fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


当プログの管理人は今更言うまでもなく性別は男なのですけど、
時々「女の子っていいよね~」と感じることは実は多々あったりもします。
あ・・別に私自身、同一性障害とかそう言う訳ではありませんし、男の子の気軽さを既に何十年と味わっていますので、
男の子には男の子のよさや魅力があるのは十分わかっていますけど、
街でスカートの短いJKさんなどを見かけると「ああいうかわいい恰好をして一度ぐらいは街を歩きたいよね~」と
感じることはたま~にですけどあったりもしますね~(汗・・)
別に変身願望が強いとかそういう訳ではないのですけど、フリフリのフリル付ミニスカや黒ニーソを身に纏って
絶対領域をすてきに演出して、ポニーテールの髪型にリボンの髪飾りといったすてきな衣装で街を颯爽と歩き
世のスケベな男どもの視線を釘付けにしてみたい!みたいな事は、それが本当に可能というのならば、
生涯に一度ぐらいはやってみたいよね~といった気持ちもどこか秘めているのかもしれないです。
「もしも次も人間として生まれ変わる事が出来るのならば女の子として生まれてみたいのかも・・?」と感じることは
何度かあったりもします。
私の亡き親も私自身が生まれる際に「今度生まれる子は間違いなく女の子!」という確信をしていたみたいで、
ご丁寧な事に名前も「夏に生まれるから夏美」という大変安直な名前まで既に決まっていたようなのですけど、
実際に生まれてきたのが男の子という事で当時焦っていたようです(汗・・)

女の子のすてきな点の一つとして見た目を自分の努力や工夫でさまざまにすてきに変化させることが可能という事なのかも
しれないです。
例えば髪型一つとっても、男の子と違って女の子というものはいくつになられても髪型をちょっと変えただけで
すてきなチェンジが演出できるという事はとっても素晴らしいことだと思います。
女の子のそうしたちょっとした髪型の変化すらも気が付けなくなったとき、男の子はある意味女の子とお付き合い
させて頂くという資格を喪失するんじゃないのかな・・?と思ったりもしますね。
「女は灰になるまで・・」というのは確か宇野千代さんがそうした事を言われていたと思いますけど、
女の子というものはもちろん10代~30代のとてつもなく輝いている時もそうなのですけど、40代になられても
50代になられても、はたまたそれ以降の御年だって、生涯すてきに美しく変わり続けるものだと思いますし、その点が
「年を重ねるごとの美しい変容」ができない男の子との最大の違いじゃないのかな・・?とふと思ったりすることもありますね。

女の子は男の子と違って、ショートでも長髪でもポニーテールでもツインテールでも金髪でも茶髪でも
くせ毛でも三つ編みでもおさげでも「み~んなとっても可愛い!」という事なのだと思います。
女の子がそうした髪の毛をすてきに変化させるだけで、周りの人たちはみんなとってもハッピーになれるのだと
思えるのに対して、男の子というものは、ボウズにしてみたところで「甲子園の球児みたい・・」で終ってしまいそうですし、
場合によっては「ボウズにする事でいかにも私は禊を済ませました!」みたいな見え見えの謝罪が見え隠れもしそうですし、
そうした見せかけの謝罪ほど胡散臭いものはないと思いますし、
男の子がロンゲにしたり茶髪にしたとしても「何だか詐欺師っぽい・・だまされないに気を付けよう・・」みたいな印象に
なってしまうのかもしれないですし、
男の子が髪型をチェンジさせたって周りの人たちの反応は「別にい~」とか「だからなんなの・・?」と言う感じなのかも
しれないですね・・(汗・・)
その点が男の子と女の子の違いと言えるのかもしれないですね~

冒頭からなんだかヘンな方向に話しが展開しましたけど、私自身が別に大の女装好きとかそういう訳ではなくて、
例えば映画「君の名は」や「転校生」のように男女が入れ替わってしまい、そうやって何かの間違いで
女の子になってしまったチャンスに、そうしたすてきな髪型チェンジとかコスプレとか
いかにも10代の女の子みたいなかわいい衣装で街を颯爽と歩いてみたいという感じなのかもしれないです。



002_convert_20181227155422.jpg



上記の当ブログの管理人の「生涯に一度ぐらいは女の子にすてきにチェンジ!」みたいな脳内妄想はどうでもいいとして(汗・・)
アニメ作品や漫画・ゲーム作品に登場している素晴らしい美少女の皆様の衣装にチェンジ!みたいなコスプレは、
現在の日本の萌え文化としては既に確立・定着化している印象は大変強いですし、実際そうしたコスプレのイベントは
全国いたるところで既に開催されていますし、コスプレイヤーさんが(活動期間は年齢的に短期間に留まりそうですけど)
職業として実際に存在していますし、
日本の素晴らしきアニメ・漫画文化を象徴するものなのかもしれないです。
現在では既にアニメ=日本のイメージが世界中でも強く印象づけられており、
毎年パリで行われる「JAPAN EXPO」だったり、日本での「世界コスプレサミット」も成功を収めているのもその表れといえます。
コミックマーケットで活躍するコスプレイヤーも毎年増え続けているくらい世間一般に浸透していると思います。

以前そうしたコスプレイベントを秋葉原で見たことがあるのですけど、その再現度やコスプレイヤーさんのなりきり度は
素晴らしかったです!
私自身基本的にはアニメ作品の実写化は反対の立場を取っていますけど、イベントとしてのコスプレは有だと感じています。
そうした際にふと感じたことは、「コスプレイヤーさんのあの衣裳は、多分自作がほとんどなのだろうけど、
あのような独特の衣装を一から作るのはさぞかし大変なのだろうな・・」というものでした。

ユザワヤさんというと私的には手芸専門店または手芸やぬいぐるみ制作にあたっての布地といった素材を主に扱うお店
というイメージがありました。
ちなみにユザワヤとは言うまでもなく、創業63年を迎える手作りホビー材料の大型専門店です。
世界中のさまざまな材料や道具を取り揃えているお店です。
うちの奥様も何十年とユザワヤさんの友の会のメンバーになっていて、毎年500円の年会費を支払い続けているみたいです。
我が家から最短距離のユザワヤさんというと浦和駅前の旧中山道に面した一等地にある大型店舗という印象が
ありましたけど、その建物がいつのまにか解体されなくなっていましたので
「ユザワヤさんも経営が大変なのかな・・?」と思っていたら、なんのことはなく、数年前に浦和駅東口にオープンした
パルコの3階に移転していました。
そして現在のユザワヤさんというとそうした手芸材料専門店という側面の他にも、手作り全般のホビーグッズ材料の調達や
ユザワヤ芸術学院の運営などカルチャースクールの展開や
上記で触れたコスプレ関連の材料を扱っているお店という側面も多々あるのかと思います。
最近うちの奥様のお買い物に付きあわされている際に、ユザワヤさんの浦和のパルコ内のお店に久しぶりに
入っていましたけど、コスプレ関連のグッズが一気に増えていてかなり充実しているという印象も感じたものです。
逆に言うとそれだけニーズがあるから商売としても成立していると言えるのかもしれないです。

浦和のパルコ内のお店でも、上記写真のようにゲームキャラの女の子の衣装をコスプレされたようなマネキンも
展示されていましたし、布地を含めてコスプレ衣装制作のためのツールがかなり充実していると感じたものでした。
そういう意味ではコスプレイヤーの皆様のご用達のお店の一つとも言えるのかもしれないですね。



003_convert_20181227155451.jpg

006_convert_20181227155537.jpg



店内のコスプレコーナーは布地をメインに陳列されていましたけど、こういううすい特殊な布地からああした素晴らしい
衣裳が作れてしまうというのは「凄いね~」と驚きを通り越して感動の世界に入ってしまいそうです!

それでいて一つ一つの材料の価格はお手頃価格であり、とてつもなく高いという印象は皆無でもありますので、
コスプレ衣装を手作りされているコスプレイヤーの皆様にとっては聖地でありご用達のお店に相応しい立ち位置と
言えるのだと思います。



005_convert_20181227155510.jpg



店内にはコスプレの専門雑誌も陳列されています。

よく見てみると艦これではなくて既にアズールレーンのコスプレも紹介されてありましたので、今年のコスプレは
アズールレーンにも注目が集まるのかもしれないです。

そしてなんとなくですけど全体的にコスプレ的に今いっちば~ん! 注目度が高くてコスプレイヤーさんが実際に
装着されるアニメキャラの代表格はリゼロのレムちゃんや
ソードアート・オンラインのアスナなのかもしれないです。


繝ヲ繧カ繝ッ繝、_convert_20181228202840


ユザワヤさんのコスプレ部門において、浦和以上に更に充実している店舗が池袋なのだと思います。

商業施設WACCA内のユザワヤさんでは、コスプレコーナーが常設されていますし、
コスプレ衣装の布地の他にも、何色ものウィッグが用意されていたり、
総額いくらで出来るかという参考金額が記載された見本のコスチュームが展示されていたりと、
その本気度は称賛に値するものがあると感じます、
コスプレに興味のない人がご覧になっても十分に楽しめるコーナーだと思いますね~



繧・*繧上d_convert_20181227160758


貉ッ豐「_convert_20181227160826


そうそう、これは既に一昨年の話ですけど、
日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット93」(2017年12月29日~31日に東京国際展示場にて開催)に
ユザワヤさんは通算3回目の出展もされていました。

衣装を自作するコスプレイヤーさん達は生地などの材料をユザワヤで調達される事も多々あるようでして。
多数のコスプレイヤーが集まる「コミックマーケット」への出展によって、
ユザワヤさんとしても自社の認知度アップを進め、同時に自作コスプレ市場を活性化させていきたい考えが
この出店の背景にあるとの事です。

ちなみに上の2枚の画像のうち上の方は、「プリパラ」のソラミスマイルの皆様・・、らぁら・そふぃ・みれぃの3人の
コスプレ衣装ですね~!








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!

本日転載&ご紹介させて頂く2作品は、上記で「コスプレ」について触れさせて頂きましたので、
アミグリさんが過去に描かれた東方作品の中で、東方キャラのコスプレ作品を皆様にご覧頂きたいと思います。

上記のコスプレ作品は、アミグリさんが2013年12月に描かれたレティさんコスプレの魔理沙です。

このイラストはとてもすてきなコラボですよね!!

レティさんは雪女なのですけど、ほんわかふんわりとした雰囲気が魔理沙に素敵に伝わっていて
レティさんと魔理沙という普段はあんまり接点がないキャラ同士でも
すてきな「化学反応」を見せてくれた素晴らしい名作だと思います!

魔理沙と言うと少なくとも「冬」というイメージはあまり無いのですけど、アミグリさんのすてきな「魔法の手」に
掛かってしまうと、こうやってレティさんの帽子とかあの白のエプロンとか全体的に青を基調とした衣装を
魔理沙に着せてしまうと、
なんだか魔理沙が魔法使いではなくて「雪女」に素敵な変化を遂げたみたいに感じさせてしまうのは
「すごいな・・・!」と感心させられてしまいます!

とてつもなく精緻なんですけど、単なる正確さというものではなくて、違うキャラの双方の魅力を120%以上引き出し、
同時に「レティさんらしい魔理沙」を生み出したアミグリさんの独創性は素晴らしいと思います。
本記事の趣旨はコスプレ記事でもあったのですけど、このすてきなコスプレイラストを拝見させて頂くと、
単なる魔理沙のコスプレでもないし、レティさんのモノマネでもないし、
両者の素晴らしい化学反応的ななコラボという事で限りなくオリジナルに近い作品のようにも感じられますね~

雪女みたいな魔理沙もすてきですけど、魔法使いみたいなレティさんみたいな雰囲気もあったりしそうなのですけど、
そけを実現させた化学調味料がアミグリさんの生み出された「東方キャラのコスプレ」という事になるのだと思います!


tei-ru-mia-desu_convert_20130607165639.png


続きましてアミグリさんが2013年6月に描かれたてゐコスプレのルーミアです!

てゐというと幻想郷の妖怪兎でもあるのですけど、ウサギ繋がりという事で、てゐはどちらかというと
うどんげちゃんや清蘭といったウサギ系のキャラとコラボされる事は多々あるのですけど、てゐとルーミアをこうやって
コラボされる絵師様も正直あまお見かけした事がないものでして、その辺りも大変新鮮なものを感じることができます。

東方における「ウサギ」と言うというまでもなくてゐとうどんげちゃんなのですけど、
ルーミアみたいな闇の妖怪でも「うさぎ」はとってもよく似合っていると思います。ルーミア自体元がとっても可愛いのですけど、
うさぎのコスプレをするとそうした可愛らしさが更に300%近くUPしていると思いますし、
そうしたウサギとしての可愛らしさとルーミアの可愛らしさをとてつもなく素敵に融和・調合した
アミグリさんの目の付け所は素晴らしいと思います。
アミグリさんのこのイラストは淡いピンクを基調にしているのがとても目に優しくて、まるで「ぬいぐるみみたいなルーミア」
みたいでとにかくこのふわふわ感が素晴らしいと思います!

ウサギというのはコスプレカテゴリにあっては王道中の王道なんだなぁ・・と改めて実感させてくれる
とてもすてきな作品だと思います!
ルーミアの尻尾もとてもかわいらしくてキュートだと思います!

上記のアミグリさんが描かれた東方キャラコスプレ作品の権利は、全て上記作品の絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに見事なレティさんコスプレの魔理沙を描く人のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後まで読んで頂きありがとうございました!

やっぱりコスプレってすてきなものですね~!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

少女漫画の世界へ憧れる少女たち
漫画の世界は可愛い洋服で溢れていて
コスプレにはまる気持ちがわかるような気がします。

可愛い洋服を見ると、作ってみたいと思ってしまいます。
着る側ではありませんが・・笑

コスプレの需要は高まってきているのかもしれないですね。コスプレ衣装を自作しておられる方は、すごいですよね。そして、冬コミケなどとてつもなく寒い時でも露出度の高い寒そうな格好でコスプレされている方を見かけると、本当にすごいなと思います。

私も一度でいいからコスプレをしたい!と思ったことはありますね…(笑)
それと、コスプレとは少し違うのですが、ロリィタファッションが大好きで、一度は甘ロリやゴスロリの服を着てみたいと思っていました…

フリルがいっぱいのドレスは憧れですね~

ホームセンターでは扱っていない物があったりする「ユザワヤ」は、結構かゆい所に手が届くお店ですよね。
昔はフィギュアの手作りキットを売ってる「ボーグ」と言うチェーン店がありましたが、今はなくなったのかな?

コスプレは国も言葉も関係なく楽しめる偉大な文化なのだと思います。女性は女性キャラで可愛く、男性は男性キャラでカッコよくというのが安定なのかもしれませんけど、時には性別や次元の壁まで越えてしまっているのではないかと思うくらいクオリティの高い人がいるのも面白いです。
私は衣装作りの技術がないものでコスプレする時は衣装は完全に業者任せで中国から送ってもらっていましたがこういうのは自分で作る方が安く済むし愛着も湧くのかもしれませんね。
お店で完成品の衣装が並んでいたりすると圧巻なのと同時に、自作勢のコスプレイヤーさんたちはあの美しいキャラ姿の背景に相当な衣装作りの苦労があるんだろうなぁと考えさせられます。

アミグリさんのイラストはコスプレの可愛さとか楽しさが伝わってくるようですね。二枚ともとても意外性があって素敵な作品だと思います!
ルーミアの方はちびっ子が頑張ってなりきっているようにも見えてすごく癒されますw

コスプレ

コットン 様


最近のアニメや漫画の美少女の皆様たちが通う高校の制服のデザインはかわいい・美しい・計算尽された美のモデル
という雰囲気があるのですけど、現実の学校の制服のデザインも見事なものがあると思いますし、
ああいうデザインを考案された方は天才だと思います。

コスプレは今や世界共通の萌え文化といえそうなのですけど、ある意味学校の制服というのも
一つの萌え文化という側面もあるのかもしれないですし、志望動機の一つが学校制服の可愛らしさであるというのも
もはや一つの常識といえるのかもしれないですね~!

ゴスロリ

アミグリ 様


今やコスプレというのは世界共通の萌え文化と言えると思いますし、日本発祥の素晴らしい文化と言えるのは
間違いないと思います。
コスプレイヤーさんの活動日記といったブログは拝見させて頂いた事はありますけど、ほとんどの方は
あの素晴らしき衣装は自作されている方がほとんどなのですね!
そしてびっくりした事はその制作費用は意外すぎるほど安いもので、コスプレ専門店ではなくて
普通の手芸品店等で売られている生地を購入し、アニメ作品に合わせて色合いやデザインを決められている記事を
読んだ時はその手際の良さに感動したものでした。
確かに夏場もそうですけど、それ以上に冬の寒い時にあの露出度高めの衣装は大変そうですね~

アミグリさんのゴスロリ・甘ロリ衣装もすてきだと思いますけど、
それ以上にアミグリさんが何度か描かれているオリジナルのあの色違いのゴスロリ作品の女の子は
見ているだけでまるで自分がゴスロリ衣装を着ているかのような錯覚に陥る事もあれそうです~(汗)

それと以前描かれていた白蓮さんの甘ロリ衣装も大変素晴らしかったです!

ユザワヤ

sado jo 様


ユザワヤさんというと生地・手芸用品というイメージが強いですけど、最近はホビーショップといっても
過言ではないと思いますし、趣味の道具関係や部材関係を調達するにはここが一番最適なのかもしれないですね。
そして店舗によってはコスプレ衣装制作ツールやそのための布地も大変充実しているのが素晴らしいと思います。

ボーグというチェーン店は初めて聞きましたけど、最近のフィギュアは手頃価格で精密な作品も揃っているので
フィギュア手作りキットの需要は以前よりは少なくなっているのかもしれないですね。
秋葉原にはドールを主に扱っているボークスが一つのビル全ての階に出店していて、確か最上階に
わずかながらですけど手作りキットの部材が扱われていたような記憶があります。

コスプレは世界共通の萌え文化!

schwert 様


コスプレは今や世界の萌え文化なのだと思いますし、日本のアニメを世界に発信する一つのツールと
言えるのかもしれないです。
昔ですとコスプレというと春麗やセーラームーンぐらいしか対象が無いという時代もあったのかもしれないですけど、
最近はありとあらゆるアニメ作品がその対象となっていますし、
コスプレイベントをたまに拝見させて頂くとその多様性と昔ではありなえいくらいのコスプレ技術そのもののの進化は
既に隔世の感があります!

そういえばschwert 様も以前は輝夜のコスプレもされていましたね~!

輝夜の衣装はさすがに自作は極めて困難だと思われますので外注はやむをえないと思いますが、その発注先が中国というのも
やはり時代の変化を感じさせますし、改めて「中国は世界の工場」という事を感じさせてくれるものがありそうです。
コスプレイヤーさんの話では、最近はホビー店・手芸店等でのコスプレ取り扱いが以前とは信じられない程増えていて
以前よりは自作は楽になったそうなのですけど、それでも自作は大変ですよね~

アミグリさんの描かれた東方コスプレ絵をかわいい・楽しいなどとお褒め頂きありがとうございます!
レティさんコスプレをする魔理沙なんて多分誰も思いつかないと思います!
てゐコスプレのルーミアはちびっこ・金髪幼女・うさぎという萌え要素が詰まっている作品なのだと思います!

こんばんは♪

私はもういい年齢なので
コスプレは諦めましたが(笑)。
可愛いヒラヒラのいろんな衣装着てみたいな~
って思ったことがあります。
ゴスロリとかもかわいい!
変身願望って男女問わずありますよね(*^^)v

コスプレ

ふたごパンダ 様


映画「君の名は」ではないけど、ああやって男女が入れ替わってしまった時の男の子ってどんな心境になるのか
それはそれで大変興味がありそうです。
私だったら「絶好のチャンス!」とばかりにヒラヒラ衣装やゴスロリ・甘ロリ衣装等をまとって颯爽と街を歩いて
みたい変身願望みたいなものは実はあったりもしそうですね~

それにしても最近のアニメ作品をモチーフにしたコスプレの精度は昔と違ってレヴェルの高さと美しさと
なりきり具合は見事なものがあると思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |