FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


マーラーの交響曲の中で、
交響曲第7番「夜の歌」と奇妙な作品があります。
一般的にはマーラーの交響曲の中で最も人気がない曲と言われ続けています。
確かに、この交響曲は陰気なのかバカ陽気なのかも今一つよく分りません。
第一から第四楽章までの「夜」が支配的な音楽が第五楽章で一転して、冒頭から打楽器が
ドンドコやり出す「真昼」みたいなカーニヴァルみたいな音楽が展開されていき、
終わってみると、「あれ、この曲結局何が言いたいのだ・・・??」と毎回思ってしまう曲なのです。

この曲、第一楽章の冒頭からテノールホルンという特殊楽器がブカブカとソロを奏でます。
テノールホルンと表示されていますが、ホルンというよりは、チューバの小型化という感じの楽器で、
吹奏楽で言う所の「ユーフォニウム」という楽器です。
第一楽章で二回ほど結構長めのソロを吹いた後は「お役御免」というか、曲が終わるまで一度も
出番はありません。
だから奏者も自分のソロの出番が終わった後は、約80分近くもひたすら待機状態が続くという
テノールホルン奏者にとっては何か気の毒な曲なのです。
このテノールホルンと言うか、ユーフォニウムは、ホルストの組曲「惑星」の第一曲火星のソロでも
大胆に使用されていますが、ホルストの場合、ユーフォニウムは全曲を通して終始出番が
あるので、マーラーの「夜の歌」みたいにひたすら曲が集結するまで待機という事は
ありません。

同じマーラーの交響曲第四番「大いなる喜びへの讃歌」では、第四楽章にソプラノが登場します、
このソリストをいつ舞台に出すかと言うのは、指揮者によってまちまちです。
自分が初めてこの交響曲を聴いた時(シュワルツ指揮/東京フィル)、
ソプラノを第一楽章からずっと舞台上で待機させていましたので、
ソプラノの人は、約45分程度ひたすら自分の出番を舞台上で待機している状態でしたので、
こちらも何か気の毒な感じはしました。
ほとんどの指揮者の場合、大抵第三楽章からソプラノを舞台上に待機させるというパターンが
多いのですけどね。
スラットキン指揮/N響の場合、第三楽章の終わりをゆったりとやや引き延ばし気味に終わらせている
状態で、ゆっくりとソプラノを舞台の端から歩かせて、歩きながら歌うという演出を
させていました。
これは結構効果はあったように思えます。

やはり同じマーラーの交響曲第二番「復活」において、アルトは第四楽章から
混声合唱とソプラノは第五楽章から出番が発生します。
この交響曲は、第一楽章がやたら長く
(もっともマーラーの三番に比べるとどんな曲でも短く感じる・・・)
作曲者マーラーの指定では、泰一楽章が終了後は、最低でも5分以上の休憩と言うか間を取る事が
記されているせいもあるかもしれませんが、
第一楽章が終わった後に、ソリストと混声合唱隊を舞台に上げる事が多く、その移動時間とセッティングで
結果的にマーラー指定の「5分以上の休憩」を果たす事になります。

ま、音楽には色々とあるものですし、ソリストはホント多くの面で大変ですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/470-fa1e7d87
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |