FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日は、ホント久し振りに警察のネズミ捕りに捕まってしまい、はみ出し走行とかで、
マイナス1点に罰金5000円と非常にけったくその悪い一日となってしまいました・・・
秋の交通安全週間だから、ノルマが大変なのかも・・・
でもすごく胸くそが悪い。
またこれでゴールド免許取得が遠のいてしまった・・・

話は全然違いますが、
日曜日の朝8時半のテレビ朝日といえば、プリキュアシリーズですが、
何気に見ていますと、CMに「フルタ製菓」が出ていて、
あーー、この会社まで頑張っているのだと少し懐かしく感じました。

というか、何でフルタ製菓まで、キュアピースVSサザエさんのじゃんけん戦争に
巻き込まれているのでしょうね・・・?
フルタ製菓の場合、自ら巻き込んでいった「自爆」かもしれませんが・・・

それにしてもキュアピースが最初に登場した時は、本当に驚きでしたね。
だってスマイルの他のプリキュアの変身時の口上は、
ハッピー→きらきら輝く未来の光
サニー→太陽さんさん熱血パワー
マーチ→勇気りんりん直球勝負
ビューティ→しんしんと降り積もる清き心

といかにもプリキュアらしい言葉なのに、
ピースだけ「ぴかぴかぴかりんじゃんけんぽん」ですものね。
それで毎回じゃんけんが変わるというのも何か新鮮でした。

話は再度変わりますが、
フルタ製菓は、自分が学生の時、確か会社説明会に参加した記憶があります。
当時、でっぷりと太った社長が、両手をチョップみたいに「前へならえ」するかのように
やたら振り回して説明していたのは明確に覚えています。
説明会が終了して、一人5分程度の面談会というのがありましたが、
自己PRとかする以前に、担当者の方が
「フルタ製菓の製品は美味しいのですよー」と自社商品のPRばかりして、
面談・会社説明会というよりは、消費者モニター会みたいな
雰囲気でした。
(でも不採用通知はしっかりと届きましたけどね・・・)

帰りに、フルタ製菓の商品詰め合わせセットに交通費まで支給されて
まさにいたれりつくせりという感じでした。

というか、1980年代中盤から後半にかけて就職活動をしていた学生は、本当に
ラッキーだと思います。
今の超氷河期と言われる学生さん達の厳しい就職活動に比べたら
本当に天国と地獄ですよね。

だって、あの頃は、リクルートの雑誌の各企業への資料請求の葉書を
何枚か出していれば、企業側から勝手にアプローチしてきて、自動的に
面接日を設定され、いつの間にか「内定」という感じでしたから・・・
自分のような無能なボンクラ学生でも、たかだか三週間程度の就職活動で
計4社から内定を貰えた時代でしたからね。
(その報いというか、天罰というか、2001年と2005年に会社破綻・解散した際、35歳を過ぎてからの
 転職活動の難しさや厳しさは嫌という程体験しましたけどね・・・)

でもバブル前の就職活動は、説明会や面接に行くだけで交通費だのお茶代だの
テレホンカード(→もはや死語ですね)だのその企業の商品詰め合わせだの
本当にお土産三昧でしたからね。

当時はいい時代とは別に思いませんけど、後から見るといい時代だったのでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/47-72fcbb94
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |