨歌仙の作風の変化もアミグリさんの初期作品から今現在に至る作風の変化も、それは素晴らしき進化の過程だと
思いますし、すてきなチェンジなのだと改めて感じさせてくれるものがあると思います。



moblog_888da084_convert_20171025012312.jpg



続きましてアミグリさんが2014年3月7日の「早苗さんの日」に描かれたアナログの早苗さんです!

この作品も2013年の年賀状の猫耳早苗さんのようにとってもかわいい猫耳なのですけど、そのいっちば~ん!の違いは、
アナログかデジタルなのかという描き方の違いです。
だけどアナログでもデジタルでも意外と(??)猫耳と早苗さんって合っていると思えますね~!
どちらもにゃんともかわいい早苗さんであり、いつもの早苗さんとはひと味違う雰囲気がとってもすてきですにゃ! (笑)

アナログの猫耳早苗さんですけど、カラーではなくてセピア色単色として描かれているのも早苗さんとしての可愛らしさが
より引き立っているようにも思えます。
早苗さんというと長髪サラサラというイメージが大変強い巫女さんなのですけど、ここに猫耳という変化球を付ける事で
やはり早苗さんの魅力を更にUPしているように感じられますね!

すてきな変化球としての早苗さんだと思います。



sanae-sandesu-0_convert_20160127165447_convert_20170223144103.png


続きましてアミグリさんが 2016年1月に描かれた早苗さんです。

描かれた当時のアミグリさんのお声として
「アナログ(鉛筆)で描いた線画をスキャンして、SAIで塗り塗りしました。
加工にクリップスタジオペイントもちょこっと使用しました」との事ですけど、
アミグリさんの絵師様としてのご苦労が垣間見えるのではないかと思われます。

アミグリさんが描かれた早苗さんは「風祝」としての早苗さんに相応しく、風がさーーーっと吹いてきて
早苗さんのスカートがふんわりと舞っているようにも感じられるのはとても爽やかだと思います。
「緑の巫女」とも言えそうな緑のロングヘアもとても美しいと思います!
かわいい中にも「颯爽とした雰囲気」というのか「若き巫女のさわやかな雰囲気」というものを
大変凛とした空気の中に描かれていると思います。

早苗さんが手にしているのはお祓い棒ですけど、ファンの間ではあれは「はんぺん棒」という愛称もありますけど、
アミグリさんが描かれた早苗さんのお祓い棒からもどことなく気品のようなものを感じさせてくれているのは
すてきですね~!
早苗さんがこのはんぺん棒を手にされていると霊夢とは別の形での「妖怪退散!」とか「妖怪退治」を実践されそうな
雰囲気が感じられたりもしそうです。
白のハイソックスも外界の現役JKさんの名残みたいなものも感じさせてくれていて、とてもお似合いだと思います。



2016-summer-sanae-00_convert_20160713185411.png



続きましてアミグリさんが2016年7月に描かれた水着早苗さんです!

2012年6月に描かれた水着早苗さんもとてもかわいいですけど、こちらの水着早苗さんも負けていないですね~!

この水着早苗さんはマーメイドみたいな雰囲気が漂っているようにも感じられますし、
ソフトクリームを手にしていて、口元にちょこっとクリームが付いているのを手でペロッと舐めているようにも感じられるのが
とてもキュートだと思います。
こういう表情の早苗さんって幻想郷のすてきな巫女さんという感じよりは、外界のJKみたいな雰囲気も伝わってきていて、
とてもかわいいと思います。

早苗さんのトレードマークの一つが髪のカエルとヘビの髪飾りでして、普段のヘビの髪飾りは「白蛇」をイメージされているのか
ほとんどの絵師様はヘビの髪飾りを白に描かれる方が多い中、アミグリさんはあえて
夏らしい雰囲気を重視して蛇を水色で描かれているのはアミグリさんのすてきな着眼点だと思います!

同じビキニの水着早苗さんをモチーフにされていても、2012年6月に描かれた水着早苗さんは健康的で
はちきれんばかりの明るい早苗さんを描かれ、
2016年の早苗さんの方は「バカンスを楽しまれる少女の明るさ」というものを表現されていて、
同じテーマでも被らずに表現的な違いをきちんと伝えられている点も高く評価されて然るべきだと思います。



xmas-sanae-sandesu-011_convert_20171207220424_convert_20171208061310.png



続きましてアミグリさんが2017年12月に描かれた「クリスマス早苗さん」です!

早苗さんは普段は「緑の巫女」とも言えるのですけど、
アミグリさんが描かれた「クリスマス早苗さん♪」は、赤と白をベースにされていて、
「まるで霊夢コスプレみたいな早苗さんなのかも~」と感じさせている点もとてもお茶目だと思います。
赤と白のサンタ帽と帽子の白のモフモフ・赤のスカート・黒のタイツ・カエルの髪飾りなど全てがとてもかわいいと思います!
背景の赤と緑のリボンの飾りもクリスマス気分を盛り上げられているすてきな演出だと思いますし、赤と緑という事で
もしかして・・? 「霊夢と早苗さんの幻想郷内での調和」をイメージされているのかもしれないですね。
そしてなによりもこの早苗さんの笑顔にとても癒されますね~!

こんなにもかわいい早苗さんが一晩だけでも幻想郷から外界に戻ってきてくれたら最高ですね~!

ちなみにですけど、この時のクリスマス早苗さんには、デデンネとのコラボを果たされたヴァージョンもあります!
そのコラボイラストをご覧になりたい方は、早苗さんとデデンネのクリスマス をご覧頂ければ幸いです。

→ 、早苗さんとデデンネのクリスマス







続きましてアミグリさんが2018年10月に描かれた早苗さんです。

背景を描かない事と最近の作風の大きな特徴でもあるキラキラ感を少し抑えている事で、
素の早苗さんのかわいらしい魅力を120%以上発揮しているようにも感じられます。
いつもの風祝衣裳なのですけど、腋見せチラリも健在ですし、おへそのチラ見せもとてもかわいいですし、
肩出しと肩のあたりのなんとなく水着の日焼け痕が感じられる点も早苗さんの可愛らしさ・美しさを見事に
表現されていると思います。
これまでの異変解決への貢献度の高さから自信に溢れている感じも窺えそうな気もしますけど、初期の頃の
「わたし、わたし!」ではなくて
他者との共感度・コミュニケーションの深さも感じさせるような大人としての自信を感じさせる早苗さんのようにも
感じられそうです。

なんとなくですけど外界で言うとJKさんではなくてJDさんっぽい早苗さんのようにも感じられそうですね~!

二次創作においては早苗さんはよく「外界のJKさん時代の早苗さん」がよくモチーフにされていることもありまして、
その中では「外界のJKさんの頃の早苗さんの制服はセーラー服なのかブレザー制服なのか?」というテーマは
永遠の論争課題なのかもしれないですし、
私としては以前は「外界の頃の早苗さんは理系だから、ブレザー制服に白衣がお似合いなのかも・・?」と感じていましたけど、
最近はどちらかというと「セーラー服の早苗さんがいいかも~」と感じることが多くなりましたが、
アミグリさんが描かれるこうしたしっとりとしたおとなっぽい雰囲気の早苗さんも「すてきだなぁ~!」と感じたものでした。







続きましてアミグリさんが2017年の「3月5日は巫女の日」に描かれたれいさなの霊夢と早苗さんのツーショットの
イラストです。
幻想郷の二人の巫女さんが揃い踏みの貴重な作品だと思います。
最初にこのれいまりを見た瞬間から、例えば「色づく世界の明日から」の月白瞳美やヘカーティア様や
巫女さんゆかりん・ハロウィンゆかりん・クリスマスゆかりん・2018年7月に描かれたアリスや
2016年末と2017年末に描かれたフランちゃんや2018年3月に描かれた霊夢や2018年6月の高坂麗奈などに代表される
「見た瞬間に一目惚れ!」に近いような作品という感覚でしたし、
このれいさなを見た瞬間から幻想郷の二人の巫女さんの素晴らしさと美しさに見とれてしまったほどでした。

そうした訳でこのれいさなのツーショットのイラストは私の大のお気に入り作品の一つと言う事で、この早苗さん特集の中で
古い作品からの掲載順という基本方針を例外扱いとして、
今回の「アミグリさんが描かれた早苗さん特集」の中において、このれいさなから早苗さんを単独で描かれたとれいさなの
2枚のイラストは本特集記事のフィナーレとさせて頂きたいと思います。

この二人の巫女さんイラストは素晴らしい霊夢と早苗さんだと確信していますし、
「3月5日は東方巫女の日」にこれ以上相応しい作品はないのではないのか!!と思わず絶句してしまうほどの
素晴らしい幻想郷の巫女さんの二人だと思います!
霊夢の髪がキラキラ輝いている様子とか肩だしがとてもお似合いだと思いますしキュートな霊夢だと思います!
いつも描かれる霊夢以上に目の大きさが強調されているようにも感じられますし、
こうしたウインク霊夢も逆に目の大きさとキラキラ感がより強調されていてとてもかわいいと思います!
そして手をきちんと合わせている様子は、やはり「霊夢は巫女さんなんだぁ・・」と改めて感じさせてくれると思います。
早苗さんも霊夢以上に肩だしを強調されているようにも感じられますし、なによりも早苗さんのこのすてきな笑顔には
心から癒されるものがあると思います!
早苗さんの水着痕らしきものにもなんだかドキッ・・とさせられるものがありそうですね~!

チーム紺珠伝としてのお二人もとてもすてきでしたけど、アミグリさんが描かれた二次元イラストの霊夢と早苗さんも
とてもかわいいと思いますし、見れば見るほど幻想郷の二人の巫女さんの違いがよく伝わってきていると思います。
霊夢と「赤」と早苗さんの「緑」の対称性もすてきに表現されていますし、違いだけではなくて、お互いに相手の美点を
引き立てあう効果も見事に発揮されている素晴らしい名作であると思います。

それでは上記のれいさなをご覧になられた上で、下記の単独早苗さんを見て頂き、
早苗さん単独イラストの早苗さんの表情と「れいさな」のツーショットの際の早苗さんの表情の違いを
皆様に感じ取って頂ければ幸いです!



kirakirasanae-02-kahitudesu_convert_20170307153458_convert_20170314141916.png



大変名残惜しいことに、本日の「アミグリさんの描かれた早苗さん特集」も
上記の早苗さんをもって一旦お開きとさせて頂きたいと思います。
私が言うのもなんですけど、こうやって古い作品から現在の作品まで改めてアミグリさんが描かれた早苗さんを
拝見させて頂きますと「早苗さん絵師様としてのアミグリさんの素晴らしき進化と変化」を
改めて実感いたします! この軌跡はまさしくアミグリさんの奇蹟なのかもしれないです! 素晴らしいです!!

上記の単独早苗さんは、2017年3月5日は東方巫女の日に描かれたれいさなイラストから早苗さん単独を
表情をすてきに変化させて再構成された作品です。
(同じ素材なのですけど、見ている人への印象度は全然異なるように感じられます)

上記の早苗さんはキラキラ感が際立った素晴らしい美少女巫女さんだと思います!
多くの東方絵師様がpixiv等でも数多くの素晴らしい早苗さんをたくさん既に描かれていて
私もあれを見るたびに「どの早苗さんも素晴らしいよね~」と感心するのですけど、
私の感覚としては「アミグリさんが東方巫女の日として描かれた早苗さんこそがいっちば~ん!」という想いは
以前からずっと感じております。

霊夢とのツーショットのイラストの早苗さんは、素敵な笑顔を見せてくれていましたけど、
この早苗さん単独のイラストは、少し表情を変えられていて、
上記の幻想郷内における人里における早苗さんの辻説法とか布教活動のシーンの時みたいに
民衆に対して
「いいですかぁー、ヘビほむやみに殺す事はおやめ頂きたい、それではどうすればいいのかというと
一つ目はですね・・」と
民衆に対してきちんと丁寧に諭しているようにも感じられるものがあると思います。

こういう早苗さんはすてきだと思いますし、とてもお美しいと思います!


meido-sanaesan-05_convert_20190302153121_convert_20190302172043.png


さてさて、ここから先はアンコールです!

上記のメイド早苗さんは、アミグリさんが5日前に描かれたばかりの描きたてほやほやの早苗さんです!

一目見た瞬間に「なにこの美少女メイドコスプレの早苗さん、かわいい~!
かわいすぎて反則じゃん!!」とすら感じさせるとにかく驚異的にかわいすぎる早苗さんだったと思います。
早苗さんは幻想郷で生まれ育った御方ではなくて、つい最近まで外界で理系のJKさんをされていた御方でもうりますので、
幻想郷の中では誰よりも外界の事情に詳しそうですし、秋葉原とかメイドさんとかコスプレというワードに対しては
すんなりと反応してくれそうなキャラですので、アミグリさんがこうやってメイドコスプレの早苗さんを描かれるのは
極めて妥当なのだと思います。
(霊夢にコスプレとかメイドさんといっても「なんじゃそれ・・?」みたいな反応になってしまうのかもしれないですね・・)

早苗さんコスプレというと、猫耳早苗さん・クリスマス衣裳・ウェディング早苗さんなどが大変印象的でしたけど、
そうした過去の名作作品すらも超越してしまいそうな名作・早苗さんコスプレイラストが完成されたと言えそうです!
アミグリさんが以前描かれていたメイドさんコスプレというと、メイドコスプレルーミア・メイドコスプレ小悪魔、
そして和風メイドこいしちゃんが大変印象的ではあるのですけど、
アミグリさんが今回メイド早苗さんを描かれた事によって、東方では本家本元のメイドさんと言える咲夜さんすら
超越しそうなかわいいメイドさんがここに誕生したと言えるのかもしれないですね~!

早苗さんのいつもの巫女さん衣装のカラーリングを活かしたメイド服は、
青と白をメインカラーリングにしている事で、基本的には少し地味に感じさせてしまう配色でもあると思うのですけど、
襟や手首のリボン、メイド服の一部・ティーカップ、そして特にこれが斬新でしたけど早苗さんの爪の赤いマニキュアのように
部分的に赤を配色する事で、おとなしい雰囲気に変化を感じさせ、まるで外界のメイド喫茶店で働く現役メイドさんの如く、
とても華やかでカラフルで
かわいらしい印象を見ているみんなに感じさせている事は素晴らしいアミグリさんの発想だと思います。
霊夢と早苗さんの巫女さん衣装の特徴に肩だしがあるのですけど、
それをこうやって現代のメイド服にも応用されている事も素晴らしいと思いますし、
あのいつもの独特な腋から肩にかけての独特な袖形状をこうした膨らみを帯びた袖口として表現されている事も
独特のキラリと光るセンスを感じたものでした。
髪の白のカチューシャもかわいいし、いつものカエルとヘビの髪飾りも全く違和感なくすんなりとメイドさん衣装と早苗さんの
長髪に溶け込んでいる感じがします。
スカートとエプロンのフリルの細かい表現もお見事ですし、
フリル付黒ニーソとの見事なコラボである絶対領域の眩しさも素晴らしいと思います。

いやいや、秋葉原でこんなかわいい美少女メイドさんからコーヒーを運んできてもらったら大感激でショック死しそうですし、
冗談抜きで毎日でも秋葉原に通いつめたい素晴らしい美少女メイドさんだと思います!

上記のアミグリさんが描かれた早苗さんの権利は全てこの早苗さんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しい早苗さんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!

そうそう、本日はは当ブログ初の「アミグリさんが描かれた早苗さん特集」でしたけど、普段からあんなにも
「ゆかりんが美しすぎて生きるのがつらい・・」と言っていて東方キャラの中でも特に抜きんでて大好きなゆかりん=八雲紫様
については、実は早苗さん同様に、実はこれまで一度も「アミグリさんが描かれた特集」として開催した事は
ありませんでしたので、3月17日の「dream fantasy開設11周年お祝い記事」として
「アミグリさんが描かれたゆかりん特集」も開催をさせて頂きたいと思います。

どうか楽しみにお待ちいただけるととても嬉しいです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

かわいい早苗さん

言われてみると早苗さんもうどんげ同様に作品ごとに変化と成長が感じられるキャラでもあるのかもしれないですね。
そして確かに迷言製造マシーンなのかもしれないです。

そうした早苗さんの変化を感じさせるアミグリさんのイラストの歴史だったと思います。
それにしても最新のメイドさんコスプレのかわいらしさは半端ないものがあると思いますし、霊夢とのツーショットを単独作品化した絵の巫女さんとしての美しさがとても際立っていると思います。

さゆり様、ありがとうございます!

さゆり様


いつもすてきにアミグリさんの描かれたイラストをお褒め頂きありがとうございます!

言われてみると早苗さんは妖夢以上に各作品での変化が大きいキャラといえそうですし、あの名言(迷言)も
作品ごとにどんどん進化しているようにも感じられますし、
そうした意味では今回のアミグリさんが描かれた早苗さんは、早苗さんの変化の歴史でもあるし
アミグリさんの東方絵師様としての素晴らしき進化を見事に提示されていると思います。

私もあの最新のメイド早苗さんと2017年の巫女の日イラストの早苗さん単独は大好きでとてもお気に入りの一枚です!

素敵な早苗さん特集です!

とても楽しい早苗さん特集記事を書いていただきありがとうございます!

ぬくぬく先生の早苗さんへの熱い愛情を記事で拝見させていただくことが多くなってから、私も影響されて早苗さんに注目していくようになったので、早苗さんをほんの少しですけど描く機会が増えたのは、ぬくぬく先生のおかげと言えそうです!

霊夢とのライバル関係も素敵だと思いますし、これからも早苗さんには活躍していただきたいですね!

早苗さん特集記事も、古い順番で掲載をしていただいたので、その年の絵柄の変化が客観的に見られてすごく良かったです。
そして、最新の早苗さんもアンコールとして掲載&ご紹介をしていただけたこともとてもハッピーです!

アミグリ 様、こちらこそありがとうございます!

アミグリ 様


いえいえ、私自身と東方の関わりは、アミグリさんが描かれた東方イラスト、特に霊夢がはじまりの全てと言っても
過言ではありませんし、霊夢にとってはライバルでもあり商売敵でもある早苗さんの意義も大変大きなものが
あると感じます。
「東方茨歌仙」第8~9巻を読むと、霊夢と早苗さんがお互いの存在を認め合いつつも切磋琢磨しているようなシーンも
いくつかあり、幻想郷に二人存在する巫女さんの意義がなんとなくわかったような感じもしたものでした。

今回もアミグリさんがこれまで描かれてきた東方キャラの転載とご紹介を快諾して頂きありがとうございます!

記事を書いていた私自身とても楽しみながら書かせて頂きましたし、書きながらも早苗さんという一つのテーマの中でも
転載順を基本的には描かれた時期の古い順とさせて頂いた事で、アミグリさんご自身の変化を確実に感じることも
できてとても面白いものがあったと思います。

そして先日描かれたばかりのメイド早苗さんも転載させて頂きありがとうございます。あの早苗さんはとてつもなく
かわいらしくて私も大のお気に入りの早苗さんの一枚となりました!

今回は色々と御協力頂きありがとうございました。これからも何卒宜しくお願いいたします。

アミグリさんの描かれた早苗ちゃんを特集で一気に見られるのはうれしいです^^

年が経つにつれ色使いがどんどん綺麗になっていって
さらに可愛くなっていきますね!

早苗ちゃんも可愛いけど1枚だけ載っている霊夢もすごい良いですね~^^*

こんばんはです(^^)/

1日遅れてしまいましたが今回はこちらにコメントさせて頂きます。
早苗様ファンとしてはたまらない記事でした(^^♪
アミグリ様はこれほど様々な早苗さんを描いているのですね!可愛い早苗さんをたくさん見れて大変眼福でした(*^^*)

まいさか 様、ありがとうございます!

まいさか 様


普段あれだけ「早苗さん大好き!」と言っている私なのに、実は「アミグリさんが描かれた早苗さん特集」を
させて頂くのは初めてと言う事でしたけど(汗・・)
初期作品から最新作品を掲載順に転載させて頂いたという事で、アミグリさんの絵師様としての進化の歴史も
感じとって頂き大変ありがたいと思っています。

アミグリさんのイラストをこうしてすてきにお褒め頂きとても嬉しいです! ありがとうございます!

改めて早苗さんって本当にかわいいし魅力的なキャラだなぁ~!と実感したものです。

霊夢とのツーショットは2017年の「東方巫女の日」の記念作品なのですけど、霊夢のウインクと早苗さんの微笑みは
本当に素晴らしいと私も今でも感じています!!

早苗さんの変遷

ごにぎり  様


早苗さんはうどんげちゃん・妖夢同様に東方でも変化と進化、成長性が感じられるキャラというイメージも
定着していると思うのですけど、
アミグリさんの2009年~2019年に描かれた早苗さんも、そうした早苗さんの変遷の歴史を
アミグリさんの絵師様としての素晴らしき進化と合わせる形で皆様にこうしてご覧頂けた事は、私としても
大変嬉しいですし、
アミグリさんの描かれた早苗さんをすてきにお褒め頂き大変感謝しております。

そして来週の3/17のdream fantasy11周年記念記事として「アミグリさんが描かれたゆかりん特集」を
掲載させて頂きますので、こちらもご期待して頂ければ幸いです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4702-a9a2e18e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |