FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計






東方の比那名居天子(ひななゐてんし)は、東方緋想天の異変以降は、ゆかりんから完膚なきまでにフルボコに
叩きのめされたという経緯もあり、相当程度の期間おとなしくなっていたような気がします、
というか、天子ちゃんの普段の活動場所は天界という人間や妖怪たちが暮らす下界と乖離された場所で
暮らしているため、東方緋想天の異変以降の天子ちゃんが果たしてどのような気持ちでどのように過ごしていたかというのは
実は全く判明はしておりません。
東方緋想天の異変は確かに天子ちゃんのわがままで身勝手な理屈で引き起こされたものであり、
ゆかりんからフルボコにされてもほとんどの皆様は「自業自得だよね~」の一言で終わるとは思うのですけど、
別に天子ちゃんをかばうつもりはないのですけど、天子ちゃんにとっての東方緋想天の異変は、
「自分を自分足らしめるのに必要な行動」だったといえるのかもしれないですし、
霊夢・ゆかりんからやっつけられたとしてもそれは天子にとってはどうでもいいことであり、それよりはむしろ
天界の天人たちに「一泡吹かせてやった! ざまーみろ! これからは私のことを無視するなー!」といいたいがための
異変ともいえるのかもしれないです。
換言するとあの異変は確かに天子ちゃんの退屈しのぎという側面もあるものの、その本質は
霊夢やゆかりんといった幻想郷の下界に属する人間・妖怪たちに「天子、ここに在り!」という事を強烈にアピールする
ものではなくて、むしろ天界の天人たちに「天子、ここに在り!」を言わんがためのむしろ対天人に対する内向きな異変と
いう解釈もありなのかもしれないです。

東方憑依華の世界は、双子の依神姉妹の二人が霊夢&ゆかりんによって見事に成敗されて以降は、
その舞台は依神姉妹がマスターとスレイプの入替えを実践した事によって生じた副作用、つまり夢の世界の住人が
現実の世界に押し出されてしまい、現実の世界で本音剥き出しで大暴れするという事態を招いてしまう訳なのですけど、
そうした夢の世界の住人の中で最もインパクトのあるキャラで、
「もしかしたら夢の世界の住人としては最強の部類ではないのか・・?」とすら感じさせてくれたキャラこそが
天子ちゃんと言えるのかもしれないです。
天子自身の本音というものは、 多分ですけど夢の世界でも現実の天界でも大して違いは無いように思えます。
一見するととんでもないわがままお嬢様というイメージが大変強い天子ではあるのですけど、
夢の世界の天子から見え隠れする天子の本音と言うものは、
天子ちゃん自身が抱えているすさまじいストレスと天界の天人に対する恨みつらみなのだと思います。
天子というとどうしてもわがまま・自分勝手・地道な努力を嫌がるというイメージが先行しがちですけど、
実際には天人らしい知識をきちんと学んでいますし、 元々が大地を操る程度の能力という
地震、地盤沈下、土砂崩れなど、有効範囲は狭いものの幻想郷内なら遠隔地でも自在に操ることができる能力を有すだけでは
留まらず、緋想の剣の能力という天人にしか扱う事の出来ない緋想の剣を持つゆえの「天・地・人、全てを支配する能力」を
秘めているため、実は天子の事を不良天人とか天人くずれとしか見ていない天界の天人たちが考えている以上の
とてつもなく圧倒的な能力と実力を秘めているのだと思われます。
だけど天子ちゃんは天界では誰からも認められず、多分ですけど内心で相当「こんちくしょう・・!」という想いはあったばずだと
推察されますし、
「私を不良天人と見下している天人たちを見返してやる!」といった気概は相当持っていたと思います。
能力、資質的には非常に高いものを有していたと思われるだけに
「どうしてこの私が天界では誰も認められないの・・!?」とか
「私という存在をきちんと認めてほしい!」という承認欲求はとてつもなく高いものがあったと思われます。
そして天子ちゃんのそうした不満が爆発したのが「東方緋想天」なのだと思うのですけど、この異変で最後の最後で
天子ちゃんは怒り狂ったゆかりんから完膚なきまでに叩きのめされてしまい、
結果的に天子ちゃんのストレスと自己承認欲求はマックスに達していたのかもしれないです。

天子ちゃんは要は誰かに「君はとてもよく頑張っている」と褒めて欲しかっただけなのかもしれないです・・

そうした天子ちゃんの自己承認欲求がいよいよやばい方向に達しているのかも・・?と思われていた時期に
幻想郷内で発生していた異変が「東方憑依華」の異変なのであり、
丁度その頃、天界の祭事の準備中にお供え用の丹をつまみ食いした事が問題となり、一時的に天界を追放された
天子ちゃんが幻想郷内をぶらついていた時に遭遇した異変こそが東方憑依華の異変だったという事になる訳でした。

申し遅れましたが、冒頭の天子ちゃんのイラストは、dream fantasy の管理人様のアミグリさんが、2018年12月に「2018年最後の東方イラスト」として描かれた作品です。
この天子ちゃんについては後ほど改めて語らさせて頂きたいと思います。



94c4f4ec_convert_20181228133202.jpg

8cfc7476_convert_20181228133122.png



そうした訳で天子ちゃんにとっては久しぶりの幻想郷という事になるのですけど、
上記で書いた通りの天子ちゃんの不満とストレスが溜まっているせいなのか、物部布都・にとりといった
力的には対して強くもない者たちが相手だと天子ちゃんも言いたい放題なのかもしれないです。

天子 : 近づくと危ないぜ! 今の私は虫の居所が悪いんだ!

天子 : ひれ伏せい! 下等妖怪よ!

この辺りは昔とほとんど変わりがない上から目線の天子ちゃんそのものだと思います。
困ったような表情のにとりがかわいらしいです~



557fcc43_convert_20181228133224.jpg

27cd02c8_convert_20181228133140.jpg



「東方憑依華」においては、夢の世界の人間が現実の世界に押し出されれた形を受けて、現実の世界で
本音剥き出しで大暴れしていて、夢の世界の管理人のドレミーが第一線で収拾せざるを得ない場面に
巻き込まれてしまいます。
そして憑依華においては、ドレミーと天子の絡みがあるストーリーモードもあったりします。
そこの中で判明したことは、天子ちゃんにとってはある意味こっ恥ずかしい事でもありました。

こころ:誰?
ドレミー:彼女は、天人です。最近下らない理由で天界を謹慎、追放されました。
天子:な? 何故そんなことを知っている?
ドレミー:夢の世界の貴方が愚痴ってましたよ。
天子:夢の世界だと? お前は一体……。
ドレミー:私はドレミースイート。夢の支配者です。そしてこちらが夢の世界の秦こころ。
こころ:この人、醜い感情だらけです。とても天上の人とは思えません。
     この様な感情が醜い者の存在は受け付けません! さっさと消えうせよ!
天子:夢の世界の連中だって? 弱い奴ほどよく吠える。
針妙丸:こいつ初めて見たー。夢の支配者って、本当?
ドレミー:ええ、勿論です。
針妙丸:じゃあ、さっき言ってた天界を追放されたってのは本当?
ドレミー:本人がいるのですから、聞いてみたら如何です?
天子:まあ、追放は本当だよ。といっても理不尽な理由でさー。
    私は生粋の天人で、生まれながら偉いからなんも仕事しなくても良いんだけどさー。
    暇だから美味しくもない催事用の丹をつまみ食いしただけなのに、みんな大騒ぎで。
    催事の準備の邪魔だって、暫く地上に放り出されたの。理不尽じゃない?
針妙丸:あ、うん。り、理不尽、なのかな?
こころ:理不尽だと思う理由が判らない。

天子ちゃんはなんと・・! 天界から(一時的に)追放されていたのでした!
(秦こころと針妙丸があきれてしまうのも当然なのかもしれないですね~汗・・)

これまでの数々の天人とは到底思えない迷惑行為の数々の弾劾裁判が開かれ、天界からの永久追放がついに
実現したのかっ!?と思われた方もいるのかもしれないですけど、そういうことではなくて、
「暇だから天界で行われる催事に用いられる丹をつまみ食いしたために(準備の邪魔だと一時的に)追放された」という
とてつもなくしょぼくてしょうもない理由で再度地上に舞い降りてきたという事なのです。
そのあたりの背景もあり、天子ちゃんは秦こころから「この人、醜い感情だらけです、とても天上の人とは思えない」と
辛辣な言葉を言われたりもしていますけど、
こころがいう「醜い感情」とは換言すると天子ちゃんが抱えるストレスという事になるのだと思われます。
そして地上に降り立ってきた頃に幻想郷内で勃発していたのが「東方憑依華」の異変であり、
この異変のことを知った天子は、「なんかしらないけど面白そう!」というノリでこの異変に参加し、
プレイヤーとスレイブの二人組みになる必要があるということで、自分にふさわしいパートナーを探すことにし、
そこで出会ったのが「東方輝夜城」でお馴染みのあの一寸法師の末裔の針妙丸だったのでした。
小人が高貴で知力に長けた種族であることから自身のパートナーに相応しいとしてタッグを組み、
完全憑依異変に参戦していったという訳なのです。
そして針妙丸とタッグを組んでいた時に出くわした相手があの因縁のゆかりんであったわけなのですけど、
この時のゆかりんと天子の会話の中からゆかりんは依神姉妹打倒の決定的ヒントを掴み、
結果的にゆかりんと霊夢のペアは依神姉妹を攻略し打倒する事に成功します。
天子ちゃんとしては不本意だったとは思うのですけど、結果的に天子はゆかりんの手助けをし、
異変解決に間接的に多大に貢献したと言えるというのも、なにやら皮肉の話と言えるのかもしれないですね~!

この流れの際に天子ちゃんは秦こころに対して「私は生まれつきの天才だけど、奢らずにちゃんと練習する
謙虚さも持っている」と言っているのは、自分が実は努力家でもある事をこころにもちゃんと伝えておきたいという事を
さり気なくアピールしているようにも感じられ、こうした点は天子ちゃんの天人なのだけど、元は人間であるという
人間臭さを示唆している事なのかもしれないです。



e6838cdc_convert_20181228133456.png

998c46e5_convert_20181228133313.png



さてさて話が依神姉妹がゆかりんによって打倒され、残った問題は夢の世界の住人の大暴れという展開以降に
俄然注目を集めたのが天子ちゃんと言えるのかもしれないです。

これ以降の天子ちゃんの行動には、天界や天人に対する様々な天子自身の快くない想いが行動を伴って
明確に表れていく事になります。
夢の世界の天子ちゃんは、自らの手による世界の破壊と再創造までも行うと口にしており、
破壊については前述の「大地を操る程度の能力」をはじめ緋想の剣や要石、
東方非想天則で語られた太歳星君の一端の権現である大ナマズを用いることでそれは案外実現可能のようにも
感じられますので、天子ちゃんの潜在能力は決して侮れないものではないと思われますし、
天人たちが感じるほどの天人くずれではないと思われます。
東方非想天則の頃の天子ちゃんはそうした能力やアイテムを用いることで地上の支配を考えたために
怒り狂ったゆかりんからフルボコにされてしまうのですけど、東方憑依華の夢の世界における天子ちゃんは、
力による支配ではなく世界の「再創造」を以て自らの理想世界を一から生み出そうとしています。
同一の存在ながら夢の世界側の天子の考えるスケールは現側の天子以上であり、そして後述しますけど、
夢の世界の天子ちゃんが考える世界の理想とは「私が絶対的な支配者!」みたいなありふれたものではなくて、
もっと純粋で美しいものであった事に、東方ファンは驚きを禁じ得ないものがあったという事になるのだと思われます。



c4da9a09_convert_20181228133334.jpg



「お前達を倒したら、天界を滅ぼし、地上を滅ぼし、人類を滅ぼし、地をならし、美しい四季を作り、新しい生命を造り、
悲しむ事のない心を創り、貧する事のない社会を作り、この世界全てを創り直してやろう!」
というのが天子の最大の本音であり理想なのだと思います。

それにしても天子のこの言葉はとてつもなく意外でしたけど、天子ちゃんは私たちが考えているよりはずっとずっと
理想主義者で美しい心の持ち主と言えるのかもしれないです!
マミゾウ・華扇は「自分だけが支配する幻想郷」を夢見ていて、白蓮さんは怠ける事ばかり考え、
魔理沙は、いつまでたっても主人公になれない事を霊夢のせいにしているなど、
天子ちゃん以外の皆様はどれもこれも自分勝手な願いだけを口にしています。

そうした中にあって天子の本音というのは、簡単に言うと
1.天界・地上・天人・人間たちを一旦全て滅ぼす
2.新しい生命を創造する
3.新しい世界を一から構築し、そこには貧しさも生きる上での悲しみや不公平も無い理想の社会を作れるはず!
というものであり、天子ちゃんは普段はこれだけストレスや自己承認欲求に悩まされているはずなのに、
こうした悩みや恨みつらみが積もり積もっている状況下にあっても、天子ちゃんの心の深層は案外美しいものであり、
天子としての理想を追い求めていたという事になるのだと思いますし、
ここで私たちは天子の「別の面」を見たという事になるのだと思います。
私も人の事は全く言えないですけど、天子の事を単にわがままな不良娘と考えていた皆様は、今すぐに天子に関する
認識を変えた方が宜しいのかもしれないです。

それだけインパクトのある天子ちゃんの意外すぎる美しい言葉でした!

天子ちゃんは東方憑依華の異変に参加した頃の感情と言うのはもしかしたら自暴自棄というかやけくそみたいな面は
あったのかもしれないです。
誰からも認めて貰えないというストレスを心に内在したまま、なりゆきの自暴自棄のままこの異変に身を任せたのですけど、
そうした天子ちゃんの夢の世界での本音と言うものは、
「美しい四季」「悲しむ事のない心」「貧する事のない社会」という事で、天子ちゃんの意外すぎるその美しさ・純粋さに
驚きを通り越して感動すら感じてしまいます。
天界で天人たちから散々馬鹿にされ認められず悲しい思いをしてきたであろう天子ちゃんが
「悲しむ事の無い心を創る」という事をテーマに挙げている事こそが天子ちゃんが実は内在している「心の美しさ」を
立派に物語っているのだと思います。



tennsichann_convert_20121012164529.png



ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

今回は2作品を転載&ご紹介をさせて頂きますけど、言うまでもなく2作品とも天子ちゃんです!

そして2012年の淡い作風時代に描かれた天子ちゃんを見て頂いた上で、最新の天子ちゃん・・アミグリさんが
2018年12月に描かれた天子ちゃんを改めてご覧になって頂き、一人のすてきな絵師様の変化というものを
感じとって頂ければ幸いです。

上記の天子ちゃんはアミグリさんが2012年10月に描かれた作品です。

とにかく文句の付けようがない精緻で完璧で、とにかくめちゃくちゃかわいい!としかいいようがありませんですし、
とてつもなく繊細な仕上がりの天子ちゃんだと思います。
この天子ちゃんを描かれたのは2012年でアミグリさんの「淡い作風時代」のものなのですけど、
淡い雰囲気が天子ちゃんの美少女振りを一段と強調させているようにも感じられます。
色彩が淡いという事は「儚さ」というものを演出し、美少女であり続けることは難しいという世の道理みたいなものを
意図しているのかもしれないです。

この天子ちゃんは、アリスの姉妹とも言えそうなほど美少女振りが際立っていると思えてならないです!

天子ちゃんの帽子の桃なのですけど、これって東方ファンの間ではよく「バーミヤンみたい」とか
言われていますよね・・(笑)
天子の帽子に付いている桃の実は仙果と呼ばれ、神仙に霊力や不老長寿を与える実とされており、
天人の主食でもあるそうです。
この仙果には体を鍛える効果もあるらしく、食べるだけで身体能力が上がるとも言われているそうです。

昨年の流行語大賞は「そだねー」でしたけど、あのカーリングチームの名言(?)の中に「もぐもぐタイム」がありましたが、
天子ちゃんがあのカーリングチームにいるかのように
もぐもぐと桃を食べておやつタイムをすてきに楽しんでいる様な雰囲気が伝わってきていて見ているだけで
お腹がすいてきそうです(笑)
そして無性に桃が食べたくなりそうですし、バーミヤンに行って来てラーメンや中華料理も食べたくなってきそうな
天子ちゃんと言えるのかもしれないです。



tensi-2018-12-24_convert_20181224214809_convert_20181228133020.png


続きましてアミグリさんが2018年12月に描かれた天子ちゃんです!

2012年に描かれた天子ちゃんとの明確な相違点は二点ほどあると思われますが、一つは言うまでもなくキラキラの有無
であり、二つ目は2012年に比べると色彩が濃いという事なのだと思われます。
2012年の天子ちゃんは美しいけど儚さみたいなものも感じさせているという印象もあったように感じられます。
そこにはゆかりんからフルボコにされて一時的におとなしくなるざるを得なかったかの如くせつない感じも
あったのかもしれないです。

そしてそこから歳月が流れました・・

天子ちゃんは2017年の「東方憑依華」においてその健在ぶりを強く東方ファンに印象付けていましたし、
あのゆかりんとの因縁バトル(?)の再戦も果てしてくれましたし、憑依華での天子ちゃんは、
上記で触れた通り、新しい世界を一から構築し貧しさも生きる上での悲しみや不公平も無い理想の社会を
新たに創造するという天子ちゃんの大きな理想が本音として語られていましたけど、
アミグリさんが2018年末に描かれた天子ちゃんからは、天子ちゃんの力強さ・実は美しい理想を胸に秘めているとか
生きる上での逞しいヴァイタリティーみたいなものを美しさの中からも感じ取ることが出来ました。
そしてそのように感じられたのは、5年前に比べての色彩の濃い感じとかキラキラも大きく寄与しているのかもしれないですし、
そこにあるのはアミグリさんの5年間のすてきな進化と成長と言っても過言ではないのだと思われます。

流れる美しい髪も袖の膨らんだ感じとか目力の強さも天子ちゃんの憑依華における美しき理想を
象徴しているようにも感じられます。
それにしても桃を食べている天子ちゃんはかわいいですし、よく言われる通り「天子ちゃん、マジ天使」なのだと
思います。
サグメのように口元を隠しているのは、天子ちゃんのストレスを抱えながらも天子ちゃんとしての理想の美しい世界を
構築したいと願いつつも「今はまだそれは誰にも言えない・・」みたいな事を示唆していると言えるのかも
しれないです。

上記のアミグリさんが描かれた2枚の天子ちゃんの権利は全てこの天子の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなかわいい天子ちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは♪

アミグリさんの描かれた
天子ちゃんの青と紫の混じった
髪の毛がとてもきれいで
見惚れちゃいました(*´▽`*)

天子ちゃん、マジ天使!

ふたごパンダ 様


アミグリさんの描かれた天子ちゃんをお褒め頂きありがとうございます!

東方作品では天子は「マジ天使」と言われるほどの屈指の美少女キャラなのですけど、そうした美しさを
髪の色も含めてすてきに描かれた作品だと思います。

私もこの天子ちゃんには見惚れてしまいそうです!


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |